スワロが映画を見た

スワロが見た映画について感想を書いていきます。
劇場映画、DVD、新作、旧作問わず映画のレビューを書きます。
コメント・トラックバック大歓迎。みなさまの積極的な絡みをお待ちしております。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |


原題:SLEUTH
製作年度:2007年
製作国:アメリカ
上映時間:89分

監督:ケネス・ブラナー
原作:――
脚本:ハロルド・ビンター
出演:マイケル・ケイン/ジュード・ロウ

あらすじ:
ロンドン郊外にある有名な推理小説家アンドリュー・ワイク(ケイン)の瀟洒な邸宅を訪れたマイロ・ティンドル(ロウ)と名乗る男。マイロはワイクの妻の浮気相手だった。ワイクに離婚を要求するマイロだったが、ワイクから「妻が欲しいならわたしの提案に乗らないか」と持ち掛けられる・・・

スルース 公式サイト


感想:
1972年『探偵<スルース>』をジュード・ロウが製作に携わりリメイク。
もちろんオリジナルは未見。

ジュード・ロウといえば今、スワロの中でもっともHOTな俳優。
スワロはいままで特定の俳優を好きになったり贔屓になったり、
ということはなかったのだけれども、『ホリディ』を見て以降
ジュード・ロウの高感度はギュンギュンと上がっている。
今では彼を見るとニヤニヤしたり
「ジュードと付き合いたい!ジュードと結婚したい!!」と言ったりまさに恋する乙女状態。
生え際が後退してきて「M字キューピーヘア」と言われているのも気にならないくらい、
ジュードは超ウルトラ魅力的な男性だと思う。

公開を待ち望んでいた本作もやっと近所のシアターで公開され
仕事帰りに自転車で車道を疾走して見に行った。

もう~期待以上の作品だった!!
脚本もとてもよく練られていて、演技も魅惑的でスリリング。
やはり手に汗握りながらの観賞だった。

もともとはロンドンで人気を博した舞台劇だったそうで、
日本でも何年か前に劇団四季で演じられたらしい。

今回は作品の舞台となるワイク邸は
デザイナーズ・ファーニチャーを配置しモダンでスタイリッシュ。
どこか無機質で現実離れした背景が
作品のもつスタイリッシュさとハラハラ感によくマッチしていたし
照明の使い方もとても効果的だったと思う。

そんな抜群の舞台で繰り広げられる男の戦い。
二人の争いはいつしか一人の女性マギーの奪い合いから
自分たち自身のプライドをかけた争いへと変貌していく。

相手の裏をかき、主導権を握ろうと巧みな言葉が掛け合われる。
ゲームらしからぬゲームに、いつか一線を越えてしまうのではないかとハラハラし、
言葉一つで互いの優劣が変わってしまうのかと思うと一言も聞き逃せない。
緊張感はピンとは張り詰めてはいないが、ジワジワとした緊迫感は常に持続していた。

嫉妬深く、野卑。醜いくらいに執念深く強欲。
人間の悪というか暗の要素だけを集めたかのようなワイクとマイロ。
この似たもの同士の2人が見せる争いは非常に醜い。
3本勝負にまで発展した泥沼の心理戦。
嘘やハッタリ、脅しや誘惑、何でもありで
とにかく相手に陥れ屈辱を味合わせることで自らのプライドを誇示しようとする。
あまりにも貪欲で女の嫉妬をはるかに超えている。

この狂乱的な心理合戦の中でマイケル・ケインとジュード・ロウの演技をたっぷりと堪能できた。
冷静なのに粘着質な男ワイクの陰湿さ。
狂気と妖艶さを併せ持ったマイロ。
どちらもすばらしい演技でワイクとマイロに重ね合わせた演技合戦もなかなか良い。

ただ、中盤のジュードの狂乱っぷりにちょっとビビってしまった・・・

スワロ的評価:★★★★★





※※人気ブログランキングに参加しています※※
※※ジュードはいい男!!とおもった方、下をぽちっと※※

クリックありがとうございます
スポンサーサイト

コメントありがとうございました~
いやコレは、いろんな意味で面白かったです!
この二人の役者さんがしているから、この醜い争いが美しくも見えるのでしょうね~

ジュード・ロウって面白い役者さんですよね、自分の魅力を勿論分かっている上で新しい新しい役にどんどんチャレンジしていて次どう出るのかが見えないんですよね。
けっこうオカシナ映画や変な役も多いのですがソレを楽しそうに挑むそれがジュードらしいですよね~

2008.03.27 08:22 URL | コブタです #- [ 編集 ]

スワロさーん、こんばんわ♪
あっ、「マイ・ブルーベリー・ナイツ」のジュードもなかなかステキでしたよ。
ジュードと恋したいってちょっと思った(照
ちゅうしたいって思った。えへへ(危ない?)

