スワロが映画を見た

スワロが見た映画について感想を書いていきます。
劇場映画、DVD、新作、旧作問わず映画のレビューを書きます。
コメント・トラックバック大歓迎。みなさまの積極的な絡みをお待ちしております。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
インディ・ジョーンズ

原題:INDIANA JONES AND THE KINGDOM OF THE CRYSTAL SKULL
製作年度:2008年
製作国:
上映時間:

監督:スティーブン・スピルバーグ
製作:ジョージ・ルーカス
原作:――
脚本:デヴィッド・コープ
出演:ハリソン・フォード/シャイア・ブラーフ/ケイト・ブランシェット/レイ・ウィンストン
    カレン・アレン

あらすじ:
米ソ冷戦時代の1957年。言い伝えによると、太古に消え去ったアマゾンの伝説の都市から盗まれたクリスタル・スカルを神殿に戻したものは神秘のパワーを手に入れることができるという。この伝説を信じているソ連軍のスパルコ(ブランシェット)はインディ(フォード)を捕らえ、クリスタル・スカルを探すよう強要する・・・

感想:
19年ぶりのインディは・・・さすがに老けていた・・・
でも、これほどまでみんなに愛され、支持され続けたキャラクターは他にいるだろうか?

『失われたアーク<聖櫃>』『魔宮の伝説』『最後の聖戦』に続く
19年ぶりの第4弾となる本作。
楽しみにしていた人も非常に多かったことだろう。
先行上映では、スワロの行った劇場は2スクリーン計10回上映という気合の入れよう。
前日のインターネット予約の段階でほぼ満席だった。

『インディ・シリーズ』に対するスワロの思い入れは深く、
中学生のころ、再三地上波で放送されるインディを見て、
14歳にして「好きな俳優はハリソン・フォード」だった(苦笑)
そんなインディを劇場で見られるなんて、否が応にも期待は高まる。
さらに、小学校のときの好きな芸能人(?)は考古学者の吉村教授で
『世界不思議発見』は欠かさず見ていた。
特に、エジプトについての回は非常にワクワクした記憶がある。

本作のサブタイトルは<クリスタル・スカルの王国>。
このクリスタル・スカル(水晶髑髏)は実際に、マヤ文明の遺跡から出土しているものらしい。
しかし、本当にその時代のものなのか、あるいは時代錯誤遺跡物なのか
未だに議論がなされているというもの。
そして、マヤについて研究している学者(?)は
「スカルをピラミッドに戻すべき。戻せば本来のパワーが戻る」
といった趣旨のことを主張しているらしいのだ。

閑話休題。

冒頭、あの帽子が転がってきたシーンからワクワク度急上昇。
既にソ連に捕まっているけど(苦笑)
でも、さすがインディ。
老体にむち打ち(?)さまざまなアクションで観客の目を楽しませてくれる。
断崖絶壁のカーチェイスや車上でのアクションなどは
いかにもインディらしく見ていて非常に楽しい。
やっぱりインディに求めるものの一つはこういったドキドキハラハラのアクションシーン。
今回も見ごたえがあった。

そして、インディ・シリーズにもう一つ求めるものといえば、
お宝のある場所のカラクリ仕掛け。
本シリーズは意外とサクサク謎解きをしてしまうので謎解きはつなぎのような要素だが、
それでも「●●文字」とか「●●語」とか古代の象形文字のような紙を見ると、
歴史ロマン好きのスワロはやっぱりうずく(笑)
そして、今回もサクサク謎解きをして伝説の都市を発見するわけだが、
ちょっとトーンダウンしたか?
最後の聖戦などはお宝までの道のりの仕掛け本当にハラハラしながら見たものだが、
本作ではそこまでではない。
しかし、最後の玉座の間は圧巻。
ちょっとオリエンタルな雰囲気でクリスタルの骸骨たちが玉座についているのは
息を飲む美しさだった。
そして神秘的。

ただ、ラストがちょっとビックリ(苦笑)
それまで、携帯もなくハイテク機器もなく、
地道にロジカルにお宝だとか古代の神殿だとかを探していたわりには、
急にSFになってしまった!!
たしかに、ロズウェル事件に関連を持たせているのだろうけれども、
まさかいままでの対極に位置するSFに走るとは・・・
思わなくて椅子からずり落ちそうになった。

このラストは好みが分かれるところだろう。
スワロの意見は「好みじゃない」だ。
インディの雰囲気を大事にしてもらいたかった。
時代は変わったものだ・・・

さて、インディ演じるハリソン・フォードは老化という自然現象に逆らえず、
かなりのスタントを使用したようだ。
ケイト・ブランシェットは・・・
まさかこういう作品に出演するとは思わず「ケイトに似ている女優さんだなぁ~」
と思っていたらケイトだった(苦笑)
でも冷酷無比なソ連の参謀をうまく演じていたと思う。

ラスト、結婚式のシーンで転がってきた帽子をマットが拾いそうになったとき
「これからマットに世代交代してシリーズ化か!?」と思ったけれども、そうではないみたい。

スワロ的評価:★★★★






※※人気ブログランキングに参加しています※※
※※核実験のシーンはちょっと・・・と思った方、下をぽちっと※※


スポンサーサイト

こんちは!ぷく隊員です。

いやあ、ラストはね・・・・もう核実験もね・・・・なんだかインディ・ジョーンズって勝手にもっと昔の人と位置付けていたのでがっかり・・・・

まあ、劇場の人が喜んでいたからまあいいか。(←そんなもの?)

2008.06.15 11:36 URL | ぷくちゃん #- [ 編集 ]

ラストのあの帽子のシーン、色んな憶測が
飛んでますよね~♪
すわ新3部作の始まりか、世代交代なのか?
う~んどうなるんでしょ。

2008.06.15 16:04 URL | miyu #- [ 編集 ]

ぷく隊員、お疲れ様です!
コメントありがとうございます!!

そうなんですよね~。
核実験のシーンはいただけませんでしたよね。
先日もクラスター爆弾廃止について議論されたところだし、
核兵器保有の議論だって穏やかなご時世ではないですし。
あそこはちょっとしたシーンかもしれませんでしたが、
だからこそもうちょっと配慮がほしかったと思います。

ぷく隊員、オシャレはコロンをつけてごまかすだけではできませぬぞ~(笑)

では、(Γ`・ω・)Γ タwwカwwノwwツwwメwwww
  
  from swallow tail

2008.06.15 18:45 URL | ぷくちゃん さんへ #- [ 編集 ]

miyuさん、こんばんは。
コメントありがとうございます!

