スワロが映画を見た

スワロが見た映画について感想を書いていきます。
劇場映画、DVD、新作、旧作問わず映画のレビューを書きます。
コメント・トラックバック大歓迎。みなさまの積極的な絡みをお待ちしております。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |


原題:APOCALYPTO
製作年度:2006年
製作国:アメリカ
上映時間:138分
配給:東宝東和

監督:メル・ギブソン
原作:――
脚本:メル・ギブソン/ファラド・サフィニア
出演:ルディ・ヤングブラッド/ダリア・エルナンデス/ジョナサン・ブリューワー/ラオール・トゥルヒロ

story:
マヤ文明後期、中央アメリカのジャングル。ジャガー・ポー(ヤングブラッド)は、誇り高き狩猟民族の血統を受け継ぐ青年。妻や仲間たちと平和な村で暮らしていた彼は、ある日、間や帝国の傭兵の襲撃を受け、都会に連れ去られてしまう。干ばつを鎮めるための儀式に駆り出され、無残な生贄になる仲間たち・・・

感想:
最近では監督業がすっかり板についてきたメル・ギブソン。
数年前に公開された『パッション』が衝撃的でかなりの話題になったのも記憶に新しい。

人間のスピリチュアルなものに関心があるらしい彼は、
今度もマヤ帝国の自壊を背景に人間の持つ暴虐性と破壊と再生を描いている。

弱肉強食。
そんな言葉が息づく時代。
弱いものは強いものへと侵略されていく。

劇中の非侵略者民族への残虐行為はかなり酷い。
人間を人間として扱わない非道ぶりにすくむ思いがする。
竹にくくりつけて帝国へと運ばれるジャガーたちは物以下の扱いを受ける。
さらには彼らは生贄とされるのだが、
これもまた公開の場で心臓をえぐり取られ、ついには首を切り落とされる。
マヤに生贄信仰が存在したことは有名な史実だが、
神殿の上から切り落とされた首と胴体を落とすのは、
むしろ切り落とす行為以上に残忍に思えた。
そして、その儀式を見ている人々が熱狂していることにもかなりの恐怖を感じる。
人間とはこうも狂信的になれるものだろうか・・・

とことん残酷な前半シーン。
後半シーンは少し色味が変わり、アクションテイストですすんでいく。

緑のジャングルを疾走するルディ・ヤングブラッドは
クロスカントリーの選手というだけあって素晴らしい走りを披露している(笑)
映像からでも彼の身体能力の高さは良く伝わってくるが敬服ものだ。
そんな彼が緑と一体となり、自然を味方につけて追っ手に対抗するシーンは
文字通り手に汗握る。
前半の残虐シーンで目を閉じてしまった人も今度は目が釘付けになりそうだ。
こんなシリアスな作品にこんなワクワクする要素を入れてしまった
メル・ギブソンのセンスはやはり非凡なのだろう。

一部有識者の中ではこの作品に批判的な意見を持つ人もいるようだ。
マヤは農耕文化で狩猟はしないとか、一般民族を生贄にすることはなかったとか、
歴史に詳しい人はいろいろ言いたいこともあるらしい。
スワロも歴史を舞台にしているのなら
史実に基づいてできるだけ忠実に描いて欲しいと思う。
特に前半の村の侵略シーンの暴虐性や生贄の残虐性は
本当にそういう事実があったのだろうか?ここまで酷かったのだろうか?
と疑いたくなるくらい徹底して恐ろしい。
しかし、この時代の資料は乏しく、詳細を把握するのは困難だという。

新しい始まりを探す――
何かの終わりは、何かの初めであることもよくあるが、
今回についてはマヤ滅亡の経緯がよくわからなかった・・・

スワロ的評価:★★★





※※人気ブログランキングに参加しています※※
※※自分も『パッション』はわからなかったな~という方、下をぽちっと※※
クリックお願いします
スポンサーサイト

こんばんは

スワロさんはファンタジーは苦手でも史劇は好きなんでしょうか

この映画、私は昨年のベスト1だったんですが、年間ベストにあげておられるブロガーさんはあまりいませんでした
ところが、『映画秘宝』という頭の悪そうな映画雑誌(愛読者ですけど)で一番になってしまい、ちょっと頭を抱えてしまいましたよv-12

史実からはかなり飛躍してるみたいですけど、南米文明についてさらに興味を持つきっかけになったんで、そういう点ではいい刺激でした。特にマヤ・インカ展は良かった。いまもナスカ展というの上野でやってますね

学べた教訓は「戦いを有利に運びたいなら相手を自分のホームグランドまでひっぱってくること」(笑)

>マヤ滅亡の経緯がよくわからなかった・・・

ヨーロッパの人が持ちこんだ疫病のため、という説が有力視されてます。でも連中が来る前にすでに疫病が流行ってたような・・・

2008.02.16 21:06 URL | SGA屋伍一 #TyXokUWg [ 編集 ]

SGA屋伍一さん、こんばんは!
コメントサンキューです!!

史劇、大好きですよ~。
歴史が大好きで(詳しくはない)、
小学生の頃は「世界 不思議発見」を毎週欠かさず見て
考古学博士の吉村教授が大好きだったという赤面したくなる過去があります。
今でもエジプトやインカなどが出てくると見てしまいます。

なかなか面白い作品だとは思うけど、
スピリチュアルな要素や宗教的な要素で校正されているので
万人受けはしない作品でしょうね。
歴史考証もあやふやだという意見もあるので尚更厳しい・・・

ナスカ展、見に行きたいんですよ!
早く行かないともう終わっちゃう!!

  from swallow tail

2008.02.18 00:57 URL | SGA屋伍一 さんへ #- [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://swallowtailchocolate.blog56.fc2.com/tb.php/268-e41f1be1

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。