スワロが映画を見た

スワロが見た映画について感想を書いていきます。
劇場映画、DVD、新作、旧作問わず映画のレビューを書きます。
コメント・トラックバック大歓迎。みなさまの積極的な絡みをお待ちしております。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |


原題:THE DARJEERING LIMITED
製作年度:2007年
製作国:アメリカ
上映時間:91分

監督:ウェス・アンダーソン
原作:――
脚本:ウェス・アンダーソン/ロマン・コッポラ/ジェイソン・シュワルツマン
出演:オーウェン・ウィルソン/エイドリアン・ブロディ/ジェイソン・シュワルツマン/アンジェリカ・ヒューストン/アマラ・カラン/カミラ・ラザフォード/イルファン・カーン

あらすじ:
インド北西部を駆け抜ける列車・ダージリン急行に、長男フランシス(ウィルソン)の呼びかけで次男ピーター(ブロディ)、三男ジャック(シュワルツマン)のホイットマン3兄弟が集う。彼らは父親の死をきっかけに1年の間絶交していた。フランシスは。このインドの旅を通じてもう一度兄弟の結束を固めようとみんなに誓う・・・

ダージリン急行 公式サイト
感想:
そうだ、インドへ行こう!

兄弟の絆を再生するためのインドの旅。
ゆったり穏やかに流れるインドの時間を、波長の合わない騒々しい3兄弟が過ごす。

バラバラになった兄弟が絆を取り戻すという軸があったら
なんとなく結末は読めそうな気もする。
大抵は「兄弟が互いに理解しあい、
欠点を補い合ってハッピーエンドで終わるんだな」と予想される。

しかし、本作はそういう典型的な流れではない。

兄弟のキャラクターは実に個性的だ。
長男フランシスは自己中心的な仕切り屋。
次男ピーターは神経質で落ち着きがない。
三男ジャックは寡黙な頑固者。
三人の共通点は非常にマイペースで、他人を思いやる気持ちに少々欠けているところ。
そして、何かしら人生に行き詰まりを感じているところだ。
フランシスはバイク事故で九死に一生を得たが体中傷だらけ。
ピーターは妊娠中の妻がいるが離婚を考えている最中。
ジャックは元カノの存在が忘れられず次の一歩が踏み出せない。

このインドの旅は兄弟の絆の象徴だ。
山あり谷あり、タイムスケジュールのようにスムーズに進まない。

3人が集まったインドの旅行では誰かが障害にぶつかったとしても
一人置いていかれるのではなく、残りの2人も立ち止まることになる。
バラバラだった3人がそれなりにまとまりを見せようとしている。

しかし、この作品は前述した通り典型的な流れではない。
あの連帯感は実に不思議なもので、各々が他者を理解した結果ではない。
兄弟は最後まで結局みんなマイペースを貫き通す。
だが、なんとなくお互いの様子をつかめ、それぞれの悩みを垣間見た時に
兄弟ならではの仲間意識と安心感が生まれたのだろう。
過去にとらわれることを止めるようにトランクを投げ捨てた3人は
晴れやかに次のステップに進むべく別の列車に飛び乗る。

思えば兄弟って微妙な関係だ。
家族だけれども愛だ何だというにはちょっと照れるし、友達感覚のようでちょっと違う。

でも、この作品では、そんな難しい兄弟の定義を押し付けることもせず、
愛情やきれい事で片付けることもしていない。
言葉で定義付けるには曖昧なまま終わっているが、むしろ嫌味な感じが全くしない。
3人の関係がゆるゆるしたインドに徐々にマッチしていく。
その様子がとても心地よくって、すごく穏やかな気持ちになれた。

一方、ドタバタで子どものようなやりとりも実に楽しい。
爆笑することはないが、ゆるくクスっと笑えるポイントが盛りだくさんだ。
兄弟の痴話喧嘩はおかしくって楽しい。
食事の席で差し歯を外すな、とか、勝手に注文するなとか(笑)

