スワロが映画を見た

スワロが見た映画について感想を書いていきます。
劇場映画、DVD、新作、旧作問わず映画のレビューを書きます。
コメント・トラックバック大歓迎。みなさまの積極的な絡みをお待ちしております。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |



原題:OPEN WATER
製作国:アメリカ
製作年度:2003年
上映時間:79分

監督:クリス・ケンティス
脚本:クリス・ケンティス
音楽:グレーム・レヴェル
出演:ブランチャード・ライアン、ダニエル・トラヴィス、ソウル・スタイン

story:
カリブ海へ休暇を過ごしにきたダニエル(ライアン)、スーザン(トラヴィス)夫妻。
ダイビングを楽しむために、20人の客とガイドで海に出た。
しかし、海面に上がってみるとボートが見当たらない・・・

オープン・ウォーター official HP

感想:
“サンダンス映画祭からできた最も怖い映画”
“衝撃の実話”
“本能が悲鳴をあげる”
がキャッチ・コピーであったこの作品。

大海原に取り残され、360度視界に見えるのは果てしない海。
足元にはサメの群れが泳ぎ、いつ襲ってくるかわからない。
夜には嵐に雷が響く。

『ジョーズ』さながら怖い要素が並んでいます。
助けが来ない、自分たちの居場所がわからない、サメに襲われるのではないか。
そんな不安と恐怖が入り混じっている・・・
・・・でも、そんなに怖さを感じない・・・

置き去りにされたとわかり、怯えるスーザンを優しく励まし続ける夫。
しかし、どんどん沖に流され、サメに足を咬まれたとたん
張り詰めていた神経がぶちんっと切れてしまったかのように
取り乱し、絶叫するダニエル。
そんな夫を冷ややかに怒りを禁じえない様子で伺う妻。
人間、極限状態になったときにはやはり女性の方が強いのね・・・
そう感じた瞬間でした。
そして、極限状態に追い込まれた人間が絶対といっていいほどとる行動、
他人に責任をなすりつけること。
ダニエルとスーザンも
「お前の仕事がなかったらここには来てなかった」
「あなたがずっとウツボを見てたからよ」
など言い合いを続けていました。

映像もドキュメンタリーのような撮影で、
無駄な説明調の会話もナレーションもなく至ってシンプル。
それだけに2人の体験した恐怖を描きたかったのだろうけど、
あまり怖くない・・・

なぜだろう。
役者は実際にサメをおびき寄せた中での体当たり演技で
恐怖を如実に伝えようとしているのに怖くないんです。
一体、どの描写が足りないのでしょう。
海に取り残され、飢えと渇き、そして浮かび続けることでの消耗。
客観的にはよく描けているのだけど、客観的な描写が多すぎる感がありました。
彼らの心理描写が少ない。
でも、ドキュメンタリータッチなので敢えて省いたのかもしれませんね。
時間も79分と短く、ラストはスーザン自ら海の中に沈んでいく。
一体どうなったの??
と思ったところでエンドクレジットです。
スーザン自ら命を絶ったように見えるけど、
2人とも死んでいたら実話かどうかわからないじゃん??
とスワロの頭の中は果てしなく「?」でした。
え?実話なんだよね?というのが正直な感想です。

実際にダイビングをしていらっしゃる方には
この恐怖は身近なものとして伝わるのかもしれません。
スポンサーサイト

結局、この物語の元になった2人はたぶん行方不明のままなんでしょうね(汗)
実際にサメに襲われたかどうかも分かりませんが・・・
でも本物の緊迫感はありますね
撮影中も役者さんはほとんど海に浸かってただろうし、それがとてもキツくて迫真の演技になったのかもしれませんね( ̄∇ ̄;)

2006.05.12 08:18 URL | cherry@Cinemermaid #yx9fSxcY [ 編集 ]

cherryさん、こんばんは。
後半、役者さんも心身ともに衰弱してきているのが伝わってきましたね。
相当過酷な撮影だったと思います。
わたしだったら絶対いやです。
サメに囲まれるなんて・・・ひぃぃぃぃ~
2人は・・・見つかるといいですね・・・

  from swallow tail

2006.05.12 22:56 URL | to cherry さん #- [ 編集 ]

スワロさん!こんばんわ!
すんません・・・
お返事遅くなってしまって。

うーん・・・。
たしかに、客観的な描写だけで構成された
ような作品だったなあ・・。実際の事件を
元にしている物語なので、わざとそんな風に
したんだろうか?

でもなんだかジワジワと生き地獄のようで
やっぱ・・・怖かったあ・・。
ほら、睦月ってビビリ&チキンだから(笑)。絶対ダイビングなんてしないぞ!

2006.05.15 01:17 URL | 睦月 #- [ 編集 ]

睦月さん、おはようございます!
お忙しいなかコメント感謝です。

客観的描写、多かったですよね。
でも、その描写で、彼らの恐怖心が引き立ってたような気もしますが・・・

スワロは逆にダイビングしてみたくなっちゃいました。
サメに襲われるのは怖いけど。
でも、有言無実行はなのでやらないと思うけど(笑)

  from swallow tail

2006.05.15 06:31 URL | to 睦月 さん #- [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://swallowtailchocolate.blog56.fc2.com/tb.php/29-aae827d3

オープン・ウォーター
 人数のかぞえ間違い、マスクを忘れたおとぼけおじさん、時間間違い、いくつも原因が重なったため悲劇が起こる。

2006.05.11 23:04 | ネタバレ映画館

オープン・ウォーター
実話に基づいた映画「とにかくリアルにしたかった」と言う監督の意向で本物の鮫を使い(低予算ながら安全性はあったらしい)役者は長時間、海に浸かりっぱなしという過酷な撮影状態だったそうだ(汗)鮫がウヨウヨいる海の中の撮影ってマジ怖かっただろうな(T▽T)これは過剰な

2006.05.12 08:15 | Cinemermaid

オープン・ウォーター
【映画的カリスマ指数】★★★☆☆ 大海原にぽつねんと2人きり

2006.05.14 21:27 | カリスマ映画論

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。