スワロが映画を見た

スワロが見た映画について感想を書いていきます。
劇場映画、DVD、新作、旧作問わず映画のレビューを書きます。
コメント・トラックバック大歓迎。みなさまの積極的な絡みをお待ちしております。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
アメリカン・ギャングスター

原題:AMERICAN GANGSTER
製作年度:2007年
製作国:アメリカ
上映時間:157分
配給:東宝東和

監督:リドリー・スコット
原作:――
脚本:スティーヴン・ザイリアン
出演:デンゼル・ワシントン/ラッセル・クロウ/キウェテル・イジョフォー/キューバ・グッディングJr/ジョシュ・ブローリン/デッド・レヴィン/アーマンド・アサンテ/ジョン・オーティス/ジョン・ホークス/RZA/ルビー・ディー/コモン/ライマリ・ナダル

story:
1968年、ハーレムの住民から親しまれていた黒人ギャングのボス、バンピーが急死した。15年以上彼の運転手を務め、彼の生き様を見ていたフランク・ルーカス(ワシントン)は暗黒街における世渡りのすべを彼から学んだ。そんなフランクの目にとまったのが、ベトナム戦争に出征した兵士たちの間に麻薬が蔓延しているというニュースだった。そこにビジネス・チャンスを見出したフランクは、ベトナムから純度の高い麻薬を直接仕入れ、マフィアのルートを通さず安価で売り莫大な利益をあげる・・・

アメリカン・ギャングスター 公式サイト

感想:
キャスト、スタッフともに超豪華な一本。
おまけに内容も骨太な秀作だ。

1970年代、NYに蔓延した麻薬犯罪組織の暗躍と
彼らを追う刑事たちの地道な捜査を描いた社会派ドラマ。
派手な要素は一切なく、フランク・ルーカスとリッチー・ロバーツという
二人の男の生き様を、淡々とでも強烈に見せて観客をひきつける作品だ。

60年代、NY。
この時代にバンピーに仕えたフランクは、
バンピーの生き様を見ながら自分の生きる道をもおのずと見出していく。
作品中では明確に描かれていないが、60年代といえばキング牧師が活躍した時代である。
63年にあの有名な演説があり68年に暗殺されたキング牧師の影響は
もちろんフランクにも多大な影響を与えた。
バンピーからは優しさと厳しさとビジネスの基本を学び、
イタリア系マフィアからはファミリーを大切にすることを学んだ。
そして、抜群の信頼感を周囲に与えるフランクは、
一匹狼でありながら独自の方法で麻薬売買で成功する。

一方、法学を夜学で学んでいるリッチー・ロバーツは悪と堕落がはびこる警察内部で
唯一正直さを失っていない刑事だった。
正義を貫き通す姿勢は当時の警察ではむしろマイノリティであり、
彼は警察内で孤立していく。
だが、たとえ一匹狼になろうとも彼もまた自分の信念を曲げない強さを持っていた。

フランクとリッチーは確固とした生き様、信念を持っているあたりは似たもの同士である。
物事の善悪が入り混じり、混沌とした世界で生き残るために
自分自身を見失わなように自分なりの信念を貫き通す。
しかし、その信念自体が善なのか悪なのか・・・
グレーゾーンが多く誘惑や危険が多い世界で生きていくには、
物事の善悪ではなく、利益や独善的な価値が優先される。
ギャング対警察というよりは一人の男としての生き様の対比に見えた。
このタイミングで出会った似たもの同士の二人が
お互いの人生やその時代の社会に大きな影響を与えたかと思うとゾクゾクする。

そんな激動の時代に静かに熱く生きたフランクを演じるのがデンゼル・ワシントン。
演技力に定評のあるオスカー俳優だが、実はこんなにじっくりと見たのは初めてだ。
噂に違わぬ演技力で、フランク・ルーカスという知らない人物に
すさまじい説得力をもった演技を見せてくれた。
常にポーカー・フェイスで紳士的な立ち居振る舞いのフランク。
人を殺めることにも抵抗を示さず、恐怖を感じる面もあれば、
物怖じしない姿勢やふとした時に見せる柔らかさで魅力をも感じる。
柔と剛、冷と暖を持ち合わせる非常に魅力的な人物を
D・ワシントンがさすがの演技力で十二分に魅せてくれた。

