スワロが映画を見た

スワロが見た映画について感想を書いていきます。
劇場映画、DVD、新作、旧作問わず映画のレビューを書きます。
コメント・トラックバック大歓迎。みなさまの積極的な絡みをお待ちしております。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
ザ・マジックアワー

原題:――
製作年度:2008年
製作国:日本
上映時間:136分

監督:三谷幸喜
原作:――
脚本:三谷幸喜
出演:佐藤浩市/妻夫木聡/深津絵里/綾瀬はるか/西田敏行/小日向文世/寺島進
    戸田恵子/伊吹吾郎/浅野和之/市村萬次郎/柳澤愼一/甲本雅裕
    中井貴一/鈴木京香/谷原章介/寺脇康文/天海祐希/唐沢寿明/市川崑

あらすじ:
とある港町、守加護(すかご)。その街を牛耳るボス、天塩(西田)の愛人マリ(深津)に手を出してしまった手下の備後(妻夫木)は命と引き換えに、敏腕スナイパー、デラ富樫を連れてくるようボスに命じられる。しかし、富樫のことなど全く知らないビンゴは途方に暮れる。だが、一つのアイディアが彼の頭に浮かぶ。それはデラ富樫の替え玉を連れれ来ることだった。さっそく替え玉としてしがない映画俳優村田(佐藤)に目をつけた備後は映画の撮影だと村田をだまし、守加護につれてくるのだった・・・

感想:
怒涛の爆笑の渦!!

やっぱり「三谷監督、期待通りにやってくれましたね!」という印象。
もうのっけから劇場内は笑いの渦。
こんなに観客が爆笑しながら映画を見ているのって実はものすごく久しぶりの体験かもしれない。

今回、何といってもよかったのは佐藤浩市でしょう。
彼の演じる村田という三文役者の演技のひどい事って言ったらありゃしない(笑)
ひどく臭い芝居で映画の雰囲気をぶち壊してしまうほど。
しかし、本人はまったくそんなことは自覚しておらず、
彼の愛する古き良き昭和のギャング映画を愛してやまない純粋な人間。
映画が本当に好きなんだろうなぁっていう雰囲気がすっごくよく出ていた。
それなのにあの超大根な・・・(爆笑)

そして、その村田と西田敏行演じるボスのチグハグな絡みが最高!
村田は演技で殺し屋、デラ富樫を演じ、ボスは本物の富樫だと思っている。
バレそうなのに絶対バレない。
どこかで狂いそうなのに絶対に狂わない。
見事にがっちりとかみ合った歯車が絶妙な笑いを提供してくれている。

『THE 有頂天ホテル』のときも
すごく良くできた群像劇で素晴らしい脚本だなぁと思ったけれども、
今回の脚本も負けず劣らずいい出来具合だと思う。
演技の村田にちょっと及び腰なボスとか、
デラ富樫になりきった村田の臭すぎる芝居は本当に面白い!
お前、何回ペーパーナイフ舐めるんだよ!と突っ込みたくなった。
しかも、微妙に演技を変えてきているあたり役者としての心意気を感じた(笑)

村田、ビンゴ、マリ、ボス。
この4人の織りなす微妙な展開と感覚がまさしく三谷ワールド。
どこかで嘘がばれるんじゃないかというハラハラ感がベースにありつつも、
嘘の世界が巧妙に繰り広げられ、
そっちがメインで動いていくストーリーに引き込まれ、とても楽しめた。
彼のユーモアのセンスはやっぱり質が違うんだよなぁ。

そして、三谷ワールドの真骨頂と言えばやっぱりオプションでしょう。
ちょっとした演出が映画をものすごくおもしろいものにグレードアップさせてくれる。
唐沢寿明や鈴木京香の劇中劇なんてすごくしゃれているし、
意外(でもないかな?)な人物のカメオ出演も楽しませてもらった。
その他出演者はてんこ盛りで数えきれないくらい。

ただ、大好きな俳優、香川照之の良さをもうちょと引き出せてくれたらなぁというのが本音。

スワロ的評価:★★★★★






※※人気ブログランキングに参加しています※※
※※あのペーパーナイフ、もらったのかなぁと思った方、下をぽちっと※※

クリックありがとうございます
スポンサーサイト

今回初かな?
香川さんは。
三谷監督って好きな俳優を何度も使っていくから、
ひょっとしたら次はもっと出番が増えるかもしれませんね!

