スワロが映画を見た

スワロが見た映画について感想を書いていきます。
劇場映画、DVD、新作、旧作問わず映画のレビューを書きます。
コメント・トラックバック大歓迎。みなさまの積極的な絡みをお待ちしております。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
イン・ハー・シューズ

原題:IN HER SHOES
製作国:アメリカ
製作年度:2005年
上映時間:131分

監督:カーティス・ハンソン
原作:ジェニファー・ウェイナー
脚本:スザンナ・グラント
出演:キャメロン・ディアス/トニ・コレット/シャーリー・マクレーン/マーク・フォイアスタイン

story:
弁護士のローズ(コレット)は、義理の母親に家を追い出された妹、
マギー(ディアス)を仕方なく自宅に居候させるが、
当のマギーは、仕事も決まらず勝手し放題。
挙げ句、ローズの恋人とベッドインした所を目撃され、家を追い出されてしまう・・・

イン・ハー・シューズ official HP
感想:
こころの中に静かに感動が訪れた作品。

「マギーは自分に似ている」
「ローズは自分だ」

そう思った人は多いのではないでしょうか。
映画の中の登場人物に自分を重ねる・・・
重ねられる映画って貴重だと思うんです。
作品の中に容易に感情移入できるだけでなく、自分の経験を思い出して、
もう一度振り返って、反省したり励まされたりできますよね。
もう一度同じような体験ができるんです。
辛い思い出や体験でも必然的にそうなってしまうのですが、
それでも、わたしは辛くて忘れたくてもこころの片隅においておくことは大事だと思うんです。
(思い出さなくても)

この作品では3人の登場人物がそれぞれ、辛い過去、コンプレックスを抱えています。
美しい容姿のマギーは、読書障害という障害を抱えていることでなかなか定職に就けません。
そのため、彼女は自分の美しさを武器に男性たちとひと時の楽しい時間を過ごします。
一方、姉のローズは頭脳明晰ですが外見にコンプレックスがあり、
何かこころが満たされていません。
そのこころを満たすために、ローズは仕事に打ち込みワーカホリック状態です。
祖母のエラは、かつて自分の娘を精神的に追い詰め、
自殺にまで追いやってしまったという自責の念に囚われています。

彼女たちをつなぐものが“靴”です。
靴は女性がおしゃれをするためのさりげないアイテム。
靴を履き替えれば、気分も雰囲気も変わります。
でも、自分にぴったりの靴を見つけるのは案外難しいものです。
大きさがあっていても甲が足りない・・・
かわいいのに歩くと靴ずれができてしまう・・・
おしゃれなマギーはあたかも靴を履き替えるかのごとく仕事を変えますが、
その靴は居候先の姉のもの。
外見のコンプレックスゆえおしゃれができないローズは
たくさんの靴を買うが履くことができないでいます。
しかし、結婚式では祖母は大切にしていた靴をローズに貸します。

靴を介して進むストーリーが徐々にしっとりしていくとともに、
マギーとローズの苦悩がくっきりしてきますが、
なかなか変化を起こせずにもどかしく辛い思いをしているのが切なくなってきました。
マギーは老人ホームに入居していた元教授に出会い、自分を変えていきます。
彼のおかげで読書障害というコンプレックスが緩和され、
“自分が何をしたらよいのか”というものを見つけました。
不思議ですね。
誰かのために、と思うと自然と自分自身をも見つめなおせるものなのでしょうね。

とにかく、この作品は演技も共感的でした。
キャメロン・ディアスは『メリーに首ったけ』『チャーリーズ・エンジェル』
のイメージが強くて、頭が弱い金髪の役柄のイメージしかなかったんですけど
この作品で苦悩を抱える女性を見事に演じていたとおもいます。
笑顔がとっても素敵なんです。
人に共感を呼ぶ笑顔ですよね。
トニ・コレットも真面目だけど、チャーミングな女性を演じていました。
「そうそう、こういう友達いる」って思わせてくれます。

in her shoes.
彼女の身になってみて。
スポンサーサイト

スワロさんこんばんわ♪TB有難うございました♪

自分も野郎ながら、姉のローズに少し共感してしまいました。といっても人生観ではなく、冒頭で妹をいやいや迎えに行くマギーの気持ちがなんか分かるんですよね~。自分も妹が学生の頃頻繁にアッシーにされてましたから(^▽^;)

それと後半部分で難読症のマギーが頑張って本を朗読するところは印象的ですね。その後の教授の事もあいまって、余韻が残るシーンです。

2006.07.03 23:45 URL | メビウス #mQop/nM. [ 編集 ]

メビウスさん、こんばんは。
そちらもそろそろ暑くなってきましたか?

