スワロが映画を見た

スワロが見た映画について感想を書いていきます。
劇場映画、DVD、新作、旧作問わず映画のレビューを書きます。
コメント・トラックバック大歓迎。みなさまの積極的な絡みをお待ちしております。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |


原題:ELIZABETH: THE GOLDEN AGE
製作年度:2007年
製作国:イギリス/フランス
上映時間:114分
配給:東宝東和

監督:シュカール・カプール
原作:――
脚本:ウィリアム・ニコルソン/マイケル・ハースト
出演:ケイト・ブランシェット/ジェフリー・ラッシュ/クライヴ・オーウェン/ジョルディ・モリャ/アビー・コーニッシュ/サマンサ・モートン/トム・ホランダー/リス・エヴァンス/エディ・レッドメイン

あらすじ:
1585年。エリザベス1世(ブランシェット)はイングランド女王の座を手にしていた。しかし、カトリックを廃止しプロテスタントを国教としたイングランドではあるが、国民の中にはまだまだカトリック信者が多く、彼女の奮闘はまだまだ続いていた。しかも、女ひとりで国を統治することに不安を抱く人も多い。不安と宗教的憎悪が渦巻く中、スペイン国王フェリペ二世(モリャ)はヨーロッパ全土をカトリック教にする誓いを立て、イングランド侵攻を企てていた・・・

エリザベス:ゴールデン・エイジ 公式HP

感想:
ケイト・ブランシェット主演『エリザベス』から9年。
同じ監督、同じキャストで綴られたその後のエリザベス女王の苦悩と葛藤の日々。

本作ではメアリー=スチュアート処刑の1560年代後半から
1588年のスペイン無敵艦隊の侵攻を受ける英西戦争までを描いている。

この作品はケイト・ブランシェットのための作品、といっても過言ではない。
ジェフリー・ラッシュやアビー・コーニッシュなど、
新旧の実力派俳優たちがひしめき合っている中、
他を圧倒して堂々たる存在感を魅せるケイトはまさしくエリザベス一世そのもの。
気高く、芯の強いひとりの人間を堂々と演じている。
ケイトの透き通るような美しさは、
本作では白塗りのメイクと相俟って冷静で毅然とした女王の風格をかもし出している。

キャストはみんな豪華だけれども、
ケイトの次に印象的だったのが侍女のベスを演じたアビー。
こちらも女王に忠実で、柔和だけれども芯の強い女性を好演していた。
それにフレッシュな感じがすごくいい。
エリザベスを暗殺しようとしたトマスを演じたエディ・レッドメインは
『グッド・シェパード』の時はなよなよした印象だったけれども、
ちょっぴりロン毛の今回はなかなか男前で素敵だった。
でも、やっぱり肝心の場面で及び腰だったのだけれども。

ただ、クライヴ・オーウェンにも、また彼が演じるローリー卿にもあまり魅力は感じなかった。
実物の人物は野性的でさぞかし魅力的だったのだろうけど、
この大きなスケールの作品の中では彼の魅力はピンボケしていたように思う。

暗殺計画から無敵艦隊との戦争など、さまざまな歴史的な事件が登場するが、
本作ではこういった重大な出来事はスパイスに過ぎない。
これは歴史ドラマではなく、ひとりの女性、人間としてのエリザベス一世の物語だ。

彼女がイングランドという国と結婚し
生涯未婚を誓った“ヴァージン・クイーン”であることは有名だ。
女性でありながら国の頂点に立ち、国民の母としてだけではなく、父として
国民を守る義務を背負った彼女の孤独とプレッシャーは計り知れないものがあっただろう。

女王とて一人の人間。
孤独と重圧に押しつぶされそうになった時、支えが欲しくなることは当然であり
それが無意識だろうと誰かにすがりたくなるのは極自然なのだ。

ひとり静かにローリー卿への恋心を燃やすエリザベスの切なさと歯がゆさ。
やり場のない思いを侍女のベスに託し擬似恋愛することで落ち着かせようとするが逆効果。
二人の間に恋愛感情が芽生えてしまい、ベスに嫉妬を抱くことになる。
愛情、嫉妬、怒り・・・
さまざまな感情に襲われ、女王としての自分と女性としての自分の板ばさみになり
苦悩するエリザベスはたとえようがないくらい痛々しい。

