スワロが映画を見た

スワロが見た映画について感想を書いていきます。
劇場映画、DVD、新作、旧作問わず映画のレビューを書きます。
コメント・トラックバック大歓迎。みなさまの積極的な絡みをお待ちしております。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |


原題:DEAD SILENCE
製作年度:2007年
製作国:アメリカ
上映時間:89分

監督:ジェームズ・ワン
原作:-ー
脚本:リー・ワネル
出演:ライアン・クワンテン/アンバー・ヴァレッタ/ドニー・ウォルバーグ/ボブ・ガントン/

あらすじ:
ある雨の日、ジェイミー・アーシェン(クワンテン)とリサ(ローラ・リーガン)夫婦のもとに、差出人不明のトランクが届く。中にはビリーという名の腹話術人形が入っていた。一人外出して戻ってきたジェイミーは、寝室のベッドで舌を切られて無惨な姿となったリサを発見する・・・

感想:
正統派ホラー映画!!

監督をはじめ、製作陣は『SAW』シリーズを手がけたスタッフ。
しかも、ジグゾウさながらの人形が出てきて、
作品に対して『SAW』のようなものを期待する観客も多いかと思う。
しかし、本作は『SAW』とは異なり、オーソドックスなホラー映画だ。
スワロはなぜか観賞前も『SAW』を想像することなく
「スカッとホラー映画を見たい」くらいの気持ちで見に行けた。

辺鄙な田舎町、クモの巣だらけの廃屋、お金持ちのゴシックな洋館。
ホラー映画になくてはならない要素がもれなく盛り込まれており、雰囲気はたっぷりだ。
この作品、間違いなくスワロは大好きだ!
呪いとか幽霊とかそういうのは大好き。
ジャパニーズ・ホラーは見ないけれども、
ディズニーのホーンテッド・マンションみたいな作品は大好きだ!
このシチュエーションだけで相当スワロのツボが刺激された。

そして、ひそかに凄いところは意外と脚本がしっかりしているところ。
呪いと幽霊がベースの本当にオーソドックスなホラーなのだけれども、
しっかりと恐怖を感じさせてくれる。
ベタな設定なのに状況とか雰囲気作りはやっぱり『SAW』のそれに似ていて、
ハラハラドキドキしながら見ることができる。それにラストも意外性があってギャフンと言わされた。
怪しそう、と思っていたけれどもまさかこんなビックリラストだったとは!
やられた・・・
ただ、そうすると今回の事件の動機は?とか気にかかることがいっぱいあるけど。
・・・続編!?

そして、もう一つ良いところが「叫んだら舌を切られて殺される」というパターンのため、
ほとんど出演者が叫ぶシーンがないこと(笑)
ホラー映画って女主人公がキャーキャー泣き叫びながら
走って逃げまくるパターンのものも多いけれども、今回は叫び禁止。
主人公はかなり冷静に状況に対応し、
期待通りに呪いの真相を確かめ、呪いを封印しようとしてくれる。
そして、恐怖に直面した時に声が出ずに息をのむタイプらしい。
スワロもこのタイプ。
だいたい本当に怖いときってあんなにギャーギャー叫べるものなのだろうか。
絶対に声なんて出ないよね、と思っているタイプなので
この主人公が幽霊を見たときに息をのんで後ずさりする反応が妙にリアリティーがあって、
この作品がオーソドックスなホラーなのに陳腐な感じがあまりしなかった。
思わず★5つにしちゃいましたよ(苦笑)

でも、B級テイストは拭えないんだけれどもね。

スワロ的評価:★★★★★





※※人気ブログランキングに参加しています※※
※※ジグゾウを見つけられなかったよ!という方、下をぽちっと※※

THANK YOU★

スポンサーサイト

おはようございます~
おおお ★いっぱい♪

これ流石というべきか 本当に脚本がシッカリしていましたよね~
なので、安心して?怖さだけに集中できましたよね(^^)

たしかに、状況が状況だけに叫ぶシーンが少ないのがコチラの作品の特徴ですよね~
でも、私もお化け屋敷とかでも腰抜かしたり黙ってしまう所があるので、、この映画の中では生き残れるかも、、

