スワロが映画を見た

スワロが見た映画について感想を書いていきます。
劇場映画、DVD、新作、旧作問わず映画のレビューを書きます。
コメント・トラックバック大歓迎。みなさまの積極的な絡みをお待ちしております。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
フィクサー

原題:MICHEAL CLAYNTON
製作年度:2007年
製作国:アメリカ
上映時間:120分

監督:トニー・ギルロイ
原作:――
脚本:トニー・ギルロイ
出演:ジョージ・クルーニー/トム・ウィルキンソン/ティルダ・ウィンストン/シドニー・ボラック

あらすじ:
NY最大の法律事務所に勤めるマイケル・クレイントン(クルーニー)。彼は不祥事の揉み消しを専門とするフィクサーとして裏舞台で仕事をしている。彼の同僚のアーサーは(ウィルキンソン)は全米を騒然とさせた3000億円にものぼる薬害訴訟を担当していたが、ある日、クライアントであるUノース社を裏切り、原告側に有利な言動をとる。事態の収拾を図ろうとした事務所はフィクサーであるマイケルに揉み消しを依頼する・・・

受賞:
第80回アカデミー賞 <助演女優賞>

公式サイト
感想:
昨年度のオスカー受賞作品、かつ大好きなG・クルーニー主演作。
先日、『オーシャンズ13』ではスタイリッシュでセレブなジョージを堪能したばかりだけれども、
本作ではうってかわって裏家業に勤しみ、
お金もなく将来に不安を感じるしがない弁護士を演じている。

昨年度のアカデミー受賞作品ではすでに『ノーカントリー』を観賞済み。
得体の知れない殺人鬼の理不尽さに現代社会の理不尽さを感じたけれども、
本作でも現代社会の闇の部分を露呈している。
しかし、前者が斬新な切り口で見せてくれたのにかわり、
後者はかなりオーソドックスなスタイルをとっている。
なぜかジョージ扮するマイケルの車が爆破されるという驚きのシーンから始まり
4日前にさかのぼるという流れではあるが
『ノーカントリー』のように奇抜な人物もユニークな構成もとっていないだけに、
本作の脚本が如何に丁寧だったかがよくわかる。

さて、本作は正統派社会派サスペンスであり、
冒頭の自動車爆破シーン以外にはアクションシーンが一切ない。
社会に大きな衝撃を与えた薬害訴訟。
それに関わる人物が組織という冷淡で複雑な社会で生きていく中で
如何に追い込まれていくか、という点を見事に描いている。
だが、ストーリーはやや難解だった。
佳境を迎えていた訴訟についての説明も一切なく、
完全に状況と登場人物を把握したころにはすでに物語りは終わりかかっていた。

本作はサスペンスでありながらヒューマンドラマの要素も大きい。
弁護士でありながら表舞台に立てず、将来に不安を感じるマイケル。
明らかな悪を弁護しなければならないことで
良心の呵責に苛まれて精神的に不安定に陥るアーサー。
組織の中の一駒と知っており保身のために道を踏み外したカレン。

社会で生きている人たちの多くは会社という組織に属し、
会社のために、そして自分が生きていくために社会的責任を負っている。
組織のために働いていると自分の意思や意見が貫き通せないことも少なくない。
社会とは複雑なものであり、正義や道徳が時として無視され、
虚構や裏切り、保身など汚いものをあらゆるところで目にすることができる。
ときにはそうすることを強要されたり、そうしなければならない状況に身を置いたりする。
それが良いか悪いかということはもはや愚問である。
彼らはそれぞれが組織に属する非力な個であることを知っており、
抗うことのできない見えない力にもがき苦しんでいる。
映画の中ではおよそこういう事態が起きても不思議ではない弁護士界の人物であったが、
こういう状況は特殊な状況ではないだけに彼ら3人に感情移入することは困難ではない。