>新3部作の始まりか、世代交代なのか?
やっぱりみなさんいろいろ感じるところがあったのですね~!!
スワロは世代交代か!?とも思ったけれども、
まだ帽子はかぶれませんでしたからね。
今後、どうなるかものすごく気になります!!

  from swallow tail

2008.06.15 18:47 URL | miyu さんへ #- [ 編集 ]

こんばんは☆
私もお宝探しとか考古学だとかのお話になるとワクワクします。
ラストの帽子ではヒヤヒヤしましたが、しっかりインディが被ってくれて嬉しかったです。まだまださー(笑)

しっかしSFの方向に行っちゃうとは思わなかったですね。私としてはまぁいいか・・・です。ジョージがそうしたかったのなら仕方ないし(笑)

2008.06.15 20:44 URL | ゆかりん #- [ 編集 ]

こんにちは☆

ラストは大きく好き嫌いが分かれるでしょうね。私もあんまり好きじゃなかったですね・・・。
帽子はマットに渡さなかったですが、スピンオフはありそうな気がしています。

2008.06.15 21:11 URL | dai #3/VKSDZ2 [ 編集 ]

ゆかりんさん、おはようございます。
コメントありがとうございます!

>ラストの帽子ではヒヤヒヤしましたが、
>しっかりインディが被ってくれて嬉しかったです。まだまださー(笑)
まだまだですかね?(笑)
結構アクションシーンは厳しそうでしたけど・・・
あ、でも、アクションシーンをマックがやって
おいしいとこ取りすればいいのか!!(苦笑)

最後はある意味驚愕でしたねー!!
そういうのもありかと・・・
さすがルーカス&スピルバーグだわ・・・

  from swallow tail

2008.06.16 07:41 URL | ゆかりん さんへ #- [ 編集 ]

daiさん、おはようございます。
コメントありがとうございます!

>帽子はマットに渡さなかったですが、スピンオフはありそうな気がしています。
おお~。
daiさんはスピンオフと予想!!
うん、最近スピンオフがはやっているからそれもありかもしれない。
なんせ古畑任三郎でさえスピンオフが作られているんだから・・・(笑)
シャイア・ブラーフも人気あるし、
世代交代よりもその線は濃厚かもしれませんね。

いずれにせよ、今後の進展が楽しみです。

  from swallow tail

2008.06.16 07:44 URL | dai さんへ #- [ 編集 ]

こちらにもお邪魔します。

インディ復活。もうこれだけでボルテージが上がってしまいます。メインテーマが流れただけで大興奮してしまいました。

アクション満載の純粋娯楽作でした。19年ぶりの作品という事で、全体に少し古臭さが残りますがそれもまた味。むしろこういうオーソドックスなアドベンチャーを今再び作り上げてくれた事を評価したいです。

2008.06.16 07:44 URL | えめきん #- [ 編集 ]

スワロさん、こんにちは。
遅くなってすみません。

>「これからマットに世代交代してシリーズ化か!?」
みんな、インディが帽子を奪ったことにアンとしているのが嬉しいです。
だーれも望んでいないんだなーって思いますし(^^)
やっぱりインディはハリソン以外、考えられませんね!

好みの分かれそうなオチになりましたが、ルーカスとスピルバークが作りたかった作品になっているのならば、私は満足です(^^)

2008.06.16 18:43 URL | たいむ #- [ 編集 ]

こんばんは!
TB,有難うございます♪

中盤あたりから、なんとなーく、予感はありましたよ。あのオチ・・。
やっぱりあの2人だから、どうしてもそっちに行きたかったのね(^^;
どちらかというと、私はちょっと引きました(ヘヘ;

でもいいや、ケイトが面白かったから(笑)

2008.06.16 19:58 URL | kira #klq26XPE [ 編集 ]

私も考古学とか世界七不思議といった
古代ロマン!?ものが大好きだったので、
こういう歴史探検冒険ものって大好きですね♪
ただやっぱりラストのオチは
インディ作品には似合いませんでしたね(苦笑)
初めて見る人だったら、
こーいうB級作品って納得できるかもしれないけど、
シリーズを知ってる人なら・・・(汗)
でも、SW同様一種のお祭り映画ですから、
あまり気にしないで楽しみたいとおもいました~♪

2008.06.16 20:03 URL | えふ #4A9T8td. [ 編集 ]

スワロ隊員コメントどうもっす
これ理屈ぬきで楽しんじゃいました・・
SF風はやるぞやるぞと言われてた気がして、しょうがないなぁと許してあげました。
シャイア君も頑張ってたけど、後継ぐにはまだまだ修行が足りないな、ってこれダイハードの時も言ってなかったっけ?

2008.06.16 21:14 URL | くまんちゅう #TO.QWiMc [ 編集 ]

こんにちは。
早々にTB&コメントありがとうございました。
スワロさんは、ハリソンさんがお好きなんですね。
ハリソンさんが大好きで「ダーリン」と勝手に呼んでいる友人がいるんですよ(笑)。
パートナーのキャリスタが親子程も年が離れているということで、「じゃあ、私だっていいじゃないっっっ」と悔しがってます。オジサン好きの私と、唯一同じテンションで盛り上がれる話題がハリソンさんです。

と、話が飛んでしまってすみません。
余り予備知識を入れずに見たので、SF色が濃くなっていく展開に「・・・あ、そうなの?」と一瞬止まってしまったけど。
何だカンだいって、やっぱり楽しめちゃいました。
スワロさんはSFはそんなに・・・とのことなのですが。
私は、意外な展開を見せる本作に『未知との遭遇』を思い浮かべたのですが。
これってスピルバーグ作品じゃないか、なるほどな~ 『E.T.』もそうだしな、やっぱりな~ って、何かよくわからん納得もしてたりしましたです。
あと「ロズウェル」と言われると、「ロズウェルの恋人たち」とかいう海外ドラマよりも「X‐ファイル」を思い出しちゃうんだよな。
見てないかしら。SFだったりホラーだったりして、かなり好きでしたのよん。
ホラー好きではなかったでしたっけ。
ブロガー・ガールズにはホラーファンが多い気がしてたもので。。。

2008.06.16 21:27 URL | となひょう #- [ 編集 ]

こんばんは♪
高校のときは考古学者になろうとまで思っていましたから、インディの世界は大好きなんです。
もちろんハリソンも未だに大好き!
で、今回はナスカの地上絵なんかが出てきて嬉しかったな~。(ほんの添え物程度でしたが・・・)
いくつになってもキュートなジョーンズ博士には胸ときめきますわ♪
私も授業を受けたいです!