人を愛し、愛されることは自由で誰にも与えられているはず。
エリザベスだって人を愛していい。
だが、エリザベスは一人の人間だけではなく、
イングランドとイングランド国民を愛し続けた。
彼女の女王としての自負は確固としている。
揺らいだことはあったとしても、
常に女王として在り続けようとする姿勢にはただただ敬服するばかり。

同じ女性として彼女の誇りの高さと毅然とした振る舞いは見ていて惚れぼれするし憧れる。
大きな決断力を持って周囲を引っ張る力があり、強い忍耐力も持っている。
しかし、同時に女性として人を愛する権利を強く自制しており、
彼女が味わった辛さを考えると胸が苦しくなる。

彼女がどんな思いでローリー卿にキスをせがんだことか・・・
女王としてのプライドを忘れ、一人の女性に戻った彼女の可愛らしさがすごく印象的。
恋に恋するだけだった女性が行動に移せた瞬間。
見ているこちらがドキドキするほどだった。

あとはエリザベスの豪華な衣装とカツラが見もの。
ファッション大好き、という乙女な一面が見られる。

イングランド女王、エリザベス一世。
彼女はなんと偉大で魅力的な女性だったのだろう。

スワロ的評価:★★★★





※※人気ブログランキングに参加しています※※
※※二人のキスに胸キュンした方、下をぽちっと※※
クリックありがとうございます
スポンサーサイト

わぁ~!スワロさんも思いました?
エディ・レッドメインが
「グッドシェパード」の頃よりも素敵になってましたよね。
今後どんどん男前になってくれたら期待できそう(´∀`*)ウフフ

2008.02.18 07:37 URL | miyu #- [ 編集 ]

miyuさん、こんにちは。
コメントありがとうございます~!

最初、レッドメインを見たときに
「あら、かわいい子だわ~。でも、どこかで見たことがある気がする・・・」
と思いましたよ(笑)
でも、いつ見たのか思い出せなくて(苦笑)
あとで調べて『グッド・シェパード』の冴えない息子だと判明。
はは・・・あの時は本当にパッとしませんでしたよね。
今回はちょっとセクシーな印象まで受けたから不思議。

  from swallow tail

2008.02.18 08:04 URL | miyu さんへ #- [ 編集 ]

スワロさん はじめまして
拙宅にコメントをありがとうございました。
TBさせていただきました。

この映画は,エリザベスの女としての葛藤や苦悩に
やや焦点が多く当てられていましたね。
前作よりストーリーは地味になったとは言え
彼女の女性として愛を求める心が痛いほど伝わってきました。
クライヴさんは,いい役者さんですが,あまりこんな役は似合いませんね。
どこか不機嫌でつかみどころのないキャラの方が似合います。

私の方こそこれからもよろしくお願いします。
FC2さんとは,ときどきTB受信が不調になることも多いですが
そこは気になさらず,おつきあいをお願いいたします。ではでは。


2008.02.18 11:55 URL | なな #- [ 編集 ]

ななさん、こんにちは。
訪問&コメントありがとうございます。

クライブ演じるローリー卿は佇まいや視線がワイルドで魅力ありそうなんですけど、
内面がわかりづらかったですね。
クライヴ・オーウェンの作品ってあまり思い出せないなぁ・・・
出演作は結構見ているはずなんだけれども・・・

ななさん、こちらこそ今後もよろしくお願いいたします!

  from swallow tail

2008.02.18 13:55 URL | なな さんへ #- [ 編集 ]