2008.04.02 08:33 URL | コブタです #- [ 編集 ]

コブタさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。

そうそう、春向き(笑)
夏はもっと背筋がゾッとするようなものが納涼にいいし(笑)

おっ。
コブタさんもあの町では生き残れそうですか!
舌を切られるなんてものすごい恐怖と苦痛ですからね・・・
生き残ったからにはメアリー・ショウの部屋の腹話術人形を
乱射に行かねばなりませんよ!!(笑)

  from swallow tail

2008.04.03 18:59 URL | コブタ さんへ #- [ 編集 ]

こんばんわ。

ホント、普通のありがちなホラーなのに、
全然退屈な感じがしなくて、むしろ新鮮に
思えたほどだったのよね。
ホント、よく出来てたなあ。

最後の人間腹話術には度肝抜かれちゃった(涙)。

ところでインド料理の件、もう少し待ってて
ね。近いうちにメールします♪

2008.04.04 00:04 URL | 睦月 #- [ 編集 ]

睦月さん、こんにちは~。
返信が遅くなってしまってゴメンナサイ。
最近夜勤明けがかなり辛くって(苦笑)
ちょっと前までは明けでも寝ずに出かける元気があったのに、
今では明けの翌日の公休ですらツライ(苦笑)

>最後の人間腹話術には度肝抜かれちゃった(涙)。
そうそう。
あそこを見ると「SAWの監督!」っていう感じがして。
スワロもやられましたよ・・・

姐さん、インド料理楽しみにしてます!!

  from swallow tail

2008.04.05 06:13 URL | 睦月 さんへ #- [ 編集 ]

うっす、スワロ隊員
これは面白かったですよ、
伝統的なホラーなんだけど
人形が不気味で雰囲気良かったです
最後も予想してなかったので
すっかりやられてしまいました

2008.04.06 15:14 URL | くまんちゅう #TO.QWiMc [ 編集 ]

くまんちゅう隊員、た~か~の~つ~め~。
コメント激烈感謝です。

くまんちゅうさんも気に入られたようですね!
何よりです。
これイイ!!
すごくイイ!!
みんなにオススメしたい。
このオーソドックスさが、奇抜さが先行しがちな昨今のホラー・ミステリーに
逆に新鮮な感じがしてよかったんです。
あと、安心感(笑)
ホラーなのに安心。

  from swallow tail

2008.04.06 23:25 URL | くまんちゅう さんへ #- [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://swallowtailchocolate.blog56.fc2.com/tb.php/289-a247b0ea

50●デッド・サイレンス
うん、これは!なかなか楽しめるエンタメ系ホラー。優にホラーの及第点に達する、って人も多いのではないかな?

2008.04.05 11:05 | レザボアCATs

「デッド・サイレンス(DEAD SILENCE)」映画感想
SAWのコンビ、ジェームズ・ワン&リー・ワネルが作った腹話術

2008.04.08 22:09 | Wilderlandwandar

デッド・サイレンス
 コチラの「デッド・サイレンス」は、「ソウ」のオリジナル・クリエイターであるジェームズ・ワン&リー・ワネルの映画おたくコンビが久しぶりに純粋にクリエイターとして作り上げたドールズ・ホラーです。  何度でも繰り返しますが、あたしはホラー映画が苦手です。そ...

2008.09.02 16:22 | ☆彡映画鑑賞日記☆彡

映画『デッド・サイレンス』(お薦め度★★)
監督、ジェームズ=ワン。脚本、リー=ワネル。2007年米。ホラー映画。出演、ライ

2009.02.27 22:42 | erabu

『デッド・サイレンス』を観たぞ~!
『デッド・サイレンス』を観ました斬新なスリラー『ソウ』を生んだ監督ジェームズ・ワンと脚本家リー・ワネルが再び組んだ、謎の腹話術人形に翻弄(ほんろう)される一家の宿命を描いた人形サスペンス・ホラーです>>『デッド・サイレンス』関連原題: DEADSILENCEジャン...

2009.02.28 00:32 | おきらく楽天 映画生活

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。