2008.06.16 23:34 URL | ミチ #0eCMEFRs [ 編集 ]

おはようございます!
先行で観た方が多くて、やっぱり世界的にも一番愛されるキャラクターなのかもしれませんね。
インディを劇場で観られることにワクワクしていったんですが、
ハラハラするものがあまり感じなくて・・
ラストはスピルバーグだから・・・ね。笑
インディらしさがなくて残念だったかな。

2008.06.17 08:58 URL | アイマック #- [ 編集 ]

えめきんさん、こんにちは。
コメントありがとうございます!!

>メインテーマが流れただけで大興奮してしまいました。
はは(笑)
確かに、あのテーマで「インディが戻ってきた!」という気分にさせられますものね。
あのテーマに帽子・・・それだけでワクワク度が上がっちゃいますね。

>むしろこういうオーソドックスなアドベンチャーを
>今再び作り上げてくれた事を評価したいです。
同感です。
最近はネットやハイテクを駆使したサイバー・アドベンチャーばかりですものね。
あの『ナショナル・トレジャー』ですら
「マジで!?」というようなハイテク機器を使っていましたし。
あのアナログ感はインディならでは!

  from swallow tail

2008.06.17 11:06 URL | えめきん さんへ #- [ 編集 ]

たいむさん、こんにちは。
コメントありがとうございます!

>やっぱりインディはハリソン以外、考えられませんね!
そのとおり!!
だって、インディが帰ってくるってだけで
映画ブロガーはこんなに盛り上がってますし。
も~どうにかなっちゃうかと思うくらい盛り上がりまくりですよね。
みなさん、ボルテージ高すぎです(苦笑)

>ルーカスとスピルバークが作りたかった作品になっているのならば、私は満足です
おお~。
寛容ですな~。
でも、そうやって寛容になれるのがインディ・マジックかもしれませんね。

  from swallow tail

2008.06.17 11:10 URL | たいむ さんへ #- [ 編集 ]

kiraさん、こんばんは。
コメントありがとうございます!

>中盤あたりから、なんとなーく、予感はありましたよ。あのオチ・・。
う~ん、やっぱり(苦笑)
なんたって<ロズウェル>ですからね・・・
宇宙人ネタは大いにありえましたよね・・・
ええ、でも、ナントカ遺跡っていうような古代ロマンを求めるスワロとしては
あのオチはやっぱりちょっと悲しかったですよ・・・はい。

ケイトは抜群でしたね。
さすがケイト!
マルチな女優さんです。

  from swallow tail

2008.06.17 22:18 URL | kira さんへ #- [ 編集 ]

えふさん、こんばんは。
コメントありがとうございます!

えふさんも古代ロマンが好きなの!?
吉村教授も好き!?(笑)

>でも、SW同様一種のお祭り映画ですから、
>あまり気にしないで楽しみたいとおもいました~♪
そうですよね~!!
この作品は内容云々と言うよりも、
むしろインディアナ・ジョーンズという人物に対しての期待が大きいのですよね。
彼の魅力的なキャラクターがあってこそ
ワクワクドキドキのストーリーを楽しめるのかもしれません。

というわけで、インディ祭り、大いに楽しみましょう!!

  from swallow tail

2008.06.17 22:41 URL | えふ さんへ #- [ 編集 ]

やはりあのラストは好みが分かれるところですね。
まあ古代遺跡とUFOというのはその道では定番の一つだったので、私はあまり違和感なかったんですけどね。
マヤの宇宙人説とか昔からありますし。
本国でもラストが許せるかどうかでかなり論争になってるみたいです。

2008.06.18 00:08 URL | ノラネコ #xHucOE.I [ 編集 ]

くまんちゅう隊員、お疲れ様です。
コメントありがとうございます!!

>これ理屈ぬきで楽しんじゃいました・・
それ、とても正しい観賞の方法だともいます(笑)!!
だって、私たちがこの作品に求めたものって、
内容云々ではなくて、
インディアナ・ジョーンズという人物そのものだったと思うんです。
そして、彼が面白おかしくトレジャー・ハンディングをする、
それだけで十分だったと、今になって思います。

シャイアくん、まだまだ後継者としては半人前ですかね?
結構機敏性が高かったように思うんですけど・・・
でも、まだ古代遺跡や古代の言語など知識の方は足りませんね(苦笑)

  from swallow tail

2008.06.19 04:18 URL | くまんちゅう さんへ #- [ 編集 ]

となひょうさん、おはようございます。
コメントありがとうございます!

>ハリソンさんが大好きで
>「ダーリン」と勝手に呼んでいる友人がいるんですよ(笑)。
なかなかのお友達ですね(笑)
負けました。
スワロにはまだ「ダーリン」と呼ぶほどの勇気はありません。
だって、謙虚なんですもの(爆)
でも、となひょうさん、オジサマ好きなのですね。
実はスワロも大好きです。
スワロの友達からは「スワロはオジサン好きな変なやつ」として有名です(爆)

スワロは「たとえSFに走ろうともインディはインディ」
と受け入れられるようになってきました。
だって、やっぱり素敵なんですもの~(笑)

>あと「ロズウェル」と言われると、「ロズウェルの恋人たち」
>とかいう海外ドラマよりも「X‐ファイル」を思い出しちゃうんだよな
スワロは前者の方がイメージしやすいです。
あれ、好きなドラマでした。
でも、『Xファイル』も毎週欠かさず見て増したね・・・小学生の頃・・・
  
  from swallow tail

2008.06.19 04:48 URL | となひょう さんへ #- [ 編集 ]

アイマックさん、おはようございます。
コメントありがとうございます!!
アイマックさんのところに訪問できなくて申し訳ないです・・・

>世界的にも一番愛されるキャラクターなのかもしれませんね。
今回の先行はTOHOが1000円だったこともありかなりの人がご覧になっていますね。
でも、やはり料金の問題ではなく、インディという人物の魅力は絶大です。
これほどまでに待ち望んでいた人が多いのか!と驚いてしてしまいました。
そして多少おかしなところでも
「インディだから許せる」という人もたくさんいらっしゃって(苦笑)

でも、アイマックさんはいまひとつだったのかしら??
残念ですね・・・
でも、まぁ、そういうこともあります(苦笑)

  from swallow tail

2008.06.19 05:35 URL | アイマック さんへ #- [ 編集 ]