映像も素晴らしい。
ダージリン急行や寺院の鮮やかなターコイズブルーやその他カラフルな色彩が
インドの乾いた土に非常によく映えている。
色もそうだが、こだわりが感じられる美術は見ていて全く飽きない。
列車の内装から空港の売店に至るまで細部まで丁寧に作りこまれている。
それからデコボコの3兄弟が乾いた大地を旅するのにピッタリの音楽。
インドの民俗音楽から70年代ロック、フォーク調のものまで巧く使っていて
客席にも旅の雰囲気がよく伝わってくる。
特に、公式サイトでも流れている
The Kinksの「strangers」はものすごくスワロ好みだ(照)

列車の個室にいろいろな人物が登場するラストがこれまたスワロ好み。
それぞれの人生を垣間見られる面白さがあった。

「死」と「生」が存在するインドで彼らもまた新たな関係を生み出す。
ほんわかとじんわりと来る作品だ。

スワロ的評価:★★★★





なお、咳止めシロップには微弱な麻薬成分が配合されているものもあり、
登場人物のようにがぶ飲みすればハッピーな気分になれるかもしれません。
しかし、ハッピーな気分になるよりも先に
吐き気などの副作用が出る可能性が高いので止めた方が無難です。




※※人気ブログランキングに参加しています※※
※※咳止めシロップを乱用しませんと誓った方、下をぽちっと※※

クリックお願いします

スポンサーサイト

あの列車の個室に登場人物が出てくるカット
素晴らしいですよねぇ~。
インドってふっと行きたくなるんですよねぇ~。
なんでだろう。
やっぱりスピリチュアルなものを感じるのでしょうか。

2008.03.14 23:39 URL | miyu #- [ 編集 ]

スワロさん☆
コメントTBありがとうー

ゆるーいけど、なんだか雰囲気すきですよ~。
そうそう、音楽もすっごく心地よくて。
インドの音楽好きだしこのサントラも買っちゃった♪
凸凹な3兄弟が実にいい味でした☆

2008.03.14 23:55 URL | mig #JTxNwRAU [ 編集 ]

miyuさん、こんにちは。
コメントありがとうございます!

>インドってふっと行きたくなるんですよねぇ~。
miyuさん、海外旅行はしますか??
スワロって実は出不精で海外旅行ってしたことがないんです。
でも行きたいっていう気持ちはあって
『ジャンパー』のジャンプシーンで世界の名所を見たときも
「うわーコロッセオ行きたいぜぇー!!」って思ったんですけどね(苦笑)
今回もインドの雑踏や寺院を見たらちょっと心をくすぐられてしまいました。
でも、多分行動には移せないだろうけど・・・(涙)

  from swallow tail

2008.03.16 07:27 URL | miyu さんへ #- [ 編集 ]

migさん、こんにちは。
コメントありがとうございます。

migさん、サントラ買われたのですね!!
この作品は音楽の使い方もうまかったですよね。
民俗音楽がコテコテしすぎることもなく、ロックが浮いてしまうこともなく
全体的にとってもいい味出していたと思います。
スワロもiTuneでチェックしちゃったけれども
まだ迷っている段階なんです~!!

  from swallow tail

2008.03.16 07:34 URL | mig さんへ #- [ 編集 ]

こんばんわ。
ところで、何食いにいこうか・・・。
コッテリ系かあ、例えばどんな?
ついでだからインド料理とかもいいかも。
やっぱり私はアジアン料理が大好きだから
タイとかヴェトとかそのあたりのお料理を
思う存分食べたいなー。

この作品で3兄弟が使ってたバックって
ヴィトンなんだってね。
どおりですっごく可愛いなあーって思った
んだ。
フラフラしてる3兄弟だったけれど、
なんか微妙にスーツ姿がカッコよかったり、
パンツ一丁で砂漠に佇む光景がオシャレに
見えたりして・・・ホントにこの雰囲気が
私の好物でございました。

音楽も素敵だったわー。

2008.03.16 17:31 URL | 睦月 #- [ 編集 ]

睦月さん、こんにちはー。

インド料理っ!
映画にちなんでインド料理もいいかもね~。
アジアンもいいんだけれども、トルコとか食べたことないのも食べてみたい。
なんかそういうエスニックっぽいのが気になる!!

