スワロが映画を見た

スワロが見た映画について感想を書いていきます。
劇場映画、DVD、新作、旧作問わず映画のレビューを書きます。
コメント・トラックバック大歓迎。みなさまの積極的な絡みをお待ちしております。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
スタンド・アップ

原題:NORTH COUNTRY
製作国:アメリカ
製作年度:2005年
上映時間:124分

監督:ニキ・カーロ
脚本:クララ・ビンガム/ジェフ・スコール
原作:マイケル・サイツマン
出演:シャーリーズ・セロン/フランシス・マクドーマンド/ショーン・ビーン

story:
シングル・マザーとなったジョージー(セロン)は2人の子どもを連れ、故郷に戻ってきた。鉱山の町としての伝統を育んできた町の住人たちは、ジョージーに“身持ちの悪い女”と冷たい視線を向ける。そんな中、ジョージーは子供たちのために、自立を目指して鉱山で働きだす。だが職場では、男性社会に進出してきた女性に対する会社ぐるみの厳しい洗礼と、屈辱的な嫌がらせが待っていた・・・

スタンド・アップ official HP

感想:
女としての辛さ。
女性としての、母としてのたくましさ。
実話に基づいているだけあって、説得力のある作品でした。

セクシャル・ハラスメント(セクハラ)が社会問題となったのはいつごろでしょうか。
男尊女卑や「男性は外」「女性は内」という偏見がまだまだ色濃く残っている80年代。
女性の社会進出を妬み、妬みとおもしろさだけで卑劣な行動を繰り返す男性労働者たち。

この作品を見ていて、知らないうちに涙が出てきました。
この涙は自分でもよく理解できない。
女ばかりの職場で働いているスワロはもちろん
ジョージーのような悲惨な目にあったことはないので、
それほど自己投影して悲しみを感じるようなものとは思えなかったのですが・・・
しかし、現在休職中の身。
しかも、不本意な休職。
そして、親子関係の不和。
“仕事をもらえない”“自立しなくては”という意識が
少し過剰に感情移入させたのかもしれません。

でも、ジョージーたち女性労働者が受けた卑劣な嫌がらせは、
やはりとてつもなく悲しかったです。
男性の「仕事を奪われる」という不安もあってのことだとはわかります。
しかし、男性たちの多くは自分たちが
女性労働者をいじめる理由なんてわかってなかったでしょうね。
いじめなんて往々にして理由が存在しないものです。
それだけに、卑劣としか言いようがなく、憎らしい。
女性というだけで人間らしく扱ってもらえないなんて、
女性が仕事を求めただけであばずれ呼ばわれされるなんて
「そういう時代だった」というだけでは
彼女たちのこころが癒されるときが来るのだろうか、と切なく悲しくなってきます。

この作品のもうひとつの核、家族の絆。
労働組合集会で父親が娘をかばう姿はとても美しかったです。
「守る」ということ。
単なる経済的な支援ではなく、精神的に支え周囲の敵から保護すること。
ジョージーの父親は後者をジョージーに与えたけど、
ジョージーはまだ若くて前者のみしか見えないようです。
しかし、女でひとつで二人の子どもを養っていこうとするのですから
彼女のたくましさや、責任感に感嘆してしまいます。

モンスターほどの迫力はありませんが、シャーリーズの手堅い演技、
マクドーマンドとリチャード・ジェンキンスのある演技でまとまった作品です。
女性監督の視点というのも演出にいい味を出しているかもしれません。

スワロはちょっとした職場の不満にも「やめてやる!」と
まだまだ我慢が足りない若造です・・・
スポンサーサイト

スワロさんこんばんわ♪TB有難うございました♪

映画の時代背景が不況真っ只中なだけに、鉱山男性労働者も女性に仕事を取られるのがいやだったと言う現状もあったとは思うのですが、やはりあの嫌がらせの数々は度を越えてましたね。
同じ野郎としても不快になるシーンは結構ありました。

そんな嫌がらせにも決して屈せず立ち向かったジョージーは本当に素晴らしい♪
実話大好きなのもあって、この作品は今でも印象に残ってます♪

※そう言えばスワロさんの復職が決まったと本ブログで知りました。
また忙しくなりそうですね。頑張ってくださいp(^-^)q

2006.06.24 00:15 URL | メビウス #mQop/nM. [ 編集 ]

メビウスさん、おはようございます。

こんな悲惨な出来事があったのか、と同性のスワロは悲しかったですよ・・・
女性と仕事を共にすることが多くなった昨今、
男性でもこのようないやがらせを不快に思った方もおおいでしょうね。
ジョージーのたくましさにも涙、辛い過去にも涙、
子を思う感情にも涙、の涙が止まらない作品でした。

励ましのお言葉ありがとうございます。
来週から復職ですが、ひっじょ~にやりにくいです。
でも、もうウダウダ言っていられないので頑張ります!!

  from swallow tail

2006.06.24 06:18 URL | to メビウス さん #- [ 編集 ]

スワロさん、来週からの復職オメデトウです!
職場にも応援してくれる人が、きっといると思うよ、スタンダップ・・だよね♪

2006.06.24 12:28 URL | たけちゃ #mQop/nM. [ 編集 ]

たけちゃさん、おはようございます。
そして、ありがとうございます!!