ノラネコさん、こんばんは。
コメントありがとうございます!
変身が遅くなってしまって申し訳ありません・・・

ええ、かなり評価が分かれていますね(苦笑)
ガッカリ派とOK派と(笑)
>代遺跡とUFOというのはその道では定番の一つだったので
ノラネコさんは後者ですね。
スワロは前者だったのですが、ノラネコさんの記事を拝読して
「なるほど~」と妙に納得できました。
ナスカの地上絵なんてモロですものね。

>本国でもラストが許せるかどうかでかなり論争になってるみたいです。
はは(笑)
スワロとしては「インディが帰ってきたんだから
もうそれだけでいいじゃん~」って感じなんですけどね(笑)

  from swallow tail

2008.06.19 23:04 URL | ノラネコ さんへ #- [ 編集 ]

ミチさん、こんばんは。
せっかくコメントをいただいていたのに
返信をすっ飛ばしてしまって申し訳ありません。

>高校のときは考古学者になろうとまで思っていましたから
えーーーーーーーーーーーーーーっっっ!!
ビックリデス。
まさかミチさんが考古学者を目指していらっしゃったとは。
いや、スワロはミチさんの何を知っているわけでもないんですけど(苦笑)
でも、スワロも吉村教授にあこがれていたので
ミチさんに親近感を抱いてしまいますね(笑)

スワロもジョーンズ教授に教わりたいです。
あ~、ああいう教授が大学にいたらよかったのになぁ・・・

  from swallow tail

2008.06.19 23:35 URL | ミチ さんへ #- [ 編集 ]

こんばんは、ホーギーです。
1年以上前からこの日を楽しみにしてきましたが、ついに観てきました。
心配していたハリソンの年齢からくる表情や体型に老いは感じるものの、その圧倒的な存在感やまだまだやれるアクションシーンに安心しました。
そして、見事なストーリー展開と怒濤のアクションシーンは健在で期待とおりの内容に大満足の2時間でした。
これぞ元祖トレジャーハント&アドベンチャー&アクション映画ですね。
本作はハリソンのほか、懐かしのマリオンの再出演、オスカー女優のケイト・ブランシェット、いま売り出し中の若手シャイア・ラブーフとキャスト陣も楽しませてくれました。
噂によると数年後に更なる続編との話もあるようですが、どうなることでしょうか?
ということで、これからもどうぞよろしくお願いします。
それとTBもお願いします。

2008.06.21 18:32 URL | ホーギー #- [ 編集 ]

ホーギーさん、こんばんは。
訪問&コメントありがとうございます。
せっかくコメントいただいたのに返事が大変遅くなってしまって申し訳ありません。

ホーギーさん、この作品をとても楽しみにしていらしたのですね!!
この作品の昔からのファンはたくさんいらっしゃるようで、
先行上映で見た方も老若男女たくさんいらっしゃいました。

>これぞ元祖トレジャーハント&アドベンチャー&アクション映画ですね
仰るとおりです。
『ハムナプトラ』や『ナショナル・トレジャー』など
似たテイストの作品も排出されましたが
本作はインディという人物そのものにも魅力があって、
やはり他の作品とは一線を画していますね!

今、ちょうどTVで『レイダース』を見ているのですが
マリオンの変貌っぷりに多少ビックリしています(苦笑)

ホーギーさん、こちらこそよろしくお願いいたします。

  from swallow tail

2008.06.22 22:43 URL | ホーギー さんへ #- [ 編集 ]

スワロさんこんにちは!

同じように感じてしまっているんですね~
私も、あのSFなオチにおいおいと思ってしまって、それで若干テンション下がってしまいました。
私もなんちゃってであっても歴史ロマンを楽しませてほしかったんですよね~

世代交代、、でもハリソン・フォードが足腰立たないといった事態になったらそれもあり得たりして(・ω・)乃

2008.06.23 20:03 URL | コブタです #- [ 編集 ]

コブタさん、こちらにもコメントありがとうございます!!

・・・やはり。
やはりコブタさんも引いた派でしたか。
古代ロマンがSFに!?みたいなショックがありましたよね。

でも、ノラネコさんから「昔から古代文明とSFは切っても切れない関係」と
教わってからは「なるほど~、じゃ、これもありよね」って思えるようになりましたが
でも、やっぱりインディに求めるものはこれではなかったのですよね・・・
ちょっと残念でした。

それでも楽しめましたけどね(笑)

>世代交代、、でもハリソン・フォードが足腰立たないといった事態になったら
いやぁ~
あの様子を見るとその可能性も無きにしも非ず・・・という感じでしたね(苦笑)

  from swallow tail

2008.06.23 21:46 URL | コブタ さんへ #- [ 編集 ]

スワロさんこんばんわ♪

冒頭でロズウェル絡みが出てきたのでもしかしたらと思ったら、案の定最後には円盤が・・・(^^;)(汗
確かに自分も前3作のインディとは違う雰囲気を感じましたね。特に後半に入ってv-17っぽい存在が出て来た瞬間、自分もちょっとテンション下がりましたし・・w

今までのインディシリーズもこういったありえない出来事や事象に関わってきたので範疇内な人もいますが、それらは地球内で起こっていた事ですからね~。地球外な人達が出て来てしまったから毛色が違う・・・と思ってしまったのかもしれません。

2008.06.24 16:48 URL | メビウス #mQop/nM. [ 編集 ]

メビウスさん、こんばんは。
お忙しい中、コメントありがとうね!!

予想的中!だったのね。
うん・・・確かに予想可能な展開だったけれども、
古代ロマン好きとしてはやっぱりそっち方面には落ち着いてほしくないのよね~
テンション下がっちゃうよね・・・

でも、スワロもTVでインディ前3作を見たくち。
メビウスさんみたいにパラマウントのロゴとか
ほとんど気づかなかったよぉ~(涙)
気合が足りなかったのね・・・

  from swallow tail

2008.06.25 20:50 URL | メビウス さんへ #- [ 編集 ]

インディシリーズは私も大好きで、張り切って先行ロードショーを観に行ったのですが
感想UPするのが今頃になっちゃいました。

今回のありえない結末に関しては「好みv-238」な方です。
古代遺跡と宇宙!・・・映画ならでは・・・というかスピルバーグならでは(笑)のロマンだなぁ~って
嬉しくなっちゃいました。
ケイトはよく見ればちゃんとケイトなんだけど、
衣装やメイク、話し方でスパルコのキャラになり切ってましたよね。
さすがでした!

2008.06.29 19:03 URL | kenko #Ngw0MIHM [ 編集 ]

kenkoさん、こんばんは。
せっかくコメントをいただいていたのに
こんなにもお返事が遅くなってしまってごめんなさい~(涙)

>今回のありえない結末に関しては「好み」な方です
あら☆
それはよかった!!
やっぱり、映画は楽しむものだから楽しまなくっちゃ!!