2008.07.12 23:26 URL | miyu #- [ 編集 ]

miyuさん、こんばんは。
コメントありがとうございます!

そういえば今まで三谷作品で香川さんを見たことはありませんでしたね。
もっともっと味のある俳優さんなので
今回の添え物的な出番は残念でしたが
今回の出演で三谷監督のお眼鏡にかなっていたら幸いですね。

  from swallow tail

2008.07.12 23:41 URL | miyu さんへ #- [ 編集 ]

コメントどうもでした
復活オメデトウございまする
香川照之は使い方が甘かったですね
もっとキワモノ扱いして欲しかったです
今回は佐藤浩市さんの為の映画でした

2008.07.13 01:48 URL | くまんちゅう #TO.QWiMc [ 編集 ]

こんにちは♪
三谷監督にはなぜかドS的な愛を感じてしまうワタクシです。
イヂメたくなってしまうんですよね(爆)
もっと素晴らしい映画を求めてしまうの(爆)

佐藤さん演じる村田がもうサイコーでした。
オプションを見るのも贅沢な楽しみですし!
香川さんの使われ方だけは勿体無かったですよね~。

2008.07.13 08:21 URL | ミチ #0eCMEFRs [ 編集 ]

くまんちゅう隊員、こんにちは。
コメントありがとうございます!

ありがとうございます。
おかげでなんとか復活できました。
まだまだ隊員として未熟なスワロを温かく見守ってくださったら幸いです。

>もっとキワモノ扱いして欲しかったです
おほほ~(笑)
なかなかくまんちゅう隊員らしいディープな要望ですな。
確かに彼の使い方に不満があったのはスワロも一緒です。
なんか中途半端でしたよね~

>今回は佐藤浩市さんの為の映画でした
おっしゃる通り。
同じくらい出演シーンが多かった妻夫木くんのことなど忘れていました。

  from swallow tail

2008.07.13 09:14 URL | くまんちゅう さんへ #- [ 編集 ]

ミチさん、こんにちは。
コメントありがとうございます。

>三谷監督にはなぜかドS的な愛を感じてしまうワタクシです。
なんじゃそりゃ(笑)
今日は意外な発見ができました。
ミチさんは映画においてSになることがあるんですね(笑)
なんだかすごく貴重なコメントをいただけたような気がしましたよ!!

香川さんの使い方、ミチさんも共感してもらえました??
ちょっと残念でしたよね~
彼はもっともっといいものを持っているのにそれを引き出すまでには至らなかった・・・

でもいいの。
今日はミチさんの・・・

  from swallow tail

2008.07.13 09:17 URL | ミチ さんへ #- [ 編集 ]

スワロさーん、こんばんわ。
ここ2日くらいすんごく暑かったけど、大丈夫でした?
少し体調戻ったかな?
もう来週なんかも30度越えの連続だよー!!
したら、電車の中とか学校とか映画館は寒くなるんだよね。
どうにかしてほしいわ。

あら、スワロさんは大満足のご様子で♪
最近気付いたんだけど、私、三谷監督が苦手かも知れない(笑
なんかね、いっつも面白いとは思うんだけど、
結局はたいしたことないなーって印象に落ち着いちゃいます。
映画全体が計算高い気もしちゃって、なんかそれも鼻につく(笑
でも、笑ったんですけどねー。
結構、ってかかなり。
笑うことはいいことだーってことで。

2008.07.13 19:57 URL | ななな #7qDEbzaw [ 編集 ]

コメントありがとうございます。

いくつかのシーンを思い出すと顔がニヤけてしまう・・・(苦笑)
そういう映画って、ナカナカ無いですよね。

三谷自身、芸達者な役者を何度も起用する方なので、
香川さんは、次回作で出番が多くなるかもしれませんね。

期待して待ちましょう♪

2008.07.13 23:08 URL | Prism #EY6vSw5E [ 編集 ]

TB&コメントありがとうございました。

軽快な展開と笑いのセンスはさすが三谷監督と言ったところでしょうか。ただ、登場人物のほぼ全てに見せ場があった『ザ・有頂天ホテル』に対して、本作はデラ富樫の独壇場だったので、少々笑いに厚みが足りない気がしました。

香川照之は僕も好きですが、今回は損な役回りでしたね。

2008.07.14 07:38 URL | えめきん #- [ 編集 ]

三谷さんの脚本ってあんだけ作るのが遅れるのも分かるように、本当に細かいところまで計算して作っているところがありますよね~

なので、その細かいところろ、計算して綺麗にはまっているところがまた面白いそんな感じがします!

