スワロが映画を見た

スワロが見た映画について感想を書いていきます。
劇場映画、DVD、新作、旧作問わず映画のレビューを書きます。
コメント・トラックバック大歓迎。みなさまの積極的な絡みをお待ちしております。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |


原題:MY BLUEBERRY NIGHTS
製作年度:2007年
製作国:香港/中国/フランス
上映時間:95分

監督:ウォン・カーウァイ
原作:――
脚本:ローレンス・ブロック/ウォン・カーウァイ
出演:ノラ・ジョーンズ/ジュード・ロウ/デヴィッド・ストラザーン/レイチェル・ワイズ/ナタリー・ポートマン

あらすじ:
失恋をしたエリザベス(ジョーンズ)。そんな彼女を慰めたのはカフェのオーナー、ジェレミー(ロウ)の作るブルーベリーパイだった。しかし、それでも別れた彼を忘れられない。エリザベスは彼を忘れるために旅にでる・・・

マイ・ブルーベリー・ナイツ 公式サイト
感想:
フライヤーの美しさと、予告編の雰囲気のよさから非常に楽しみにしていた作品。

正直なところ、期待していた以上には面白くなかった。
観賞前の期待が高すぎたのだろうか。
つまらなかったというわけではないが、印象に残らない・・・というか内容が薄い。

映画館で最初に予告編を見たときに、
ノラ・ジョーンズ自身が歌う曲とブルーベリーの色が
映画の雰囲気に合っていてとっても大人っぽくて素敵な作品だと思っていた。
メンフィスとベガスで出会った人々と触れ合い、
失恋で意気消沈していた主人公がどう変化していくのかも非常に楽しみだった。
何よりも出演陣が豪華で。
だが、公開間近になってお笑い芸人が起用されたTVスポットにガッカリ。
作品に対して抱いていたイメージがすっかり崩れてしまった。
最近の宣伝の仕方ってやっぱり問題だよね。
おすぎか芸人。

さて、話が少々ズレてしまったけど、テーマはとってもいいと思う。
傷心旅行はありそうで実際にはなさそうだし、
旅先で出会う人たちも個性的で心に抱えた傷が痛々しくも目を引かれる。
ただ、カフェのオーナーとにわかに恋に落ちてしまうことや
旅先でであった人たちが善人ばかりというところはややおとぎばなしのように感じる。

それでも、彼らに出会い人間関係における「距離」を見つめなおすというのは個人的に好き。
人間関係における距離はわたしたちにとっても恒久的な問題だ。

メンフィスで出会ったアルコール依存症のアーニーと元妻のスー・リン。
スー・リンを束縛し、別れてもなお彼女を強く束縛するアーニー。
一方、そんなアーニーに対して窒息しそうなほどの息苦しさを感じているスー・リン。
スー・リンはアーニーの死を持って彼の束縛から解放されたはずなのに、
彼の死がまたも彼女を苦しめる。
夫婦という関係を築いたがゆえにアーニーに移った情。
スー・リンが街を去るときにエリザベスは
「この街を去ることは彼女にとっては死ぬと同じこと」(というような趣旨のこと)と言っていた。
だが、スワロはそうは思わなかった。
アーニーのツケを清算した時に彼女の気持ちも一緒にリセットされ、
彼に関するしがらみが全くない土地で新しい生活を送るのだろう、と思ったのだが・・・
まあ、単に物理的に距離を取りたかったのだろうとも思えるが。

ラスベガスでであったのはギャンブラーのレスリー。
彼女は全く人を信じない。
父親の危篤の知らせすらジョークだと信じず、
孤独を隠しながら生きているレスリーと行動をともにし、改めて感じる愛と信頼について。
そして、エリザベスはNYへ戻る。

主役のエリザベスを務めるノラ・ジョーンズ。
彼女は一体なぜこの役に抜擢されたのだろうか・・・?
ルックスも悪くはないし、演技もさほど下手ではなかったと思うのだが、
やはり力不足だったと思う。
あの旅を通してのエリザベスの変化が全くわからなかった。
本来、エリザベスってとっても繊細な人物だと思うんだけれども、
演技初体験のノラにはちょっと難しかったかな。

