スワロが映画を見た

スワロが見た映画について感想を書いていきます。
劇場映画、DVD、新作、旧作問わず映画のレビューを書きます。
コメント・トラックバック大歓迎。みなさまの積極的な絡みをお待ちしております。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
ポセイドン

原題:POSEIDON
製作国:アメリカ
製作年度:2005年
上映時間:98分
公開:2006年6月3日

監督:ウォルフガング・ペーターゼン
原作:ポール・ギャリコ
脚本:マーク・プロトセヴィッチ
音楽:クラウス・バデルト
出演:カート・ラッセル、ジョシュ・ルーカス、ジャシンダ・バレット

story:
北大西洋の真ん中で4000人の乗客を乗せた豪華客船ポセイドン号。
カウントダウンパーティーの最中、突然の異常な津波によって船は転覆する。
このままでは溺れ死んでしまうと考えた乗客数名が脱出を試みる・・・

ポセイドン official HP
感想:
リメイクが流行りまくりのハリウッドで
今回リメイクされたのは『ポセイドン・アドベンチャー』。

わたしが『ポセイドン・アドベンチャー』を見たのはもう7~8年前になるのではないかな。
まだあまり映画に夢中になっていなかった時期だったんですけど
TVで見た映画は迫力の映像とハラハラドキドキのストーリーで食い入るように見ていました。

リメイクものはあまり好きではないスワロ。
本作品も「おそらくB級どまりでしょ」とout of 眼中 でいましたが、
エミー・ロッサムも出演しているということで急遽見てまいりました。
『オペラ座~』以降のエミーが気になっていましたから。

しかし、『間宮兄弟』か『嫌われ松子~』にしておけばよかったと少し後悔しました。
ストーリーは「津波で船が転覆したから脱出を試みる」というアウトラインしか
原作に沿っていないんですね。
乗客の設定も21世紀ふうにアレンジ。
もちろん神父様はいません。
ロザリオを身につけた女性は出てきます。
登場人物の設定が変わっているはいいのですが、
もっとそれぞれの人物描写をしっかりとしてほしいですね。
特にこの作品は複雑な背景を持っているにもかかわらず、
途中で脱落してしまう人物(エレナやラムジー)がいるので。
特にラムジーはあれだけラリー(ちゃらちゃらした賭事師)から
「N.Y.市長を辞めた、妻に逃げられた」などと過去の出来事を罵られていました。
さらに娘のジェニファーとの親子愛がひとつのテーマかと思わせるシーンもあったのに、
過去に全く触れていないので消化不良の感がありました。

映像も迫力満点でしたが、
『タイタニック』以上でも以下でもない、という感じです。
これだけアニメーション技術が進歩して映画で使われるのも当たり前になった時世、
もう多少ダイナミックなくらいでは驚けなくなりました。
しかし、津波に飲まれて転覆するシーンでは息をのんでいましたけどね。
スポンサーサイト

そう言えばエミー・ロッサムはオペラ座にも出演していたんですよね。ジェラルド・バトラーしかもう記憶に無い自分だったりしますけど・・・(汗

色んなレヴューでも神父さまがどうとか書いていましたが、オリジナルではその神父様がかなりイイ味出しているんでしょうね。

レンタルで観たいんですけど、6/9にレンタルされたホールマークの『ポセイドンアドベンチャー』しかありません・・・(滝汗

2006.06.08 22:14 URL | メビウス #mQop/nM. [ 編集 ]

今晩はー。
私はもともとオリジナル版が好きな作品なので、さほど期待せずに見ましたが、CGや他の技術面はともかく、やはりオリジナルを超えることは出来なかったと思います。海洋アクションが得意な監督なので、大津波や水のシーンは見応えがありましたし、俳優がスタントなしに水中を泳ぐところはリアルでしたけど、登場人物たちに感情移入できなかったんですよね。

2006.06.08 23:13 URL | mei #- [ 編集 ]

