スワロが映画を見た

スワロが見た映画について感想を書いていきます。
劇場映画、DVD、新作、旧作問わず映画のレビューを書きます。
コメント・トラックバック大歓迎。みなさまの積極的な絡みをお待ちしております。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |


原題:TAKE THE KEAD
製作年度:2006年
製作国:アメリカ
上映時間:117分

監督:リズ・フリードランダー
原作:――
脚本:ダイアン・ヒューストン
出演:アントニオ・バンデラス/ロブ・ブラウン/ヤヤ・ダコスタ/アフルレ・ウッダード/カティア・ヴァーシラス/ダンテ・バスコ/マーカス・ボールク/ジェナ・ディーワン/ローラ・ベナンティ

あらすじ:
NYで社交ダンス教室を営むピエール・デュレイン(バンデラス)は、ある晩高校生が高校に停めてあった車を叩き壊しているところを見てしまう。スラム街に住み犯罪に手を染めていく子どもたちを見て何かをしたいと感じたピエールは翌日高校をおとずれ、校長(ウッダード)に「社交ダンスを教えたい」と申しでる。そんな彼を校長は冷ややかな目で見つめるが、居残りクラスの監督にする・・・

感想:
先日、某ブロガーさんと話しをした・・・
「最近、アントニオ・バンデラスを見ない」と。
ゾロ以来見ていないんじゃないか??と言っていたが、こんなところにいた。

本作は実話に基づいて作られており、バンデラス演じるピエー・デュレイン氏は実在の人物。
かの有名なブラックプールで4度も優勝経験があり、
自身のダンス教室でレッスンをする傍らアメリカン・バレエ・カンパニーや
ジュリアード音楽学院等でも教鞭をふるっている。
しかし、実話がベースと言いつつも多くの部分が脚色されているようである。
デュレイン氏自身は小学校で社交ダンスを教えていたのだが、
本作では信頼や愛といったメッセージ性を出すために年齢を高校生に引き上げている。
・・・ということはラストの感動的なコンペティションのシーンもフィクションだったのか・・・

ダンス映画というと最近では『ステップアップ』を思い出すけれども、
本作も似たような雰囲気だ。
前者がクラシックバレエとストリートダンスの融合だったのに対し、
後者は社交ダンスとHIPHOPの融合。

監督がこの作品を通して描きたかったことは「相手を尊敬すること」とか「信頼」というもの。
ストーリーはオーソドックスな青春映画。
対立するグループのメンバー同士がペアを組むという皮肉も定番だ。
それに流れに少々無理がある部分もある。
だが、パワフルなダンスを見ているとストーリーにはさほど目がいかない。

さて、本作の見所はやっぱりダンスシーン。
最初の見所はデュレインと彼の教室で一番の実力の持ち主のモーガンとのタンゴ。
モーガン役のカティア・ヴァーシラスは
もともとカナダ社交ダンス界のトップにいたと言うだけあって
華麗なステップと妖艶な仕草で生徒だけではなく観客をも魅了してくれる。
ただバンデラスは難しいステップを踏んでいるわけではなさそうだが、
ダンス自体にストーリー性があって、官能的でウットリしながら見入ってしまった。

それから生徒たちのダンスシーンも見所。
彼らのダンスはHIPHOPとの融合で「お見事!」という感じ。
HIPHOPではバラバラらの動きを見せていた彼らが
サルサ(?だったかどうか曖昧)のステップでウォーキングしだしたシーンは
上半身は個々に思い思いのフリをしながらもまとまりが生まれていてすごく面白かった。
それからやっぱりラストのコンペでのダンス!!
規定外で踊られた3人のタンゴはたまらなく官能的!!
タンゴというと「大人の愛」「激しい愛と」いうイメージがあるけど
それを体現したかのような3角関係のダンスはオリジナリティあふれていて
高校生とは思えないくらいのセクシーさ。
ある意味R-18って感じ。

そしてこのセクシー・タンゴを披露してくれたのは
『ステップ・アップ』でも華麗なコンテンポラリー・バレエを披露してくれたジェナ・ディーワン。
『ステップ・アップ』のときとはイメージがガラっと変わっていたため気づかなかった。

スワロはHIPHOPとかクラブダンスっていうのが苦手。
だけど、こういうのなら踊ってみたくなった・・・
HIPHOPでタンゴを踊りたい・・・!!