でもおかしいジュードもなかなかよかったです。
ただストーリーには色々思うところありで・・・騙し騙され楽しめたけど結局なんだったんだろう?って気持ちも。
あのラストや3部目の会話には付いていけませんでしたー。
ってか途中で放棄しちゃったっていうのもあるんですけどね。

2008.03.27 20:18 URL | ななな #7qDEbzaw [ 編集 ]

コブタさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。

>自分の魅力を勿論分かっている上で新しい新しい役にどんどんチャレンジしていて
>次どう出るのかが見えないんですよね
そうなんですよ。
二枚目な役だけでなく三枚目もこなすし、
どこかハングリーなところも垣間見えたりする役者さんなんですよね。
今回もかなり怪しさが漂う役でしたけど
観客を魅了する演技を見せてくれてもう大満足ですよ(照)

  from swallow tail

2008.03.28 02:45 URL | コブタ さんへ #- [ 編集 ]

なななちゃん、こんばんは。
コメントありがとうございます。

『マイ・ブルーベリー』スワロも見て来ましたよ。
コレも相当前から予告編を見ていたのですっごく気になっていた作品なの。
パイがメチャおいしそうだし。
あのジュードを観たら誰だって胸キュンよ!!

でも、この作品はちょっとなななの好みには合わなかったのかな・・・?
後半はもう単に自分たちのプライドをかけた争いになっていたから、
相手を負かしてどうにかしよう、ということじゃなくって
単に自分自身が満足できるかどうか、というものになっていたんだよね。

  from swallow tail

2008.03.28 02:58 URL | ななな さんへ #- [ 編集 ]

スワロさん☆

こんばんはー いつもありがとう♪

ジュードは演技の方でノミニーされたコトもあるし、舞台もやってたほど演技力あるのに、
あの顔だからかそっちはあんまり気にされないのよね、、、可哀想!(泣)
でもこの映画ではジュードの魅力&演技力ばっちり堪能できる作品でした~。
オリジナルもオススメですよん☆ー^^

2008.03.28 23:12 URL | mig #JTxNwRAU [ 編集 ]

あー!私も!
このジュードすごっくかっこよかったけど狂気じみたジュードすごい迫力でビックリしちゃった☆
私もジュードと付き合ってみたいなー♪はずかしくてお顔見れなさそう!
映画もおもしろかったですねー。
私はすーっかり騙されちゃいましたよん。ラストは、、、実際のところどうなったのー!?

2008.03.29 00:03 URL | きらら #- [ 編集 ]

スワロ隊員、たかのつめ~
コメトラどうもでした
最初スルーするかどうか迷ってたスルース(自爆
見て良かったです、屋敷の照明とかカメラワークとか、もちろん展開と役者も面白かったです。

2008.03.29 02:47 URL | くまんちゅう #TO.QWiMc [ 編集 ]

こんばんわ。

中盤のジュードの変身っぷりには見事に騙されました(苦)。全く気づかなかったもん。なんか、ベリベリベリ~って顔の皮はがす様子がルパンみたいでしたわ(笑)。

ホントによく出来た2人芝居。
どうやらオリジナルもかなり面白いらしく、ぜひぜひ観たいなって思っている今日この頃。でもDVD化はされてないんですって。

ところで、ジュード熱盛り上がり中のスワロちゃん。いいですねー。いい傾向です。
ジュードはかつて、私の中でジョニーを越えそうになった俳優さんなので、思い入れが深いです。彼の作品は9割がた観ているので今度インド料理でも食べながら語りましょ♪

2008.03.30 00:51 URL | 睦月 #- [ 編集 ]

migさん、こんにちは。
コメントありがとうございます!