「兄弟愛」というテーマでも共感できた人も多いかもしれませんね。
スワロのところの兄弟愛は希薄ですけど・・・
教授とのかかわりのシーンもすごく感動的でしたよね。
詩がすごくよかった。
ちょっと読めてしまう内容なんですけど、
それを十分にカバーするだけの作品だったと思います。

  from swallow tail

2006.07.04 21:34 URL | to メビウス さん #- [ 編集 ]

スワロさ~~~ん!ミラクルお久しぶりですっ!!
全然更新出来てないさわっこでやんす・・・
これ、意外にほんとかなりいいですよねっ
さわっこの家はかなりマギーとローズに似てる感じなので共感しまくりで泣きまくりだったような気がします
地味だけど、心が温まるほんわか良い映画でしたよね~

サイトの方はもうそろそろ復活したいところなんですがなかなかオフラインが忙しくて^ー^;
スワロさんもお忙しいとのこと、これからの季節はお互い体調に気よつけましょう!!
また、お邪魔しますね★

2006.07.10 20:10 URL | さわっこ #- [ 編集 ]

さわっこちゃーん!
おひさしぶり。
スワロも久しぶりの更新になっちゃったよ。

うちは兄弟仲良くもなく悪くもなく疎遠だからな・・・
ああいうふうに強いものでつながってるんだって
少しびっくりした部分もあったよ。
さわっこちゃんはきっとすごく共感できたんだろうね。

最近、すごく暑いよね。
もう体力の消耗が激しい・・・
本当、お互いに体調には気をつけようね。

  from swallow tail

2006.07.15 06:50 URL | to さわわ さん #- [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://swallowtailchocolate.blog56.fc2.com/tb.php/46-abbd00c5

【試写会】イン・ハー・シューズ(評価:○)
【監督】カーティス・ハンソン【出演】キャメロン・ディアス/トニ・コレット/シャーリー・マクレーン【公開日】2005/11.12【製作】アメリカ【ストーリー】マギーはゴージャスなルックスだけど、無職

2006.07.03 23:28 | シネマをぶった斬りっ!!

イン・ハー・シューズ
 老人ホーム内に弁護士のグループができるほど、アメリカでは弁護士が多いんだなぁ~とつくづく思う。アメリカの弁護士数は80万以上。日本のニート人口もそのくらいだ・・・

2006.07.08 09:27 | ネタバレ映画館

イン・ハー・シューズ
シネフロントで観たー姉妹ものなので姉と観ようと渋谷で待ち合わせしましたが、お姉ちゃん 寝坊。(´△`;)待ち合わせ時間に起きるってどうなの? まぁ結局一人で観ることになりましたあらすじ定職もなく、外見し

2006.07.10 20:05 | 映画感

『イン・ハー・シューズ』
イン・ハー・シューズ 監督:カーティス・ハンソンCAST:キャメロン・ディアス、トニ・コレット、シャーリー・マクレーン 他容姿にコンプレックスを持つ弁護士のローズ(トニ・コレット)と、美人だが学習障害を持つローズの妹マギー(キャメロン・ディアス)は、靴の

2006.08.01 10:28 | *Sweet Days*  ~movie,music etc...~

イン・ハー・シューズ
友人のお勧めです。 ルックスはいま一つだけど利口な姉 vs 美人だけどバカな妹という組合せの姉妹が、 いろいろあってお互いが成長して認め合う成長物語、 って、絵に描いたような話らしいけれど、 どうなんでしょうねぇ。。。( ^ _ ^; ローズはフィラデルフ...

2009.04.30 13:16 | 映画、言いたい放題!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。