たしかに香川照之さんの役ってもっと目立ってもよかったはずなのに意外に地味に退場になってしまった残念ですよね~
最後彼も巻き込んで、ビックリ騒ぎにしてほしかったのはありますよね~

2008.07.14 11:54 URL | コブタです  #- [ 編集 ]

こんにちは☆
まさに怒涛の爆笑の渦ってやつですね(笑)
佐藤浩市さん好きなので笑わせてもらいました~
「THE 有頂天ホテル」も面白かったですけどこちらも負けてませんよね。

>香川照之の良さをもうちょと引き出せてくれたらなぁというのが本音。
香川さんも好きですよ~ちょっとそこは残念でしたね。

2008.07.14 13:03 URL | ゆかりん #- [ 編集 ]

なななたん、こんにちは。
コメントありがとうございます!

暑いね・・・
今日も暑いよ。
もうスワロの肌には日差しも紫外線が厳しくって(涙)
足が網アミ模様に日焼けしているわ・・・

そっか~
なななは三谷監督と相性が悪いのか・・・
まぁ、そういうこともあると思うよ。
確かに彼のユーモアとか作品全体の雰囲気は計算高い!
「笑わせてやろう」っていう野心が丸見えだもんねー(笑)
そこが受け入れられるかどうかが分かれ目かな。

っていうかなななちょっとひねくれてるぞー(笑)

  from swallow tail

2008.07.14 14:26 URL | ななな さんへ #- [ 編集 ]

Prismさん、こんばんは。
コメントありがとうございます!

>いくつかのシーンを思い出すと顔がニヤけてしまう・・・(苦笑)
いや・・・それ、公共の場でやらないでくださいよ・・・
スワロもたまに電車の中で読書をしたり携帯メールを読んだりして
「ぐふっ」となりますが、
ちょっとその場の周りの反応が気になって顔を上げられません。

で、全く違う話をしてしまいましたが今回も三谷監督には楽しませてもらいました。
香川さんは三谷監督のおめがねにかなったかしら??
今後に期待ですね!!

  from swallow tail

2008.07.14 20:29 URL | Prism さんへ #- [ 編集 ]

えめきんさん、こんばんは。
コメントありがとうございます!

>ただ、登場人物のほぼ全てに見せ場があった『ザ・有頂天ホテル』に対して、
>本作はデラ富樫の独壇場だった
確かに、えめきんさんのおっしゃるとおりですね。
でも、本作は出演者の多いわりに群像劇ではなさそうなので・・・
デラ富樫を見せる作品だったのかしら??
その辺の思惑はよくわかりませんが、
中途半端なエピソードもあったのでもうちょい踏み込んでほしかったですね。

香川さんの扱いが小さかったことは
多くの方も残念に思っているようですね。
三谷監督の次回作に期待しましょう!

  from swallow tail

2008.07.14 20:33 URL | えめきん さんへ #- [ 編集 ]

コブタさん、こんばんは。
コメントありがとうございます!

>三谷さんの脚本ってあんだけ作るのが遅れるのも分かるように、
>本当に細かいところまで計算して作っているところがありますよね~
本当に細かいですよね。
相当綿密に練られている感じがしますよ、アレは。
特に前作の『THE 有頂天ホテル』は相当計算された感じがしました。
本作では「あれ?ちょっと難易度下がっちゃった??」
という感じはしましたけど(苦笑)
それでもあれだけ笑わせてくれたので十分満足です(笑)

香川さんは本当にいま一つ精彩にか欠けてしまいました。
その辺の計算が甘かったのかしら。
もうちょっと使いようがあったと思うんですけどね~

  from swallow tail

2008.07.14 20:47 URL | コブタ さんへ #- [ 編集 ]

ゆかりんさん、こんばんは。
コメントありがとうございます!

いや~まさしく怒涛のごとく・・・でしたよ。
前半は劇場内みな爆笑でしたね。
スワロも心おきなく爆笑してきました。
群像劇として魅せてくれた前作も笑いましたけど、
本作はもうデラ富樫のバカバカしさが単純な笑いを提供してくれて
本当に楽しい作品でした!