>古代遺跡と宇宙!・・・映画ならでは・・・
>というかスピルバーグならでは(笑)のロマンだなぁ~って
なるほど~
そういう解釈なのですね。
ほかの方も古代と宇宙にはとても密な関係があると
教えてくださった方がいらしてスワロも「ほほぅ」と考え直しましたよ(苦笑)

ケイトは・・・
本当に気付きませんでしたよ(苦笑)
そっくりな人だな~とは思っていたんですけどね・・・・
まさか本人だとは!!

  from swallow tail

2008.07.06 21:33 URL | kenko さんへ #- [ 編集 ]

スワロさん、こんにちは。
そろそろ新しいPC届きました?
私も以前VAIOを愛用してましたが、以後ソニー製品は買ってません(笑)

インディようやく見てきましたよ。
皆さん、熱いですねー!
オチは賛否両論ですが、これはこれでアリかなと思ってます。
この作品に関しては、インディに扮するハリソンとあのテーマ曲だけで
もうOK!という感じでした。

私も『世界ふしぎ発見』のファンです。
ていうか、未だに見てます…(テーマによりけりですが)。
古代遺跡にはロマンがありますよね~。
ナスカがほんのちょっとしか出なくてガッカリ。

2008.07.07 13:47 URL | Nyaggy #- [ 編集 ]

Nyaggyさん、こんばんは。
お久しぶりですね、お元気でしたか??

New PC届きましたよー!!
>私も以前VAIOを愛用してましたが、以後ソニー製品は買ってません(笑)
・・・ちーん。

>この作品に関しては、インディに扮するハリソンとあのテーマ曲だけで
>もうOK!という感じでした。
はは(笑)
結局はそこに落ち着くのよね。
確かに賛否両論あるものの
「もうインディがいるんだから何でもイイのよ!!」的な意見が圧倒的に多くて
インディの魅力を改めて見せつけられましたね。

世界不思議発見・・・
あれ、ルールが変わってしまってから見てないです・・・
っていうか、何で黒柳徹子さんはあんなに博識なんでしょうかね~
博識?それとも勘が鋭い??
とにかくあの正解率は普通じゃなくてスゴすぎ(笑)

  from swallow tail

2008.07.10 00:12 URL | Nyaggy さんへ #- [ 編集 ]

スワロさん、こんばんは
SFチックな展開にひいてしまったようですねー
今回は「ソ連が欲しがるお宝ってなんだろう?」ということでああいう展開になったのだと思います
だから同じ倉庫にあるのに聖櫃は素通り(笑) もしあるのを知っていても連中だったら「そんなの迷信だ!」と言いそうですもんね

それにしてもお若いのにハリソンさんがお好きとは渋い趣味ですね。自分はどちらかというと『刑事ジョン・ブック』や『逃亡者』での彼の方が印象に残っております

2008.07.15 21:46 URL | SGA屋伍一 #TyXokUWg [ 編集 ]

おスガさん、こんばんは。
コメントありがとうございます!

>それにしてもお若いのにハリソンさんがお好きとは渋い趣味ですね。
ええ・・・本当に渋い子ども時代を送りましたよ・・・
好きな俳優はキムタクじゃなくてハリソン・フォード。
好きな番組はロンバケじゃなくて巨人戦。
正直、今の方が実年齢と近い嗜好になってきたかもしれません。
しかし!!
男性の好みはやっぱり渋めですね~
ここは譲れません!!

SFチックな展開に観賞時は「え~」と思いましたが
古代文明と宇宙とは密接な関係なのですよね。
そのことを指摘されて「なるほどね~」とあっという間に転がりましたよ(苦笑)
もう一度、あっさり味わいたいですね。

  from swallow tail

2008.07.15 22:39 URL | SGA屋伍一 さんへ #- [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://swallowtailchocolate.blog56.fc2.com/tb.php/325-f0355ee9

インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国
 これを観るとは思いませんでした。近頃の心の状態から考えて、ノリが今一つなんです

2008.06.15 11:32 | eclipse的な独り言

インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国
映画界の巨匠がタッグを組み、巨額を投じて製作した考古学アドベンチャー映画と言えば『インディー・ジョーンズ』シリーズ。 今やVFXでなんでも出きる時代、セットだって背景だって、物理的に無理な事だってみんな映像に出きる時代に帰ってきた『インディ・ジョーンズ ク

2008.06.15 12:14 | そーれりぽーと

インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国
19年ぶりに復活した暴れん坊考古学者の『インディ・ジョーンズ』シリーズ。目新しさは特にないものの、懐かしさと最近ヒットしている新参者のトレジャー・ハント映画『ナショナル・トレジャー』シリーズにはない、元祖としての独特の味と世界観。久しぶりに1990年代の映画...

2008.06.15 13:18 | めでぃあみっくす

インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国
満 足 度:★★★★★★★★    (★×10=満点)  監  督:スティーヴン・スピルバーグ 製  作:フランク・マーシャル 製  作 総 指 揮:ジョージ・ルーカス       キャスリーン・ケネディ キャスト:ハリソン・フォード       シャ...

2008.06.15 13:34 | ★試写会中毒★

インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国
ドキドキするなぁ~インディ・ジョーンズに会えるなんて―   *『レイダース/失われたアーク』1936年、旧約聖書に登場するアークの行方を追い、ペルー、ネパール、カイロを駆け巡りナチス・ドイツと対決―*『インディ・ジョーンズ/魔宮の伝説』1935年、インドで聖なる...

2008.06.15 13:50 | ★YUKAの気ままな有閑日記★

『インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国』(2008)
いよいよ来週から公開される、19年ぶりに帰ってきたインディアナ・ジョーンズ教授の大冒険物語の第4弾。ですが、一足お先に先行公開で観てきちゃいました。気合を入れて前もってチケットを購入しておいたのですが、劇場はガラガラ・・・。ま、そんなものかも知れませんね...

