スワロが映画を見た

スワロが見た映画について感想を書いていきます。
劇場映画、DVD、新作、旧作問わず映画のレビューを書きます。
コメント・トラックバック大歓迎。みなさまの積極的な絡みをお待ちしております。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
ブエノスアイレスの夜


原題:VIDAS PRIVADAS
製作国:アルゼンチン/スペイン
製作年度:2001年
上映時間:105分

監督:フェト・パエス
脚本:フェト・パエス/アラン・パウエル
音楽:フェト・パエス/ヘラルド・ガンディーニ
出演:セシリア・ロス/ガエル・ガルシア・ベルナル/ルイス・シエンブロウスキー

story:
マドリードから20年ぶりにブエノスアイレスに帰郷した42歳のカルメン(ロス)は、
昔うけた拷問の恐怖から人と触れ合えなくなっていた。
ある時、若い男娼の声に魅了されたカルメンは、
彼を雇って壁越しに官能小説を読ませる・・・

感想:
癒えることのないこころの傷と“運命”の男性との出会い。
“女性らしさ”と引き換えに得たものは“母親”としての辛い過去。

軍事政権下のアルゼンチン。
遠い国の過去の出来事は、彼らの今の生活にも影を落としています。
20年前に政治犯として囚われたカルメンは、収容所の中で子どもを出産。
しかし、夫も子どもも奪われていく。

この作品の悲劇性はギリシア神話の
『エディプス(オイディプス)王』がベースになっています。
テーベに生まれたエディプスは、それと知らず、父であるライオス王を殺し、
母であるイオカステと結婚し、やがて真相を知ったエディプスは自ら両目をえぐり抜いた
というエピソードです。
このエピソードは心理学では「エディプス・コンプレックス(Oedipus complex)」
と呼ばれ、3歳を過ぎた子どもに見られる「異性の親に対する愛着」です。

劇中では実際にカルメンがどのような虐待を受けていたのかの描写はありませんが
おそらく性的な虐待を受けていたであろうことは想像に難くありません。
その辛い過去の影響で肉体的接触をもてず、孤独な存在になってしまいました。
壁越しに声だけで愛情を深めていくカルメンとグスタポ。
こころの壁が取り払われるとともに部屋の壁すら必要としなくなったカルメン。
そんな二人の一種異様な愛情が雰囲気たっぷりに描かれています。
二人が絡むシーンはほとんどないのですが、
濃厚なシーンに仕上がっていてとても官能的なのが不思議なくらいです。

収容所で生き別れた親子が、刑務所で親子として再会・・・
切なく皮肉なストーリーですね。

この作品の登場人物たちはとても癖のある愛情の持ち主ばかりなのが興味を引きます。
カルメンのプライベートに異常なまでに干渉したがる妹。
カルメンに対して一方的な愛情を見せる父の主治医。
血のつながりのない息子を必死で繋ぎとめようとするグスタポの養父。
そして、父に対する愛情が憎しみに変わったとたんに感情的になってしまったグスタポ。

さまざまな愛情が交錯していて官能的なストーリーに
ミステリアスな雰囲気や恐怖感も加わっています。

セシリア・ロスの演技は素晴らしかったですね。
はじめて見た女優さんですけど、アルゼンチンでは相当なベテランさんでしょうか。
こころに強固な壁をつくり、能面のような表情で振舞っているカルメンの
こころの影が見事に現れていたと思います。
さらに素晴らしかったのはグスタポを演じたガエル・ガルシア・ベルナル。
セクシーでチャーミングにグスタポを演じていました。
カルメンと食事をしていたときに見せた爽やかでやわらかい笑顔。
ガエルだからこそできる表情なんですよね。
もう、ガエルファンだったらたまらないでしょうね。

だんだん、彼がエマニュエル・ベアールのようになるんじゃないかと思っております。
スポンサーサイト

こんばんは、ちょっと衝撃なラストでしたが、主演の二人はとても良い演技でした。
ガエル君のファンになってしまいそうになりました・・(笑)

2006.06.14 19:35 URL | yuki@レンタルだけど映画好き #- [ 編集 ]

yukiさん、こんばんは。

そうですね。
ラストは衝撃的でした。
カルメンとグスタポの親子としての関係も気になりました。
ガエルくん、かなりセクシーでファンを魅了してますね。
さらにファンを増やしそうです。

  from swallow tail

2006.06.14 20:46 URL | to yuki さん #- [ 編集 ]

こんばんわ!TB&コメントありがとうございました!
ごめんね・・・お返事遅くなって(泣)。

この物語はギリシャ神話がベースになっていたなんて・・・知らなかった。ギリシャ神話は結構過酷でやるせないものが多いですが、睦月も大好きでよく読みます。

いろんなガエルくんの作品を観てきたけれど、この作品の彼が一番美しいと思ってます。
皮肉で哀しくて・・・大変に切ない物語でしたが、どこか美しくて、とっても好きな作品。ずっと心に残っている映画です。

2006.06.16 21:20 URL | 睦月 #- [ 編集 ]

睦月さん、こんばんはー!
お仕事が忙しいのでしょうか・・・
お体だけは大事にしてくださいね。

おそらく「エディプス王」がベースだと思います・・・
たぶん!
「エディプス王」もイオカステと結婚するまでが長いので端折ってしまいましたが、
ここまでが相当残酷なエピソードです。
睦月さんもお時間があったら読んで出見てくださいね。

この作品のガエルくんはかなりよかったですね。
でも、スワロはストーリーも面白かった『バッド・エデュケーション』も捨てがたいです!

  from swallow tail

2006.06.16 22:11 URL | to 睦月 さん #- [ 編集 ]

こちらにもオジャマします♪

この映画のガエルくん、ホントにすてきです。
そして、ストーリーも強烈。
クラクラしました。

2006.06.21 21:36 URL | あむろ #y.6mc9WE [ 編集 ]

こちらにもいらっしゃいませ~。

あむろさんもガエルくんを注目しているようですね。
このガエルくん、すてきですよね。
セクシー全開なのに、チャーミングな演技も見せてくれて。

  from swallow tail

2006.06.22 08:20 URL | to あむろ さん #- [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://swallowtailchocolate.blog56.fc2.com/tb.php/40-f7fdbb16

ブエノスアイレスの夜
ドラマ2001年 アルゼンチン/スペイン監督 フィト・パエス出演 セシリア・ロス/ガエル・ガルシア・ベルナル/ルイス・シエンブロウスキー/ドロレス・フォンシ/カローラ・レイナ/エクトル・アルテリオ/チュンチューナ・ヴィラファーネ/リト・クルス原題 VIDAS PRIVADAS孤

2006.06.14 19:36 | レンタルだけど映画好き 

ブエノスアイレスの夜
 【映画的カリスマ指数】★★★★☆ 愛しい゛声゛が開いた悲劇への扉   

2006.06.19 00:55 | カリスマ映画論

『ブエノスアイレスの夜』 VidasPrivadas
『ブエノスアイレスの夜』スペイン・マドリードに住む42歳の女性カルメン(セシリア・ロス)。アルゼンチン貴族の娘である彼女は、76年に起きた、軍事クーデターによって故郷を離れ、心を閉ざしたまま、独りで生きてきた。当時の過酷な経験から人を愛することが出来なくな...

2008.07.13 20:37 | *モナミ*

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。