う~ん、やっぱり香川さんの使い方に不満を感じてる方は多いのですね。
残念です!

  from swallow tail

2008.07.14 20:51 URL | ゆかりん さんへ #- [ 編集 ]

スワロさんこんばんわ♪TB有難うございました♪

本来佐藤浩市は凄い演技派な役者さんなのに、あえて大根役者に徹しているところが面白くもあり、本作の見所の1つでもあると思うんですよね~♪ボスとの対話もいつバレるんだろうかとハラハラしながら観てた自分なんですが、そんな心配をよそに予想外の笑いを誘ってくれる辺りも楽しかったですね。ペーパーナイフ3段オチはもう腹が痛かったですw

そいえば香川照之は天塩と対立してるもう1つの組織のボスなのに、終盤はあまり絡んでいませんでしたね・・
自分もてっきりラスボスだと思ったのに・・(^^;)

2008.07.15 23:24 URL | メビウス #mQop/nM. [ 編集 ]

今晩は、TB・コメントありがとうございました。
まさに三谷ワールドの世界、堪能しましたね(笑)
「THE 有頂天ホテル」のキャストが殆んど勢揃い、でも面白さはこちらの方が数段上でした。
そうそう、エンディングで大道具さんたちの仕事っぷりが見られる>この場面も粋な計らいでした。

2008.07.16 20:53 URL | パピのママ #B6JN6yYQ [ 編集 ]

メビウスさん、こんばんは。
コメントありがとうございます!

佐藤浩市は本当にナイスな大根っぷりでしたね(苦笑)
あんな臭い芝居をする芝居をよくしたものだと思います。
演技してない村田との緩急の付け方もうまくてもう笑いっぱなしですよ。

>ペーパーナイフ3段オチ
そうそう!このシーン!!
名シーンになりそうですよね。
3回とも微妙に演技が変わっているのがもうドツボで!!

  from swallow tail

2008.07.16 23:16 URL | メビウス さんへ #- [ 編集 ]

パピのママさん、こんばんは。
コメントありがとうございます!

パピママさんも非常に楽しまれたようですね~。
この作品もとても笑えるものでしたけど、
スワロは強いて言うならば『THE 有頂天ホテル』の方が好みだったかな。
それぞれのエピソードが交錯する展開が好きでしたね~。
冬になると見たくなります(笑)

でも、本作もそれに負けていませんよね。
佐藤浩市の演技は絶品でしたし。
映画作りの裏側が見られたのもなかなか素敵な演出でしたよね。

  from swallow tail

2008.07.16 23:20 URL | パピのママ さんへ #- [ 編集 ]

スワロさん、こんにちは。
確かに、香川さんちょっと抑え気味でしたね。
私は彼の短かすぎる前髪と、バラ色のほっぺに釘付けでした。
佐藤浩市って、ああ見えて結構面白い人なのかも・・と思いました。
実は三谷作品を劇場鑑賞するのは初めてでした。
めちゃくちゃ、笑ったわ~。
ではでは、また来ますね。

2008.07.18 09:22 URL | 真紅 #V5.g6cOI [ 編集 ]

真紅さん、こんばんは。
コメントありがとうございます!

>私は彼の短かすぎる前髪と、バラ色のほっぺに釘付けでした。
うわぁっ!
本当に役者のディテールをよくご覧になっている・・・
確かに、彼に違和感は感じましたが・・・
その違和感は前髪とバラ色ほっぺだったのですね。
なるほど。

>実は三谷作品を劇場鑑賞するのは初めてでした。
あら、そうなんですね。
まぁ、すぐにTVに入りそうですけど・・・(苦笑)

  from swallow tail

2008.07.18 22:46 URL | 真紅 さんへ #- [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://swallowtailchocolate.blog56.fc2.com/tb.php/337-69b04290

ザ・マジックアワー
 『最後に笑うのは誰だ?』  コチラの「ザ・マジックアワー」は、「THE 有頂天ホテル」の笑激から3年、三谷幸喜監督の最新作となる6/7公開のコメディなのですが、やっと観て来ましたぁ~♪東宝系なので、当初は14日のTOHOの日に鑑賞しようと思っていたのですが、なんと...

