スワロが映画を見た

スワロが見た映画について感想を書いていきます。
劇場映画、DVD、新作、旧作問わず映画のレビューを書きます。
コメント・トラックバック大歓迎。みなさまの積極的な絡みをお待ちしております。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

 
原題:FUCK
製作年度:2005年
製作国:アメリカ
上映時間:90分

監督:スティーヴ・アンダーソン
原作:――
脚本:――
出演:ラインホルト・アマン博士/ジェス・シェイドロワ/アラン・キーズ/チャック・D
    アラニス・モリセット/ケヴィン・スミス/ジュディス・マーティン/ビル・メイハー
    ビリー・コノリー その他言語学者、コメディアンの皆さん

あらすじ:
究極の罵り言葉にして放送禁止用語である「Fワード=“FUCK”」をあらゆる角度から徹底研究したドキュメンタリー。保守派からリベラルまでさまざまな人物へのインタビューと大量の資料映像を交え、アメリカにおける“言論の自由”の現状を浮き彫りにする・・・



感想:
タイトル『****』。

映画を見ていると登場人物が高揚したときに「Fuck you!!」とか「Mother fucker!!」
(例として挙げているので気分を害さないでください。)
などと叫んでいるシーンは度々目にする。
「FUCK」が罵り言葉であり、あまり芳しくない言葉である、ということは
日本人であるわたしたちもほとんどの人が知っているであろう。

冒頭の『****』・・・
本作は放送禁止用語である「FUCK」自身をタイトルに当ててしまっている。
そのため、本国アメリカでは『FUCK』という文字を看板に掲げることができず、
伏字で対応した、といういわくつきの作品なのだ。
そして、この事実こそがおそらく本作の内容よりも面白い。

「FUCK」の語源は何なのだろう?
一体誰が使い始め、どうして卑猥な言葉として認識されるようになったのだろうか。
「FUCK」自身を辞書で検索したら、
「性交渉」など性的な意味を持った用語であることがわかる。
もちろん、罵り言葉としてではなく、
単に性交渉を意味するちょっと卑猥な言葉として使うシーンも映画では度々登場する。

作品の中ではミス・マナー(お作法)という女性から(笑)
シンガー・ソングライターであるアラニス・モリセットや政治家まで
「FUCK」について語っている。

その中ではもちろん教育的観念から否定派もいるのだけれども、
意外・・・でもないが肯定派もかなり多い。

「FUCK」という言葉は罵りや卑猥な意味合いを持つだけではなく、
さまざまな意味合いも含んでいうる。
感動したときにも、嬉しさ極まったときにも使える。
実は本来の意味合いが芳しくないだけで、
実用レベルとしてはマルチに使える有能な言葉なのだ。
現に、「みんなこの言葉が大好き」「語感がいい」といった意見もある。
「FUCK」を連発して笑いを取るコメディアンもいる。

このマルチな用語は日本語の「ヤバイ」に通じるところもあるだろうか。
「マジ、ヤバイ!」と語尾を上げれば興奮などの良い意味を示し
「ヤバイ・・・」と語尾を下げれば気分が沈んでいることを意味する。
そのほかにもシチュエーションによって「ヤバイ」はさまざまな意味を持つ。
これもとても興味深い言葉だ。

面白かったのが公式サイトを見ていたとき
「FUCKが禁じられたら政府よFUCK(くたばれ)と叫べない」
というテロップが出たことだ。
アメリカの中ですでに「FUCK」は広く深く浸透していて、
それを禁じることはもしかしたら非常にナンセンスな話なのかもしれない。

スワロ的評価:★★★





※※人気ブログランキングに参加しています※※
※※結局、本来の目的は果たしてないじゃん~と思った方、下をぽちっと※※

クリックありがとうございます
スポンサーサイト

うぃーす。記事のタイトルを見て一瞬ブログが別の方向にシフトチェンジしたかと勘違いしたぷく隊員です。

何だか面白そうですね。私も日常会話ではこの言葉をよく使います。(←嘘&お前はどうみても日本人だろう!by 周りの声)

オンライン・レンタルで借りることできそうなので見てみようかな。

2008.06.25 06:22 URL | ぷくちゃん #- [ 編集 ]

ぷく隊員、お疲れ様です!

あはは(笑)
「これはちょっと・・・」というタイトルでしたものね。
エロ系も好きですが、本格的にはじめられるほどの
知識や経験がありません(?)

これは春ごろかな~
渋谷でチラシを見て見に行きたかったんですけど
なんせ回転が速くて・・・(汗)
でも、DVDでもいい作品でした(苦笑)

ぷく隊員、日常でこのFワードが出てくるの??
すっげー!!(吉田君ふう)
スワロなんて使ったことないッスよ。
さすが先輩隊員だなぁ~

  from swallow tail

2008.06.25 20:45 URL | ぷくちゃん さんへ #- [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://swallowtailchocolate.blog56.fc2.com/tb.php/329-1b86d914

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。