スワロが映画を見た

スワロが見た映画について感想を書いていきます。
劇場映画、DVD、新作、旧作問わず映画のレビューを書きます。
コメント・トラックバック大歓迎。みなさまの積極的な絡みをお待ちしております。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |



原題:CHICAGO
製作国:アメリカ
製作年度:2002年
上映時間:113分

監督:ロブ・マーシャル
原作:ボブ・フォッシー、フレッド・エッブ
脚本:ビル・コンドン
音楽:ジョン・ガンダー、ダニー・エルフマン
出演:レニー・ゼルウィガー、キャサリン・ゼタ=ジョーンズ、リチャード、ギア

story:
1920年代のシカゴ。
スターを夢見るロキシー(ゼルウィガー)は、キャバレーの専属歌手
ヴェルマ(ゼタ=ジョーンズ)のステージを羨望の眼差しで見入っていた。
そんなロキシーはある日、ショーに売り込むとの約束を守らなかった
愛人と諍いを起こし、ついに彼を撃ち殺してしまう。
そして逮捕され留置所に送られたロキシーは、
驚くことにあのヴェルマと出会った・・・

シカゴ official HP


感想:
これは、大学時代に劇場で見た映画で最も思い出深い映画でした。
すごくセクシーで、力強く、女囚たちの駆け引きが
まだまだお子様だったスワロには妙に刺激的だったんです。

一番すきなのが「刑務所のタンゴ」。
6人の女囚たちが、自分の罪を力強く歌い上げる一曲。
タンゴにふさわしく、相手は男性がらみ。
怨念がこもったような歌とダンス、
そして舞台のようなセットに圧倒されました。

それから、ママの歌。
彼女は歌に自信がなかったらしいのですが、
リハーサルの出来のよさに「みんなの前で歌ったらどうだ」
と監督から持ちかけられたそう。
とてもセクシーでありながら、ママの人柄が一発でわかる歌。
女囚たちとの取引の様子がわかります。

それから「ミスター・セロファン」。
これはよかったんじゃないですかね!
ジョン・G・ライリーの当たり役だと思います。
リチャード・ギアよりいい!
彼の存在感のなさ、切なさがよく表れた歌。
華々しい弁護士フリンとは対照的です。

全体的に見て、この作品の山場がロキシーが
妊娠したと演技したところから下り坂になってしまったと思います。
ロキシーがどうやって無罪を勝ち取るかではなく、
どうやったら注目を浴びる囚人になるのか、が彼女たちの目標です。
その点では、ラストは呆気なかったし、
法廷劇もさほど面白くありませんでした。

しかし、舞台出身のキャサリン・ゼタ=ジョーンズが素晴らしく
情熱的で力強い歌と演技で魅了してくれます。
キャサリンとジョン・G・ライリーに拍手ですね。
スポンサーサイト

法廷ドラマの面白さというより、タダでは転けても起きあがらない逞しくしたたかな人物達の姿を楽しむ物語でしたね!
また 配役がそれぞれピッタリですよね~キャサリンってこういう悪女役のほうが私は決まって素敵だと思うんですよね~(^^)

2006.05.09 10:58 URL | コブタです #- [ 編集 ]

逞しいですよね~彼女たち。
どんな手を使っても無罪を勝ち取ろうとする様子。
面白おかしく見せてもらいました。
キュートなロキシーよりもセクシーで情熱的なヴェルマの方が好みです。
でも、ちょこっと顔を出したルーシー・リューも結構好きです。

  from swallow tail

2006.05.09 15:53 URL | to コブタ さん #- [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://swallowtailchocolate.blog56.fc2.com/tb.php/28-e4fcdf12

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。