2008.07.12 23:22 | ☆彡映画鑑賞日記☆彡

ザ・マジックアワー
三谷映画には、虚実の境界にこだわるものが多い。今回のドタバタ劇も、偽者がやがて本物になるいきさつを笑いたっぷりに活写するもの。暗黒街のボスから伝説の殺し屋を探せと命じられた男が、とっさに思いついたのが、三流俳優に演じさせること。ウソが感動を呼ぶというテ...

2008.07.12 23:45 | 映画通信シネマッシモ☆プロの映画ライターが贈る映画評

「ザ・マジックアワー」映画感想
今週は特別見たい作品の公開も無く、チネチッタのポイントが貯まったので、「ザ・マジックアワー」を見てきました。今まで三谷幸

2008.07.13 01:37 | Wilderlandwandar

映画 【ザ・マジックアワー】
映画館にて「ザ・マジックアワー」 三谷幸喜脚本・監督の最新作。 おはなし:ギャング組織のボス手塩(西田敏行)の愛人マリ(深津絵里)と恋仲になった事がバレた備後(妻夫木聡)は、命を助けてもらうため伝説の殺し屋”デラ富樫”を連れてくる約束をする。 監督自

2008.07.13 08:17 | ミチの雑記帳

ザ・マジックアワー
期待しすぎた?

2008.07.13 19:50 | 映画を観たよ

ザ・マジックアワー/佐藤浩市、妻夫木聡
三谷幸喜さんと佐藤浩市さんが映画の宣伝で各局に出演しまくりですけど、バラエティー番組に出ている佐藤浩市さんというのはけっこう珍しくてついつい見ちゃうんですよね。しかも渋い役者のイメージなのにぶっちゃけトークが面白かったりするんですよ。まさか映画より宣伝...

2008.07.13 21:49 | カノンな日々

ザ・マジックアワー
ザ・マジックアワー’08:日本 ◆監督・脚本:三谷幸喜「THE有頂天ホテル」「みんなのいえ」◆出演:佐藤浩市、妻夫木聡、深津絵里、綾瀬はるか、西田敏行、小日向文世、寺島進、戸田恵子、伊吹吾郎、寺脇康文、谷原章介 ◆STORY◆港町・守加護でクラブ「赤い靴」の支...

2008.07.13 22:31 | C\'est Joli

“幸” せと “喜” びの 魔法の時間●ザ・マジックアワー
誰にでも、いつかは訪れるマジックアワー。 『The Magic Hour』 ザ・マジックアワー - goo 映画 港町・守加護でクラブ「赤い靴」の支配人を任さ...

2008.07.13 22:59 | Prism Viewpoints

ザ・マジックアワー
太陽が消えてから、周囲が暗くなるまでのほんの僅かな時間、それがマジックアワーだ。 物語:「命が惜しければ、五日以内に幻の殺し屋を見つけて来い!」街を牛耳るボス【西田敏行】の愛人【深津絵里】に手を出してしまった手下の備後【妻夫木聡】は、命を助けてもらう代...

2008.07.14 01:23 | パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ

ザ・マジックアワー
港町を牛耳るギャングのボスの愛人に手を出しボスの怒りを買った部下の備後。命を助けてもらう代わりにボスが要求したのは、伝説の殺し屋デラ冨樫を連れて来ることだった。デラ冨樫を見つけられない備後は、売れない役者を替え玉として用意し映画撮影と偽ってボスを騙す作...

2008.07.14 07:12 | 5125年映画の旅

●ザ・マジックアワー(THE MAGIC HOUR)
三谷幸喜監督の最高傑作という触れ込みのコチラの作品、代表作かはどうかは置いといて、三谷監督らしいクスクスと笑えるいい感じのコメディ...

2008.07.14 11:55 | コブタの視線  

ザ・マジックアワー
【The Magic Hour】2008/06/07公開(06/07鑑賞)製作国:日本監督・脚本:三谷幸喜出演:佐藤浩市、妻夫木聡、深津絵里、綾瀬はるか、西田敏行、小日向文世、寺島進、戸田恵子、伊吹吾郎 “最後に笑うのは誰だ?” まるで映画のようなお話(笑)

2008.07.14 12:58 | 映画鑑賞★日記・・・

ザ・マジックアワー
三谷幸喜最新作、『ザ・マジックアワー』を観てきました。 ★★★★★ 全く噛み合わないはずの勘違い会話が成立する、三谷幸喜お得意の一番笑えるシチュエーションが今回のメインテーマ。 営業の仕事をしてると、「思ってた」が一番の敵なんだけど、客観的に観るとこんな...