スワロ的評価:★★★★





※※人気ブログランキングに参加しています※※
※※バンちゃんもっと頑張ろうよ~と思った方、下をぽちっと※※



スポンサーサイト

こんにちはーん。
バンちゃん(笑)素敵すぎました;
いや、ホントは背中がむずむずしていたんですが(基本的に私はジゴロあれるぎーで;爆)彼はあまり踊らないくせに、すごく上手い!って思わせるオーラがありましたです;
ボールルームダンスはカッコイイっすよ~
「フロアプレイ」っていうダンスの来日公演ありますんで、興味が引かれたら公式サイトでも行ってみてくらさいませ。
まあ映画はそんなにはまったわけではないのですけど;見せ場のダンスシーンのノリは最高に楽しかったです@@

2008.05.07 09:50 URL | シャーロット #gM6YF5sA [ 編集 ]

シャーロットさん、おはようございます。
コメントありがとうございます~!

「フロアプレイ」のサイトに行ってPV見てきましたよ。
すっごく面白そう!!
チケット取っちゃうかも。
いや、取る!!
最近、ミュージカルとか演劇とか生の舞台を見ていないんですよね。
ちょっとこころに潤いが足りない感じ(涙)

映画のほうはストーリーはイマイチですけど
ダンスシーンはワクワクノリノリでしたね。
ああいうのをみると踊りたくなっちゃうんだけど・・・踊れない。

  from swallow tail

2008.05.08 07:29 URL | シャーロット さんへ #- [ 編集 ]

スワロさん、こんばんは。
ホント、これはもうダンスシーンが楽しかったですよねー。
ストーリーなんてどうでもいいですー。
普段はヨーロッパ映画派の私なんですが、青春ものはアメリカのものも大好物なのですー。
踊るシネマは是非劇場でみませうーv-266

2008.05.12 01:06 URL | かえる #mQop/nM. [ 編集 ]

かえるさん、こんにちは。
コメントありがとうございます!
返信が遅くなってしまって申し訳ないです・・・

スワロも青春映画は大好きです!!
しっとりしたものやどっしりしたものを見た後は
こういう軽いノリで見られるものを見たくなります(笑)
青春映画なら爽快感も得られるし。

バンちゃんの見せ場がもうちょっとあったら面白かったのにぃ。

  from swallow tail

2008.05.14 08:12 URL | かえる さんへ #- [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://swallowtailchocolate.blog56.fc2.com/tb.php/307-53a69c1d

レッスン!
世界屈指のダンサーの元、社交ダンスで自信を取り戻す居残り組みの生徒達

2008.05.07 09:56 | シャーロットの涙

『レッスン!』 -TAKE THE LEAD-
情熱的に紳士淑女たれ。物語はさておき、ダンスに心躍る。 社交ダンス教師ピエールがニューヨークのスラム街の高校の問題児たちに社交ダンスを教えることになる。バンデラスって、こんなに紳士が板につく男だったっけ?最近、『セクシリア』を観た私は、年月の流れを目...

2008.05.07 13:45 | かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY

#103.レッスン!
予告を見て「ププっ」と笑ってしまった。アントニオ・バンデラスが、ダンスの先生!彼が、クソ真面目な顔して、ダンスを熱狂的に教える・・・そんな姿を想像しただけで「面白そう!」と思っちゃった私でした。

2008.05.08 00:22 | レザボアCATs

映画『レッスン!』
原題:Take the Lead ニューヨークに実在のダンス講師がモデルという・・ワルツ、タンゴ、フォックストロット、サンバ、ルンバ等、恵まれない子供達にも軽快なリズムが心地良い・・ 落ちこぼれ居残り組みの高校生ロック(ロブ・ブラウン)がゴルフのクラブに恨

2008.07.26 19:43 | 茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。