これだけリアルで秀逸なストーリーと人物描写があっただけに、
マイケルが爆破から免れた場面だけが
妙に神がかり的な印象を放っていて大いに違和感があった。

こういう社会派サスペンスに『ナイロビの蜂』を思い出した。
あれも非常によくできていて大好きな作品なのでもう一度見たい。

スワロ的評価:★★★★





※※人気ブログランキングに参加しています※※
※※やっぱりセレブなG・クルーニーの方がいいな!という方、下をぽちっと※※

THANK YOU★
スポンサーサイト

こんにちは。
ノーカントリーはいったいいつになったらみられるかしら?といった状態ですが、ナイロビの蜂はよかったです。もう一回にはまだキツなーというテーマしたけど。

この作品、組織に縛られた者と、逃げ出したものの末路の両方で描かれ、さらにぶち壊した者が最後に手にしたものは何?という、人間の物悲しさがヒシヒシ伝わってくる作品でしたね。
苦しくても真っ当が一番なのかな?
幸せの基準はそれぞれですもんね。

2008.04.15 16:51 URL | たいむ #- [ 編集 ]

スワロさん、こんにちは・・・
スワロさんは作品をよく理解していらっしゃいますね~
『それに関わる人物が組織という冷淡で複雑な社会で生きていく中で如何に追い込まれていくか、という点を見事に描いている』
『本作はサスペンスでありながらヒューマンドラマの要素も大きい』
そうかぁ~そうだったのかぁ~
私はてっきりジョージ・クルーニーがフィクサーとして大活躍する映画だと思って観ていたので、、、トホホな感想を持っちゃいました。
『ノーカントリー』でもトホホでしたし・・・
もうこうなったら、『★YUKAのトホホ日記★』とでも改名するしかない!!(笑)

『ナイロビの蜂』は私も好きでした。
劇場で観ましたが、暫く椅子から立ち上がれなかったです。

2008.04.15 18:27 URL | 由香 #- [ 編集 ]

馬のシーンというべきか、
爆発シーンといいうべきか!?
どちらにしろあの状況はよくわかりませんでしたね。
なにか特別な意味ありました???

でもなかなかのサスペンスで面白かったですね。

2008.04.15 20:16 URL | えふ #4A9T8td. [ 編集 ]

確かにあの馬のシーンはちょっと神がかりちっくでしたよね。
でも、馬ってなんか静謐で神聖なイメージが
あるっていうか佇まいですよね~。

2008.04.15 20:19 URL | miyu #- [ 編集 ]

スワロさん☆
TBコメントありがとー

サスペンスというわりに、展開に面白さは感じなかったものの、キャストの効果で渋いオトナの作品に仕上がってましたね~

そういえば、『ナイロビの蜂』はけっこうニガテな作品だったなぁー
ジョージの次のコメディが実は楽しみ♪

2008.04.15 22:22 URL | mig #JTxNwRAU [ 編集 ]

こんにちわ。

アジアン料理・・・すまん(涙)。
ちょっとバタバタしとる。
近いうちに今度こそ必ず!!

ってことで、この作品。
長きに渡って組織の一員をやっている私
としては非常に共感できる部分がたくさん
ありました。
ブラックとまでいかなくてもグレーなこと
や、個人的には許せないことでも・・・
やっぱり手をつけざる負えない現実もあるし
自己主張しようにも、それは通用しないこと
もままあったりして。

そういう中でもがきあえぐ人間のドラマと
して、この作品は非常に秀逸だなあと
感じましたです。

あの馬のシーンは美しかったなあ。
私利私欲にしか目が向かなかったマイケルが
自然の美に触れることで人間らしさを取り
戻す場面ですもの。
1度目と2度目ではその見え方も全く違うもの
に感じましたです。

2008.04.15 23:01 URL | 睦月 #- [ 編集 ]

たいむさん、おはようございます。
コメントありがとうございます。

おっと。
タイムさんはまだ『ノーカントリー』をご覧になっていないのですね。
ちょっと驚きです。
話題作なのにそんなに小さい扱いだったのかしら??

>苦しくても真っ当が一番なのかな?
なんだか空しさを感じましたよね・・・
幸せって本当に些細な事で失ったり、生まれたりするのかもしれません。
マイケルが、ラスト正義を貫いたことで
ちょっとした喜びが生まれたでしょうか・・・??

  from swallow tail

2008.04.16 07:03 URL | たいむ さんへ #- [ 編集 ]

由香さん、こんばんは。
コメントありがとうございます。

いやいや・・・実はスワロも見ている最中はあまり理解できていなかったんです。
話が結構複雑で(苦笑)
後から「ああ、あれはこういうことだったんだ!」と
改めて振り返ったときに少しずつつながっていったんです。
なので由香さんのお気持ちもよくわかりますよ!