こんにちは♪ TB、コメントありがとうございました。

ほんと、ケイトの為の映画・・・ですね。
そして、このシリーズが間違いなくケイトの代表作となりましたね。
美しくも勇敢な女性になれるケイト・ブランシェットという女優の
奥深さを改めて知りました。

当時のファッション、興味深いですよね~
ウィッグの数の多さにビックリ!
チリチリ頭が流行ってたんですね(^^)

2008.02.18 14:02 URL | non #FXbBe/Mw [ 編集 ]

こんばんわ。
ローリーにキスをせがむエリザベスの姿に
涙が垂れた私です。
同じ女性として共感できる部分がとても
多くて、もうそれだけで胸がいっぱいに
なる作品でした。

ケイト・ブランシェットの神々しさたるや
もう息をするのもためらわれるほどで。
その他のキャストなぞ私にとってはほとんど
いてもいなくても同じ的な存在感でした(苦笑)。

こういう歴史大作に出演する女優さんって、
胸元から溢れんばかりの胸の谷間が見える
ものだけれど・・・。
ケイトはあまりにも細すぎて、
むっちりグラマラスな感じじゃなかったのが
逆にエリザベスっぽかったかなって思います(笑)。

微乳族としては嬉しい限りだわ♪

2008.02.18 19:48 URL | 睦月 #- [ 編集 ]

こんばんはー。
これ、ケイトがあまりにもすごすぎてひとり舞台みたいーなんて思ってしまったけどケイトは「エリザベス女王」なわけだから、それでよかったんですよねー。
なんという威圧感!すばらしかったです。
女子としてはやぱり衣装やメイク。アクセサリーにも目を奪われますよねー。
あれらを身につけるだけでも大変だっただろうな。。。部屋中にかつらがあるとことか、おもしろかったです☆

2008.02.18 21:27 URL | きらら #- [ 編集 ]

こんばんは♪
お洋服が大好きなので、あんなにいっぱいお洋服が並んでてウイッグも並んでるお部屋を見られただけでも嬉しかったです(笑)
ウイッグを取った時の短髪のエリザベスがまたちょっと儚げで、女王姿とのギャップがよかったりしました。
ケイト好きだな~。

2008.02.18 21:59 URL | ミチ #0eCMEFRs [ 編集 ]

nonさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。

チリチリ頭(笑)
チリチリといったら東野さんを思い出してしまうじゃないですか(笑)
でも、エリザベスも強烈なスパイラルパーマでしたよね。
当時の流行でしょうか??
ファッションの歴史って奥深いですよね。

昔の人って、現代人よりももっと色彩に対する感覚が敏感だったと思うんです。
エリザベスが着ていた衣装も色合いが素敵で。
ひとことでブルーと言っても淡い水色から深い群青色までさまざまで
思わずウットリしてしまいました。

  from swallow tail

2008.02.19 19:46 URL | non さんへ #- [ 編集 ]

睦月さん、こんばんは。

ラスト、エリザベスがベスの子どもを抱いた時に当たる光が
まるで後光のようで・・・本当に神か聖母かという感じでした。
そういう手のとどかなそうな部分があるかと思えば、
ローリーにキスをせがむシーンでは思春期の乙女のようにはにかんで
「ああ、同じ女性なんだな」と親近感を覚えました。
エリザベスの魅力は姐さんの言うとおり
女を捨てたとか捨てないとか、そいういう話じゃないんですよね。

微乳族・・・(笑)
女性の胸は大きい小さいじゃないっすよ。
形と感触が・・・(照)
あ、卑猥かな(苦笑)
コメント送信できなかったりして。

  from swallow tail

2008.02.19 19:54 URL | 睦月 さんへ #- [ 編集 ]

きららさん、こんばんは。
コメントありがとうございます!

