スワロが映画を見た

スワロが見た映画について感想を書いていきます。
劇場映画、DVD、新作、旧作問わず映画のレビューを書きます。
コメント・トラックバック大歓迎。みなさまの積極的な絡みをお待ちしております。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
サイドウエイ

原題:SIDEWAYS
製作年度:2004年
製作国:アメリカ/ハンガリー
上映時間:130分

監督:アレクサンダー・ペイン
原作:レックス・ピケット
脚本:アレクサンダー・ペイン、ジム・テイラー
音楽:ロルフ・ケント
出演:ポール・ジアマッティ/トーマス・ヘイデン=チャーチ/ヴァージニア・マドセン

story:
離婚のショックから立ち直れない小説家志望の中年男、マイルス(ジアマッティ)。彼は結婚を1週間後に控えた大学時代の親友、ジャック(ヘイデン=チャーチ)とカリフォルニアのワイナリーへ旅に出る。男2人のワイン三昧の気ままな旅。道中、2人はワイン好きの魅力的な女性、マヤ(マドセン)との出会う。その出会いをきっかけに、旅は、マイルス自身を見つめなおす旅へと変わっていく・・・

サイドウェイ official HP
感想:
ゴールデン・グローブ賞をはじめ、さまざまな賞を受賞した作品。
アカデミー賞にもノミネートされました。
受賞を逃したのは・・・ちょっとお下品な場面があったからでしょうかね。
しかし、この作品がR-15指定だったのはそんな理由ではないと思います。

この映画のもうひとつの主役はワインたち。
マイルスのワイン薀蓄も、ワイン・ビギナーには参考になりますね。
ワイン片手に見たい映画でした。
この映画の観劇者には劇場でワインを売ってくれればいいのに・・・
なんて思ってしまいました。

ジアマッティ扮するマイルスはダメダメで冴えない男ですが、
ワインのように味のある男性のようです。
ワインについて、いきいきと、やや自慢げに薀蓄を話すマイルス。
ジャックの勝手気ままな行動にキョトンと目を丸くしているマイルス。
女性に対して臆病なマイルス。
いろいろな角度から見ても、味わいがある演技でした。
そして、もう一人味わい深かったのがマドセン扮するマヤ。
やさしげな笑顔かと思えば、行動は大胆だったり、
恋愛にもワインにもツウだったり。

劇中にたびたび出てくるワイン、ピノ・ノワール。
マイルスはまさにピノです。

ワインとともにカリフォルニアの風景もじっくり味合わせてもらえる、大人の映画でした。

スワロ的評価:★★★★★





※※人気ブログランキングに参加しています※※

スポンサーサイト

久しぶりです~!
私もこれ観ましたよ!!
確かにR18にする必要はないような気がする。
大人っぽい映画(笑)というか大人じゃなきゃわ
からない人生のワビサビがあったような
感じですよね~
あとはワインってあんなに面白いんだ、というのが
わかって、楽しかったです。
PS
マイブログリストに登録しました!

2005.08.24 15:00 URL | すたほ #- [ 編集 ]

訪問ありがとうございます。
そして、お断りもなくblog listに登録させていただいて失礼しました。
確かに。
この映画には人生のワビサビがあった。
でも“映画館でワインも出してくれたらいいのにぃ”
“ワイン付きチケットがあったらいいのにぃ”などと考えてしまいました。
ピノ、無性に飲みたくなりました。
といっても、ピノを買えるだけの余裕はないと思うけど・・・
リスト登録、ありがとうございます!!
 from swallow tail

2005.08.24 15:00 URL | to すたほ さん #- [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://swallowtailchocolate.blog56.fc2.com/tb.php/56-36b02528

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。