失礼ながら・・・
『★YUKAのトホホ日記★』は、それはそれでそそられるものがあります(笑)


  from swallow tail

2008.04.16 22:13 URL | 由香 さんへ #- [ 編集 ]

えふさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。

馬のシーンはやはり皆さんが引っかかるシーンのようですね。
スワロもイマイチ腑に落ちなくていろいろな方の記事を参考にさせていただきました。
「『クイーン』を意識したか?」という意見から
「赤い表紙の本に3頭の馬の挿絵があった」という貴重な意見もありました。
どうやらマイケルの心境の変化をも表す意味のあるシーンのようです。

  from swallow tail

2008.04.16 22:23 URL | えふ さんへ #- [ 編集 ]

miyuさん、こんばんは。
コメントありがとうございます!

確かに、馬って神聖なイメージですよね。
なのでなおさら3頭の馬がどんな意味があるのか、と悩んでしまいました。
でも、あのシーンは作品の中で唯一静かで浮世離れしていて
こころが洗われるような清清しさをも感じました。

  from swallow tail

2008.04.16 22:31 URL | miyu さんへ #- [ 編集 ]

migさん、こんばんは。
コメントありがとうございます!!

>渋いオトナの作品
まさしく!
でも、やっぱり想像と違ったので、ストーリーについていくのが大変でした(苦笑)
もう若くないので変化に弱いんです(涙)

migさんは『ナイロビの蜂』が苦手なんですか!?
やっぱり社会派は好みが別れてしまいますよね。
スワロにとってはここ数年、もっとも印象深い作品です。

ジョージ次回作はコメディなんですね。
早速サイトを見に行ってしまいました(笑)
そして、意外な姿にビックリ・・・
ジョージ・・・アグレッシブですね。

  from swallow tail

2008.04.16 22:37 URL | mig さんへ #- [ 編集 ]

今晩は!、TB・コメント有難うございました。
ハリウッドの兄貴ジョージ・クルーニーが巨大企業に雇われた”揉消しや”を熱演!って、そこはもちろん改心して正義のために立ち上がるのだけれど。
本作のキモは、絶対的正義など存在しない割り切れなさ。
しがないキャリアに甘んじていた人物が、ここぞというところで本気の戦いに立つ、”男の映画”としてクレイトンに扮する、クルーニーも渋かったです。

2008.04.16 23:29 URL | パピのママ #B6JN6yYQ [ 編集 ]

睦月さん、こんにちは!
アジアン料理の件、気にしないで~。
余裕がないときは無理しないで、また落ち着いたときに改めればいいさっ。
せっかくの時間なんだから楽しく過ごしたいからね!

同じような状況に身を置く人なら、やはりこの作品は共感を呼ぶのかもしれませんね。
スワロも・・・常時クリーンなお仕事をしているわけではないので
組織対個という構図は考えさせられるものが大きかったです。

でも、ブラックではなくてもグレーな仕事をするのも相当なストレス。
姐さん、メンタルケア大丈夫??
アーサーみたいにならないように・・・(涙)

  from swallow tail

2008.04.17 08:46 URL | 睦月 さんへ #- [ 編集 ]

パピのママさん、こんにちは。
訪問ありがとうございます。

>本作のキモは、絶対的正義など存在しない割り切れなさ。
なるほど。
スワロも頭の中では「正義なんて社会の中ではあってないようなもの」
と思っていますが、いざ、自分が理不尽な状況、悪と対面した時には
そういうふうにきれいに割り切れるか、といえば少々自信がないです。
こころのどこかではやはり希望も持っていたいし・・・

G・クルーニーはやはり渋い男が似合いますね!!
ラストのタクシーの中の表情はさすがジョージ!!という感じです。

  from swallow tail

2008.04.17 08:53 URL | パピのママ さんへ #- [ 編集 ]