ジュードって舞台出身なのですね。
本作のマイロを演じているジュードは
表情の変化がどうも演劇っぽいなぁ~、なんて思っていたんですけど・・・なるほど。
二枚目なのでついついルックスばかりに目が行ってしまいますよね(苦笑)
いかんいかん。
でも、それ以上に実力が伴っている俳優だし、
今回の作品で製作側としてもすばらしい能力を持っていることがわかったので
ますます今後の活躍が楽しみです!!

  from swallow tail

2008.03.30 17:11 URL | mig さんへ #- [ 編集 ]

きららさん、こんにちは。
コメントありがとうございます。

>狂気じみたジュード
そうなのよ!!
ジュードのキレっぷりがすっごく怖くて怪しくてセクシーなのよね。
あ、贔屓目で見ているのかな?
でもすばらしい演技だったことは確かですよね。

きららさんもジュードとデートしたい・・・
ジュードってライバルが多いのよね。
負けられないわー!!

  from swallow tail

2008.03.30 17:29 URL | きらら さんへ #- [ 編集 ]

くまんちゅう隊員、こんにちは。
コメントありがとうございます。

>最初スルーするかどうか迷ってたスルース(自爆
・・・
・・・優しく殺して~優しく殺して~キリングミーソフトリ~(涙)

いやいや、とっても素敵な作品でしたよね。
久々にドキドキ感が持続したサスペンスです。
しかも大人テイスト。

こういうの見た後はやっぱり鷹の爪を見たくなりますね。
ということで観ました(笑)

た~か~の~つ~め~

  from swallow tail

2008.03.30 17:33 URL | くまんちゅう さんへ #- [ 編集 ]

睦月さん、こんばんは。
コメントサンクスぅ~。

オリジナルも観たいですね!
『エリザベス』も観たことがなくって
TSUTAYAで必死に探したんですけどDVDは存在しないんですね。
探し損でしたよ(苦笑)
でも、こういういい作品はDVD化して欲しいですよね。
今VHSは過去の遺物となりつつあるし・・・
ブルーレイも台頭を表してきて
未だにテレビデオのスワロは悲しくなってきますよ(涙)

>私の中でジョニーを越えそうになった俳優さんなので、思い入れが深いです
おおぅっ!
姐さんのおめがねにかなう俳優とは!!
スワロも今、ジュードの過去作品を見ながら一人ニヤニヤしてますよ(照)

  from swallow tail

2008.03.30 17:41 URL | 睦月 さんへ #- [ 編集 ]

こんにちは、スワロさん☆
ジュード・ロウお好きなんですね!すっごく気持ちが伝わってきちゃいました♪
ジュードの作品では何が好きですか?^^w

中盤のティンドルについていけなかったですか?
私は、ああいうジュードの方が好きです(笑)
『ホリデイ』や『マイ・ブルーベリー・パイ』のジュードは苦手です・・。
ジュードの監督作『チューブ』見ました?
『ロード・トゥ・パーディション』で実際に髪を抜いて、ネズミハゲで挑戦した時は、
「ただでさえヤバイのに・・」と本気でハラハラしましたv-12

2008.04.12 12:06 URL | とらねこ #.zrSBkLk [ 編集 ]

とらねこさん、こんにちは~。
コメントありがとうございます。

とらねこさんは甘系のジュードが苦手なんですね。
スワロは今回のような渋系ジュードもいいのですが
やっぱり『ホリディ』のような甘系が好きですね(照)
なんだろう・・・イメージが膨らむっていうの?
ジュードが彼氏だったら・・・みたいな(恥)
フレッド・ペリーのポロシャツを着たジュードと
みなとみらいをデートしたい!!みたいな。
あ、これって妄想か!!

ジュードは新作でもまたネズミハゲで登場のようですね・・・
まぁ、ヤバイのは今だけで、将来セクシーにはげてくれることを祈るのみです。

  from swallow tail

2008.04.12 14:37 URL | とらねこ さんへ #- [ 編集 ]

こんばんは~
おお,スワロさんは,「ホリディ」で
ジュードのファンになられたのですね。
私はファンというほどではないのですが
彼の美貌も,幅広い演技も大好きです!
で,この作品ですが,久々に妖しく美しいジュードを堪能できました。
二人芝居・・・ということで,ケインももちろん
ジュードに喰われてはなかったと思いますが
やはりこれはジュードのための作品のような気も・・・
それくらい,熱演・怪演・名演でしたね,彼。

2008.10.05 23:49 URL | なな #- [ 編集 ]

ななさん、こんにちは~。
コメントありがとうございます!

