スワロが映画を見た

スワロが見た映画について感想を書いていきます。
劇場映画、DVD、新作、旧作問わず映画のレビューを書きます。
コメント・トラックバック大歓迎。みなさまの積極的な絡みをお待ちしております。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
ウォンテッド

原題:WANTED
製作年度:2008年
製作国:アメリカ
上映時間:110分

監督:ティムール・ベクマンベトフ
原作:マーク・ミラー
脚本:マイケル・ブラント/デレク・ハース/クリス・モーガン
出演:ジェームズ・マカヴォイ/アンジェリーナ・ジョリー/モーガン・フリーマン
    テレンス・スタンプ/トーマス・クレッチマン/コモン/コンスタンチン・ハベンスキー
 
あらすじ:
顧客管理担当として企業で働くウェスリー(マカヴォイ)は、毎日同じことの繰り返しの退屈な生活にウンザリしていた。嫌味ばかり羅列する上司と同僚と寝ている彼女。そして、パニック障害を抱え大したことのできないダメ男である自分にもウンザリしていた。ある日、薬を取りに薬局へ行くとカウンターで見知らぬ美女に声をかけられる・・・

感想:
正直、ドン引きした『ウォッチ』シリーズ。
意味不明な映像に、ただただ疲労しただけの苦い思い出いっぱいのベクマンベトフ監督作品。

だが、公開から結構時間がたっていることもあり、
本篇を見るまでこれがベクマンベトフ監督の作品であることをすっかり忘れていた。
今まで見なかったのは内容に対して興味がわかなかったのもあるし
アンジェリーナ・ジョリーがあまり好きではないことがある。
(『17歳のカルテ』は好きだけど)
今回見たのは単にこれならスリルを提供してくれるからだと思ったから。
そしてその思惑は的中した。

この作品は・・・ベクマンベトフの色が存分に発揮されていたのではないだろうか。
ハリウッド進出ということもあり
『~・ウォッチ』の時のようなオリジナリティとでもいうか、突飛な映像、ストーリーは
それなりに大衆向け(アメリカで理解されるような)に矯正されていたと思う。
おかげでやや見やすくはなったけれど
それでもベクマンベトフ個性はかなりアクが強いようだ。

“オリジナリティ”と言ってしまえばそれまでだが、スワロにとってはかなり強烈な相手だ。
今回はスワロの免疫機構が働いたのか
それとも大衆向けに矯正された成果なのだろうか、
中盤以降は「普通に見られる」程度の内容に納まっていてくれた。
しかし、序盤はかなりアクが強く眉間に皺より度80%以上だったと思う。

序盤は「これ★2つ以下だな」と感じた。
かなりバイオレンスな描写が不快だったからだ。
しかも主人公ウェーズリーが「なぜここに来たか」の正答を出せずに
殴られまくるという理不尽さ。
特訓シーンを見ていて段々嫌気がさしてきた。
しかも、特訓を終えて一応及第点をもらったウェーズリーが
暗殺者として超初心者にもかかわらず
「相手はクロスか?」としきりにクロスを意識しているあたり、
「お前はどれだけうぬぼれ屋なんだよ」と突っ込みたくなった。
しかし、この辺りまでを乗り切れたら後は比較的流れに乗りやすかった。

本作や『ウォッチ』シリーズが評価されるとき
比較されるのは『マトリックス』だろう。
革新的な映像が当時相当話題になったことは記憶している。
しかしスワロ自身、マトリックスをまともに見たことはおそらく1作目だけだと思う。
あまり記憶にもない程度だ。
本作はマトリックスと比較されるくらいだからやっぱり映像は相当気張っている。
しかも、弾道が変化球さながらカーブしたり
あり得ない乗車方法を見せてくれたカーチェイスなど人知を超えた世界だ。
スローを多用した映像は迫力をもたらしてくれる。
迫力はかなりある。
というか満天だろう。
ワクワク感を求める人にはうってつけだろうと思う。

しかし、ストーリーは予想を超えるものではない(苦)
中盤はややベクマンベトフ色が抑えられハリウッドらしい印象だったものの
やはりベクマンベトフ!!
最後、きっちり自分らしさを見せてくれましたよ・・・

それにしても、やはりあのブレブレ映像はあまり気持ちの良いものではない。
さらに吹き替えがDAIGOだというのもヤバウィッシュだと思う。

原作が奇抜なのか、映像が奇抜なのか・・・
総合的に見たら可もなく不可もなくというところだろうか。

スワロ的評価:★★
スポンサーサイト

スワロさん、おはよっす
この映画だったら、スワロさんでも面白く見られるんじゃないかな、と思ったけど

・・・星二つか(笑) やはりベクさんとは相性悪いみたいだね・・・

実はヤバウィッシュと評判のDAIGOヴァージョンで見ました(時間の都合で)
ダイちゃんのやる気なさげな演技が、へタレなマカポイに妙にマッチしてて、思ったほど悪くなかったです(笑)