スワロさん、こんにちは~。コメントとTBをいただき、ありがとうございました!
うんうん、『ナイロビの蜂』、よかったよね~。
この作品もよかったですね。再見したいくらいです。

確かに、あの馬と出逢うシーンは作品の中で浮いていますね。
でも、ファンタジー小説の挿絵とダブらせているから、神がかっていても許せるかもしれませんね。
敢えてトーンを変えたのかもしれないですし。
ジョージ・クルーニー、乗ってますね~♪
次回作はレネーと共演のコメディなのかな? 早く観たいですね!
ではでは、またです~。

2008.04.26 17:30 URL | 真紅 #V5.g6cOI [ 編集 ]

真紅さん、こんにちは。
コメントありがとうございます。

>でも、ファンタジー小説の挿絵とダブらせているから、
>神がかっていても許せるかもしれませんね
スワロもいろいろなブログを拝見して、
あのシーンが実は小説とダブらせた意味あるシーンだと教わりました。
そうなると浮いているわけではなく、
映画の中でも意味を持つシーンとなるわけですが・・・
そこまで細かく見ていらっしゃる方がいるとは脱帽です。

ジョージの次回作、気になりますね!
コメディということですけど、今までコメディってあったかしら??

  from swallow tail

2008.04.28 09:02 URL | 真紅 さんへ #- [ 編集 ]

スワロさんはジョージ・クルーニーがお好きなんですね
もしかしてオヤジ好き?

・・・失礼しましたm(_ _;)m

そんなにたくさん彼の作品を見てるわけじゃないんですけど、ちょい悪系なんだけど根はいいヤツ、みたいな役が多いですよね。まっとうな正義な味方役といったら、それこそバットマンくらいでしょうか

スワロさんも組織と良心のハザマで悩むことがおありのようで・・・ ちっこいところで働いてるワタシとしては「大変ですねえ」くらいしか言えないのが辛いところです

2008.05.03 13:59 URL | SGA屋伍一 #TyXokUWg [ 編集 ]

SGA屋伍一さん、こんにちは。
コメントありがとうございます。

ふふふ・・・
オヤジ好きですよ(照)
ヘイデン・クリステンセン<G・クルーニー
ザック・エフロン<G・クルーニー
ジュード・ロウ?G・クルーニー(比べられないぜ!!)
って感じですね。
概してオジサマの渋い魅力の方がイイっス。

あらら。
おスガさんは雇われ者ではない・・・?
というと、シャチョウさん??
雇う側??
  
  from swallow tail

2008.05.04 08:05 URL | SGA屋伍一 さんへ #- [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://swallowtailchocolate.blog56.fc2.com/tb.php/294-74cd6ceb

『フィクサー』
監督:トニー・ギルロイ CAST:ジョージ・クルーニー、ティルダ・スウィントン、トム・ウィルキンソン 他 アカデミー賞 最優秀助演女...

2008.04.15 09:05 | Sweet*Days**

「フィクサー」みた。
エンタメというよりは、実際にありそうなリアルさを感じる大人な社会派作品。サスペンス仕様でもあるから、見せ方も一工夫され、(時系列が少し混乱するが)ラストが効果的になっていた。すべての登場人物の中に蠢く

2008.04.15 16:46 | たいむのひとりごと

【映画】 フィクサー
今回は、映画「フィクサー」 NYの大手弁護士事務所に勤めるマイケル・クレイトンの専門は不始末をもみ消すこと。そんな仕事に嫌気が差して...

2008.04.15 17:41 | Coffee and Cigarettes

フィクサー(試写会にて)
男は、完璧に罪を消せるはずだった・・・。 フィクサー・・・弁護士事務所に所属する“もみ消しのプロ”ニューヨーク最大の法律事務所のフィクサーであるマイケル。彼が足を踏み入れてしまった巨大製薬会社の3,000億円訴訟をめぐる隠蔽工作。そこに隠された恐るべき....

2008.04.15 17:47 | パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ

フィクサー
第80回アカデミー賞作品賞他7部門ノミネート、助演女優賞受賞作品―【story】大手法律事務所のフィクサーとして活躍するマイケル(ジョージ・クルーニー)。在職15年にして共同経営者への昇進もない彼が焦りと不安を感じる中、大企業の集団訴訟にかかわっていた同僚の弁護...

