スワロが映画を見た

スワロが見た映画について感想を書いていきます。
劇場映画、DVD、新作、旧作問わず映画のレビューを書きます。
コメント・トラックバック大歓迎。みなさまの積極的な絡みをお待ちしております。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |


原題:THE FLOCK
製作年度:2007年
製作国:アメリカ
上映時間:105分

監督:アンドリュー・ラウ
原作:――
脚本:ハンス・バウアー/クレイグ・ミッチェル
出演:リチャード・ギア/クレア・デインズ/ケイティー・ストリックランド/アヴリル・ラヴィーン/レイ・ワイズ/ラッセル・サムズ/マット・シェルツェ/クリスティーナ・シスコ

あらすじ:
18年間、性犯罪登録者の観察を続けてきた公共安全局のエロル・バベッジ(ギア)。心身ともに消耗しきった彼は上司から退職を言い渡され、後任の新人監察官アリスン・ラウリー(デインズ)の指導を任された。バベッジはアリスンを連れ、司法取引で自由の身となった犯罪者エドマンド(サムズ)の面会に行く。エドマンドのガールフレンドのベアトリス(ラヴィーン)も面会に同席したが、バベッジはベアトリスの前歯が折れているのを見つける・・・

監督:
『インファナル・アフェア』三部作のアンドリュー・ラウ監督のハリウッド・デビュー作。


「米国で登録されている性犯罪者は50万人以上おり、
2分に1人、女性または児童が性的暴行を受けている。
1人の監察官が1000人の登録者を監視する」

性犯罪者は再犯率が非常に高く、アメリカでは彼らの行動を厳しくチェックし、
出所後の情報公開や行動規制などが取り締まわれている。
本作はそんな社会問題の1つをテーマとして取り扱っており、
サスペンスの軸を持ちながら
性犯罪者の情報公開に関する問題点と
彼らと関わる監察官の心理的負担について描いている。

・・・はずなのだろうけど、はっきりいって焦点がかなりボケている。
登場する性犯罪者は猟奇的で残忍な人物としてしか描かれておらず、
彼らが抱える苦悩や犯罪に至るまでの心理などそういった重要な視点が入っていない。
そのため、彼らに対する恐怖心や憤りだけを助長させはしないかと心配になる部分もある。
一方、犯罪者を観察するバベッジも、執拗に担当の登録者を訪問し越権行為が目立ち
何らかの問題を抱えているかのように見える。
しかし、彼が抱えるこころの闇の部分がよくわからない。
何か事情があるらしい・・・と匂わせてはいるが、
最後までその部分に触れることはなかった。
結局、犯罪者側も監察官側も描写が希薄で、
とても良い題材を取り上げた割にはそれが活かされていない印象。

視覚的にはユニークな空間処理をしたり、光や照明を多用して独特の雰囲気を出している。
緊迫感を与える部分もあるが、ホラー・オカルトっぽい印象を強調してしまう部分もあり、
お世辞にも効果的だったとは言い難い。

リチャード・ギアとクレア・デインズのコンビもさほど興味を引くものでもなかった。
クレア・デインズは先日見た『いつか眠りにつく前に』よりかはよかったと思うが
それでもやっぱり何かが欠けている感じがする。

そういえばあっという間に劇場公開が終わっていたなぁ・・・

スワロ的評価:★★





※※人気ブログランキングに参加しています※※
※※もっとステキなR・ギアが見たい!!という方、下をぽちっと※※

THANK YOU★
スポンサーサイト

スワロさーん、こんばんわ♪
明日も雨みたい。
雨降ると外に出たくないのですー。
新しい靴も卸せなーい。

何がしたいのかはわかるんですよね。
でもそれが全然っ伝わってこないから、どうすりゃいいのさぁ・・・みたいになってしまいました。
目の付け所はよかったんですけどね。
それに暗いし・・・。暗いってやっぱりイヤ~!
疲れちゃいますぅ。
それとクレア・デインズは好きじゃないのです。
なんだか美人さんでもないし、地味なんですよねぇ。

2008.04.13 21:05 URL | ななな #7qDEbzaw [ 編集 ]

なななちゃん、こんばんは~。
コメントありがとう!
今日も雨だったよー(苦笑)
午後から止んできたけど・・・さえないお天気だね。

クレア・デインズって
この前の『いつか眠りにつく前に』で久々に見たんだけれども・・・
魅力を感じないんだよね(苦笑)
可愛くないわけじゃないんだけど、
キッドマンとかポートマンみたいな美しさはないよね。
思うに、あの目がよくないんだと思う。
見開いているように見えるから
いつも驚いているような落ち着かない印象なんだよね~

  from swallow tail

2008.04.14 23:43 URL | ななな さんへ #- [ 編集 ]

これ、、監督が好きで気になっているんですが、あまりの世間での評判の悪さから、、どうしようかと迷っている作品です。
でも、、スワロさんの評価も低いところから、、やめておいたほうがいいのかしら、、(><)

2008.04.15 01:46 URL | コブタです #- [ 編集 ]

