スワロが映画を見た

スワロが見た映画について感想を書いていきます。
劇場映画、DVD、新作、旧作問わず映画のレビューを書きます。
コメント・トラックバック大歓迎。みなさまの積極的な絡みをお待ちしております。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
ハプニング

原題:THE HAPPENINEG
製作年度:2008年
製作国:アメリカ
上映時間:91分

監督:M・ナイト・シャマラン
原作:――
脚本:M・ナイト・シャマラン
出演:マーク・ウォールバーグ/ズーイー・デシャネル/ジョン・レグイザモ
    ベティ・バックリー/アシュリン・サンチェス

あらすじ:
NY、セントラルパーク。いつもと同じような朝に突然誰かの叫び声がこだまする。やがて、人々は動かなくなり、しばらくすると後ろ向きに歩き始める。また、ある工事現場では作業員が次々と屋上から地上へと身を投げ始めた。そのニュースはやがてフィラデルフィアの高校で教師をしているエリオット(ウォールバーグ)の元へも届いた。学校は生徒たちを帰宅させ、エリオットも家族とともに安全な場所へ避難し始める・・・

感想:
物足りない・・・

1999年の『シックス・センス』があまりにも素晴らしすぎたために
その後の作品は常に『シックス・センス』と比較され、
酷評されてきたM・ナイト・シャマラン監督。
前作である『レディ・イン・ザ・ウォーター』はスワロも
“スワロ的金返せ賞”に挙げたほどである。
しかし、あまりにも酷かったということで結構印象には残っている作品だ(苦笑)
自分としても「シャマラン監督が『シックス・センス』を超える作品を作ることは
今後ないだろう」と思いつつもちょっとした期待も抱いてしまう。

さて、本作だが「楽しめたか?」と聞かれれば大して面白くもなかったし、
むしろ物足りなさが残った。
ただ、前作のように酷評されるようなつまらなさはなく、
評価としては可もなく不可もなくというところだろうか。

今年の主流は“人類滅亡系ストーリー”なのだろうか。
まだ記憶に新しい『ミスト』『クローバー・フィールド』
“予期せぬ何かが突如人類を恐怖のどん底へ突き落とす”というものであった。

そして、本作もアメリカ北東部で突如人々が自殺し始めるというものだった。
テロか、ウイルス感染か?など様々な疑問を抱かせつつも
ちょっと興味深かったのが、“自然界の突然変異”のようなところに収束したことだ。
(厳密にいえば収束したかどうかは謎。)

ウィルス感染ならこれまで様々な作品でもお目にかかれた。
しかし、自然植物が人間を襲うというのはなかなか興味深い。

そもそも今、地球は決して安泰な場所ではなく、
急速に変化を遂げている場所ではなかろうか。
環境破壊をはじめ、地球温暖化や様々な生態系の変化など
我々の身近にも危機を感じさせる“何か”は既に起こっているではないか。
動植物は常に環境に応じて自身を少しずつ変化・進化させて
生き続けたり、あるいは絶滅したりする。
だとしたら植物が人間を“危険なもの”と認識するようになり
攻撃性を備えはじめたとしても決しておかしいことではないと思う。
そのあたりは人類に警鐘を鳴らしており、考えさせられた部分である。

しかし、やはり腑に落ちない部分も多くある。
冒頭であれだけ触れていた蜂はどうなったのか?
今回のようなことは何が原因で起こったのか?
科学の教員でもあるエリオットがあんなに「植物が・・・」「人間の数が多いほど・・・」と
いろいろと原因について示唆させておいて、
それにほとんど触れることなく物語を終わらせてしまったことは後味が悪い。
植物が突然人間を自殺させるほどの毒性を持つこともかなり不思議だ。
というか、植物の突然変異ならすぐに科学的に証明できそうな気もする。
ラストのハッピー・エンドも取ってつけたような感じだし。

でも、今回は「シャマラン監督頑張ったね」という意味も込めて★3つで。

スワロ的評価:★★★





※※人気ブログランキングに参加しています※※
※※ラストは『28週後』のパクリ?と思った方、下をぽちっと※※

クリックありがとうございます
スポンサーサイト

こんにちは~
私はシャマラン監督作品けっこう全般的に好きだったり(^^;

今年ってディザスタームービーが多く、それぞれが恐怖を違う描き肩をしているのが面白いですよね~

私も、蜂やどうやったら助かるのかがまったく分からない そして分からないまま終息を迎えるという部分に引っかかりを感じましたが、逆にそういう人間の知識や考察がまったく役にたたない事態という所が恐いのかな~とも思ってしまいました。