2008.04.15 18:14 | ★YUKAの気ままな有閑日記★

劇場鑑賞「フィクサー」
「フィクサー」を鑑賞してきましたこちらのシネコンでは3週間の限定公開。ジョージ・クルーニーが製作総指揮と主演を務め、”ジェイソン・ボーン”シリーズの脚本家トニー・ギルロイが初監督した犯罪サスペンス。アカデミー賞7部門にノミネートされたことも納得の骨太サ...

2008.04.15 20:10 | 日々“是”精進!

フィクサー
 『マイケル・クレイトン―― 罪を消したければ、彼に頼め。』  コチラの「フィクサー」は、本日4/12に公開された弁護士事務所の裏で暗躍するもみ消し屋<フィクサー>を描いたサスペンスなのですが、早速観て来ちゃいましたぁ~♪  2007年アカデミー賞で、ティルダ...

2008.04.15 20:15 | ☆彡映画鑑賞日記☆彡

フィクサー
JUGEMテーマ:映画館でみました! 2007年/アメリカ 監督:トニー・ギルロイ 出演:ジョージ・クルーニー(マイケル・クレイトン)    トム・ウィルキンソン(アーサー・イーデンス)    ティルダ・スウィントン(カレン・クラウダー)    シドニー・ポラッ...

2008.04.15 20:16 | Lovely Cinema

フィクサー/MICHAEL CLAYTON
この春から続々公開されていきます、アカデミー賞作品賞ノミネート作品{/kaminari/} この原題は、よくある主人公の名前をつけた『マイケル・クレイトン』 ほんとにタイトルが名前の映画って多いよな~。 邦題の\"フィクサー\"(fixer)とは、背後で影響力を行使する強力な

2008.04.15 22:20 | 我想一個人映画美的女人blog

フィクサー
ニューヨーク。巨大な組織の裏を暴く「もみ消し屋」

2008.04.16 00:13 | 悠雅的生活

「もみ消し屋」というよりは・・・。『フィクサー』
大手企業の集団訴訟をめぐる陰謀劇を描いた作品です。

2008.04.16 11:13 | 水曜日のシネマ日記

『フィクサー』を観たぞ~!(試写会にて)
『フィクサー』を観ました弁護士事務所に所属し、裏で暗躍するもみ消し屋“フィクサー”の苦悩と焦燥を描きながら、ある大企業の集団訴訟をめぐる陰謀劇に迫る社会派サスペンスです>>『フィクサー』関連原題:MICHAELCLAYTONジャンル:スリラー/サスペンス上映時間:120...

2008.04.16 22:39 | おきらく楽天 映画生活

フィクサー-(映画:2008年31本目)-
監督:トニー・ギルロイ 出演:ジョージ・クルーニー、テイルダ・スウィントン、トム・ウィルキンソン 評価:88点 公式サイト (ネタバレあります) ジョージ・クルーニーがでると、どんな役をやっていても「俺様映画」になってしまうところが面白い。 脚本も...

2008.04.17 22:18 | デコ親父はいつも減量中

フィクサー
こんなアニキが欲しい?

2008.04.18 09:56 | ネタバレ映画館

フィクサー
フィクサー’07:米 ◆原題:MICHAEL CLAYTON ◆監督・脚本: トニー・ギルロイ「ボーン・アイデンティティー」シリーズ(脚本) 「ディアボロス/悪魔の扉」(脚本) ◆出演:ジョージ・クルーニー、トム・ウィルキンソン、ティルダ・スウィントン、シドニー・ポラック、マ

2008.04.18 23:28 | C\'est Joli

「フィクサー(MICHAEL CLAYTON )」映画感想
ティルダ・スウィントンさんがオスカーを獲得した映画「フィクサー」を見てきました。ティルダさんと言えばコンスタンティンのガ

2008.04.20 23:31 | Wilderlandwandar

フィクサー
フィクサー(2007 アメリカ) 原題   MICHAEL CLAYTON    監督   トニー・ギルロイ    脚本   トニー・ギルロイ       撮影   ロバート・エルスウィット                   音楽   ジェームズ・ニュートン・ハワード ...