でも、ほかの俳優たちはさすがの演技を見せてくれた。
元彼女がお店を訪れてきた時のジュードの演技は
哀愁と潔い諦めが混じっていて見ていてキュンとしたし、
レイチェル・ワイズは激しい怒りと深い悲しみをたくみに演じていたと思う。

なぜか売れ残るブルーベリーパイ。
世の中には理屈では説明できないことがたくさんあって、
もちろん恋愛も人生も「なぜかわからないこと」ってたくさんあるんだよね。

スワロ的評価:★★+α(ジュードの魅力)





※※人気ブログランキングに参加しています※※
※※ブルーベリーパイを探したけれども見つからなかった方、下をぽちっと※※

クリックお願いします


スポンサーサイト

スワロさーん
ジェレミーを1年も待たせるって、罪ですよね。
フツーの乙女でしたらそんなこと出来ません。
あんな人に思われたなら、幸せだろうなーっとしみじみと感じました。
いいなー、いいなー!!!
もうこのキスシーンはかなりのお気に入り☆

っと、私もなんだか物足りなさを感じて。
肩透かし間がありました。
甘いし、切ないしそんなポイントはしっかり抑えていると思うけど、全体的には何かが足りないなーって思ってしまいました。
好きではあるんですけど、うーむー・・・。

バトン、しかと受け取りました。
ちょいとお時間かかるかもですが、しばしお待ちください。

2008.03.31 21:08 URL | ななな #7qDEbzaw [ 編集 ]

スワロさん

お返し遅くてごめんなさい!
カーウァイってああ見えて?結構ミーハー向けのキャスティングするので、ノラ・ジョーンズは香港で大人気だそうですから、今回の
大抜擢だったのかな?なんて思いました。
映像の前に主題歌が頭に浮かんだのかも。
登場人物の内面がよくわからないのは
いつものことなんで(笑)今回は??な
部分もかなりあるけど、すんなり
楽しめた!でいいかなぁと思ってます。

2008.03.31 21:15 URL | kazupon #mQop/nM. [ 編集 ]

スワロさま、初めまして。拙記事にコメントとTBをありがとうございました。
私はそのTVスポット(芸人さんの)知らないです。知らなくてよかった・・・。
『ライラの冒険』もエクササ~イズ♪ ですよね。ホント、困りますね(苦笑)。

この映画はカーウァイの初英語作品ということで、分かり易くシンプルに作ってあるなという印象でした。
「距離」がテーマでしたけれど、カフェのカウンターを越えるのにアメリカを横断したエリザベス。
一年待ったジェレミーといい、カーウァイってロマンチストですよね。
それから機会があれば『ET』ご覧になってみて下さい。
ドリュー・バリモアがめちゃめちゃカワイイですから。。
ではでは、またお邪魔させて下さいね。

2008.03.31 22:44 URL | 真紅 #V5.g6cOI [ 編集 ]

こんにちはー。
この映画、、、雰囲気とジュードがすべてだったかも。。。笑
失恋してあんなステキなカフェのオーナーとであってから旅に出る、、、なんてありえん話だけど!!
そして旅先で出会う人たち。彼からからいろいろな人生を学んでいくのにノラは適役だったかも、、、とも思いました!
キャストがみーんな魅力的でしたよね!

2008.04.01 06:31 URL | きらら #- [ 編集 ]

ハッピ~エイプリルフール~♪(そんな言葉ないと思いますが、、)
四月になりましたね~

ウォン・カーウァイ監督って雰囲気でみせることで映画見慣れている人向けで 大衆に受ける映画ではない所があるので宣伝も結構難しい所がありますよね。

これ観に行こうかどうか迷っているんですよね、、映画チャンネルで放映されるの待とうかな~とも思ってしまったり、、。

でもでも、、あのポスターになっているシーンあれって、ジュードだから許せる所ありますよね~
スティーヴ・ブシェミとかだったら 犯罪者扱いになりそうです(><)

2008.04.01 09:40 URL | コブタです #- [ 編集 ]

なななちゃん、こんにちは。
コメントありがとう!