一方のR・クロウはマッチョなのかムニムニしているのかよくわからないが、
正義を貫き通す熱い刑事を好演していたと思う。
しかし、わたしの中でのR・クロウのピークは
『グラディエーター』と『ビューティフル・マインド』で
今回もあの時のような鋭い演技は見られなかったように思う。

ストーリー全体のずっしりとした重厚感とは対照的に、
ラストは意外なほどの爽快感を味わえる。
警察汚職を暴いた時のフランクの笑顔は何ともいえない輝かしさが垣間見えた。

『ジェシー・ジェームズの暗殺』のように淡々とすすむ作品かと思ったが、
157分間飽きることなく作品の勢いに飲まれるように見ていた。

スワロ的評価:★★★★★





※※人気ブログランキングに参加しています※※
※※やっぱりビューティフル・マインドのラッセルが好きだ、と思った方、下をぽちっと※※
クリックお願いします
スポンサーサイト

確かにラッセル・クロウは
マッチョって言うよりもムニムニでしたね(´▽`*)アハハ
けど、主演の2人は迫力があって
こうゆう映画にはぴったりでしたね。

2008.02.07 11:36 URL | miyu #- [ 編集 ]

こんちは

映画をよく観る前は黒人の顔があまり区別できませんでしたが、さすがに最近はいろいろわかってきました
デンゼル・ワシントンは去年『デジャヴ』という作品に出てましたね。劇中でしきりに「ハンサムハンサム」と言われてたのですが、わたしとしてはあまりそうは思えなかったりして
でも今回ぶっとい眉でガンガンいわしているデンゼルさんを見ていたら「こういうハンサムもありかもしれない」と思えてきました。いい加減ですね

ラッセル・クロウのほうはあのデコっぱちのヘアスタイルで覚えてたので、最初はこれまた微妙でしたが、観てる内になじんできました
スワロさんのおっしゃる「笑顔」も印象的でしたが、いけすかない上司に「てめえは鈍いから気がつかねんだよ、ばーか」と堂々と言ってのけたところもかっこよかったすね。いや、なかなかいえる言葉じゃありません


ところで自分、スワロさんにメール送ったんだけど・・・・届いてるかな?

2008.02.07 13:33 URL | SGA屋伍一 #TyXokUWg [ 編集 ]

スワロさんこんばんわ♪TB有難うございました♪

終始ビジネスマン風の衣装に身を包んで物腰穏やかなフランクですけど、時折見せる冷徹な表情を垣間見ると、『あ・・やっぱりギャングなんだ・・』と一気に現実に引き戻されてしまいますねぇw人込みのど真ん中で銃を撃つ大胆さも、最初観た時はフランクの弟たち同様ビックリしてしましました(^^;)

巧みに感情表現を使い分けてたデンゼル・ワシントンの演技も確かに秀逸でしたし、これでゴールデングローブ賞を逃したのが不思議に思えてきちゃいました。

2008.02.07 23:17 URL | メビウス #mQop/nM. [ 編集 ]

こんにちはー☆
ラッセル・クロウもデンゼル・ワシントンも私のイメージとは逆の役柄を演じたのにずっとみていると自然に思えてい来るのはさすが!の演技だったからなんだろうなー。
デンゼルはいい人風マフィアって感じだったけど、街中でいきなり人を殺したときは私もビビッてしまいましたー。
おおお!スワロさん★5こだぁ。。。
私ははまれなくて、、、ちょっと残念でした!まぁそんなこともありますよねー☆

2008.02.08 06:34 URL | きらら #- [ 編集 ]

こんばんわ。
昨日あまりにも深酒しすぎて、今日一日
すっかりグロッキーだった私です(涙)。
ウコンも効かない・・・っていうか最近
ウコンが効かない(苦)。仕事がメッチャ
きついわ(苦)。

