スワロが映画を見た

スワロが見た映画について感想を書いていきます。
劇場映画、DVD、新作、旧作問わず映画のレビューを書きます。
コメント・トラックバック大歓迎。みなさまの積極的な絡みをお待ちしております。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
パコと魔法の絵本

原題:――
製作年度:2008年
製作国:日本
上映時間:105分

監督:中島哲也
原作:後藤ひろひと(MIDSUMMER CAROL ガマ王子vsザリガニ魔人)
脚本:中島哲也/門間宣裕
出演:役所広司/アヤカ・ウィルソン/妻夫木聡/土屋アンナ/阿部サダヲ/國村隼
    加瀬亮/上川隆也/小池栄子/劇団ひとり/山内圭哉

あらすじ:
とある病院。そこには一風変わった患者さんたちが入院している。患者だけではなく、医者も看護師も変わっている。そんな患者や医者たちを困らせているのが仕事中に倒れて入院した大貫(役所)。近づく人物に嫌がらせをしたり罵声を浴びせたりしてワガママ放題なのだ。そんなある日、大貫はパコ(ウィルソン)という少女と出会う。少女はいつも同じ絵本を読んでいた・・・

感想:
原色バリバリで毒々しい色使い。
オモチャのようなセット。
ユニークで現実離れした病院とそこにいる人たち。
何もかもが超ファンタジーだ。

この作品を見て思い出したのが『チャーリーとチョコレート工場』
『マゴリアムおじさんの不思議なおもちゃ屋』だ。
マゴリアムおじさんのセットをもっとドギツクして
そこにチャリチョコの登場人物を置いたような感じだろうか。
とにかくこのファンタジックな世界は邦画ではあまり見たことがない。
でも、この毒々しいほどの色使いも
変な性格の登場人物たちもこころに響く繊細さを持っていた。
かなり浮世離れしたイメージを抱いていたため
最初、こんなにも繊細で優しいストーリーだとは思わなかった。
しかし、このヘンテコな病院のヘンテコな登場人物たちにこころが洗われた。

役所広司演じるクソジジイ大貫。
「お前が私を知っているっていうだけで腹が立つ」とどなり散らす様子は呆れてしまう。
手をつけられないワガママジイサンだ(苦)
でも、彼は大きな虚無感を感じていてそれをうまく発散できないでいるだけなのだ。
パコと出会って大貫は自分の新たな存在意義を見出すことができた。
「涙はどうやったら止まるんだ?」
その一言がものすごく印象的だった。
なんて繊細な人なんだろう・・・
そして、大貫は本来の優しさを活かした方法でパコとこころを通わせる。

この作品を見たとき、この作品を作った人ってどんなに繊細な人なんだろうと感じた。
そして、それを表現しようとした中島監督もどんな人物なのだろうかって。
画はとにかくカラフル。
ものすごく色あざやかだが
少々毒々しい感じは海外のオモチャ屋さんにでも行ったような感覚だ。
でも、その毒々しさがストーリーの繊細さをうまく引き出している。
そしてものすごく個性的な舞台を見ているかのような
ワクワク感が不思議と湧き上がってくる。

ガマ王子の劇のシーンは本当に楽しかった。
見ていてスッゴイ笑顔の自分に途中で気がついた(照)
画だけ見ていてもポップでカラフルでワクワクする。
CGと実写で交互に見せる劇は
実際に絵本を見ている雰囲気を見事に演出できていたと思う。
キャラクターたちが勢いよく飛び出す絵本。
それをリアルに感じられる。

また、その劇を作り上げる人物たちの背景と劇での役が
しっかりとマッチしていてそこがまた楽しめる。
娘の結婚式に出席することを拒否されたオカマの木之元。
勇気を出せない消防士の滝田。おべっか使いのナース雅美。
子役時代の演技から抜け出せずに苦悩する室町。
そして室町を応援し続けてきたナース、タマ子。
パコと大貫のストーリーだけではなくて
登場人物全員の細かな設定がものすごく活かされていた。
みんな演技も衣装もメイクもとことん派手でケバケバしいのだが
とっても優し人物ばかりなのだ。