だよね~。
あんなにステキな男性にキスされておきながら何で躊躇するのよ!?って感じだよね。
スワロなら閉店後にパイを出してくれた時点でもう落ちるケドね(笑)
だってジュードがステキすぎるんだもん~

バトン受け取ってくれてありがとう。
なななちゃんの記事、楽しみに待ってるわ~。

  from swallow tail

2008.04.02 08:25 URL | ななな さんへ #- [ 編集 ]

kazuponさん、こんにちは。
こちらこそお返事が遅くなってしまってすみません。

>カーウァイってああ見えて?結構ミーハー向けのキャスティングするので
気になって調べちゃいました(苦笑)
木村拓也も彼の作品に出演していたんですね。
そりゃ、ミーハー向けだ(笑)
それに、ミュージシャンとしてのノラのファンの集客も見込めるし一挙両得ですね。
>登場人物の内面がよくわからないのは
いつものことなんで(笑)
えーそうなんだ(苦笑)
でも、テーマははっきりしているし小難しいというわけではないので楽しめました。

  from swallow tail

2008.04.02 08:33 URL | kazupon さんへ #- [ 編集 ]

真紅さん、こんにちは。
こちらこそコメントありがとうございます。

TVスポット、ご存知ありませんか?
友近と男の人(名前わからない・・・)が
キャサリンとディランをやっているんです・・・
ちょっとヤですよね。
スワロはエクササ~イズ♪の方は見たことがありません(苦笑)
いずれにしてもちょっとどうかと思いますよね。

『ET』にはドリューが出ているんですか!?
そんなことも知らなかった!!(苦笑)
若かりし頃のドリュー。
見てみなくちゃいけませんね。

是非、またいらしてくださいね。
スワロもまた真紅さんのところへお邪魔します♪

  from swallow tail

2008.04.02 08:38 URL | 真紅 さんへ #- [ 編集 ]

観に行ってしまいました。。

やはり雰囲気は最高に素敵な映画ですよね!

でもでも、実際観てみて、スワロさんのおっしゃってたノラ・ジョーンズの力不足の意味が分かりました!
それは、、ある意味他の出演陣の能力が高すぎた事もあるのかな~と思ってしまいました。
だからよけいに、悪い意味で目立ってしまったように感じました。
初主演であの時間すっと演じ続けるのもかなり大変だったのでしょうね~

2008.04.02 20:04 URL | コブタです #- [ 編集 ]

スワローテイルさん、こんにちは☆
コメントありがとうございました~

旅に出た後の彼女自身の存在感に問題があったかもと思います。もちろんオスカー俳優たちを前に、演技初心が気が引けるのは当然だとは思いますが、特にアーニー・とスー・リンのエピソードの中にあっては、まるで脇役そのものでしたしね~
だからこそ、なにが変わったの?って思えちゃったのですよね~
脚本がまずいのだと・・・そのひとことにつきるかも・・・
歌手が演じてそこそこ観れる映画になっている作品もありますから、一概にノラだけを責める気にもなれませんけどね(笑)
それでも、超豪華PVとして考えると、そこそこ満足しました(笑)

2008.04.03 18:14 URL | rikocchin #mQop/nM. [ 編集 ]

rikocchinさん、こんばんは。
訪問&コメントありがとうございます。

まずはrikocchinさんにお詫びしないと・・・
お名前を間違えて読んでしまいましたね。
言い訳ですが、フォントが見ずらくて・・・・すみませんでした。

>、特にアーニー・とスー・リンのエピソードの中にあっては、
>まるで脇役そのものでしたしね~
次のレスリーのエピソードでもそうなんですけど、
彼らの傍観者であって、彼らに積極的に絡んでいくわけではないんですよね。
その辺が共演のようで共演ぽくなく物足りなさの原因となっているかもしれませんし、
エリザベスの変化がわかりづらい原因なのですよね。

>超豪華PV
なるほど。
それってどこか的確に表した一言ですよね(苦笑)

  from swallow tail

2008.04.03 19:12 URL | rikocchin さんへ #- [ 編集 ]

スワロさんこんにちは♪
何個か前の記事だから、気づいていただけるでしょうか(汗
私、歌手としてのノラ・ジョーンズの大ファンなんです。
そして俳優としてはスワロさんと同じく、私の中でもジュード・ロウが今一番ときめく役者さんです。
他にもナタリー・ポートマンやデヴィッド・ストラザーン、好きな人たちがたくさん出てる。
が、実は監督にあまりいい思い入れがないんですよねぇ・・色彩は好きなんですが、ストーリーが。
ということでなかなか映画館に行く勇気が持てません。
俳優陣をとるか、監督をとるか 笑
スワロさんの記事、参考にさせていただきますね☆

あと、芸人さんが宣伝をするの、私もどうかと思いました~。同感です!!