>妖しく美しいジュード
この作品のジュード、最高に素敵でしたよね。
惚れ惚れしちゃいました。
妖しかったですよね!?セクシーでしたよね!!??
演技力もあって魅力もあってジュードは間違いなく
スワロの中で素敵な俳優トップに君臨しているわ。

そうそう。
ケイン氏もさすがの演技でしたが、
ジュードの魅力や気迫に少々見劣りしたかもしれませんね。
それでも二人の駆け引きは十分堪能しました。

  from swallow tail

2008.10.10 08:08 URL | なな さんへ #- [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://swallowtailchocolate.blog56.fc2.com/tb.php/287-aebb4712

●スルース(SLEUTH)
コブタは家族にミステリーを生業にしている人がいることもあり、結構ミステリー好き! それだけに コチラの作品期待を高めに観に行ってきま...

2008.03.27 08:23 | コブタの視線

スルース
リメイクらしい。

2008.03.27 20:11 | 映画を観たよ

「スルース(SLEUTH )」映画感想
我想一個人映画美的女人blog のmigさんが2回も見たとい

2008.03.28 20:35 | Wilderlandwandar

スルース/ SLEUTH (2度目鑑賞)
1972年のオリジナル『探偵スルース』がスタイリッシュに蘇った! 夫VS妻の愛人{/atten/} ひとりの女をめぐり、男の嫉妬、羞恥心さらけだしバトル。 勝者はどっちだ?! 去年の秋、トロント映画祭で観てきたこの作品。 基となってるお芝居の方も過去に観たし、マイケル

2008.03.28 23:13 | 我想一個人映画美的女人blog

★「スルース」
今週の平日休みはラゾーナ川崎の「109シネマズ川崎」にて1本。 「マイ・ブルーベリー・ナイツ」・「こわれゆく世界の中で」と、 何気にジュード・ロウ出演作の3レンチャンになっちゃいました。 でもでも、この「ミニ・ジュード・ロウ特集」も、ネタ切れなので今回...

2008.03.28 23:50 | ひらりん的映画ブログ

映画 『スルース』
  ☆公式サイト☆1972年の傑作ミステリー映画『探偵<スルース>』を、イギリスの名匠ケネス・ブラナーがリメーク。豪華な屋敷を舞台に、初老の推理小説家と彼の妻の若き浮気相手による心理戦が繰り広げられる。ロンドン郊外の邸宅に住むベストセラー推理小説家ワイク(...

2008.03.29 00:00 | きららのきらきら生活

スルース
【映画的カリスマ指数】★★★★★  ニヒルvsサイコパス・・・色気の狂人ガチンコ勝負  

2008.03.29 01:22 | カリスマ映画論

スルース
ロンドン郊外の邸宅に住むベストセラー推理小説家アンドリュー・ワイク(マイケル・ケイン)の元に、 若い俳優マイロ・ティンドル(ジュー...

2008.04.07 15:49 | 心のままに映画の風景

52●スルース
舞台劇風の脚本が大好きな私には、ピンポイントにツボった作品。限定された空間、限定されたシチュエーション、台詞とシンプルな設定。これだけで、人間の憎しみも哀しみも愛も人生も、全て表現される・・・そんな特殊な空間だ。

2008.04.12 11:54 | レザボアCATs

スルース
 『男の嫉妬は 世界を滅ぼす。』  コチラの「スルース」は、アンソニー・シェイファーの舞台劇を1972年に映画化した「探偵<スルース>」のリメイクで、3/8公開となったPG-12指定のサスペンスなのですが、観て来ちゃいましたぁ~♪  オリジナルは未見なのですが、オ...

2008.04.16 23:05 | ☆彡映画鑑賞日記☆彡

スルース
醜くも・・・美しい男たちのゲーム

2008.06.11 17:44 | 悠雅的生活

スルース
この作品,高評価の素晴らしいオリジナル(1972年)があるそうだが・・・そっちは未見なので,このリメイク版はまっさらな気持ちで鑑賞。 あらすじ: ロンドン郊外の邸宅に住むベストセラー推理小説家ワイク(マイケル・ケイン)の元に、彼の妻の愛人ティンドル(ジュ...

2008.10.05 23:50 | 虎猫の気まぐれシネマ日記

スルース【探偵】
【SLEUTH】PG-122008/03/08公開製作国:アメリカ監督:ケネス・ブラナー出演:マイケル・ケイン 、ジュード・ロウ 男の嫉妬は世界を滅ぼす。

2008.10.10 12:57 | 映画鑑賞★日記・・・

スルース
男の嫉妬は、世界を滅ぼす。

2009.06.17 00:42 | Addict allcinema 映画レビュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。