スワロも堂々の5つ★!嬉しいなあ♪
これ、実は巷の評価があまりにも低くて
びっくりしてます。
私、かなり面白かったんだけどなあ。

最近、長尺の映画が多いね。
でもこんな風に見ごたえたっぷりな作品
ならウェルカムだわ~。

2008.02.08 18:01 URL | 睦月 #- [ 編集 ]

miyuさん、こんばんは。

そうなんですよ・・・ムニムニ(笑)
『プロヴァンス~』の時はもう少しスレンダーだった気がするんですけど、
こんかいは完全にムニムニしていましたね(苦笑)
ボディもメンタルもゆるんでしまうR・クロウ。
今後が心配ですね。

  from swallow tail

2008.02.08 18:29 URL | miyu さんへ #- [ 編集 ]

SGA屋伍一さん、こんばんは。
メッセージ届いたようで何よりです。
フリーメールだったので、spamに識別されちゃったかな?

『デジャヴ』はちょっと前にDVDでみましたよ。
なかなか良くできた作品だったと思いますが・・・
既に内容を思い出せません(苦笑)
あの時はあまり彼に注目していませんでしたね。
演技よりも内容を楽しむ作品だったので。
おスガさんも惚れ惚れしちゃったようね。

デコっぱち?
デコっぱちだったっけ、R・クロウ・・・??
でも、年々オッサンぽいヘアスタイルにシフトしていると思います。

  from swallow tail

2008.02.08 18:33 URL | SGA屋伍一 さんへ #- [ 編集 ]

メビウスさん、こんばんは。

>これでゴールデングローブ賞を逃したのが不思議に思えてきちゃいました。
同感!!
あんなに巧いのに・・・(涙)
くそっ!!
ダニエル・デイ=ルイスとはそんなにスゴイヤツなのか!?
『ギャング・オブ・ニューヨーク』に出演していたというけど、
今となっては思いだせないゾ!

でも、ロン毛が妙にセクシーだ(照)
デンゼルとは違った魅力が・・・

  from swallow tail

2008.02.08 18:59 URL | メビウス さんへ #- [ 編集 ]

こんばんは!
TBありがとうございました。
こちらのTBが反映されないようです。
ゴメンナサイ。

長さを感じさせない面白さでしたね~
二人の男の対比のさせ方が上手く見入ってしまいました。
デンゼルは流石の演技力でしたしカッコよかったですね~
時々悪い人なのを忘れそうになりました(笑)
ラッセルは『マッチョなのかムニムニしているのかよくわからないが』-ですが・・・後者ではないかと(汗)
私も彼は『グラディエーター』と『ビューティフル・マインド』の演技が最高!!って思います。

2008.02.09 00:45 URL | 由香 #- [ 編集 ]

きららさん、こんにちは。
コメントありがとうございます。

D・ワシントン=良い人、R・クロウ=悪い人、という構図ができているようですね。
逆のイメージ、という意見をかなりの方から聞きます(笑)
確かに、見ていてもデンゼルの演じるフランクは
良い人オーラが出ていましたよね・・・
紳士的なギャングで惚れ惚れしちゃいましたよ(照)

スワロはこういうテイストの作品が大好きなので評価高いですよ!
しかもD・ワシントンに萌えたし(笑)

  from swallow tail

2008.02.09 07:13 URL | きらら さんへ #- [ 編集 ]

睦月さん、こんにちは。
あー、今日も寒そうな気配。
というか、雪が降るって今お天気おねーさんが言ってた・・・

姐さん、飲みすぎです。
確か以前もウコンが効かなかったと仰ってましたわよ。
淑女たるもの節度を持って、嗜む程度に飲みましょう。
スワロなんて酎ハイ1本で顔が真っ赤ですよ・・・

うん・・・最近2時間半の作品は当たり前になってきましたよね。
先日、「映画を見たいけど、軽い気持ちで見たい」気分の時に
候補に挙がったコレと『ラスト・コーション』が長いのですごく悩んじゃいましたよ。
シリアス・ドラマになると殊に長くなる傾向のような気がします。
TVで放送されるようになったらどうなるんでしょ?