2008.04.05 14:08 URL | じんの 紗々 #4TUF.cSM [ 編集 ]

じんの紗々さん、こんにちは。
コメントありがとうございます。

カーウァイ監督は好き嫌いがバッサリとわかれている監督みたいですね。
スワロは初めて作品を見る監督でした。
全くつまらないとか、難しすぎるということはなかったのですが・・・
物足りなさを感じました。
でも、周りの評価ではカーウァイ入門編にはピッタリという意見もありますね。

うーん・・・声高にオススメしたい作品ではありません(苦笑)

  from swallow tail

2008.04.05 17:56 URL | じんの 紗々 さんへ #- [ 編集 ]

コブタさん、こんばんはー。
コメントありがとうございます!

コブタさんにもわかりました??
やはり周りのパワーが凄いからでしょうか。
ノラの力不足がちょっと目立ってしまった印象です。
おまけに「ノラじゃなかったらもっと○○だったかもしれない・・・」
っておもっちゃうんですよね(苦笑)
ないものねだりはだめですよね。

  from swallow tail

2008.04.05 18:48 URL | コブタ さんへ #- [ 編集 ]

swallow tailさん、こんばんは~☆
TB,コメント、有難うございました♪

TVのCMや記者会見等の芸人、いつでも同じ推し方のおすぎ、
止めて欲しいですよね、同感です。

ノラが主演っていう時点で期待するのをやめました(爆)
しかも、予感的中・・・彼女のイメージが、、、ズタズタです。
(ま、勝手な私のイメージですが^^;)
他のキャストに救われた作品でしたね。
ジュードが〆てくれたおかげでちょっとは気分がちがったのでは?(^^;

2008.04.05 22:49 URL | kira #klq26XPE [ 編集 ]

kiraさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。

>ノラが主演っていう時点で期待するのをやめました(爆)
はは(笑)
ノラが主演だから見に行く、という人もいれば全く逆の人もいらっしゃるんですね(笑)
スワロは特別関心がありませんでしたが、見終わってから
「やっぱりノラには荷が重かったか・・・」と少々落胆してしまいました。
でも、他のキャストはステキでしたよね。
ジュードはもちろんのこと!!
もう~普通の男を演じたジュードは超かっこよかったです!!
「えー相手はノラかぁ・・・勿体ないなぁ」なんて
上から目線で見ちゃいましたよ(苦笑)

  from swallow tail

2008.04.06 23:01 URL | kira さんへ #- [ 編集 ]

こんにちはーん。
おほほ、ワタクシはばっちりはまり込んでしまったのでした。ごめんなさーい。笑
評価はわかれそうな個性的なタイプの監督さんですから、まあスワロさんのご意見も納得。
私はこんなジュードロウが見たかったし、今までで一番素敵だなーと思いました。というか、彼が主役っしょ?爆

2008.04.11 14:23 URL | シャーロット #gM6YF5sA [ 編集 ]

シャーロットさん、こんにちはー。
コメントありがとうございます。

>というか、彼が主役っしょ?爆
もちろんですとも!!
今回も頭皮のトラブルをうまく隠し・・・
じゃなくって感じさせない・・・でもないか。
とにかくジュードの魅力たっぷりでステキな役だったぁ~(照)
カフェにあんなステキなオーナーがいたら
スワロだって閉店ギリギリに駆け込むよ!!
ノラなんかに負けられないわよ!!

  from swallow tail

2008.04.12 08:58 URL | シャーロット さんへ #- [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://swallowtailchocolate.blog56.fc2.com/tb.php/286-c0f4a008