でもこの物語もし植物が原因だったら、、砂漠地方に逃げれば安全ってことかしら、、(・・)

2008.07.31 18:47 URL | コブタです  #- [ 編集 ]

コブタさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。

本当、今年はこの手の作品が多いですよね。
『ミスト』はかなり記憶に残る作品でしたが、本作はどうでしょうかね~。

>逆にそういう人間の知識や考察がまったく役にたたない事態という所が
>恐いのかな~とも思ってしまいました
なるほど!
やっぱりコブタさんの視点はスワロにとっては新鮮だわ!!
科学では説明できない、科学が役に立たない将来っていうのは
いつの日か本当にやってきそうでリアリティがありますよね。
これだけエコが叫ばれている現状を見ても将来に対する不安は募るばかりです・・・

  from swallow tail

2008.07.31 21:50 URL | コブタ さんへ #- [ 編集 ]

こんばんは
人類に警鐘を鳴らしている感じはありましたね。
変なモンスターや宇宙人の攻撃よりは
ありそうな話にも思えてしまいましたが
いろんな伏線をまるっきり放置して終わっちゃったなぁ・・・。
前作よりはずっといい出来だとは思いました。

2008.07.31 22:36 URL | なな #- [ 編集 ]

こんにちは。
結末はともかく、蜂にはもう一度触れて欲しいところでしたね。謎でもかまわないから。

植物の突然変異はありえそうで怖いですね。
これでも毎日サボテンに話しかけてを可愛がってあげているので見逃してくれないかしら?とか思っちゃいました(笑)

私はそれなりに楽しめたけれど、可もなく不可もなくが妥当そうですね(^^;

2008.07.31 23:28 URL | たいむ #- [ 編集 ]

ふと思ったのですが、「ミスト」や「クローバーフィールド」の後でなければ、もっと評価が高かった作品だったかもしれません。
基本的にシャマランはB級好きな私小説作家と思ってるんで、もう少し内面に目を向けた作品を撮るべきだと思うんですけどね。

2008.07.31 23:57 URL | ノラネコ #xHucOE.I [ 編集 ]

こんばんわ。

サイドバーのスワロさんは一体何に驚愕
しているのでせうか?
一瞬寝そべっているようにも見えて、
セクシー写真かな?とドキドキしました(照)

んで、この作品。
ミツバチ、植物、人間の数・・・・そして
なぜアメリカ東部限定で起こったのか?
ということも一切謎のままでしたね。

あれだけいろいろと散らしておいて、
何一つ回収しない潔さ。

素晴らしい、シャマラン。
逆にすごいぞ、シャマラン。

今までの彼なら考えられないような
放り投げ感が私は気に入りました(爆笑)

人間が理解しようにも出来ないことは
この星にはたくさんあるのだね。
だからこそ、ハプニングなのだね。

深いね~・・・・(涙)

2008.08.01 11:51 URL | 睦月 #- [ 編集 ]

こんにちは。毎日がハプニング!の私。この映画ごときでは驚きません。

まあ、変態1号「睦月」先輩も言っていますが、理解できないことは確かにいろいろありますよね。

シャマラン・・シャラマン?どっち?とにかく清い映画ですよ。ただ単純に驚かせたかっただけだとしても、清い映画ですよ。

2008.08.01 20:55 URL | ぷくちゃん #- [ 編集 ]

ななさん、こんにちは。
コメントありがとうございます!

>変なモンスターや宇宙人の攻撃よりは
>ありそうな話にも思えてしまいましたが
そうですね~。
これでSF系に落ち着いたら超B級になっちゃいますよね。
前作以上に顰蹙を買う可能性も大です(苦笑)
でも、本作ではちょっとリアリティを感じさせる雰囲気があって
スワロはそこがなかなか良くできているなぁと思いました。

ただ、
>いろんな伏線をまるっきり放置して終わっちゃったなぁ・・・
には同感です。
回収率悪すぎです!

  from swallow tail

2008.08.02 14:57 URL | なな さんへ #- [ 編集 ]

たいむさん、こんにちは。
コメントありがとうございます!

>結末はともかく、蜂にはもう一度触れて欲しいところでしたね。
>謎でもかまわないから。
そうなんですよね~
予告でも蜂の異変に触れていたのでかなり大切なキー、
もしくは何かしらの伏線だと思っていたのに何にもなくてガッカリしました。

>これでも毎日サボテンに話しかけてを可愛がってあげているので
>見逃してくれないかしら?とか思っちゃいました(笑)
おお~。
丹精込めて育てているんですね。
植物に話しかけるといいって言いますもんね。
でも、それで許されるほど自然界は甘くないかもしれませんよ~!!(笑)

  from swallow tail

2008.08.02 15:07 URL | たいむ さんへ #- [ 編集 ]

ノラネコさん、こんにちは。
コメントありがとうございます!