2008.06.15 15:51 | 【徒然なるままに・・・】

「インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国(INDIANA JONES AND THE KINGDOM OF THE CRYSTAL SKUL)」映画感想
先行上映でやってたので見てきましたです、TOHOサービスデーで1000円でした「インディ・ジョーンズ クリスタル・スカル

2008.06.15 15:53 | Wilderlandwandar

インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国
 『全世界待望──新たなる秘宝を求め、史上空前の冒険が始まる!』  コチラの「インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国」は、スティーヴン・スピルバーグ監督、ジョージ・ルーカス製作総指揮、ハリソン・フォード主演で80年代に大ヒットを飛ばしたシリーズの

2008.06.15 15:58 | ☆彡映画鑑賞日記☆彡

インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国
インディ・ジョーンズ19年ぶりの新作「クリスタル・スカルの王国」が先行上映されて

2008.06.15 16:06 | せるふぉん☆こだわりの日記

インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国
JUGEMテーマ:映画 2008年6月14,15日 先行公開 2008年6月21日~ 公開 アドベンちゃ~ (タムケンで言ってみてぇ) アトラクション感覚を堪能できる! 先行上映の初回で観てまいりました♪ さすがに劇場は朝イチからほぼ満席状態!...

2008.06.15 17:23 | UkiUkiれいんぼーデイ

インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国
公式サイト。ジョージ・ルーカス原案、スティーブン・スピルバーグ監督、ハリソン・フォード、ケイト・ブランシェット、シャイア・ラブーフ、カレン・アレン、ジョン・ハート。昔読んだオカルト系、オーパーツ系のものがあまりに盛り沢山で、総集編という感じだ。

2008.06.15 19:54 | 佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン

インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国
【INDIANA JONES AND THE KINGDOM OF THE CRYSTAL SKULL】2008/06/21公開(06/14先行にて鑑賞)製作国:アメリカ監督:スティーヴン・スピルバーグ原案:ジョージ・ルーカス、ジェフ・ナサンソン出演:ハリソン・フォード、シャイア・ラブーフ、レイ・ウィンストン、カレ

2008.06.15 20:35 | 映画鑑賞★日記・・・

インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国
これはまさかの踊るシリーズと同じような展開か!? 【Story】 1957年、大学で学生たちに考古学を教えているジョーンズ博士(ハリソン・フォード...

2008.06.15 21:06 | Memoirs_of_dai

[映画『インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国』を観た]
☆先ず言いたいのは、あれだけ「円盤」ネタはないと言いつつ・・・。 まあ、面白かったから良いけど^^; 最初のエリア51でのロズウェルネタも、ただの独立前振りエピソードかと思っていたら、物語全体を覆うネタだったのね。 まあ、プロローグにしては、長いなあと...

2008.06.15 22:42 | 『甘噛み^^ 天才バカ板!』

インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国
公開日 2008/6/21監督:スティーブン・スピルバーグ出演:ハリソン・フォード/シャイア・ラブーフ/ケイト・ブランシェット/レイ・ウィンストン 他【あらすじ】1957年、米ソ冷戦の真っ只中。インディと相棒マックは都会から遠く離れた飛行場で、極悪なソ連の工作員の魔の...

2008.06.15 23:44 | Good job M

インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国
ソ連の諜報機関KGBに捕えられたインディは、米軍の秘密基地からある物を奪取するために協力させられる。からくも脱出したインディの前に現れた青年マットは、インディにKGBが狙う伝説の秘宝、クリスタル・スカルの探索を依頼する。親友が事件に絡んでいることを知り...

2008.06.16 07:19 | 5125年映画の旅

インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国(先行上映)
あの伝説のヒーローが帰ってくる!神聖なる力を守り、文明の発祥地を救い、悪の軍勢に勝利した。そして今、“インディ”の新たな冒険が始る!(ネタバレですので、まだ映画を見ていない方は、ご注意を) <感想>今では人気アトラクションにもなったインディ・ジョーンズ...

2008.06.16 14:49 | パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ

「インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国(先行・字幕)」みた。
遂に待ちに待ったこの日が!今朝の地震ではいちおう震度4地域。少々ビビりながらの鑑賞。(被災地の一日も早い復興をお祈りいたします。)”オーパーツ”のオーバーテクノロジーを無理やり理解しようとすると、やは

2008.06.16 18:44 | たいむのひとりごと

インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国
原案: ジョージ・ルーカス/ジェフ・ナサンソン 脚本: デヴィッド・コープ/スティーヴン・スピルバーグ 出演: ハリソン・フォード/シャイア・ラブーフ/レイ・ウィンストン/カレン・アレン/ケイト・ブランシェット/ジョン・ハート/ジム・ブロードベント ハリソン・フォ...

2008.06.16 19:36 | to Heart

インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国
ドキドキね。

2008.06.16 19:39 | ネタバレ映画館

インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国
JUGEMテーマ:映画館でみました! 2008年/アメリカ 監督:スティーブン・スピルバーグ 出演:ハリソン・フォード(インディ・ジョーンズ)    シャイア・ラブーフ(マット)    ケイト・ブランシェット(イリーナ・スパルコ)    カレン・アレン(マリオン...

2008.06.16 20:05 | Lovely Cinema

インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国
「インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国」INDIANA JONES A

2008.06.16 21:14 | 映画通の部屋

インディ・ジョーンズ クリスタルスカルの王国☆独り言
おうちに帰ってきたら、インディ・ジョーンズの『最後の聖戦』放送してるじゃないですか~♪っと、観ながらレビュー書き始めたのですが。先行上映に我慢できずにいってきました。『インディ・ジョーンズ クリスタルスカルの王国』今更ながらの4作目^^;ハリソン・フォ

2008.06.16 23:15 | 黒猫のうたた寝

インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国
Indiana Jones and the Kingdom of the Crystal Skull(2008/アメリカ)【劇場公開】 監督:スティーヴン・スピルバーグ 出演:ハリソン・フォード/シャイア・ラブーフ/レイ・ウィンストン/カレン・アレン/ケイト・ブランシェット/ジョン・ハート/ジム・ブロードベ...

2008.06.16 23:29 | 小部屋日記

映画 【インディ・ジョーンズ / クリスタルスカルの王国】
先行上映にて【インディ・ジョーンズ / クリスタルスカルの王国」 19年ぶりとなる「インディ・ジョーンズ」シリーズ第4弾。 おはなし:1957年、ジョーンズ博士(ハリソン・フォード)は、超常現象的なパワーが宿っているという秘宝“クリスタル・スカル”を求め、若者マ...

2008.06.16 23:31 | ミチの雑記帳

映画「インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国」(2008年、米)
     ★★★★★  アクションアドベンチャー、Indiana Jones シリーズの4作目。 前作から19年ぶりの新作はソ連軍相手にIndianaが南米を冒険する。 原題は「Indiana Jones and the Kingdom of the Crystal Skull 」。  1957年、Indiana Jones (Harrison For...

