スワロが映画を見た

スワロが見た映画について感想を書いていきます。
劇場映画、DVD、新作、旧作問わず映画のレビューを書きます。
コメント・トラックバック大歓迎。みなさまの積極的な絡みをお待ちしております。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
原題:NOLA
製作国:アメリカ
製作年度:2003年
上映時間:97分

監督:アラン・フルスカ
脚本:アラン・フルスカ
出演:エミー・ロッサム/メアリー・マクドネル/スティーヴン・バウアー
story:
シンガーソングライターを夢見るノラ(ロッサム)は、
義父の暴力に耐えかねて単身N.Y.へとやって来る。
そしてそこは幼い頃に別れた実の父親がいる場所だった。
彼女はN.Y.でアルバイトをして生活する傍ら、実父を探す決心をする・・・
感想:
『オペラ座の怪人』で見事な歌声を披露したエミー・ロッサムがひっそりと出演しいた作品。

エミー扮するノラはカンザス出身の、シンガー・ソングライターを目指す女の子。
田舎から実父を探しにNYへやってきて、想像とは違う都会の生活にめげそうになったり、
荒んだ街かと思ったら意外にも親切な人が部屋と仕事を提供してくれたり、
カッコイイ男の子と出会ったり、見せの看板娘になったり。
よくあるようやくついた仕事はデート・クラブの秘書。
でも、自分がどんな仕事をしているのかも定かではなくて不安と不満が入り混じるノラ。
これはノラのサクセス・ストーリーです。
(ネタバレしないようにかなりあっさりのあらすじにしました)
わりとよくあるストーリーです。
可もなく不可もなくってところでしょうか。
アメリカン・ドリームとまではいかないまでも、よくある青春映画でしょうか。

これは“エミー・ロッサム”に食いついてレンタルした商品。
だから内容は結構ありがちでも許せます。
あらすじをしらなくても最初の30分くらいでなんとなく先が読め、
半分を超えたあたりで結末を予測できます。

最初は垢抜けないノラが、徐々に美しい女性へと変貌していく様子は
『プリティ・ウーマン』のようでもありましたが
本当に洗練された女性になっていました。

しかし、ロッサムの歌声はやはり美しいっですね。
その歌声に感動して、秀作ではないものの
最後、ちょっと感動してしまいました。

スワロ的評価:★★★





※※人気ブログランキングに参加しています※※

スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://swallowtailchocolate.blog56.fc2.com/tb.php/60-0158f75c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。