>「ミスト」や「クローバーフィールド」の後でなければ、
>もっと評価が高かった作品だったかもしれません
そうかもしれませんね・・・
スワロとしては『クローバー~』は別にどっちでもいいのですが(苦笑)
でも、『ミスト』は人間の心理を鋭く描いており
脅威はその事象だけではなく、それに直面した人間も同様だと気付かせてくれました。
かなりの傑作でしたよね。
“人類滅亡”という基幹は同様なのでついつい比較されてしまいますよね。

>B級好きな私小説作家
はは(笑)
あっというどんでん返しという作品からそろそろ方向転換の時かもしれませんね。

  from swallow tail

2008.08.02 15:13 URL | ノラネコ さんへ #- [ 編集 ]

姐さん、こんにちはー。
コメントありがとうございます!

>サイドバーのスワロさんは一体何に驚愕しているのでせうか?
もちろん未知の生物に驚愕しているのです!
決してセクシーショットではありませぬ。
シリアスなショットなのです。

>あれだけいろいろと散らしておいて、何一つ回収しない潔さ。
はは(笑)
確かに潔い!!
あれは意図的にそうしたのだろうか・・・
それとも「え~い、もういいやぁ~」って投げやりになってしまったのでしょうか。
まぁ、そんなこと愚問ですね。
これはこれでなかなかいい感じになっていたので。

>人間が理解しようにも出来ないことはこの星にはたくさんあるのだね。
ん~奥深い!
でも、やっぱり科学の力でもっても説明のつかないことなんていくらでもあるし、
この作品で起こったことはあながち虚構ともいえないですよね。

  from swallow tail

2008.08.04 10:11 URL | 睦月 さんへ #- [ 編集 ]

ぷく隊員、こんにちは。
コメントありがとうございます!

>毎日がハプニング
おおぅ・・・
そりゃ大変だ(苦笑)
ミツバチは減少していないですか?
蝉は鳴いていますか(笑)??

>まあ、変態1号「睦月」先輩も言っていますが、
>理解できないことは確かにいろいろありますよね。
ちょ~(笑)
睦月さんは「変態1号」なの??
変態っぷりは知っていたけど、1号とはスゴイ。
で、ぷく隊員は何号??
ミツバチの謎よりもその方が気になるわ~

>シャマラン・・シャラマン?どっち?
シャマランでしょう・・・
SHYMALANって書いてあるし。

  from swallow tail

2008.08.04 10:16 URL | ぷくちゃん さんへ #- [ 編集 ]

スワロさん、こんばんは。いまごろノコノコとお返しに参りました

>植物の突然変異ならすぐに科学的に証明できそうな気もする

ふふふ・・・ わかってないな・・・
そういとこまで深く考えていないのがシャマランテイストなんだよ!

お話としては確かに煮え切らないというか、謎ほったらかしなところもありましたが、見ている間はのめりこんでたし、人々が「ダルマさんが転んだ」のように立ち尽くしている絵がとても印象的だったので、「良し」といたします

2008.08.12 22:31 URL | SGA屋伍一 #TyXokUWg [ 編集 ]

おスガさん、こんばんは。
コメントありがとうございます!

>ふふふ・・・ わかってないな・・・
>そういとこまで深く考えていないのがシャマランテイストなんだよ!
ぬおー!!
完全にやられたぜ!!
そうかぁ・・・ラストはどうでもいいのね・・・

>人々が「ダルマさんが転んだ」のように立ち尽くしている絵が
>とても印象的だったので、「良し」といたします
えー!!
そこ!?
確か第二段階は「方向感覚の喪失」だったと思うんだけど、
喪失というよりかはみんな後ろ向きで歩いていて
一致制はあったからチョイ違うよなぁ~とは思っていました。

  from swallow tail

2008.08.13 23:42 URL | SGA屋伍一 さんへ #- [ 編集 ]

 トラックバック、感謝です。こちらからのTBが反映しないようなので、コメントで失礼します。
 いつまでも「シックスセンス」がつきまとう監督ですよね。だからこそ、この作品も映画化できたのでしょう。逆に「シックスセンス」がン作目では、あの秀作は世に現れなかったかもしれません。いつまでも見守りたい監督なので、ボロボロには言えず、私はB級と覚悟して鑑賞しました。今ではうる覚えですが、あの90分は楽しめました。気負ってご覧になるとガックリするタイプの作品です。次はどんな仕掛けか・・・安っぽくても、応援し続けていたいです。

2008.11.24 17:50 URL | 冨田弘嗣 #- [ 編集 ]

冨田さん、こんばんは。
コメントありがとうございます!