この作品、見事にスワロのツボを刺激してくれたので
燦然と★を輝かせました!

  from swallow tail

2008.02.09 07:21 URL | 睦月 さんへ #- [ 編集 ]

由香さん、こんにちは。

男と男のゴツイ作品でしたけど、見ごたえありましたね!
二人の、特にフランクのキャラクターがすごく人をひきつけるじゃないですか。
時々悪人っぽいフランクにビックリしちゃいました(笑)

やはりラッセルは由香さんから見てもムニムニ?
いつのまにあんなにオッサン化しちゃったんでしょう。

このブログではSPAMを防止するために
特定の禁止ワードが入った記事はTBを送信できないようになっています。
今回はその禁止ワードを使用する可能性が高いので
そのためにTB送信が巧くいかないのかもしれません。

  from swallow tail

2008.02.09 07:29 URL | 由香 さんへ #- [ 編集 ]

>一方のR・クロウはマッチョなのかムニムニしているのかよくわからないが、

あはは。
言い得てますねぇ~。
『グラディエーター』の時の様な精悍さは、チョットなかったですね(^^;)

2008.02.09 15:55 URL | Prism #EY6vSw5E [ 編集 ]

こんにちわ♪
今日は雪が降るそうな。
でも明日は晴れるそうな!
晴れてくれるだけで嬉しいです。雨+寒いだとお家と勇気を持ってサヨナラしなきゃいけないので(苦笑
というわけなので、仲良くしてあげてくださいね♪

フランクとリッチー、二人の人物はとても面白くって、二人の初対面なんかもかなりゾクゾクドキドキしたのですが、全体を変える力はありませんでしたー。
面白くなくはないのにー、退屈ではないのにーって感じです。
もともと苦手なんだからという感じで割り切ってはいるんですけど・・・
また今度頑張ろうと思います。

2008.02.09 16:00 URL | ななな #7qDEbzaw [ 編集 ]

TBを受け付けない理由。

同じFC2ブログなので、ちょっと気になったのですが、

「環境設定」  → 「ブログの設定」 → 「トラックバックの設定」 → 
「言及リンク」 → 「本文中に言及リンクの無いトラックバック」 → 『受け付けない』

になっていません?

初期設定は、『受け付けない』になっているので、変更しておいた方が、
他の映画ブロガーさんとの交流もし易くなると思いますよ。

2008.02.10 15:10 URL | Prism #EY6vSw5E [ 編集 ]

Prismさん、こんばんは。

TBのご指摘ありがとうございます。
自分、この機能知りませんでした・・・
最近はSPAM対策がいろいろ練られていますよね~。
アクセス制限やら禁止ワードやら。
有効なものもありますけど、
SPAMでないものもブロックしてしまったりして、ちょっと面倒ですね。

>友人たちの話を聞くと、浮気には事情があるんだと思います。
おやおや。
どんな事情であろうとも許せないのが女性の心理なのですよ(苦笑)

  from swallow tail

2008.02.11 01:19 URL | Prism さんへ #- [ 編集 ]

なななちゃん、こんばんはー。
そして、今日はありがとうございました。
ややアダルトな雰囲気でしたが(笑)楽しめましたか?
実はスワロもほとんどのメンバーがお初だったので緊張しましたよ(苦笑)

ってか、なななちゃんcuteだし!!
可愛くて頭がキレて文句ナシじゃん!
彼氏になりたいよ!!

あ、アタシそっち系じゃないから安心してね。

二人の対面シーンは確かにゾクゾクした。
ただ、天邪鬼なスワロは二人が対面したこと自体ではなく、
BGMに「アメージング・グレース」が流れていたことが要因かと・・・
見ながら「くそっ!卑怯な!!」と思った記憶がある(笑)

  from swallow tail

2008.02.11 01:39 URL | ななな さへ #- [ 編集 ]

ムニムニ・・・
あれはわざと太ったのでしょうか。
それとも詰め物?
私生活ではダメだけど、正義感が強いってキャラをうまくこなしていましたね~
もう一度観たいけど、体力が・・・

2008.02.11 23:00 URL | kossy #YaTS71PM [ 編集 ]

こんにちは!
お返事が激しく遅れて申し訳ありません。。。

スワロさん★五つ!!
観た後にあんまり評判良くないのを知って、なんでー??って思ってたのでなんか嬉しいです。

上映時間の長さを全く感じない面白さだったし、デンゼル・ワシントンはかっこ良かったし、音楽もサイコーだしで満足満足♪

ムニムニラッセルは、仕事でもプライベートでも自分に正直な人を違和感無く演じていましたね(笑)

2008.02.12 14:54 URL | kenko #Ngw0MIHM [ 編集 ]

kossyさん、こんばんは。
コメントありがとうございます!