「マイ・ブルーベリー・ナイツ」 心地よい距離感
人と人との間には、それぞれが心地よいと感じる距離があるような気がします。 その心

2008.03.30 22:47 | はらやんの映画徒然草

★「マイ・ブルーベリー・ナイツ」
「2046」などのウォン・カーウァイ監督作品。 主演はグラミー賞8冠の歌姫、ノラ・ジョーンズ・・・といっても、 ひらりんは洋楽に疎いので、名前くらいは知ってたけど、どんな歌を歌ってるのかは知らなかったけど。

2008.03.30 23:14 | ひらりん的映画ブログ

★「やわらかい手」
こないだ坂上みきのFMを偶然聞いてたら、オススメだと評論家のオバサンが言ってたので・・・ 今週の平日休みは「109シネマズ川崎」にて、本作を鑑賞。

2008.03.30 23:15 | ひらりん的映画ブログ

マイ・ブルーベリー・ナイツ
 『ニューヨークから5.603マイル あなたのブルーベリー・パイが恋しい』  コチラの「マイ・ブルーベリー・ナイツ」は、グラミー賞受賞シンガーのノラ・ジョーンズが映画初主演にして、初演技を披露する極上のスイーツのような3/22公開のラヴストーリーなのですが、早

2008.03.30 23:21 | ☆彡映画鑑賞日記☆彡

映画「マイ・ブルーベリー・ナイツ」
原題:My Blueberry Nights 疾走する電車とカフェ・・ブルーベリー・パイの味は、あなたに近づくための5,603マイルの旅・・恋する気持ちを旅で埋め、新たな恋に踏み出す勇気を繋ぐ旅・・・ 通りの向かいのカフェ、道路を横断すればいいだけなのに、甘酸っぱいブ...

2008.03.30 23:56 | 茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~

『 マイ・ブルーベリー・ナイツ』
□作品オフィシャルサイト 「マイ・ブルーベリー・ナイツ」□監督・脚本 ウォン・カーウァイ □脚本 ローレンス・ブロック □音楽 ライ・クーダー□キャスト ノラ・ジョーンズ、ジュード・ロウ、ナタリー・ポートマン、レイチェル・ワイズ、デヴィッド・ストラザーン...

2008.03.31 19:42 | 京の昼寝~♪

マイ・ブルーベリー・ナイツ
王家衛(ウォン・カー・ウァイ)の新作は初の 欧米圏キャストの映画になるとのことで心待ちにしてました。 ようやく観た印象は、うーん。やはり紛れもなく王家衛映画 になってて、印象としては「恋する惑星」「天使の涙」の 2作の頃に戻った感じでしょうか。 重...

2008.03.31 20:53 | It\'s a Wonderful Life

マイ・ブルーベリー・ナイツ
2週連続ジュードとこんにちわ。

2008.03.31 21:01 | 映画を観たよ

キスまでの距離~『マイ・ブルーベリー・ナイツ』
 MY BLUEBERRY NIGHTS  ニューヨークで失恋したエリザベス(ノラ・ジョーンズ)は旅に出た。新しい自分 になるために。涙に暮れる彼女を美...

2008.03.31 22:32 | 真紅のthinkingdays

映画 『マイ・ブルーベリー・ナイツ』
  ☆公式サイト☆『2046』などで知られる香港の名匠ウォン・カーウァイが、アメリカを舞台に描くロードムービー仕立てのラブストーリー。恋人の心変わりで失恋した女性が、新たな恋に踏み出す勇気を得るため、自分探しの旅に出る。恋人の心変わりで失恋したエリザベス(...

2008.04.01 06:29 | きららのきらきら生活

49●マイ・ブルーベリー・ナイツ
ウォン・カーウァイに関してはそれほど得意、という訳でもないのだけれど、「この人の映画だ」と言われたら、それとなく自分の中で「何かこういうもの」、というフワフワしたイメージがある。その独特な空気感だとか、どこまでもゆったりとした、優しくフレームが流れるキ...

2008.04.01 07:33 | レザボアCATs

「 マイ・ブルーベリー・ナイツ / MY BLUEBERRY NIGHTS (2008) 」
【マイ・ブルーベリー・ナイツ】2008年3月22日(土)公開 監督・製作・原...

