スワロが映画を見た

スワロが見た映画について感想を書いていきます。
劇場映画、DVD、新作、旧作問わず映画のレビューを書きます。
コメント・トラックバック大歓迎。みなさまの積極的な絡みをお待ちしております。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
サムサッカー

原題:THUMBSUCKER
製作年度:2005年
製作国:アメリカ
上映時間:96分

監督:マイク・ミルズ
原作:ウォルター・キルン
脚本:マイク・ミルズ
出演:ルー・プッチ/ティルダ・スウィントン/ヴィンセント・ドノフリオ/ヴィンス・ヴォーン/キアヌ・リーヴス/ベンジャミン・ブラット/ケリ・ガーナー

あらすじ:
オレゴン州の郊外に住むジャスティン(プッチ)は親指をしゃぶる癖でずっと悩んでいた。父親のマイク(ドノフリオ)はいつまでも赤ちゃんのような行為をするジャスティンを叱責し母親のオードリー(スウィントン)に窘められている。そんな彼のことを心配した歯科医のベリー(リーヴス)は催眠術で彼の癖を治そうとする。しかし、催眠術で指を苦く感じるようになったジャスティンは欲求不満でイライラが募るばかり・・・

感想:
フロイト(精神医学界の偉人)曰く、サムサッキング(指吸い)の原因は
授乳期において乳児の欲求が満たされなかったことにある、という。
つまり、欲しい時におっぱいを吸えなかったり授乳の時間が短かったりなど、
おっぱいを“吸う”行為が十分に満たされなかった代償行為のためだ、と。

しかし、それだけが原因とは言いがたく、
母親の愛情不足や過干渉など家族関係のトラブルという学者もいれば、
胎児期にも見られる生理的行為という学者おり、諸説混在の状態だ。
いずれにしろサムサッキング自体は特に大きな異常ではなく、
厳しく矯正するほうが子どもへの悪影響と考え、
放置しておくのが一番の治療というところで落ち着いている。

話自体はよくある機能不全家族について。
すごく大きな問題を抱えているというわけではなく、
このくらいの些細な問題はどこの家庭にも存在するだろうというくらい。
特別な家族を描いているわけではなく、どこにでもありふれているだろう家族だ。

サムサッキングを止められないジャスティンは
父親から叱責されるたびにイライラし、止められない自分に嫌悪感を抱く。
消極的に、時に衝動的に行動する彼を
学校は注意欠陥他動性障害(ADHD)と指摘し抗うつ薬の服用を促す。

「君は病気だ」と指摘されたジャスティンは戸惑うどころか、
「病気であること」に安心する。
自分を正直に見つめることができないジャスティンの自分をごまかす手段。

自分自身を見つめなおす行為は恥ずかしく労力を要する。
自分を変えることなど困難だと知っているし。
だから人はマッチョになってみたり、遊び相手を探したり
何らかの方法で違う自分に理想を託す。
それは決して悪いことではなく、ごくフツーのことだ。

ベリーが言う「答えのない人生を行きぬく力」。
自分をごまかすのもよし、何かに打ち込むのもよし。
正解がないんだから試行錯誤すればいいのだ、とわたしは思う。
ただ、ごまかし続けた自分に忍耐を続けた弟がチクリとさす。
その瞬間ハッとしちゃった。

「フツーに心配な僕の将来」――
馬鹿言っちゃいけない。
将来なんてものは誰だって心配なのだ。

スワロ的評価:★★★





※※人気ブログランキングに参加しています※※
※※悩んでるからってドラッグはダメよと思った方、下をぽちっと※※
クリックありがとうございます
スポンサーサイト

スワロさん、こんにちは。
これは確か、期待したほどに手応えのある映画ではなかったんですが、母の真実や弟の言葉には感動があったことを覚えています♪
この手のもの?では「イカとクジラ」がお気に入りでーす。

2008.02.21 12:59 URL | かえる #- [ 編集 ]

かえるさん、こんにちは。
コメントありがとうございます。

>結局、どんなもっともらしい教えを人に聞いたって、
>自分自身で体験して悟るまでは、
>よい教えも意味をなさないんじゃないかと思います
おぉ~。
含蓄のあるお言葉ですな。
人生とは・・・やっぱり口にすると簡単で軽いものに感じてしまいますね。

>「イカとクジラ」
みましたよー!
でも、あまり面白く感じませんでした・・・(苦笑)
今となっては内容も思い出せません・・・

  from swallow tail

2008.02.22 11:37 URL | かえる さんへ #- [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://swallowtailchocolate.blog56.fc2.com/tb.php/271-8f66cc43

『サムサッカー』 Thumbsucker
青春成長ものというより、家族ものとしていいかな。 オレゴン州郊外に両親と弟と暮らす17歳のジャスティンは、いまだに「親指を吸うクセ(サムサッキング)」が治らず悩んでいた。斬新な映像・演出がいっぱいで毒気のきいた笑いのある遊んじゃっている映画なのかと勝手...

2008.02.21 20:17 | かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY

『サムサッカー』
ベルリン国際映画祭 最優秀主演男優賞受賞 CAST:ルー・プッチ、ティルダ・スウィントン、キアヌ・リーブス 他 17歳のジャスティン(ルー・プッチ)は、不安になると親指しゃぶりをしていた。親にも責められ人間関係でも上手くいかないジャスティンは、本気でそ

2008.02.22 15:45 | Sweet* Days**

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。