スワロさんは『アクロス』ももう観たんですねー わたしも来週観にいく予定。『落下の王国』も来るみたいだね・・・ オレ、東京まで観にいったのに・・・(またこのパターンだよ・・・)

2008.10.23 07:56 URL | SGA屋伍一 #TyXokUWg [ 編集 ]

すわろちゃん。
あらら、こちらはあんまりでしたのねー

わたしはこちらも楽しめちゃった♪
「マトリックス」はやっぱり傑作だと思いますよん♪

2008.10.23 14:54 URL | mig #- [ 編集 ]

コチラの作品、いろんな意味でマトリックスと比較してしまう所ありますよね~

私もあのボワボワした映像、少し酔いそうになってしまいました。(--;最近、、視覚が弱ってきているのでしょうか、、

なんか、物語や映像が悪夢の中っぽい感じで現実味がなくふわふわしているのも気になってしまいました。

まあ 面白いといったら面白いのですが、、興奮してみる!という面白さではないですよね、、
これ続編どう続けるのでしょうか、、そちらが激しくきになっています

2008.10.24 18:23 URL | コブタです  #- [ 編集 ]

こんばんは!
スワロさんはこういう映画は苦手なのかな。^^;
眉間に皺より度80%以上はキツイっすね。。

アンジーが好きではない人はやっぱ不評ですよ。笑
私は特別好きな女優さんじゃないけど、今回はかっこよかったかな。
ウェーズリー役のジェームズ・マカヴォイがはまってたということもあるけど。
DAIGOの吹き替え、DVDで確かめてみたいよ。

2008.10.24 23:23 URL | アイマック #mQop/nM. [ 編集 ]

おスガさん、おはようございます。
コメントありがとうございます!

>やはりベクさんとは相性悪いみたいだね・・・
あはは(苦)
そうなんですよね。
スワロは結構選り好みが激しくて「いやなものはいや」なタイプなので。
これもひとつのエンターテイメント作品として
客観的にとらえれば面白い作品だと思うけど
自分の好みかどうか、自分が面白いと感じたかどうかと言わればびみょ~です。

>ダイちゃんのやる気なさげな演技が、へタレなマカポイに妙にマッチしてて、
>思ったほど悪くなかったです(笑)
マジで!?
DAIGO・・・なんだろうあれ、100%天然じゃないよね。
結構計画的なおバカだよね・・・
その作られた感がちょっと嫌。

>オレ、東京まで観にいったのに・・・(またこのパターンだよ・・・)
はは(苦笑)
まぁ、仕方ない。
スワロも『落下の王国』はくるような作品に思えなくて
東京で見ようと思ってたんだ。
でも、時間が合わなくて。
こっちに来てくれてラッキーくらいの感じ。

  from swallow tail

2008.10.26 06:34 URL | SGA屋伍一 さんへ #- [ 編集 ]

migさん、こんばんは。
コメントありがとうございます!

う~ん・・・この作品はいま一つでした。
どうも『ウォッチ』シリーズの印象が強すぎて
ベクマンベトフ監督に苦手意識が芽生えてしまったようです・・・(苦)

『マトリックス』はきちんと見たことがないんです。
結構言っていることが物理的に難しすぎて
スワロの頭では理解できず。
でも、当時あの映像革命は相当話題になりましたよね。

  from swallow tail

2008.10.26 22:31 URL | mig さんへ #- [ 編集 ]

コブタさん、こんばんは。
コメントありがとうございます!

>なんか、物語や映像が悪夢の中っぽい感じで
>現実味がなくふわふわしているのも気になってしまいました。
そうなんですよね。
リアリティがなさすぎなんです。
マトリックスのように仮想世界?を描いているわけではなく
リアルな世界を描いているはずなのに
現実味が全然ないんですよね~

>これ続編どう続けるのでしょうか、、そちらが激しくきになっています
うわー。
続編があるんですか!?
どうなるんでしょうか・・・
アンジーもいなくなっちゃったし(苦笑)
マカヴォイくんが新たな組織を立ち上げるんでしょうか。
でもあの機織り機も壊れてしまっているから命令するところがないですよね。
マカヴォイVS新たな暗殺組織か??

  from swallow tail

2008.10.28 00:34 URL | コブタ さんへ #- [ 編集 ]

アイマックさん、こんにちは。
コメントありがとうございます!

お返事が・・・たいへん遅くて申し訳ないです。

>スワロさんはこういう映画は苦手なのかな。
あは(苦笑)
昔はアクション全般が好きではありませんでしたが、
それでも最近は気分転換というかスッキリするのでよく見るジャンルです。
でも、この作品については『ウォッチ』シリーズの思い出があまりにも苦すぎて
どうも先入観がるようです(苦)

>DAIGOの吹き替え、DVDで確かめてみたいよ。
気になりますよね!?
別にDAIGOは好きじゃないし、むしろ嫌いなくらいなのに。
普段のあの似非天然「ヤバウィッシュ」な彼が
どのような声優っぷりを見せてくれるのかが・・・
とても気になります!!

  from swallow tail

2008.10.29 13:37 URL | アイマック さんへ #- [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://swallowtailchocolate.blog56.fc2.com/tb.php/370-6a68d0cd

「ウォンテッド(WANTED)」映画感想
ナイト・ウォッチ、デイ・ウォッチの監督ティムール・ベクマンベトフのハリウッド進出して撮った作品。「ウォンテッド(WANT

2008.10.18 04:22 | Wilderlandwandar

映画「ウォンテッド」
原題:Wanted この映画は10代、20代に受けているそうで、お年寄りにはどうかとも思うけど、ビッグネームのヒロインに惹かれて、結局観に行ってしまった~確かに凄い~ 極普通の若者が使命を持って変身していくという物語の始まりはゲーム的でもあり、「ドラゴン...