メビウスさん、おはようございます。

メビウスさんのお目に留まらなかったとは、エミーはあまり魅力がなかったのでしょうか。
たしかにスレンダーですけどナイスバディとは・・・
オリジナルはかなり完成度が高い作品ですよ。
神父様はストーリーの核で重要人物です。
ぜひ見ていただきたいのですが、当座はホールマークの方でしのいでください。

お仕事が忙しいようですね。
“忙しいうちが華”とばかりに頑張り過ぎないように、お体には気をつけてくださいね。
密かに応援してます(フフフ)。

2006.06.09 07:16 URL | to メビウス さん #- [ 編集 ]

meiさん、おはようございます。

スワロもアンチ・リメイク派です。
この作品はなぜオリジナルの脚本を大幅に変えたんだろう・・・
と製作にイチャモンつけたい仕上がりになってしまいましたね。
水中シーンはスタントなしだったんですか!
スゴイ。
スワロだったら無理です・・・
絶対にこんな目にあいたくない!と思っていました。

2006.06.09 07:28 URL | to mei さん #- [ 編集 ]

やはりリメイクはオリジナルを超えられませんでしたか・・・・
オリジナルは確か30年以上前の作品。
リメイクを観た今、やはりオリジナルの良さを感じましたね。
やはり、いくら映像に迫力はあっても決め手になるのは人物をどれだけしっかり表現できているか・・・ですね。

2006.06.09 11:31 URL | 紅月 #- [ 編集 ]

紅月さん、こんにちは。

紅月さんもご覧になりましたか。
オリジナルの完成度が高すぎたようでリメイクはとんだ出来に終わってしまいましたね。
映像に終始してしまって肝心のストーリーが薄っぺらでした。
映画好きさんたちはこれでは満足できませんよね。

リンクの件、了解です!
ありがとうございました。

  from swallow tail

2006.06.09 14:39 URL | to 紅月 さん #- [ 編集 ]

スワロさん、今晩は。
TB届いていましたよ(^^)
こちらからも送りました。今後も宜しくです。

2006.06.09 23:39 URL | mei #- [ 編集 ]

meiさん、おはようございます。

ご連絡ありがとうございます。
届いていましたか★
よかったです。
こちらこそこれからもよろしくお願いします。

  from swallow tail

2006.06.10 06:22 URL | to mei さん #- [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://swallowtailchocolate.blog56.fc2.com/tb.php/37-384721d1

ポセイドン
梅田ピカデリー 今から約30年前の「ポセイドン・アドベンチャー」は名作である。神父役のジーン・ハックマンが甲板で『神はお忙しい。世界で起こる大きな事故や災害に手をとられている。いくら祈っても、私たち

2006.06.08 03:06 | 映画評論家人生

ポセイドン(評価:◎)
【監督】ウォルフガング・ペーターゼン【出演】ジョシュ・ルーカス/カート・ラッセル/エミー・ロッサム/リチャード・ドレイファス/ジャシンダ・バレット/マイク・ボーゲル/ジミー・

2006.06.08 22:10 | シネマをぶった斬りっ!!

ポセイドン
監督  ウォルフガング・ペーターゼン 「Uボート」「トロイ」 出演 カート・ラッセル 、ジョシュ・ルーカス 、ジャシンダ・バレット リチャード・ドレイファス 、ジミー・ベネッ

2006.06.09 23:35 | Prime time CINEMA

ポセイドン
 逆さまになっても上からモノが落ちてくるんですよ! 

2006.06.15 08:14 | ネタバレ映画館

『ポセイドン』
A「軟らかく煮た極太の緬に、濃厚で真っ黒でドロドロのタレを絡める、三重名物のアレね」B「それは、イセウドン」

2006.06.29 00:21 | ねこのひたい~絵日記室

映画『ポセイドン』
原題:Poseidon「ポセイドン・アドベンチャー」からアドベンチャーを取ったら!?・・どちらかといえば1972年当時のCGに較べ格段に進歩したVFX技術をみせる映画みたい・・ 豪華客船ポセイドン号でのニューイヤーパーティーのさなか、異常波浪(ローグ・ウェーブ

2007.06.12 12:20 | 茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。