>ケイトは「エリザベス女王」なわけだから、それでよかったんですよねー。

はは(笑)
妙に納得させられる一言ですね。
でも、女王だからおっけーですね(笑)

そうそう、やっぱり女子とあらばファッション面にも注目してしまいます。
色鮮やかなドレスに目が奪われてしまいました~。
特にブルーは色のバリエーションが豊富で見ていて楽しかったです。

  from swallow tail

2008.02.19 23:17 URL | きらら さんへ #- [ 編集 ]

ミチさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。

歴史ドラマとしてもきちんと成り立っていて
なおかつコスチューム・プレイとしての要素も忘れていない興味深い作品でしたね。
スワロも劇中の目にも鮮やかなドレスに心惹かれてしまいました(照)

どのドレスもケイトに似合っていましたね。
ホワイト系からグリーン、ブルーとさまざまなドレスを着こなす女王。
特にブルー系のドレスは
ケイトの透き通るような肌にぴったりで惚れ惚れしちゃいました。

  from swallow tail

2008.02.19 23:25 URL | ミチ さんへ #- [ 編集 ]

swallow tailさん、こんばんわ!
コメント&TBありがとうございます。

エリザベスは甘い言葉も大好きだったようですよ。
寵臣から「あなたにお仕えするときは天国にいるようですが、
あなたがおいでにならないことは私には地獄の責苦以上のものです」
と言われ、かなり喜んでいたとか(笑)

この映画にもそういった側面がちらっと出てますね~。

2008.02.20 23:36 URL | moviepad #JalddpaA [ 編集 ]

こんにちは!

とにかくケイト!な映画でしたね~
絢爛豪華な衣装がまたよく似合うのv-238
衣装ばかりでなく、カツラもあんなにいろんなバージョンがあったとはビックリでしたが、
楽しませていただきました♪

クライヴ・オーウェンは『シン・シティ』以来
けっこう好きな俳優さんなのですが
今回は確かにちょっと中途半端な役だったかも・・・

2008.02.21 15:15 URL | kenko #Ngw0MIHM [ 編集 ]

moviepadさん、こんにちは。
訪問&コメントありがとうございます。
せっかくお出でいただいたのにお返事が遅くなってしまってすみません(涙)

>エリザベスは甘い言葉も大好きだったようですよ。
アマ~イ!!(照)
言われたらこちらが恥ずかしくなってしまいそうなほど甘いですね。
作品の中でも褒められたいというか
相手にもっと言わせるように仕組んでいるような印象もありましたからね。
こういう一面はやっぱり女性っぽいですね。

追伸
先日は貴ブログでmoviepadさんを装ってしまったとか・・・
全然気がつきませんでした(汗)
たいへん失礼いたしました。

  from swallow tail

2008.02.22 10:56 URL | moviepad さんへ #- [ 編集 ]

kenkoさん、こんにちは。
コメントありがとうございます~!

>カツラもあんなにいろんなバージョンがあったとはビックリでした
スワロもびっくりしましたー!!
しかもクリンクリンだし・・・
生え際の髪はことさらクリンクリンで凝視してしまいましたよ(苦笑)
ファッションの歴史って面白いですよね。
あ、この作品の趣旨とはちょっと違いますね。

クライヴ・オーウェン・・・
野性的な印象は受けたけれども、かといって魅力は感じませんでした。

  from swallow tail

2008.02.22 18:23 URL | kenko さんへ #- [ 編集 ]

こんにちは~、初めまして、スワロさん♪
お越しくださいまして、コメントまで戴き、有難うございます。

丁寧なレビューに、私の感じた全てがみっちり入ってました!
こんなレビューが書けたら―・・・ムリですが(笑)
そうなんですよね、、揺らいだ事はあっても恋に身を投じることはない、
あんな可愛いセリフを、握りこぶしで聞いていました(T-T。

またお邪魔させて下さいね~☆

2008.02.23 12:46 URL | kira #klq26XPE [ 編集 ]

kiraさん、こんにちは。
訪問&コメントありがとうございます!

