スワロが映画を見た

スワロが見た映画について感想を書いていきます。
劇場映画、DVD、新作、旧作問わず映画のレビューを書きます。
コメント・トラックバック大歓迎。みなさまの積極的な絡みをお待ちしております。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
間宮兄弟


原題:THE MAMIYA BROTHERS
製作国:日本
製作年度:2006年
上映時間:119分

監督:森田芳光
原作:江國香織
脚本:森田芳光
音楽:大島ミチル
出演:佐々木蔵之介/塚地武雅/常盤貴子/沢尻エリカ/北川京子/中島みゆき

story:
間宮兄弟は30代の今も同居を続ける中のよい兄弟。
兄、明信はビール会社の研究員、弟、徹信は小学校の校務員。
テレビで野球のスコアをつけたり、飛行機を作ってはとばしたり、
商店街にグリコじゃんけんで行って餃子を食べたり布団の中で反省会をしたり。
そんな兄弟に欠けているのは恋人・・・

間宮兄弟 official HP
感想:
この映画は“ほのぼの”作品?
それとも“日本男児の将来を危惧する”作品?

『模倣犯』で大失態をしでかしてしまったという森田芳光監督が
江國香織の同名小説を映画化した作品。
ちなみにわたしは地上波で『模倣犯』が放送されたとき
30分くらいで集中力が切れたためどんなストーリーを知りません。

この作品に出てくる間宮兄弟は、ありえないような兄弟です。
30歳を過ぎているのに未だに一緒に住んで、遊んでいます。
遊びというのもごく普通というか、子どもの遊びで、
グリコじゃんけん、飛行機など。
もちろん一緒の部屋に布団をくっつけて寝て、
布団に入ったら“1日の反省会”なるものを行っているのです。

兄弟が互いに支えあって生きていて、弟が落ち込めば兄が慰め、
兄が困難にぶつかれば弟が助け、大人になるにつれて忘れてしまう兄弟愛にあふれています。

平凡な日常なのに、毎日が楽しい。
兄という存在が、弟という存在がいるだけで、毎日楽しく過ごせる。
そして、平凡な毎日に楽しみを見つけるのは過ごし方次第。
そんなことを教えてくれます。
生きづらい現代社会の中で、楽しみながら生きていくことの必要性を観客に訴えています。

そして、楽しいながらも恋愛が苦手で、なかなか一歩を踏み出すことのできない兄弟に、
観客たちはやきもきしながらも笑ったり、うなずいたりしながら
どこかホッとしたりもしているのではないでしょうか。

ストレスだらけの生活を送っているわたしたちには、
マイペースでほのぼのとした間宮兄弟に癒されるのです。

しかし、ほのぼの映画だとおもっていたわたしも若干考えてしまう内容でもありました。
30歳を過ぎても一緒に生活している点、常に支えあっている点、
子どもの遊びを好む点・・・自立できない大人としての側面も見えてきました。
実際にはありえないから楽しめる点と、
もしかしたらこういう人たちって今後増えていくのではないか、と感じる点がありました。
彼らはとても平和なんです。
でも、そういった現実味のない人って現代社会では増えているのではないかって。
自立していないぶん他人との距離のとり方もわからない。
弟は最初は口では「一人だけを思い続ける」のが自分のスタイルだと言っていましたが、
兄に「直美ちゃんがだめなら依子先生」と勧めていますし、
兄の先輩の奥さんに恋心を抱いてしまいました。(つまり不倫でもいいと)

これはわたしの神経質な考えなのかもしれませんね。

キャストはびっくりするくらいぴったりでした。
佐々木蔵之介の真面目そうなイメージ、塚地武雅の理屈っぽく子どもっぽいイメージが
兄弟の役どころにしっかりとはまっていました。

でも、一番ぴったりだったのが、レンタル店の店員役で友情出演していた
ドランク・ドラゴンの鈴木ですね。
ツタヤに行ったらカウンターの中にいても違和感がないと思います。
スポンサーサイト

スワロさんこんばんわ♪

現実には有り得ないような間宮兄弟。でも自分、間宮兄弟と同じように、去年母方のおばあちゃんからお小遣い貰ってました(^▽^;)いい大人なのに・・・(爆

そいえばセリフが無かったですけど、ドランクドラゴンの鈴木も出演してるのにはちょっと笑ってしまいました。塚地ばっかりドラマや映画に出てるのでくやしい気持ちが見え隠れしている・・・( ̄▽ ̄;)(汗

2006.07.05 02:01 URL | メビウス #mQop/nM. [ 編集 ]

メビウスさん、おはようございま~す。
コメント遅くなって申し訳ありません。

いやいや、うちの祖母もいつまでも孫にお年玉あげたいってタイプですから。
兄はもちろんもらっていますし、今年社会人デビューを果たしたスワロにもくれそうですね~
正直疎ましいんですけどね・・・
まあ、断るのも申し訳ないので、ここはもらっておくのが正解じゃないですか?

鈴木!
もう出演してたのを忘れてました!!
でも、中島みゆきもよかったですよね。
あの母親ならこの子どもが生まれてもおかしくないですね。
でも、スワロの母親がああいうタイプだったら
それはそれで疎ましいかも・・・

  from swallow tail

2006.07.08 06:38 URL | to メビウス さん #- [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://swallowtailchocolate.blog56.fc2.com/tb.php/41-b2bd3dcd

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。