本当にカラフルで楽しい作品なのだが、見ていて自然と涙が出てきた。
一見バカ騒ぎの作品のようだがやはりとっても繊細なのだ。
みんながパコのために一つになって劇を仕上げる・・・
楽しくって楽しくって・・・でもどこか切なくて涙がこぼれた。

ラストのどんでん返しも小粋だし、
久しぶりに素敵なファンタジーを見た。

スワロ的評価:★★★★
スポンサーサイト

スワロ隊員、お久しぶりですね

大して期待しないで、といよりスルーの予定だったのですが、暇つぶしに見てきたらやられてしまいました
パコ役の子可愛すぎです!
素直になれない大人たちが、パコに癒されていく様子がよかったです。

2008.09.23 14:55 URL | ビヨ@くまんちゅう #TO.QWiMc [ 編集 ]

スワロさん、こんにちは!
ご実家での生活も慣れていらっしゃったようですね。

飛び出す絵本のようにカラフルな世界観、個性的なキャラクターの面々と、かなりアクの強い作品に見えて、かなりココロに響くお話でした。
それぞれのバックボーンを持つ患者さんたちが、パコのために一生懸命劇をやるラストがとても良かったです。
溢れる色彩や笑いに圧倒されつつも、その直後には涙腺を刺激されて大泣きという忙しい映画でした。
こんなに感情を動かされる映画も久しぶりでした。

そうそう、先日久しぶりに他のみなさんにお会いしましたよー。

2008.09.23 16:05 URL | はらやん #- [ 編集 ]

こんにちわ。

ああ!たしかにね。
『マゴリアム~』のヴィジュアルにも
似てる~。

この繊細な映画を撮った中島監督は、
役者にとてつもなく厳しいで有名な監督
さんですよねー。

まあでも。
いい仕事しますよねえ。
この人の作品、私、どれもこれも結構
好きです。

泣いて笑ってってまさにこういうことを
いうのだねと思いました。
とっても素敵な1作だったでーす♪

2008.09.24 11:26 URL | 睦月 #- [ 編集 ]

こんばんは★

>でもどことか切なく涙がこぼれた。

これは本当に共感しますね。笑いと感動が見事にミックスされていて、私も素的なファンタジーだったと思います☆

2008.09.24 18:05 URL | dai #JalddpaA [ 編集 ]

はらやんさん、こんにちは。
コメントありがとうございます!

ええ・・・実家に慣れてしまいました。
恐るべきことに居心地がいいとさえ思い始めてきました・・・
おっと、これはいけませんね。
先ほどはらやんさんのブログで
「強い」と「弱い」についてあれほど御託を並べてきたのに(苦)

>溢れる色彩や笑いに圧倒されつつも、
>その直後には涙腺を刺激されて大泣きという忙しい映画でした。
はらやんさんも号泣ですか?
うんうん、感動的なお話でしたものね。
スワロもじーんとしましたが、劇中劇の最後の方から
あるお子さんが飽きてきたのかそれとも映画に触発されたのか
劇場内を行ったり来たりあちこち走りまわって気になって仕方ありませんでした(苦)
子どもというのは・・・全く摩訶不思議な行動をするものです。
でも、母親が一緒にいたのだから注意してほしかったです。

先日は本当は参加したかったのですが
台風が近づいているということで急遽欠席にしてもらったんです(涙)
でも、東海から関東は猛スピードで過ぎ去ってゆき
台風とは ブッキングしませんでしたね。
うぉー!!
猛烈に参加したかったぜ!!

  from swallow tail

2008.09.25 08:58 URL | はらやん さんへ #- [ 編集 ]

姐さん、こんばんは~。
コメントありがとうございます!