>あんな可愛いセリフを、握りこぶしで聞いていました(T-T。
はは(笑)
握りこぶしで!?
キスというのがすごく清純で・・・
胸がキュンとなるシーンでしたよね。

お褒めいただいてありがとうございます。
なんだか照れてしまいますね・・・(照)
kiraさんは自分の気持ちや思ったことを正直に書いていらっしゃって、
そこがスワロは好きですよー!

  from swallow tail

2008.02.24 08:01 URL | kira さんへ #- [ 編集 ]

こんにちは☆

歴史なんて全く気にならないくらいに
エリザベス本人だけに焦点を合わせた
素敵な映画でしたね。
ケイト・ブランシェットは迫力満点で
すごくかっこよく感じました。
国家を愛し国家に尽くすなんて
並大抵の人間では出来ないですね。

2008.02.27 14:51 URL | ALICE #- [ 編集 ]

ALICEさん、こんばんは。
コメントありがとうございます~!

>歴史なんて全く気にならないくらいに
>エリザベス本人だけに焦点を合わせた
>素敵な映画でしたね。
はは(笑)
確かにひたすらエリザベスだけを捉えた作品でした。
ただ、史実がどうであろうと彼女の人となりがすごく良く伝わる作品でしたよね。
女性もバリバリ働いて社会的責任が大きくなってきた昨今、
女性にとってすごく共感的で励まされる内容にもなっていたと思います。

すごいかっこいいい・・・
そして、あんなドレスを着てみたい(笑)

  from swallow tail

2008.02.28 22:20 URL | ALICE さんへ #- [ 編集 ]

スワロさん、こんばんは

『ゴールデンエイジ』という題ですけど、正確には『ゴールデンエイジ直前』でしたね

昨今出会うとベッドへ直行してしまうペアが多い中で、「キスだけでがまんする」というのは確かに清らか~なものを感じます
ただご存知かもしれませんが、ローリー卿にはこのあと悲惨な運命が待ってるんですよね・・・
二股の報いでしょうか

2008.03.08 21:14 URL | SGA屋伍一 #TyXokUWg [ 編集 ]

SGA屋伍一さん、おはようございます。
コメントありがとうございます。

>『ゴールデンエイジ』という題ですけど、正確には『ゴールデンエイジ直前』でしたね
はは(笑)
また細かいところを突っ込みますね~

>昨今出会うとベッドへ直行してしまうペアが多い中で、
>「キスだけでがまんする」というのは確かに清らか~なものを感じます
えー、もしかしておスガさんは前者ですか?
恋は駆け引きですよ。
それは失敗する確立大だと思います!!
あ、違うか。

  from swallow tail

2008.03.10 05:25 URL | SGA屋伍一 さんへ #- [ 編集 ]

カフン日和ですねっ;
またまた嫌いな季節がやってきた・・・。
こんな昔には花粉症の人はいなかったんでせうかね??爆
キスを迫るエリザにローリーがくしゃみで応える…一同笑う…THE END…
あー、こんなんもおもろいですねー。殴

とにかく、私はけっこう笑いながら見ておりましたですえ。というか、最初からあまりはまれなくって、笑いポイントを見つけてはほくそ笑む見方でござりました。蹴

いやー、感動系でした。最後は聖母でしたものね。ケイトはやっぱりガラドリエルみたいな美しいエルフが好きだし素敵だ・・・ブツブツ・・・

2008.03.11 11:23 URL | シャーロット #gM6YF5sA [ 編集 ]

シャーロットさん、こんばんは。

花粉日和ですね~めっちゃ暖かいです。
スワロは幸いにも花粉症じゃないんです。
ただし、ダニアレルギーなので
タンスの奥から出してきた春物にちょっと反応しちゃったりします(涙)

はいっ!
アレルギーの歴史を調べてみましたよ~。
花粉症最古の報告は1533年か1565年、イタリアのものだと言われているそうです。
おおぅ!!
なので、エリザベスの時代にちょうど
「やだ~季節の変わり目だから風邪かしら??
 洟がでるし、くしゃみも止まらないわ~」
なんていう人が出始めたんでしょうね。
シャーロット脚本のくしゃみキッスも実現可能ですよ。
ただ、この時代のものは明確ではなく、19世紀に入ってから詳細がわかるようになったようです。
日本では1960年代のブタクサが最初の花粉症というのだから
かなり新しい病気ですね。