>あれはわざと太ったのでしょうか。
うぅぅぅぅ~ん・・・
違うと思いますよ・・・
かつては役作りのために増量したこともあるようですが、
本作ではなんとなく中年太りが板についてきた印象を受けました。
・・・受けませんでしたか?

  from swallow tail 

2008.02.12 22:56 URL | kossy さんへ #- [ 編集 ]

kenkoさん、こんばんは。
コメントありがとうございます!

確かにこの作品あまり評価が高くないみたいですね。
スワロはかなりいい作品だと思ったんですけど・・・
面白かったですよね??
男のアングラな世界を描いた作品なので派手さは決してないのだけれども、
二人の演技とフランクとリッチーという人柄で
グイグイ引き込まれていきましたよ。

好き嫌いはあるので仕方ないですよね。
スワロは『スウィニー・トッド』で楽しめなかったクチですので・・・

 from swallow tail

2008.02.12 23:25 URL | kenko さんへ #- [ 編集 ]

こんばんは。
先日はお疲れ様でした。
実に楽しい時間をすごせましたが、思いっきり現実逃避してしまったので、その後二日ほど死にました(笑
この映画、思ったより賛否両論ですね。
私にとっては今年を代表する一本になりそうです。
深いけど、腹にもたれない、スマートな映画でした。

2008.02.13 23:51 URL | ノラネコ #xHucOE.I [ 編集 ]

ノラネコさん、こんにちは。
コメントありがとうございます!

いやいや、ああいう席ですから日ごろの鬱憤を忘れて
思いっきり現実逃避することも大事なんだと思いますよ。
ただ、その後ツケが回ってきてしまうんですけどね・・・(苦笑)

>深いけど、腹にもたれない、スマートな映画でした。
そうですね。
ギャング映画だけれども毒々しくなく、
また、二人の生き様も泥沼過ぎず、スマートな作品でした。

  from swallow tail

2008.02.14 07:22 URL | ノラネコ さんへ #- [ 編集 ]

こんにちは♪

2人が初めて顔を合わせるシーンが逮捕の時と言う演出もさること
ながら、対局の立場にいる2人が多くを語らずとも顔を合わせて行
くうちに互いを認めていく静かな空気を醸し出している様にすげぇ
シビれました。

先日はお疲れ様でした。
あまり話が出来なかったことに悔いが残るんで、次回は本作の2人
のように膝を突き合わせて映画談義しませう。
これを機に仲良くしてやってくださいね♪(゚▽゚)v

2008.02.15 10:17 URL | 風情♪ #s8w929I6 [ 編集 ]

風情♪さん、こんにちは。
コメントありがとうございます!

>局の立場にいる2人が多くを語らずとも顔を合わせて行くうちに
>互いを認めていく静かな空気を醸し出している
渋いんだけど、さわやかっ!
男同士のああいう雰囲気っていいですよね。
女同士がこういう感じになることはまずないのでね。
女子はさ・・・相手の一挙手一投足や言葉の端々から
相手の人となりを邪推するのよ。
女子はとにかくイメージ先行型なのよ(涙)
風情♪さん、女の世界は泥沼ですよ・・・

>次回は本作の2人のように膝を突き合わせて映画談義しませう。
えー。
それ、ちょっと抵抗ありますよ(苦笑)
昭和ゴジラとか平成ゴジラとかわかんないし!
スリーピー・ホロウ以前の作品はわかんないし!!

  from swallow tail

2008.02.16 08:17 URL | 風情♪ さんへ #- [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://swallowtailchocolate.blog56.fc2.com/tb.php/265-a23548b8

アメリカン・ギャングスター
 『けもの道を行く実在の男たちの、容赦なき闘いの人生!』  コチラの「アメリカン・ギャングスター」は、デンゼル・ワシントン、ラッセル・クロウ主演、リドリー・スコット監督の2/1公開となったR-15指定のノンフィクション・クライム・ムービーなのですが、早速観て

2008.02.07 11:00 | ☆彡映画鑑賞日記☆彡

アメリカン・ギャングスター(評価:◎)
【監督】リドリー・スコット 【出演】デンゼル・ワシントン/ラッセル・クロウ/キューバ・グッディングJr/カーラ・グギーノ/ジョン・オーテ...