>役者にとてつもなく厳しいで有名な監督さんですよねー。
らしいですね~。
あんなにきらきらギラギラ眩しい作品を作るのだから・・・と想像していたら
大貫ならぬかなり偏屈な人との情報をキャッチしました。
でも、そういった厳しさやこだわりがあるからこそ
個性的な作品が出来上がるんでしょうね。

あの飛び出す絵本・・・買っちゃおうかな(照)

  from swallow tail

2008.09.25 22:08 URL | 睦月 さんへ #- [ 編集 ]

daiさん、こんばんは。
コメントありがとうございます!

daiさんも共感しました??
スワロは大貫の優しさとパコの天真爛漫さに涙ですよ・・・
劇中劇の終盤からも涙が・・・
必死でザリガニ魔人を演じる室町は「でちゅ~」とか赤ちゃん言葉なのですが
「過去を克服できない自分をさらけ出した」というところがなんだか涙ポイントで。

ホント、素敵な作品でした!

  from swallow tail

2008.09.25 22:22 URL | dai さんへ #- [ 編集 ]

スワロさん、こんにちは。

そうですか、先週はこちらくる予定だったんですねー。
確かに金曜の晩から台風来てましたからね。
残念・・・。
次回の時はぜひー。

2008.09.27 09:40 URL | はらやん #- [ 編集 ]

はらやんさん、こんばんは。

そうなんですよー。
行くつもりだったんです!
睦月さんと萌えるつもりだったんです・・・
睦月さんの記事を読んだらかなり盛り上がっていたようなので残念です。

今日も台風が近づいているみたいですね。
だいぶ寒くなってきたし、台風シーズンももう終わってほしいです・・・(涙)
仕事の日に限っていつも雨なので。
今日は早くも湯たんぽを使ってしまいました。
今シーズン初使用です!!

そろそろ鍋飲みもいいですね~。

  from swallow tail

2008.09.29 18:11 URL | はらやん さんへ #- [ 編集 ]

くまんちゅう隊員、こんばんは。
コメントありがとうございます!

そして、お返事をすっ飛ばしてしまって申し訳ないです・・・
最近、疲れているのかしら・・・!?
というのは言い訳ですね。
本当、すみません。

んで、この作品。
あのキラキラ具合が楽しい作品でしたね。
アヤカちゃんの笑顔もあの作品にすっごくマッチしていました。
ってかメチャ可愛い!!
ストレスフルな大人の世界・・・
ああいう童心に帰れる場所って必要だわ。

  from swallow tail

2008.10.01 20:13 URL | くまんちゅう さんへ #- [ 編集 ]

スワロさん、こんばんは。
まだまだ台風しーずんですね。
パコもポニョも泣けましたですー。
今年の邦画は泣ける比率が高いです。
何しろ、私はかえるですから、ガマ王子が主人公の物語というだけでワクワクしちゃったし。
着ぐるみを着るなら哺乳類系と思っていましたが、この映画を見て、トンボルックやザリガニルックもいいなぁって思いました。w
ハロウィンに仮装パーティが催されたら、スワロさんはどんな仮装をしますかー?

2008.10.02 00:08 URL | かえる #mQop/nM. [ 編集 ]

かえるさん、こんにちは。
コメントありがとうございます!

実はスワロ、ポニョは見ていないんです。
宮崎駿監督とは言え、アニメはそんなに関心のあるジャンルじゃないし
♪ポ~ニョポ~ニョポニョ♪というあのサントラがちょっと嫌です(苦)
世間での評価はまずまずのようですが、
それでもやっぱり惹かれません。

もう10月ですものね~。
ハロウィンか・・・
仮装パーティー・・・
オーソドックスにトンガリ帽子に黒マントの魔女の格好もしてみたいし
のほほんキャラのリラックマもいいなぁ。
最近お気に入りのゾンビ系ファッションでもいいし!

  from swallow tail

2008.10.02 12:08 URL | かえる さんへ #- [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://swallowtailchocolate.blog56.fc2.com/tb.php/365-c4a690df

飛び出す絵本・映画版~『パコと魔法の絵本』
 PACO and The Magical Book  患者も職員も、一風変わった人間ばかり集ったとある病院。その中でも超偏屈 で嫌われ者の「クソじじぃ」大貫(...