コブタさん、こんばんは。

アンドリュー・ラウ監督自身はかなり評判がよい監督さんですよね。
スワロは『ディーパーテッド』が公開されてから『インファナル~』を知ったんですけど・・・
作品はやっぱりどこかアジアンテイストを感じさせます。
でも、人に勧められるか、と聞かれたら・・・
無理です(苦笑)

いや、でもラウ監督がお好きなら
「彼はこういう作品でハリウッドデビューしたんだ」という
知識として観賞するのも良いかと思います・・・

それにしても、なぜクレア・デインズだったんでしょうか。
そこが無性に気になります。

  from swallow tail

2008.04.15 22:16 URL | コブタ さんへ #- [ 編集 ]

『隣人は静かに笑う』は、古い作品だから、
レンタルDVDで置いてある所は少ないみたですね。

自分が利用する店には、ビデオ版だけでDVDは無かった・・・(^^;)

新作DVDの韓国版『黒い家』は、気に入ると思いますよ。
原作小説や、日本版『黒い家』を知らないなら、尚更オススメです。

2008.09.12 21:47 URL | Prism #EY6vSw5E [ 編集 ]

Prismさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。

『隣人は静かに笑う』古いと言っても98年なんですね。
近所のレンタル店を探しましたがDVDもVHSもありませんでした(涙)
残念・・・もともとあまり品揃えの良い店ではないので・・・

『黒い家』も調べましたが面白そうですね!
ただ、スワロは中国・韓国作品って食わず嫌いで(苦笑)
最近、やっと中国作品は克服したんですけど
韓国作品は未だに見たことがありません。
“食わず嫌い”というだけで『カンナさん~』も
ちょっと興味があるにも関わらず見ていません(苦)
これを機に克服しようかな~

  from swallow tail

2008.09.14 20:07 URL | Prism さんへ #- [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://swallowtailchocolate.blog56.fc2.com/tb.php/293-686563f0

消えた天使
 『犯人は 人間なのか――。』  コチラの「消えた天使」は、「インファナル・アフェア」のアンドリュー・ラウ監督のハリウッド進出第一弾となった8/4公開のR-15指定のサスペンス映画なのですが、早速観て来ちゃいましたぁ~♪  主演は、リチャード・ギア。共演に、ク...

2008.04.12 08:14 | ☆彡映画鑑賞日記☆彡

消えた天使
『インファナル・アフェア』3部作のアンドリュー・ラウ監督がハリウッド進出を果たした本作。暑い中這うようにして劇場へ―【story】18年間、性犯罪の監視を続けてきた監察官エロル・バベッジ(リチャード・ギア)は、退職最後の仕事として後任となる若い女性監察官アリソ...

2008.04.12 08:58 | ★YUKAの気ままな有閑日記★

消えた天使/リチャード・ギア
あの「インファナル・アフェア」のアンドリュー・ラウ監督の記念すべきハリウッド進出の第一弾となる作品は、リチャード・ギア主演のサイコサスペンスです。 「心が凍りつく、戦慄のラスト8分」このキャッチーなコピーだけでもかなり惹かれたんだけど、その一方で派手...

2008.04.12 10:05 | カノンな日々

『消えた天使』
(原題:The Flock) ----これ、ある意味話題作だよね? 「えっ、どういうところが?」 ----だって主演がつい最近、 インドの国民的美人女優シェルパ・シェティに ステージ上で激しくキスして逮捕状が出たリチャード・ギア。 結果、謝罪して収まったらしいけど……。 「

2008.04.12 11:43 | ラムの大通り

消えた天使
暗いし、寒いし・・・

2008.04.13 20:59 | 映画を観たよ

消えた天使
【THE FLOCK:2007/08/04公開R-15】08/15鑑賞製作国:アメリカ監督:アンドリュー・ラウ製作:アンドリュー・ラウ他出演:リチャード・ギア、クレア・デインズ、アヴリル・ラヴィーン、ケイディー・ストリックランド、レイ・ワイズ、ラッセル・サムズ、マット・シュルツ年...

2008.04.14 18:04 | 映画鑑賞★日記・・・

「消えた天使」
監督:アンドリュ・ラウ 出演:リチャード・ギア、クレア・デインズ 「退職間近の性犯罪者監察官のエロルは新人のアリスンと組んで最後の仕事に取り組むことになった。 若い女性の行方不明と、自分の観察対象者との関連を信じるエロルは周りから非難される。が、彼

2008.04.26 15:06 | 日々のつぶやき

素材の良さを感じられない、刺激的な調味料●消えた天使
怪物と闘う者は、その過程で自らが怪物と化さぬよう心せよ。 長く深淵を覗く者を、深淵もまた等しく見返す。  ――  フリードリヒ・ニー...

2008.09.12 21:42 | Prism Viewpoints

映画『消えた天使』(お薦め度★★★)
監督、アンドリュー=ラウ。脚本、クレイグ=ミッチェル、ハンス=バウアー。原題、『

2009.01.02 18:40 | erabu

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。