2008.04.01 20:10 | MoonDreamWorks★Fc2

●マイ・ブルーベリー・ナイツ(MY BLUEBERRY NIGHTS)
ウォン・カーウァイというと、『恋する惑星』コチラの作品がコブタが好きだったり♪ 大の美形好きで独自の美学のある映像で、女性のツボを刺...

2008.04.02 19:40 | コブタの視線

【マイ・ブルーベリー・ナイツ】
【原題: MY BLUEBERRY NIGHTS 】 監督/ ウォン・カーウァイ    脚本/ ローレンス・ブロック 、ウォン・カーウァイ     製作年度/ 2008年   ...

2008.04.04 00:02 | +++ Candy Cinema +++

マイ・ブルーベリー・ナイツ
原題 MY BLUEBERRY NIGHTS 製作年度 2007年 製作国・地域 香港/中国/フランス 上映時間 95分 脚本 ローレンス・ブロック 、ウォン・カーウァイ 監督 ウォン・カーウァイ 出演 ノラ・ジョーンズ/ジュード・ロウ/デヴィッド・ストラザーン/レイチェル・ワイズ/ナタリー

2008.04.05 22:29 | to Heart

マイ・ブルーベリー・ナイツ
先日、コーエン兄弟監督の『ノーカントリー』を観賞した際、監督の作風を知らなかったためか面食らったので、今回はウォン・カーウァイ監督の予習を敢行(一応学習しています・笑)クセがあるらしい監督の作品『恋する惑星』を観てから劇場に出掛ける事にした。で・・・コ...

2008.04.06 11:14 | ★YUKAの気ままな有閑日記★

『マイ・ブルーベリー・ナイツ』
自分にとっては久々に観たウォン・カーウァイ監督作の『マイ・ブルーベリー・ナイツ』を新宿で観ました。主演のノラ・ジョーンズのナチュラルさもよかったけれど、脇に並んだ俳優たちの演技に魅了された作品。 恋人に新しい女性が出来て失恋してしまったエリザベスは、...

2008.04.25 00:49 | cinema!cinema!~ミーハー映画・DVDレビュー

マイ・ブルーベリー・ナイツ-(映画:2008年35本目)-
監督:ウォン・カーウァイ 出演:ノラ・ジョーンズ、ジュード・ロウ、デイヴィッド・ストラザーン、レイチェル・ワイズ、ナタリー・ポートマン 評価:75点 公式サイト (ネタバレあります) 夜のニューヨーク、弊店間際のカフェのガラス越しのいかにもお洒落....

2008.04.26 00:58 | デコ親父はいつも減量中

mini review 08319「マイ・ブルーベリー・ナイツ」★★★★★★★☆☆☆
『2046』などで知られる香港の名匠ウォン・カーウァイが、アメリカを舞台に描くロードムービー仕立てのラブストーリー。恋人の心変わりで失恋した女性が、新たな恋に踏み出す勇気を得るため、自分探しの旅に出る。ヒロインのエリザベスを演じるのは、グラミー賞受賞歌手ノ...

2008.08.12 00:50 | サーカスな日々

「マイ・ブルーベリー・ナイツ」
ニューヨークのとあるカフェ。失恋したエリザベス(ノラ・ジョーンズ)は、この店のオーナー、 ジェレミー(ジュード・ロウ)が焼くブルーベリー・パイを食べ少しだけ心癒やされる。 それでも、なかなか別れた恋人のことが忘れられない彼女は、ついに宛のない旅に出る。

2008.12.15 18:04 | 心の栄養♪映画と英語のジョーク

『マイ・ブルーベリー・ナイツ』を観たぞ~!
『マイ・ブルーベリー・ナイツ』を観ました『2046』などで知られる香港の名匠ウォン・カーウァイが、アメリカを舞台に描くロードムービー仕立てのラブストーリーです>>『マイ・ブルーベリー・ナイツ』関連原題: MYBLUEBERRYNIGHTSジャンル: ロマンス/ドラマ製作年・...

2009.08.08 22:28 | おきらく楽天 映画生活

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。