2008.09.23 09:41 | 真紅のthinkingdays

パコと魔法の絵本
ここは、高台にある古いお屋敷。一階はダンス教室になっていて、黒塗りの顔の男性が雄叫びの響く中、大勢の主婦たちがハワイアン&タヒチアンのリズムに乗って踊っていました。 その屋敷の前に、ひとりの老紳士の姿がありました。彼を迎えたのは、屋敷に住む青年です。青...

2008.09.23 10:35 | パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ

パコと魔法の絵本/役所広司、アヤカ・ウィルソン
独特な色彩感覚の映像が魅力的な『下妻物語』『嫌われ松子の一生』の中島哲也監督の最新作です。予告編は飛び出す絵本がさらに立体映像になったような華やかさ。豪華な顔ぶれの出演者たちによるブラックなファンタジーに期待です。 出演者はその他に、妻夫木聡、土屋ア...

2008.09.23 10:45 | カノンな日々

パコと魔法の絵本
命きらめく絵本劇。  

2008.09.23 10:57 | Akira\'s VOICE

パコと魔法の絵本
今俺が一番ハマっている後藤ひろひと原作の舞台劇『MIDSUMMER CAROL ガマ王子VSザリガニ魔人』を、今のとこ最も面白い邦画だと思っている『嫌われ松子の一生』の中島哲也監督が映画化。 『嫌われ松子の一生』では原作から大胆なアレンジで違う世界を創造した監督だけに、

2008.09.23 12:07 | そーれりぽーと

[映画『パコと魔法の絵本』を観た]
☆こんな映画が、日本で作り得たことに、先ず、喝采を送りたい。 その是非は別として、監督の思いは存分に表現できたのではなかろうか? 画面上の全てに手が加えられていて、私は、ピーター・グリーナウェイ監督の『プロスペローの本』を思い出した。 しかし、今作は、...

2008.09.23 12:23 | 『甘噛み^^ 天才バカ板!』

「パコと魔法の絵本」映画感想
今週の公開作品は見ちゃったし、アイアンマンの先行は無いみたいだし、これといって見たいものが無くてどうしようか、と悩んでま

2008.09.23 14:55 | Wilderlandwandar

「パコと魔法の絵本」 「強い」と「弱い」
こうやってブログで映画の話を書いていますが、基本的に良くても悪くても観た作品につ

2008.09.23 15:55 | はらやんの映画徒然草

『パコと魔法の絵本』劇場鑑賞
 レイトショーで邦画『パコと魔法の絵本』を観て来ました。風変わりな登場人物たちとファンタジーな内容には公開前から興味がありまして、...

2008.09.23 16:11 | 続・蛇足帳~blogばん~

パコと魔法の絵本
【映画的カリスマ指数】★★★★☆  ホッペの合図でスウィートメモリー  

2008.09.23 20:44 | カリスマ映画論

★「パコと魔法の絵本」
だいぶ前から劇場で予告編を流してた期待の1本。 実写と3D・CGの合成みたいな映像は華やかで楽しそう。 監督は「下妻物語」「嫌われ松子の一生」の中島哲也。 この作品も豪華・異色キャストで話題だけど・・・ ひらりん的にはヒロイン役のアヤカ・ウィルソンちゃ...

2008.09.24 02:19 | ★☆ひらりん的映画ブログ☆★

パコと魔法の絵本
2008/09/13公開(09/14鑑賞)製作国:日本監督:中島哲也出演:役所広司、アヤカ・ウィルソン、妻夫木聡、土屋アンナ、阿部サダヲ、加瀬亮、小池栄子、劇団ひとり、山内圭哉、國村隼、上川隆也 子どもが大人に、読んであげたい物語。

2008.09.24 10:38 | 映画鑑賞★日記・・・

パコと魔法の絵本
子役の一生を皮肉ってるが子役が主役 【Story】 変わり者が集まるとある病院。そこは、大人の俳優に脱皮出来なかった元有名子役や消防車に...

