スワロが映画を見た

スワロが見た映画について感想を書いていきます。
劇場映画、DVD、新作、旧作問わず映画のレビューを書きます。
コメント・トラックバック大歓迎。みなさまの積極的な絡みをお待ちしております。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
オペラ座の怪人

原題:THE PHANTOM OF THE OPERA
製作年度:2004年
製作国:アメリカ/イギリス
上映時間:140分
配給:ギャガ=ヒューマックス

監督:ジョエル・シュマッカー
原作:ガストン・ルルー
脚本:ジョエル・シュマッカー/アンドリュー・ロイド・ウェーバー
製作・作曲:アンドリュー・ロイド・ウェーバー
出演:ジェラルド・バトラー/エミー・ロッサム/パトリック・ウィルソン/ミランダ・リチャードソン/ミニー・ドライヴァー/シアランハインズ/サイモン・キャロウ/ジェニファー・エリソン

story:
パリ、1919年。かつては豪華絢爛だったオペラ座。その映画をしのぶ品々が、廃墟となった劇場でオークションにかけられていた。そこには老紳士ラウル・シャニュイ子爵(ウィルソン)と年老いたバレエ教師、マダム・ジリーの姿があった。やがて、謎の惨劇に関わったとされるシャンデリアが紹介され、ベールが取り払われるとふたりは悲劇の幕開けとなった1870年代へと一気に引き戻される・・・

オペラ座の怪人 公式サイト(英語)

感想:
スワロは、この作品がすごく好きだ!
贔屓目で見てしまうかもしれないが、とにかく好きだ。
すでに数回はリピートして見ているし、ミュージカル版も見た。
何度見ても飽きないくらい、この作品はスワロを魅了する力がある。

アンドリュー・ロイド・ウェーバーの音楽はすごい。
A・L・ウェーバーはミュージカルで大成功を収めた作曲家で、
『エビータ』『キャッツ』『ジーザス・クライスト・スーパースター』などは
日本でもミュージカルが興行され、人気を誇っている。
(ちなみにスワロも『キャッツ』『ジーザス~』は見ている)

原作はガストン・ルルーの同名小説。
幾度か映画化されているが、その内容のため怪奇映画としての要素が強いものばかり。
本作はファントムとクリスティーヌの心理描写、
3人の恋愛関係に視点をおいて作られている。

ファントム、クリスティーヌ、ラウルの三角関係が非常に濃厚でロマンティック。
クリスとラウルは幼馴染だし、
ファントムはクリスにとって長年姿の見えない音楽の教師という
ファンタジーめいたところもある。

ファントムとラウルの間で揺れるクリスティーヌの心境もまた切なく胸が痛くなる。
ラウルは愛しい人。
ファントムは・・・父親のようであり、音楽の教師であり、そして愛しい人。
ファントムに対する感情は非常に複雑なのだ。

ラスト、クリスティーヌはラウルを選ぶ。
当然といえば当然だが、ファントムへの愛情も深かったことを考えると
やや腑に落ちない感じもする。
しかし、ファントムへの感情は純粋な愛情だっただろうか。
違う。
彼女が抱いていたのは亡父への愛情であり、
ファントムへはそれを投影させていたに過ぎない。
危険な香りがすれば魅力的に映るが、同時に恐怖心も抱いていた。
そして、同情。

もし、クリスティーヌがファントムを選んでいたらどうなっていただろうか。
二人、同じ孔の狢になった可能性も高い。
クリスティーヌも一人の大人として自立する必要があったし、
ファントムも一人の人間として自立する必要があった。
二人一緒にいたら共依存に陥った可能性もあるが、
クリスティーヌは普通の女性として幸せに生きる道を選んだ。
そして、その選択は同時にファントムをも幸せにすると思ったのではないだろうか。

とにかく、ファントムの真の姿やクリスティーヌのファントムに対する感情などは
さまざまな解釈がなされていて非常に興味深いところだ。
スワロもいろいろ考えてみるが、せつな過ぎて泣けてくる・・・

そして、映画版はかなりニクイ。
ミュージカル版はオペラ座が炎上し、ファントムが隠れ家を去った後に
クリスを探しにきたメグがファントムのマスクを見つけて幕が下りる。
しかし、映画版は現代に戻る。
クリスの墓前、ファントムの隠れ家で見つかったオルゴールをラウルが供えにやってくると
墓石の隅に見覚えのある指輪のついた薔薇一輪が・・・
ああ・・・号泣。

このドラマを盛り上げる大事な要素はやっぱり音楽だが、
スワロはファントムが洞窟で切なく歌う「The music of the night」、
クリスとラウルの愛の誓いを目撃したファントムが怒る「All I ask of you」、
劇中劇で二人の感情が揺れる「The point of no return」が非常に好きだ。
もう、これらの曲を聴くだけで条件反射的に涙が出てくる(苦笑)