TB反映されていませんか?
FC2も相性があるようなので・・・
わざわざコメントして頂けてありがとうございます。

>いつまでも見守りたい監督なので、
>ボロボロには言えず、私はB級と覚悟して鑑賞しました。
はは(笑)
なんだか、いいんだか悪いんだか、という感じですね。
でも、こうやって「気になる監督」とおっしゃっている方は
結構いらっしゃるんですよね。
そういう意味でもやはりシャマラン監督は非凡な方なのかもしれませんね。

でも、今回はそれなりにいい作品だったんじゃないでしょうか。
次回作は・・・スワロも見に行くかもしれません。

  from swallow tail

2008.11.26 20:53 URL | 冨田弘嗣 さんへ #- [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://swallowtailchocolate.blog56.fc2.com/tb.php/346-3802bf07

●ハプニング(THE HAPPENING)
実はコブタはシャマラン監督好き。 印象の強い謎めいた予告編もあり気になっていたコチラの作品、公開日から一日おくれで鑑賞してきました。...

2008.07.31 18:48 | コブタの視線  

ハプニング
 『人類は滅びたいのか。』  コチラの「ハプニング」は、「シックス・センス」、「レディ・イン・ザ・ウォーター」のM.ナイト・シャラマン監督による7/26公開のPG-12指定のディザスター・サスペンスなのですが、早速観て来ちゃいましたぁ~♪  主演は、「ザ・シュー

2008.07.31 19:25 | ☆彡映画鑑賞日記☆彡

ハプニング
シックス・センスの後遺症をいまだ引きずっていて,シャマラン監督作品と聞くだけで何となく観てしまう私・・・・。主演のマーク・ウォルバークも好きだし。いつも人智を超越したテーマをぶつけてくるこの監督。今回はニューヨークのセントラルパークを皮切りに,突如とし...

2008.07.31 22:33 | 虎猫の気まぐれシネマ日記

ハプニング/The Happening
『シックス・センス』で評価されて以来、一発屋とか言われちゃってるMナイト・シャマラン監督、久々の新作{/ee_1/} 今回も、もちろん自身が脚本を務める。 シャマランが来日してのジャパンプレミア{/kirakira/}は『クローバー・フィールド』のジャパンプレミアと同じ、

2008.07.31 23:16 | 我想一個人映画美的女人blog

「ハプニング」みた。
ワザワザ前夜祭に出かけるほど期待していたわけではないが、お得な金曜日なのでレイトショーにて鑑賞。イヤー見えざる敵は怖かった[E:shock] 人は恐怖を克服するために、アレコレ理屈を付けたがるわけで、

2008.07.31 23:28 | たいむのひとりごと

ハプニング・・・・・評価額1350円
妙に謙虚なM・ナイト・シャマラン。 10年前、「シックス・センス」の大ヒットとオスカーへのノミネートによって一躍脚光を浴びたものの、その...

2008.07.31 23:47 | ノラネコの呑んで観るシネマ

ハプニング
シャマランを探せ!

2008.08.01 00:08 | ネタバレ映画館

風と共に去りぬ
どこまで逃げればいいのか何から逃げればいいのかわからない恐怖は凄絶で、何も確証のない逃避行が果てしなく続く。M・ナイト・シャマランの最新作「ハプニング」を観た。インド人もビックリだ!

2008.08.01 01:34 | MESCALINE DRIVE

『ハプニング』
 第一の兆候:言葉の錯乱  第二の兆候:方向感覚の喪失  第三の兆候:死    個人評価 ★★  『 映画雑感 』 (劇場鑑賞)

2008.08.03 08:28 | 『映画な日々』 cinema-days

ハプニング
“恐怖”と“謎”の天才M・ナイト・シャマランが放つ壮大なるディザスター・サスペンス。本作でシャマランが突きつけるのは、絶対に逃れることの出来ない「見えない脅威」だ。 “世界の終わり”という恐ろしいアイデアを思いつき、ただならぬ胸騒ぎを覚えたシャラマンは...

2008.08.04 09:20 | パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ

ハプニング
【映画的カリスマ指数】★★★☆☆  『それ』はあるとき突然に・・・  

2008.08.04 22:44 | カリスマ映画論

「ハプニング」
「ハプニング」、観てました。 よく似たアイデアに菊池秀行の「風の名はアムネジア」があります。 この一週間、もっと元になったであろ...