この作品、なかなか素敵でスワロもツボだったわ。
それに、ホテル・シュバリエがあったことで画の面白さが増したし。
状況説明が全然ないから最初、意味がわからなかったけど、
雰囲気もセリフもオシャレだし。
久々にゆったりした雰囲気で映画を見られたわ。

  from swallow tail

2008.03.18 09:38 URL | 睦月 さんへ #- [ 編集 ]

もう私もこの映画大好きになって
彼らのまとまりがないようで何となく
まとまったようなラストにも
子供のような喧嘩にもまた
インドと言う彼らとはあまり似合わない
場所への旅が妙にはまっていて
映像も音楽も出演者もすべて好きです。

私もいつかはこんな風にのんびり
インドを旅したいなって思えるような
素敵な映画でしたね。

2008.03.19 12:34 URL | ALICE #JalddpaA [ 編集 ]

ALICEさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。

うんうん。
この作品ってあの独特の雰囲気がとてもよかったですよね。
3人の関係もユルユルの旅行もインドという舞台にマッチしていたと思うんです。
あの兄弟がまたとても不思議ですよね~
長男はどうしてあんなに仕切りやなんだ!?(笑)

  from swallow tail

2008.03.20 21:53 URL | ALICE さんへ #- [ 編集 ]

あの兄弟の仲がいいんだか悪いんだかよくわからない微妙な関係、自分にも弟が一人いるんで「そうだよなー」と思いながら観てました(笑)
そして強引に仕切ろうとして煙たがれないよう気をつけたいと思いました。まあ大体いつも押し切られるのはこっちなんですね・・・

スワロさんには兄弟はいますか? 仲はいいですか?

急行なのにやけにゆっくりだったり、迷子になったりする列車が、主人公三人の生き様と妙にだぶって見えました

2008.03.31 13:02 URL | SGA屋伍一 #TyXokUWg [ 編集 ]

おスガさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。

兄弟いますよー。
仲は良いとか悪いとかというレベルではなくめちゃくちゃ疎遠です。
つい最近までどんな仕事についているか知らなかったし、
メールを送ったことは1度くらいしかありません!

列車が迷子になるっていうのが良かったですよね。
実際には考えにくいけど、インドならありそうだし(苦笑)
そういうユルユル感がたまらない!

  from swallow tail

2008.03.31 23:52 URL | SGA屋伍一 さんへ #- [ 編集 ]

スワロさん、こんばんは。
インド行きたい!列車の旅がしたい!
…って思っちゃいますよね。
ほんわかと幸せな気分になれる素敵な作品でした。
そのゆるい雰囲気とは裏腹に、ディテールが凝ってて
センスが感じられるところがまた良い。
列車の内装とか音楽とか。
ラスト付近の列車の個室の演出、私もすごく好きです!

2008.04.03 21:38 URL | Nyaggy #- [ 編集 ]

トラックバック、ありがとう。こちらから反映しないようなので、コメントで失礼します。このロードムービー、好き嫌いがはっきりすると思います。書きおえて、あれこれみんなのブログを読み歩いたのですが、やはり酷評も多い。絶賛とはいかないまでも、このゆるーい空気感、私は楽しめました。スピード感あるところはあえてスローで。ここもいいですね。私は好きなタイプの映画ですが、みんなにはお勧めできない感じです。  冨田弘嗣

2008.04.05 00:53 URL | 冨田弘嗣 #9L.cY0cg [ 編集 ]

Nyaggyさん、こんにちは。
コメントありがとうございます。

インド行きたいです!
でも、行くんだったらあのダージリン急行に乗りたいです(笑)
あの列車がインドのある一面だけを凝集した
超フィクション列車だということは重々承知なのですが
それにしてもあの列車が魅力的で・・・
でも、ダージリン急行に乗りたいと思った人は多いと思うんですよね。
そういうツアー売り出さないかな(笑)

  from swallow tail

2008.04.05 06:09 URL | Nyaggy さんへ #- [ 編集 ]