2008.06.17 07:36 | 富久亭日乗

世界観は健在だけど・・・。『インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国』
考古学者インディ・ジョーンズのシリーズ第4弾です。

2008.06.17 12:33 | 水曜日のシネマ日記

インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国
1957年、アメリカのネバタ州。 ジョーンズ博士(ハリソン・フォード)は、ソ連女諜報員イリーナ・スパルコ ス (ケイト・ブランシェット )率いる...

2008.06.17 22:59 | 心のままに映画の風景

インディ・ジョーンズ / クリスタル・スカルの王国・・・・・評価額1700円
何十年も映画を観ていると、段々と映画館でワクワクする感覚というものを味わう事が出来なくなってくる。 別に映画を嫌いになった訳ではない...

2008.06.18 00:09 | ノラネコの呑んで観るシネマ

インディー・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国 を観ました。
19年ぶりの続編。ちょっとムリがあるんじゃないの?と思っていました。

2008.06.18 11:46 | My Favorite Things

インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国観た!
何が何でも絶対観るゾー!と意気込んでいた『インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国』先行上映初日初回で観てきました。 面白かった!お久しぶりのハリソンフォードわくわくしながら観ました。 ですぐにレビューを書くつもりだったけど・・・・でも何かが違

2008.06.18 23:35 | ぱるぷんて海の家

インディ・ジョーンズ先行公開行ってきました~
本日、「インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国の先行公開」行ってきましたぁ[:ウィンク:]  ※下記ネタバレ注意!見る予定のある人は、読まない方がいいかもです~ みかんこは、インディ・ジョーンズの大ファン[:子供:] 1の「レイダース失われたアーク」

2008.06.21 01:31 | みかんの部屋

「インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国」、
「インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国」、観てました。 うわ~。「ヤング・シャーロック/ピラミッドの謎」くらい面白いで...

2008.06.21 14:20 | クマの巣

インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国
温故知新の大冒険!  

2008.06.21 18:20 | Akira\'s VOICE

インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国
【公   開】 2008年 【時   間】 124分 【製 作 国】 アメリカ 【監   督】 スティーヴン・スピルバーグ 【製   作】 ジ...

2008.06.21 18:32 | <映画情報>ホーギーの気ままに映画の旅

インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国
インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国 215本目 2008-21 上映時間 2時間2分 監督 スティーブン・スピルバーグ 出演 ハリソン・フォード シャイア・ラブーフ ケイト・ブランシェット カレン・アレン 会場 TOHOシネマズ府中 評価 6点(10点満

2008.06.21 23:31 | メルブロ

インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国観た!
何が何でも絶対観るゾー!と意気込んでいた『インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国』先行上映初日初回で観てきました。 面白かった!お久しぶりのハリソンフォードわくわくしながら観ました。 ですぐにレビューを書くつもりだったけど・・・・でも何かが違

2008.06.22 01:13 | ぱるぷんて海の家

インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国観た!
何が何でも絶対観るゾー!と意気込んでいた『インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国』先行上映初日初回で観てきました。 面白かった!お久しぶりのハリソンフォードわくわくしながら観ました。 ですぐにレビューを書くつもりだったけど・・・・でも何かが違

2008.06.22 01:13 | ぱるぷんて海の家

『インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国』
  全世界待望──新たなる秘宝を求め、史上空前の冒険が始まる!    ■1957年、アメリカ国内で米兵に扮した女諜報員スパルコ率いるソ連兵の一団が米軍基地を襲撃。彼らは、宇宙の神秘を解き明かす力を秘めているという“クリスタル・スカル”を探し求め、その手掛か

2008.06.22 07:37 | 唐揚げ大好き!

「インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国」 世界で一番の「インディ」ファン
待ちましたよ、20年も。 久しぶりにインディに会えました。 「インディ・ジョーン

2008.06.22 11:58 | はらやんの映画徒然草

インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国-(映画:2008年44本目)-
監督:スティーヴン・スピルバーグ 出演:ハリソン・フォード、シャイア・ラブーフ、カレン・アレン、ジョン・ハート、レイ・ウィンストン、ケイト・ブランシェット、ジム・ブロードベント 公式サイト 評価:77点 久しぶりのハリソン・フォードはすっかりおじい...

2008.06.24 00:40 | デコ親父はいつも減量中

インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国-(映画:2008年44本目)-
監督:スティーヴン・スピルバーグ 出演:ハリソン・フォード、シャイア・ラブーフ、カレン・アレン、ジョン・ハート、レイ・ウィンストン、ケイト・ブランシェット、ジム・ブロードベント 公式サイト 評価:77点 久しぶりのハリソン・フォードはすっかりおじい...

2008.06.24 00:40 | デコ親父はいつも減量中

『インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国』2008・6・22に観ました
『インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国』  公式HPはこちら ←クリック ●あらすじ 1957年のある日、米ソ冷戦の真っ只中、米軍の秘密基地に米軍を偽装した謎の一団が侵入。その中には大学で考古学を教えているジョーンズ博士(ハリソン・フォード)が拉

2008.06.24 16:31 | 映画と秋葉原と日記

インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国(評価:☆)
【監督】スティーヴン・スピルバーグ 【出演】ハリソン・フォード/シャイア・ラブーフ/ケイト・ブランシェット/ジョン・ハート/レイ・ウィン...

2008.06.24 16:48 | シネマをぶった斬りっ!!

クリスタル・スカルの国&BLEACH&課長島耕作
インディ・ジョーンズ クリスタル・の国は24日(火)10時半に鑑賞し 冒険の方は少し不満もアクションなど他に関しては大満足したね 内容はロズウェル事件からクリスタル・でナスカの地上絵を挟み 黄金都市エルドラドでソ連の女幹部らとバトルし冒険の展開だね

2008.06.26 19:45 | 別館ヒガシ日記

「インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国」まさに王道...
「インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国」★★★★☆オススメ ハリソン・フォード主演 スティーブン・スピルバーグ監督 懐かしいファンファーレのようなテーマ曲が 流れると心が踊る、 やっとインディの新作が見られるのだ。 現実社会ではなんと...

2008.06.27 22:27 | soramove

インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国
[E:notes]ターララッター タッタラー[E:notes] 懐かしのテーマ曲

2008.06.29 19:55 | C note

インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国
【映画的カリスマ指数】★★★★☆  おかえり!インディ!!  

2008.06.29 23:35 | カリスマ映画論

★「インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国」
先週は風邪気味だったので、公開二週目の「インディ~」を週末ナイトショウで。 たしか19年ぶりのシリーズ最新作とかで・・・ 60オーバーのハリソン・フォードでアクションは大丈夫か・・・なんて心配されてるけど。。 こういう娯楽大作は見逃すともったいないので...