2008.07.14 23:59 | そーれりぽーと

ザ・マジックアワー(評価:☆)
【監督】三谷幸喜 【出演】佐藤浩市/妻夫木聡/深津絵里/綾瀬はるか/西田敏行/他 【公開日】2008/6.7 【製作】日本 【ストーリー】 ...

2008.07.15 23:12 | シネマをぶった斬りっ!!

「ザ・マジックアワー」
6月7日「ザ・マジックアワー」TOHOシネマズ六本木ヒルズSC1で鑑賞 三谷幸喜、TV出すぎ! 実は初日鑑賞でした。 作品中にも出てきそうな勢いだったのでずっと眼を凝らしてみてたけどとうとう本人出てこなかったようですね。 DVDは落ち着いてみられないので逆に

2008.07.17 00:22 | てんびんthe LIFE

ザ・三谷幸喜アワー~『ザ・マジックアワー』
 The Magic Hour  売れない映画俳優の村田(佐藤浩市)は、ギャングのボスの女マリ(深津絵里)に 手を出し絶対絶命の備後(妻夫木聡)に...

2008.07.18 09:16 | 真紅のthinkingdays

ザ・マジックアワー
【映画的カリスマ指数】★★★★★  にじみ出る”映画愛”に極上の楽しさを味わえ♪  

2008.07.22 23:28 | カリスマ映画論

【2008-135】ザ・マジックアワー The Magic Hour
人気ブログランキングの順位は? 最後に笑うのは誰だ?

2008.07.23 21:15 | ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!

「 ザ・マジックアワー / The Magic Hour (2008) 」
【ザ・マジックアワー】2008年6月7日(土)公開 監督 ・ 脚本 : 三谷幸...

2008.07.26 18:40 | MoonDreamWorks★Fc2

映画「ザ・マジックアワー」
終わりよければすべて良しというけれど、有終の美を飾れてないのが残念なところですね、最初からラスト直前まで面白くて笑い死にしそうでも盛り下がる・・ いかにも芝居がかった、それでいて思わず引き込まれてしまうような、芝居じみたボスの愛人高千穂マリ(深...

2008.07.30 00:53 | 茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~

ザ・マジックアワー
三谷幸喜の第4作め。今までで一番笑ったかもしれない。ほんと傑作でした。 町を牛耳るギャングのボス(西田敏行)の愛人(深津絵里)との密会を見つかってしまったホテルの支配人備後(妻夫木 聡)は、伝説の殺し屋デラ富樫と知り合いだとウソをつき、彼を連れてくる約...

2008.07.30 23:15 | シネマ大好き

ザ・マジックアワー <ネタバレあり>
TVでオンエアされた 「THE 有頂天ホテル」 を見てから観に行ったので登場人物が かぶりまくってるのが分かって面白かった有頂天ホテルの登場人物で 全く同じ名前で役柄も同じで出てくる人が一人いますってことで、映画が始まってから 誰だろ誰だろと気になって...

2008.09.14 00:24 | HAPPYMANIA

ザ・マジックアワー
三谷幸喜氏の監督第4作目の作品です。 彼の作品はちょっと食傷ぎみ。 「ラヂオの時間」は好きなんですけれどね。 港町・守加護でクラブ「赤い靴」の支配人を任されている備後登は、 ギャングのボス・手塩の情婦・高千穂マリに手を出したのがバレて大ピンチ。 5日

2009.01.06 10:59 | 映画、言いたい放題!

【映画】ザ・マジックアワー…の記事&鳥栖プレミアム・アウトレット
「マンマ・ミーア!」のTVスポットは流し過ぎ{/face_ase2/}だと感じているピロEKです。 さて、 まずは昨日の記事で予告した話題から… …先日15日(日曜日)の午前中は凄く天気の良かった北部九州地方{/kaeru_fine/} 2月中旬だというのに、あの陽気{/ase/}はただ事じ...

2009.02.21 11:11 | ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画

ザ・マジックアワー
最後に笑うのは誰だ?

2009.10.07 19:34 | Addict allcinema おすすめ映画レビュー

-
管理人の承認後に表示されます

2011.12.26 00:36 |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。