2008.02.07 23:08 | シネマをぶった斬りっ!!

映画 『アメリカン・ギャングスター』
  ☆公式サイト☆『グラディエーター』の名匠、リドリー・スコット監督がメガホンを取り、しがない運転手から麻薬王にまで上りつめた男の一代記を骨太に描く。1970年代の初頭のニューヨークで、ハーレムを牛耳っているギャングのボスの運転手をしていたフランク・ルーカ...

2008.02.08 06:31 | きららのきらきら生活

『アメリカン・ギャングスター』
監督:リドリー・スコット CAST:デンゼル・ワシントン、ラッセル・クロウ 他 1970年代初頭、ハーレムを仕切っていたボスの運転手を...

2008.02.08 23:32 | Sweet*Days**

アメリカン・ギャングスター
苦手克服ならず。

2008.02.09 15:53 | 映画を観たよ

己の信念を愛した2人の男●アメリカン・ギャングスター
“自分”を捨て、“家族”を愛したギャングスター。 “家族”を捨て、“自分”を愛したポリススター。 『American Gangster』 アメリカン・ギ...

2008.02.10 15:02 | Prism Viewpoints

アメリカン・ギャングスター
【映画的カリスマ指数】★★★★★  『愚かな美徳』の果てに『真の正義』  

2008.02.10 15:52 | カリスマ映画論

アメリカン・ギャングスター
【映画的カリスマ指数】★★★★★  『愚かな美徳』の果てに『真の正義』  

2008.02.10 15:52 | カリスマ映画論

アメリカン・ギャングスター
巨匠リドリー・スコットが監督として手掛ける最新作は・・・デンゼル・ワシントンV

2008.02.12 14:55 | C note

拳銃の星 リドリー・スコット 『アメリカン・ギャングスター』
やあ、良い子のみんな! 「いきいき社会科」始まるよ! みんなはドラッグ大好きだよ

2008.02.13 08:11 | SGA屋物語紹介所

アメリカン・ギャングスター・・・・・評価額1800円
白黒を足して二で割れば、そこにあるのは灰色のアメリカ。 「アメリカン・ギャングスター」は、リドリー・スコット監督とラッセル・クロウ主...

2008.02.13 23:49 | ノラネコの呑んで観るシネマ

アメリカン・ギャングスター
 アメリカ  サスペンス&犯罪&ドラマ  監督:リドリー・スコット  出演:デンゼル・ワシントン      ラッセル・クロウ      キウェテル・イジョフォー      キューバ・グッディング・Jr 【物語】 1968年、ニューヨーク。黒人ギャングのボス、バ...

2008.02.15 10:18 | 江戸っ子風情♪の蹴球二日制に映画道楽

【映画】アメリカン・ギャングスター…それなりの大作だと俳優は若づくりになる?罠
毎月20日前後に長時間残業を発生させつつ苦戦している某出版物の仕事があるのですが、今月は何故か比較的スムーズに進行させることができました。…ということでここ数日も忙しかったわけでは無いのですが、PCゲームに明け暮れていた私なので、ブログは疎かだわ、寝不足だ...

2008.10.26 22:10 | ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画

『アメリカン・ギャングスター』\'07・米
あらすじ1968年、フランク・ルーカスは長年仕えたハーレムの黒人ギャングのボスの死後、独自の麻薬ビジネスを展開する。やがて大物マフィアをも出し抜く成功を手にするが目立たないことを信条にする彼の素顔はベールに包まれたままだった。一方、汚職がはびこる警察組...

2009.03.19 07:42 | 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。