2008.06.30 02:46 | ★☆ひらりん的映画ブログ☆★

『インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国』
□作品オフィシャルサイト 「インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国」□監督 スティーヴン・スピルバーグ □製作 フランク・マーシャル □製作総指揮 ジョージ・ルーカス、キャスリーン・ケネディ □原案 ジョージ・ルーカス □脚本 デヴィッド・コープ □...

2008.07.02 08:27 | 京の昼寝~♪

映画『Indiana Jones and the Kingdom of the Crystal Skull』劇場鑑賞
Steven Spielberg監督とGeorge Lucas監督の黄金コンビ+Harrison Ford主演で19年ぶりに復活したシリーズ最新作、『Indiana Jones and the Kingdom of the Crystal Skull(邦題:インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国)』を観て来ました。 舞台の始まりは1954年..

2008.07.02 17:05 | 蛇足帳~blogばん~

生ハリソンに感激!【インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国】
2008年6月5日。 インディ・ジョーンズが東京・代々木国立競技場に現れました!

2008.07.03 16:45 | 犬も歩けばBohにあたる!

インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国
監督:スティーヴン・スピルバーグ 制作:ジョージ・ルーカス キャスト: ハリソン・フォード シャイア・ラブーフ ケイト・ブランシェッ...

2008.07.07 13:37 | And life goes on

【映画】インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国…“ヤング”とは一味以上違う続編
そういえば、今って“西暦2008年7月”ですねぇ… “2008年7月”といえば「未来少年コナン」で、空をギガントが飛び交って、超磁力兵器が使われて人類が滅亡の危機になる月ではありませんか…と、子供のころに観たり読んだりした未来をドンドン追い越していく昨今です{/fac...

2008.07.07 20:53 | ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画

【2008-152】インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国
人気ブログランキングの順位は? 全世界待望──新たなる秘宝を求め、史上空前の冒険が始まる!

2008.07.09 01:07 | ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!

インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国
「レイダース 失われた聖櫃」 は何度見ても面白い。 その続編が19年ぶりに出たと聞いたら 観に行かずにはいられない! 映画館に入ると、あのテーマ曲が。。。 期待が高まります。(^^) 時は1957年。 米ソ冷戦の最中の米軍機密施設で 非情な士官・イリーナが

2008.07.13 01:25 | 映画、言いたい放題!

インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国
先行上映も含めると、略1ヶ月遅れであったが、やっとインディを鑑賞することが出来た。実は家族揃っての予定であったのだが、直前になって次女が「あんなお爺ちゃんが活躍するアクションなんて嫌だ」と言い出して(彼女は先週花男観たばかりだからね。私の宝物である過去の...

2008.07.13 16:06 | 利用価値のない日々の雑学

時の流れの寂しさと、新たな冒険の期待感●インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国
現代的な演出は、仕方の無い流れなのか。 『Indiana Jones and the Kingdom of the Crystal Skull』 インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国 - goo ...

2008.07.15 15:56 | Prism Viewpoints

なんてったってクリスタル スティーブン・スピルバーグ 『インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国』
はるか昔の第二次世界大戦中、ナチスドイツにたった一本のムチで立ち向かったタフな男

2008.07.15 21:47 | SGA屋物語紹介所

「インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国」まさに王道...
「インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国」★★★★☆オススメ ハリソン・フォード主演 スティーブン・スピルバーグ監督 懐かしいファンファーレのようなテーマ曲が 流れると心が踊る、 やっとインディの新作が見られるのだ。 現実社会ではなんと...

2008.07.20 20:56 | soramove

ハリソン・フォードの似顔絵。「インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国」
「インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国」、 ようやく鑑賞に漕ぎつけました。 ただ、19年ぶりの今作の製作が進んでる事を知って、公開を待ってた頃が、 一番楽しかったかもしれないです(笑) 僕が洋画を観るようになった、きっかけの映画と言っても過言でない

2008.07.20 21:37 | 「ボブ吉」デビューへの道。

インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国
インディ・ジョーンズ・シリーズの第4弾。伝説の秘宝<クリスタル・スカル>を巡る謎を追うトレジャー・ハンティングもの。 監督はスティーブン・スピルバーグ。主演はハリソン・フォード。その他のキャストは、シャイア・ラブーフ、ケイト・ブランシェット、カレン・ア

2008.07.21 12:48 | Yuhiの読書日記+α

映画『インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国』を観て
61.インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国■原題:IndianaJonesandtheKingdomOfCrystalSkull■製作年・国:2008年、アメリカ■上映時間:122分■字幕:戸田奈津子■鑑賞日:7月7日、吉祥寺スカラ座(吉祥寺)■公式HP:ここをクリックしてください□監...

2008.07.22 22:07 | KINTYRE’SDIARY

『インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国』@新宿ピカデリー
1957年.相棒マックに裏切られ、スパルコ率いるソ連工作員の魔手から危うく逃れたインディ。大学も強制休職となり街を出ようとしていた彼に、マットという若者が声をかけてきた。いわく「伝説の古代秘法“クリスタル・スカル”を手に入れられる」という。その言葉を信じ、イ

2008.08.07 00:40 | 映画な日々。読書な日々。

インディ・ジョーンズ4 
★★★☆  ハリソン・フォードは今年66才になったという。この映画では、かなりスタントマンを使ったと思われるが、それにしても日頃の鍛錬がなければ大怪我間違いなしである。 シルベスター・スタローンにしろ、ハリソン・フォードにしても、何故もまあお年寄りがこれだ

2008.08.14 18:57 | ケントのたそがれ劇場

映画評:インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国
1957年 ネバダ州 エリア51の軍事基地を、何者かが襲った。アメリカ軍に変装した、ソ連兵士たちだ。 ソ連兵士たちは、トランクの中に二人の男を隠していた。 インディ・ジョーンズ博士と、その相棒のジョージ・マクヘイルだった。 ソ連兵士の筆頭イリーナ・スパ...

2009.03.08 17:28 | 映画と写真のブログ

『インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国』'08・米
あらすじ1957年、相棒マックに裏切られ、スパルコ率いるソ連工作員の魔手から危うく逃れたインディ。大学も強制休職となり街を出ようとしていた彼にマットという若者が声をかけてきた・・・。感想『未知との遭遇』のスティーヴン・スピルバーグ『アメリカン・グラフィ...

2009.07.29 20:51 | 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。