2008.10.18 19:05 | 茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~

「ウォンテッド」 アンジェリーナ・ジョリーの存在感
予告は文句なくカッコ良かった。 登場する暗殺者たちは、野球の投手がカーブを投げる

2008.10.19 08:53 | はらやんの映画徒然草

ウォンテッド
仕事もプライベートも冴えないウェスリー(ジェームズ・マカヴォイ)の前に、 突如現れたフォックス(アンジェリーナ・ジョリー)は、ウェ...

2008.10.19 17:17 | 心のままに映画の風景

必殺機織り人 ティムール・ベクマンベトフ  『ウォンテッド』
ロシア出身のベクマンベドフ監督(いいにくい名前だ・・・)が、ハリウッドにて本格デ

2008.10.23 07:57 | SGA屋物語紹介所

ウォンテッド/WANTED
イカレてる{/m_0158/}  でもイカしてる{/m_0158/} 劇場の予告篇 何度か観てて、映像は凄そう!って思ってたものの 何となく内容は期待してなかったけど先行で観てきました~{/hikari_blue/} 全米では6/27公開で大ヒット!  yahooの海外サイトの評価も高めになってた...

2008.10.23 14:54 | 我想一個人映画美的女人blog

ウォンテッド
ストーリー展開と銃弾の曲がり方 【Story】 人生にうんざりしているウェズリー(ジェームズ・マカヴォイ)の前に突如現れた謎の美女フォッ...

2008.10.24 09:16 | Memoirs_of_dai

『ウォンテッド』
「新次元へ」と謳われていた予告編から久々に新しい感覚の映画が見れると期待していたのですが、正直な感想としては新鮮味ゼロでした。全米では大ヒットを受けて3部作構想が既にスタートしているそうですが、可もなく不可もなくになってしまうのでしょうか?それよりもあ...

2008.10.24 15:46 | めでぃあみっくす

●ウォンテッド(WANTED)
あの『デイ・ウォッチ』のロシア人監督ティムール・ベクマンベトフがマーク・ミラーのグラフィック・ノベルを映画化したコチラの作品、予告...

2008.10.24 18:24 | コブタの視線  

ウォンテッド
WANTED(2008/アメリカ)【先行上映】 監督:ティムール・ベクマンベトフ 出演:アンジェリーナ・ジョリー/ジェームズ・マカヴォイ/モーガン・フリーマン/テレンス・スタンプ/トーマス・クレッチマン 1を倒して、1000を救う いや~おもしろかった! 斬新な映像と

2008.10.24 23:16 | 小部屋日記

映画 『アクロス・ザ・ユニバース』
  ☆公式サイト☆全編にわたってビートルズの名曲を使用し、1960年代のアメリカに生きる若者たちの青春を描いた異色ミュージカル。監督は『フリーダ』のジュリー・テイモア。イギリスのリバプールに暮らすジュード(ジム・スタージェス)は、まだ見ぬ父を捜しにアメリカ...

2008.10.25 00:31 | きららのきらきら生活

ウォンテッド
(原題:WANTED) 【2008年・アメリカ】試写で鑑賞(★★★★★) マーク・ミラーとJ・G・ジョーンズによるアメコミを実写映画化したアクション映画。 ウェスリー・ギブソン(ジェームズ・マカヴォイ)は、自分の人生の何もかもにウンザリしている平凡な若者。変化の

2008.10.25 15:42 | ともやの映画大好きっ!

ウォンテッド
ティムール・ベクマンベトフ監督、ジェームズ・マカヴォイ、アンジェリーナ・ジョリー、モーガン・フリーマン等が出演の新感覚アクションもの。 <あらすじ> 上司にはイビられ、恋人は寝取られと、散々な日々を送るウェスリーに突然の転機が訪れる。謎の美女フォックス

2008.11.06 21:32 | Yuhiの読書日記+α

『ウォンテッド』
昨日は仕事が終わってから、急いで新宿ピカデリーに直行。 もうそろそろ上映終了になってしまうそうな気がしたので、『ウォンテッド』をやっと観てきました。 さすがに公開開始からだいぶ経ってる作品なので、金曜の夜とはいえ、そんなに混んでいなくてよかったなーと。...

2008.11.15 19:16 | cinema!cinema! ミーハー映画・DVDレビュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。