2008.04.21 00:13 | 映画のメモ帳+α

「フィクサー」
「フィクサー」観てました、機内上映で。 原題は「マイケル・クレイトン」です(「ジュラシック・パーク」の原作者はマイケル・クライト...

2008.04.21 05:05 | クマの巣

『フィクサー』
□作品オフィシャルサイト 「フィクサー」□監督・脚本 トニー・ギルロイ □キャスト ジョージ・クルーニー、トム・ウィルキンソン、ティルダ・スウィントン、シドニー・ポラック、マイケル・オキーフ、ケン・ハワード■鑑賞日 4月19日(土)■劇場 TOHOシネ

2008.04.23 12:27 | 京の昼寝~♪

正義は死なず~『フィクサー』
 MICHAEL CLAYTON  真っ暗なスクリーンに白く、小さく浮かび上がるタイトルロール。聞こえてくる のはトム・ウィルキンソンの声。\"Michael. D...

2008.04.26 17:21 | 真紅のthinkingdays

【2008-91】フィクサー(MICHAEL CLAYTON)
人気ブログランキングの順位は? 【フィクサー】・・・弁護士事務所に所属する“もみ消しのプロ”。 男は、完璧に罪を消せるはずだった・・・。 マイケル・クレイトン── 罪を消したければ、彼に頼め。

2008.04.27 18:07 | ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!

義理を立てれば道理がひっこむ トニー・ギルロイ 『フィクサー』
あれは横田順彌氏が何かで書いていた文学用語辞典であったか。「フィクション」につい

2008.05.03 14:00 | SGA屋物語紹介所

フィクサー を観ました。
だ~い好きなジョージ・クルーニー様の作品ですからね…いち早く観たかったのですが…ということで、行ってまいりました…。そしてまたまた原題VS邦題対決?

2008.05.05 13:35 | My Favorite Things

フィクサー
 拙ブログ、1000記事突破記念、「音楽ベスト10」募集中!あなたが考える音楽史

2008.05.18 14:25 | eclipse的な独り言

映画『フィクサー』を観て~アカデミー賞受賞作品
42.フィクサー■原題:MichaelClayton■製作年・国:2007年、アメリカ■上映時間:120分■字幕:林完治■鑑賞日:4月27日、武蔵野館(新宿)■公式HP:ここをクリックしてください□監督・脚本:トニー・ギルロイ□製作:シドニー・ポラック、ジェニファー・フ...

2008.06.11 22:53 | KINTYRE’SDIARY

【映画】フィクサー…2008年度末鑑賞報告残り(1)
{/kaeru_fine/} 先程お仕事から帰ってきたピロEKです。 …今日職場は人が居ないから寒かったですわ{/face_hekomu/} 年末年始に出勤すると会社から寸志が出る{/ee_3/}と聞いて楽しみにしている{/up/}私ですが…{/face_nika/} 一説にはその金額って500円ってな話も…{...

2009.01.04 11:46 | ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画

不正を見過ごし、自分の弱さを認めない人を「普通」という●フィクサー
男は、完璧に罪を消せるはずだった・・・・・・。 ――― (公式キャッチコピー) 『Michael Clayton』 フィクサー - goo 映画 NYの大手弁護...

2009.01.06 22:37 | Prism Viewpoints

「フィクサー」
「ひらりんアカデミー賞」の発表もしなくちゃいけないし・・・ 本家アカデミー賞の発表も近いので、 昨年の受賞作をもう1本観ておく事に。 オスカーは作品賞を含め7部門にノミネートされ、 ティルダ・スウィントンが助演女優賞を獲得してるのね。

2009.02.21 02:50 | ★☆ひらりん的映画ブログ☆★

『フィクサー』\'07・米
あらすじNYの大手弁護士事務所に勤めるマイケル・クレイトンの専門は不始末をもみ消すこと。大規模集団訴訟を担当中の同僚弁護士アーサー・イーデンスが依頼人の農薬会社U・ノース社を裏切る行動に出る。マイケルは事態の収拾に乗り出すが・・・。感想真実から逃げちゃ...

2009.04.13 07:38 | 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ

-
管理人の承認後に表示されます

2014.01.30 18:11 |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。