タイミングよくスタンドアップを見て、
この作品はとても悲しかったけど、ジョージーに勇気をもらいました。
今が頑張らなくてはならないときなので、わたしもスタンドアップっ!!です。

  from swallow tail

2006.06.25 07:07 URL | to たけちゃ さん #- [ 編集 ]

スワロさん、コメントありがとうございました。明日から(正確には今日から)復職なさるのですか?2006年も折り返し地点に差し掛かっています。スワロさんも折り返し地点なのかもしれませんね。この映画に関しては、邦題がぴったりはまっていると思います。
そう、スワロさんにもね(^^)v

2006.06.26 01:52 URL | mei #- [ 編集 ]

meiさん、こんばんは!
初日、終わりました。
「スタンドアップ!」
まさに、仕事復帰を控えていたわたしにはふさわしいタイトルでしたが、
今、精神的にかなり参ってます。
そのぉ・・・窓際族の気分を味わってきました・・・
(上司は決してそんなつもりではないんでしょうけど)
今のスワロに必要なのはキーファーの素敵な姿★

  from swallow tail

2006.06.26 21:38 URL | to mei さん #- [ 編集 ]

あの集会での父親が立ち上がるシーンには、涙が出てきてしまいました。
今「それはセクハラです」といえるのも、ジョージー達のような女性達が戦ってくれたからなのですよね。
私が就職した頃は、それでもまだセクハラがあって、泣かされている人もいました。
でも、いじめというのはイツの時代でもありますが・・・(涙)
ちょっと勇気をもらえた映画です。

2006.07.02 14:48 URL | yuki@レンタルだけど映画好き #- [ 編集 ]

yukiさん、おはようございます。
最近忙しくて、映画も見られなくなってしまいました・・・

そうですよね。
この一件がなかったら、今の女性たちは
未だにセクハラに苦しんでいたかもしれませんよね。
前例がないだけに
ジョージーたちはものすごい苦労をしてきたと思ういます。
yukiさんも就職当時はセクハラに・・・
日本ではそういった働く女性に対する意識が遅れてますよね。
もちろん、今ではバリバリのキャリアですよね??

  from swallow tail

2006.07.03 06:36 URL | to yuki さん #- [ 編集 ]

 トラックバック、ありがとうございました。遅いトラックバック返しになり、申し訳ありません。
 本作は、印象の濃い、秀作です。内容だけだと単館扱いですが、シャーリーズ・セロンが主演したおかげで、全国公開にこぎつけたことに感謝しました。
 まだ、私の体調は完全にはもどっていませんが、再開致します。これからも宜しくお願い致します。  冨田弘嗣

2006.07.04 22:28 URL | 冨田弘嗣 #qTC6Hdh. [ 編集 ]

富田さん、おはようございます。
お返事が遅くなってすみません。

この作品の公開当時、田舎に住んでいましたが、
シネコンで上映されていたことに驚きました。
あまり大きな劇場で公開されないような作風でしたから。

わたしも体調不良で休職をしていましたが、復職して以来、疲労で毎日クタクタで余計に調子が悪くなりそうです。
映画もご無沙汰になったしまいました。
冨田さんもお体だけは大事にしてくださいね。
また、素敵な映画の評を待っています。

  from swallow tail

2006.07.08 06:30 URL | to 冨田弘嗣 さん #- [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://swallowtailchocolate.blog56.fc2.com/tb.php/45-129763c6

スタンドアップ
 悪○じゃないショーン○ー○が○ても○かった。フランシス○ク○ーマン○もオスカー助演女優賞ノミニーがかなり○○だ!

2006.06.24 00:03 | ネタバレ映画館

スタンドアップ(評価:☆)
【監督】ニキ・カーロ【出演】シャーリーズ・セロン/フランシス・マクドーナンド/シシー・スペイセク/ウディ・ハレルソン/ショーン・ビーン【公開日】2006/1.14【製作】アメリカ【ストーリー】夫の暴力

2006.06.24 00:06 | シネマをぶった斬りっ!!

スタンドアップ
スタンドアップ かわいこちゃん女優が「モンスター」からモンスター女優になった。シャーリーズ・セロンの病的な太り方、戻し方は、観る側からも、モデルを脱皮しようともがき苦しむ沙汰だった。観る側も苦しかっ

2006.06.25 09:55 | 映画評論家人生

スタンドアップ
私なんか、と何度も思った。お前なんか、と何度も言われた。それでも、立ち上がってみようと思った。2005年 アメリカ監督 ニキ・カーロ 出演 シャーリーズ・セロン/フランシス・マクドーマンド/ショーン・ビーン/リチャード・ジェンキンス/ジェレミー・レナー/ミシェル

2006.07.02 14:49 | レンタルだけど映画好き 

映画「スタンドアップ」
原題:North Country1975年に初めて女性が採用されたミネソタ北部の鉱山、セクハラに対する"集団訴訟"に発展する1980年代でも30対1の時代の女性達の実話。 ドメスティックバイオレンスから二人の子供を連れて実家に帰るジョージー(シャーリーズ・セロン)、自

2006.07.04 12:57 | 茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~

『スタンドアップ』
スタンドアップ 特別版CAST:シャーリーズ・セロン、フランシス・マグドーマン、ショーン・ビーン 他アカデミー主演女優賞、助演女優賞ノミネート暴力を振るう夫に耐えかね、二人の子供を連れて故郷の北ミネソタに戻ってきたジョージー(シャーリーズ・セロン)。父親

2006.08.31 11:00 | **Sweet Days**

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。