そして、今回セットも非常に豪華だ。
セットの豪華さは劇団四季のミュージカルで確認済みだが、
やはり映画だからこそダイナミックにできる部分もあり、
特にオペラ座の象徴でもあるシャンデリア。
通常のセット用、粉々になる用のレプリカ、
冒頭の場面用の改造されたものの3つが作られたそう。
高さ5メートル、幅4メートル、重さ2.2トン、制作費は130万ドル以上だという。
怪人の隠れ家も「地下生活でどうやって作ったんだよ!」って思うくらい豪華。
豪華すぎて赤字なんだそう・・・

エミー、パトリックの歌唱力は折り紙つき。
ジェラルドの歌については「作風に似つかわしくない」
「崩しすぎてうまいのかどうかわからない」などという意見も聞かれるが、
スワロは好き。
その他メンバーも大体吹き替えなしで挑むという歌唱力!
唯一吹き替えとなったカルロッタ役のミニー・ドライヴァーだが、
彼女が決して下手なわけではない。
こてこてのソプラノ歌手なので吹き替えているだけであって、エンディング・ソングで素晴らしい歌唱力を披露してくれている。

ファンタジーとリアリティがうまく融合した作品だと思う。
そして、切ない心理劇と甘美な音楽で魅了してくれる素敵な映画だ。
もちろん、ミュージカルも味わって欲しい。

スワロ的評価:★★★★★






※※人気ブログランキングに参加しています※※

スポンサーサイト

こんにちは~お返事遅くなりましたが、コメントありがとうございます!
スワロさん(で、いいのでしょうか)も映画好きなんですね~話せる方が増えてうれしいです^ ^
オペラ座の怪人、私も2回見ました!
四季の方も行ったんですね、私は今年は行けませんでした・・・
ミュージカルいいですよね~ムーラン・ルージュもシカゴも大好きですv-238
ちなみにcoffee&cigarettes、すごく見たかったです。
来月のDVD発売が楽しみv-33
また遊びにきますね~ではではv-222

2005.08.25 05:35 URL | ゆう #- [ 編集 ]

ゆうさん、ご訪問ありがとうございます。
それから、コメントありがとうございます。
オペラ座の怪人は大好きです!!
四季のミュージカルもとてもよかったです。
また、見に行きたい★
『ムーラン・ルージュ』も『シカゴ』もDVD持ってます。
どちらもいいですよね~
友達は「台詞が歌なのがいや!」と行ってましたが・・・

2005.08.25 05:35 URL | to ゆう さん #- [ 編集 ]

こんにちは、お返事いただいてたの気づきませんでしたv-239
今日ブログリストに登録させていただきましたv-20
でもロシア語がわかりません…
どう表示したらいいのでしょうか。
とりあえず英語のcoffee breakにしておきましたが…
申し訳ないですv-190
四季のオペラ座の怪人の追加公演、発売開始しましたね!
まだ行ける日が決まってまいので予約してないんですが…
今度こそ見たいですv-20

2005.08.25 05:35 URL | ゆう #- [ 編集 ]

ご訪問ありがとうございます!
ロシア語のタイトルですね・・・
コピペかIMEパッド→記号→ロシア語で入力ですね。
面倒でごめんなさいぃぃ・・・
スワロもゆうさんのblog、登録させてもらいます★
オペラ座、また見に行きたい!
ゆうさんも見にいけるといいですね~
  from swallow tail

2005.08.25 05:35 URL | to ゆう さん #- [ 編集 ]

こんにちは!
TB&コメントありがとうございました。
今頃やっと鑑賞して、とっても気に入ったのでDVDも買いました!
私も「The point of no return」が大好きで、何度も何度も聴いています。
素晴らしい映画ですよね~
哀しくってロマンチックで豪華で・・・

でも、最後がどうしても可哀想で可哀想で・・・仕方ないとはいえファントムが孤独に生きるのは遣る瀬無いわ~
先日『ファントム』という本を読んだのですが、そちらのラストは救いがあって良かったです。

2008.01.15 08:33 URL | 由香 #- [ 編集 ]

由香さん、おはようございます。
コメントありがとうございます。

スワロもDVD持ってますよ!
日本語吹き替えがなくてよかった・・・なんて安心しました。
何度見ても涙しちゃいますよ。
クリスも辛い恋だったと思いますが、
ファントムのやり場のない感情爆発を見るたびに
胸が痛いくらい悲しくなりました(涙)

>仕方ないとはいえファントムが孤独に生きるのは遣る瀬無いわ~
うん。
でも、ファントムはちゃんとクリスを追って外の世界へ飛び出し、
クリスを見守っていましたからね。
(あ、でもやっぱり陰から見守る生活・・・)

  from swallow tail

2008.01.16 08:28 URL | 由香 さんへ #- [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://swallowtailchocolate.blog56.fc2.com/tb.php/58-6a65e3c7

オペラ座の怪人
多くの方に愛されているこの映画、ず~~~っと観たかったのやっと観られて嬉しいなってことで、今年初の映画感想は、魅惑のミュージカル映画で~す^^・【story】19世紀のパリ、オペラ座に住む伝説の男ファントム(ジェラルド・バトラー)の仕業とされる怪事件が多発。

2008.01.15 08:21 | ★YUKAの気ままな有閑日記★

オペラ座の怪人
あなたの声で私の花が開きはじめる。  

2009.06.26 16:38 | Addict allcinema 映画レビュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。