2008.09.24 17:53 | Memoirs_of_dai

「パコと魔法の絵本」大人が泣けるおとぎ話。
 「下妻物語」「嫌われ松子の一生」の中島哲也 監督、最新作。「パコと魔法の絵本」(東宝)。最初に言っておきますが、ムッチャクチャ面白かったですわ!  一代で大会社を築いた、クソジジイ・大貫(役所広司)は、会議中に倒れ入院。しかし病院でも、オカマの木之元...

2008.09.25 19:34 | シネマ親父の“日々是妄言”

パコと魔法の絵本
解説: 『下妻物語』『嫌われ松子の一生』の中島哲也監督が、伝説的な舞台「MIDSUMMER CAROL ガマ王子vsザリガニ魔人」を映画化。変わり者ばかりが集まる病院を舞台に、1日しか記憶が持たない少女のために、大人たちが思い出を残そうと奮闘する姿をファンタジックに描く。...

2008.09.26 20:52 | すたほ~映画・本の部屋~

パコと魔法の絵本(2008年、日本)
 この映画は試写会で観ました。客層には女性や子供連れが多かったです。 監督:中島

2008.09.26 21:17 | 泉獺のどうでも映画批評

映画『パコと魔法の絵本』
CMを見る限りではふざけてる感じですが。あのふざけてる感じが見終わったらよかったって思えると思うよ。その理由は映画館で。

2008.09.28 23:12 | 頑張る!独身女!!

【パコと魔法の絵本】
【監督】 中島哲也   【原作】 後藤ひろひと(舞台『ミッドサマーキャロル』)    【脚本】 中島哲也 、門間宣裕   【公開】 ...

2008.09.29 22:06 | +++ Candy Cinema +++

【2008-215】パコと魔法の絵本
人気ブログランキングの順位は? 子どもが大人に、読んであげたい物語。

2008.09.30 01:02 | ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!

パコと魔法の絵本&鴎
パコと魔法の絵本は劇場で先月18日に鑑賞したが 結論は面白さの中に所あり良い感じだったね 内容は人間嫌い大貫が記憶障害の少女と出会って 少女のため他の入院患者と劇をする展開だった 役所が大貫でパコとの出会い変わる演技は流石で ウィルソンがパコで同じ事

2008.10.02 20:29 | 別館ヒガシ日記

焼きハマグリには貝が必要●パコと魔法の絵本
子供が大人に、読んであげたい物語。 ――― (公式キャッチコピー) 『パコと魔法の絵本』 パコと魔法の絵本 - goo 映画 一代で会社...

2008.10.03 13:46 | Prism Viewpoints

映画「パコと魔法の絵本」
パコと魔法の絵本 2008年 日本 これは予告編を見たときから、絶対に映画館で観たいと思っていた作品。こういう映像が命の作品はやはり劇場の大スクリーンのほうが見ごたえがあります。 舞台はとある病院。貧しい出身から独りで会社を大きくし、周囲のものを誰も信じない偏...

2008.10.08 00:46 | Andre\'s Review

『パコと魔法の絵本』@新宿ピカデリー
一代で会社を作り、我侭放題に生きてきた大貫は、持病で入院していた。病院には、患者も医者も看護婦もクセのある者ばかりが集まっていた。その中で唯一、ピュアな心を持っていたのが、交通事故で入院した少女パコ。我侭な大貫だったが、パコの優しい心に打たれ、毎日、絵本

2008.10.17 00:32 | 映画な日々。読書な日々。

ケロロ群像 中島哲也 『パコと魔法の絵本』
えーと、これまだやってるよね?[E:coldsweats01] 終了間際に滑り込

2008.11.15 08:08 | SGA屋物語紹介所

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。