シャーロットさん、お気をつけあそばせ★

  from swallow tail

2008.03.13 19:01 URL | シャーロット さんへ #- [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://swallowtailchocolate.blog56.fc2.com/tb.php/270-4069aec3

エリザベス ゴールデン・エイジ
 『敵は、外にも中にも── そして私の心にも。』  コチラの「エリザベス ゴールデン・エイジ」は、2/16公開となった16世紀の英国を治めたヴァージン・クィーンことエリザベス女王1世の人生を描く歴史映画の10年ぶりの続編なんですが、早速観て来ちゃいましたぁ~♪ ...

2008.02.18 07:27 | ☆彡映画鑑賞日記☆彡

エリザベス:ゴールデン・エイジ
『エリザベス』のシェカール・カプール監督が、今回は女王の“黄金時代”を描いた歴史大作。主演はもちろん前作に続いて、エリザベス一世を演じるために生まれてきたかのようなケイト・ブランシェット。その他にジェフリー・ラッシュやアビー・コーニッシュ、クライヴ・オ...

2008.02.18 11:44 | 虎猫の気まぐれシネマ日記

『エリザベス:ゴールデン・エイジ』
監督:シェカール・カプール CAST:ケイト・ブランシェット、クライヴ・オーウェン、ジェフリー・ラッシュ 他 1585年、エリザベス1世...

2008.02.18 13:07 | Sweet*Days**

エリザベス:ゴールデンエイジ
【映画的カリスマ指数】★★★★☆  これぞ神の領域・エリザベス  

2008.02.18 20:30 | カリスマ映画論

映画 『エリザベス:ゴールデン・エイジ』
  ☆公式サイト☆『エリザベス』のシェカール・カプール監督が、再びケイト・ブランシェットを主演に迎え、エリザベス女王の“黄金時代”に焦点当てた歴史大作。当時ヨーロッパの最強国だったスペインとの宗教対立を軸に、君主として生きる女性の苦悩を画面に焼き付ける...

2008.02.18 21:26 | きららのきらきら生活

映画 【エリザベス ゴールデン・エイジ】
映画館にて「エリザベス ゴールデン・エイジ」 1998年の映画『エリザベス』の続編。 おはなし:1585年、イングランド女王エリザベス(ケイト・ブランシェット)は、いまだ気の休められぬ日々を送っていた。国内にはカトリックの強大な勢力があり、国外にはスペインをは...

2008.02.18 21:57 | ミチの雑記帳

エリザベス:ゴールデン・エイジ
エリザベス:ゴールデン・エイジ (2007 イギリス・フランス) 原題   ELIZABETH: THE GOLDEN AGE 監督   シェカール・カプール    脚本   ウィリアム・ニコルソン マイケル・ハースト       撮影   レミ・アデファラシン          

2008.02.20 21:51 | 映画のメモ帳+α

エリザベス ゴールデン・エイジ
私の名前はエリザベスよ!と言ったのは山田花子・・・

2008.02.20 23:08 | ネタバレ映画館

エリザベス:ゴールデン・エイジ
【ELIZABETH: THE GOLDEN AGE】2008/02/16年公開(02/16鑑賞)製作国:イギリス/フランス 監督:シェカール・カプール出演:ケイト・ブランシェット、ジェフリー・ラッシュ、クライヴ・オーウェン、リス・エヴァンス、ジョルディ・モリャ、アビー・コーニッシュ、サマン...

2008.02.21 16:37 | 映画鑑賞★日記・・・

エリザベス:ゴールデン・エイジ
【ELIZABETH: THE GOLDEN AGE】2008/02/16年公開(02/16鑑賞)製作国:イギリス/フランス 監督:シェカール・カプール出演:ケイト・ブランシェット、ジェフリー・ラッシュ、クライヴ・オーウェン、リス・エヴァンス、ジョルディ・モリャ、アビー・コーニッシュ、サマン...