冨田さん、こんにちは。

>あれこれみんなのブログを読み歩いたのですが、やはり酷評も多い。
そうなんですか。
スワロが他のブロガーさんたちの記事を読む限り、
あまり低い評価は見かけませんでした。
むしろ「このゆるい空気が良い」という肯定的な意見が多かったので
つい評価高めの作品だと思っていました。
でも、感じ方は人それぞれですし、反対意見もあって然りですよね。

  from swallow tail

2008.04.05 17:31 URL | 冨田弘嗣 さんへ #- [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://swallowtailchocolate.blog56.fc2.com/tb.php/282-b5ec3e07

ダージリン急行/THE DARJEELING LIMITED
カルト的?な人気を誇る、『天才マックスの世界』や『ザ・ロイヤル・テネンバウムズ』 コレ{/hand_iine/} のウェス•アンダーソン監督最新作{/ee_1/} 全米では公開済み、日本では、東京国際映画祭でも上映されました {/shootingstar/}一般公開は2008年3月予定。 ...

2008.03.14 23:56 | 我想一個人映画美的女人blog

ダージリン急行
【映画的カリスマ映画論】★★★★☆  ボンクラクールな3兄弟、異国で歩く絆道  

2008.03.16 00:47 | カリスマ映画論

ダージリン急行
ウェス・アンダーソンとオーウェン・ウィルソンの(私の中では)最強コンビの新作、もちろん今年1番くらいに期待していた作品をやっと観る事が出来ました。 インド北西部を走るダージリン急行に、長男フランシスの呼びかけで、次男ピーターと三男ジャックがやって来る...

2008.03.19 12:35 | Alice in Wonderland

ダージリン急行
ダージリン急行(2007 アメリカ) 原題   THE DARJEELING LIMITED    監督   ウェス・アンダーソン    脚色   ウェス・アンダーソン ロマン・コッポラ ジェイソン・シュワルツマン  撮影   ロバート・イェーマン                ...

2008.03.20 20:56 | 映画のメモ帳+α

『 ダージリン急行』 The Darjeeling Limited
まさに珍道中。 長男フランシスの呼びかけで、次男ピーターと三男ジャックのホイットマン3兄弟は、インド北西部を走るダージリン急行で旅をする。ウェス・アンダーソン印の旅ムービーだなんて、そりゃあもうワクワク。それも行き先はインドだなんて、私にとってはすご

2008.03.31 00:23 | かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY

インド鉄道の昼(と夜) ウェス・アンダーソン 『ダージリン急行』
♪ インドの鉄道で 修行しない 壊れかけてる長男(長男) むっつりスケベの三男(

2008.03.31 13:03 | SGA屋物語紹介所

3兄弟絆探しの旅【ダージリン急行】
ウェス・アンダーソン。 名前だけで見に行く監督の一人です。 かなり好き、とても好

2008.03.31 14:34 | 犬も歩けばBohにあたる!

ダージリン急行
監督:ウェス・アンダーソン 脚本:ウェス・アンダーソン ロマン・コッポラ キャスト: オーウェン・ウィルソン エイドリアン・ブロディ...

2008.04.03 21:30 | And life goes on

「ダージリン急行」おかしな3兄弟の珍道中
「ダージリン急行」★★★☆ オーウェン・ウィルソン、エイドリアン・ブロディ、ジェイソン・シュワルツマン主演 ウェス・アンダーソン監督、2007年、アメリカ、92分 壊れかけた兄弟の絆を取り戻そうと 3兄弟はインドのダージリン急行に乗る。 ナチスから命...

2008.04.07 20:50 | soramove

映画 ダージリン急行 THE DARJEELING LIMITED
今日は渋谷のシネマ・アンジェリカで\"ダージリン急行\"を見ました。 マークシティ裏...

2008.07.08 10:06 | さぷら伊豆 ・・・渋谷の平日・伊豆の休日・・・

-
管理人の承認後に表示されます

2011.03.05 09:01 |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。