2008.08.06 15:12 | クマの巣

『ハプニング』
やっと行ってきました~。7/19にオープンした新宿ピカデリーで映画観てきました。 やっとのことでメンバーカードをGETしましたよー。 観たのはM・ナイト・シャマラン監督の『ハプニング』。つまらないという前評判も聞きましたが、自分は割と楽しめたかも。映画って相...

2008.08.06 22:51 | cinema!cinema! ミーハー映画・DVDレビュー

ハプニング
予告で興味を持ったので、とりあえず鑑賞してみた―【story】ある日突然、アメリカ全土からミツバチが消えるという異常現象を皮切りに、世界中の人々が突然死に至る病が蔓延し始める。人類滅亡の危機を前に世界はパニックに陥っていた。その地球危機の中でエリオット(マ

2008.08.08 08:51 | ★YUKAの気ままな有閑日記★

「ハプニング」 自然への畏れ
「シックス・センス」のM・ナイト・シャマラン監督の最新作です。 たぶん彼は「シッ

2008.08.09 18:32 | はらやんの映画徒然草

「ハプニング」
**************************** 或る日突然、アメリカ全土から蜜蜂が消え始める。*1この異常現象に端を発して、ニューヨークでは自らの命を絶つ者で溢れ返る事に。死ぬ直前の彼等には、「言葉の錯乱」や「方向感覚の喪失」といった奇妙な兆

2008.08.10 01:21 | ば○こう○ちの納得いかないコーナー

草も生きている M・ナイト・シャマラン 『ハプニング』
シャマラン・・・ あなたと出会ったのはそう、世紀末も押し迫った1999年の冬のこ

2008.08.12 22:38 | SGA屋物語紹介所

【2008-175】ハプニング
人気ブログランキングの順位は? 人類は滅びたいのか。

2008.08.13 13:18 | ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!

ハプニング
開き直りの境地!? 「シックス・センス」以降、”サプライズの呪縛”に取り憑かれたかのように、監督作品のラストで必ず一ひねり、頑張っ...

2008.08.13 17:18 | 金言豆のブログ ・・・映画、本について

★「ハプニング」
今週の平日休みは、ポイントサービスはサービス低下しちゃったけど、 駐車場サービスが一本見ると3時間無料券にサービス向上した「川崎チネチッタ」で3本。 あーー疲れた・・けど、3x3時間=9時間駐車場無料は、ひらりん助かるっ。

2008.08.21 02:19 | ★☆ひらりん的映画ブログ☆★

ハプニング 予告編の方がおもしろい
タイトル:ハプニング、製作:アメリカ ジャンル:『シックス・センス』シャマラン監督作品/2008年/91分 映画館:福知山シネマ2(135席)20:30~、私1人 鑑賞日時:2008年10月12日(日) 私の満足度:60%  オススメ度:0%  実は私『シックス・センス』の頃は映画はそ

2008.10.13 12:38 | もっきぃの映画館でみよう(もっきぃの映画館で見よう)

【映画】ハプニング…パニック映画だけど皆さん結構冷静
昨日{/kaeru_fine/}はあんなに良い天気{/kaeru_fine/}だったのに…夜半から雨{/kaeru_rain/}が降り出して、今日もなんだか天気良くないですなぁ{/hiyoko_cloud/}{/kaeru_rain/} そんな天気{/kaeru_rain/}の中、午前中はPCショップ{/pc2/}、模型店{/car2_tank/}、おもちゃ

2009.03.25 12:04 | ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画

ハプニング
何度裏切られても、 やっぱり見てしまうM・ナイト・シャマラン監督作品。 やっぱり今回も観てしまいました。f(^^;) DVDで鑑賞。 ある日突然、 アメリカ全土からミツバチが消えるという異常現象を皮切りに、 自ら命を絶つ人が続出する。 その減少は大都市の公園...

2009.04.12 03:51 | 映画、言いたい放題!

映画『ハプニング』を観て
68.ハプニング■原題:TheHappening■製作年・国:2008年、アメリカ■上映時間:91分■鑑賞日:8月2日、吉祥寺プラザ(吉祥寺)■公式HP:ここをクリックしてください□監督・脚本・製作:M・ナイト・シャマラン□製作:サム・マーサー、バリー・メンデル□製作...

2009.05.31 11:59 | KINTYRE’SDIARY

ハプニング
人類は滅びたいのか。

2009.10.02 13:43 | Addict allcinema おすすめ映画レビュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。