2008.02.21 16:37 | 映画鑑賞★日記・・・

エリザベス ゴールデン・エイジ
JUGEMテーマ:映画館でみました! 2007年/イギリス 監督:シェカール・カプール 出演:ケイト・ブランシェット(エジザベス1世)    ジェフリー・ラッシュ(フランシス・ウォルシンガム)    クライヴ・オーウェン(ウォルター・ローリー)    リス・エヴ...

2008.02.21 20:40 | Lovely Cinema

「エリザベス ゴールデンエイジ(ELIZABETH:THE GOLDEN AGE)」映画感想
ケイト・ブランシェットがクイーンエリザベス1世を演じる2作目

2008.02.23 00:47 | Wilderlandwandar

エリザベス:ゴールデン・エイジ
敵は、外にも中にも──そして私の心にも。 原題 ELIZABETH: THE GOLDEN AGE 上映時間 114分 製作国 イギリス/フランス 監督 シェカール・カプール 脚本 ウィリアム・ニコルソン/マイケル・ハースト 音楽 クレイグ・アームストロング/アル・ラーマン 出演 ケイト・

2008.02.23 12:47 | to Heart

エリザベス:ゴールデン・エイジ
本日2作目は予告ではケイト・ブランシェットの迫力のある演技が印象的なエリザベス女王の続編です。あれから10年過ぎてもケイトの美しさに神々しさは全く色あせる事を知らないようです。 25歳でイングランド女王に即位したエリザベス。父王ヘンリー8世の遺志を継ぎ...

2008.02.27 14:52 | Alice in Wonderland

エリザベス~ゴールデンエイジ
豪華絢爛の黄金期へ

2008.03.11 11:17 | シャーロットの涙

映画『エリザベス:ゴールデン・エイジ』を観て~アカデミー賞受...
29.エリザベス:ゴールデン・エイジ■原題:Elizabeth:TheGoldenAge■製作年・国:2007年、イギリス■上映時間:114分■字幕:戸田奈津子■鑑賞日:3月8日、新宿アカデミー(歌舞伎町)■公式HP:ここをクリックしてください□監督:シェカール・カプール□脚本...

2008.04.15 23:15 | KINTYRE’SDIARY

エリザベス:ゴールデン・エイジ(ネタバレあり)
この映画を観に行こうと思ったのは前作の『エリザベス』が良かったのとアルマダの海戦があると聞いたから。 なのに『エル・ドラコ』ことドレイク船長が活躍するアルマダの海戦が・・・(涙)

2008.04.29 04:39 | エミの気紛れ日記

『エリザベス ゴールデン・エイジ』\'07・英・仏
あらすじ1585年、エリザベス1世(ケイト・ブランシェット)はプロテスタントの女王としてイギリスを統治していた。だが、欧州全土をカトリックの国にしようと目論むスペイン国王フェリペ2世(ジョルディ・モリャ)は彼女の失脚を画策する。そんな女王の前に新世界か...

2009.03.03 20:58 | 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ

『エリザベス:ゴールデン・エイジ』を観たぞ~!
『エリザベス:ゴールデン・エイジ』を観ました『エリザベス』のシェカール・カプール監督が、再びケイト・ブランシェットを主演に迎え、エリザベス女王の“黄金時代”に焦点当てた歴史大作です>>『エリザベス:ゴールデン・エイジ』関連原題: ELIZABETH:THEGOLDENAGEジ...

2009.03.08 22:20 | おきらく楽天 映画生活

エリザベス:ゴールデン・エイジ
この記事は、姉妹ブログ『写真と映画のブログ』『映画と写真のブログ』から転載されたものです。 エリザベス:ゴールデン・エイジ 1585年のヨーロッパは、二つの宗教が対立する時代だった。 カトリックを国教とするスペインと、プロテスタントを国教とする英...

2009.09.19 16:10 | モノクロのアニメ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。