スワロが映画を見た

スワロが見た映画について感想を書いていきます。
劇場映画、DVD、新作、旧作問わず映画のレビューを書きます。
コメント・トラックバック大歓迎。みなさまの積極的な絡みをお待ちしております。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
13/ザメッティ

原題:13/TZAMETI
製作年度:2005年
製作国:フランス/グルジア
上映時間:93分
配給:エイベックス・エンタテイメント/ロングライド

監督:ゲラ・バブルアニ
原作:――
脚本:ゲラ・バブルアニ
出演:ギオルギ・バブルアニ/パスカル・ボンガール/オーレリアン・ルコワン/フィリップ・パッソン

2005年ヴェネチア国際映画祭新人監督賞
2006年サンダンス映画祭ワールドシネマコンペティション(ドラマ部門)審査大賞
2006年ヨーロッパ映画才ディスカバリー賞

story:
グルジアからフランスへと移住してきたセバスチャン(バブルアニ)は、屋根修理の仕事で得るわずかな収入で家族とともに暮らしていた。仕事先の家主ジャン・フランソワ(パッソン)は裕福ではなかったが、ある儲け話を周囲に漏らしていた。そんな彼はある日、薬物の過剰摂取で命を落とす。その日の仕事を追えたセバスチャンは家主に届いた白い封筒を発見する。その中身はパリ行きの列車の切符とホテルの領収書だけ。死ぬ前に家主が漏らしていた儲け話が気になり、セバスチャンは単身ホテルを目指す・・・

感想:
正直、やや期待外れの内容だった。
何がイマイチだったかというと、
この作品のハラハラポイントがロシアン・ルーレットだとわかっていることと、
そこへたどり着くまでの過程が長いことだ。
セバスチャンがホテルを目指しているシーンは退屈で睡魔に襲われた。
そして、大金を賭けたロシアン・ルーレット・・・
なんとなくラストが予想できてしまうのが残念だ。

思うにこの作品、セバスチャンが手に入れた封筒が
ロシアン・ルーレットへの招待だと予告しない方がよかったのではないか?
「13人によるロシアン・ルーレット」。
これが与える衝撃はかなり大きいと思うのだが、
事前に知っているだけに衝撃はかなり緩和されている。
いざ、ロシアン・ルーレットそのものを見てもさほどハラハラはしなかった。
おまけに役者も全く知らないし、一体どこが見所なのだろうかと考えたくなるくらいだ。

それに、参加者の心理描写があまりない・・・
このロシアン・ルーレットに参加する人々の様子は興味深いものがあると思う。
極限状態に置かれた人間の精神的変化を描いている映画は数多いけれども、
「人を殺し、また、殺されるかもしれない」という二重のストレスはなかなか面白い。
輪になって立ち、拳銃を持ち、撃鉄を起こし、引き金を引く。
シンプルな作業だからこそ、頭の中は「殺す」「殺される」ことでいっぱいになる。
ストレスは重くのしかかり、体は異常発汗やふるえとして反応する。
精神的にもストレス飽和状態だ。
発狂したり、錯乱したりして当然の状況に陥る。
しかし、6番だけは平然としている。
そして、セバスチャンに対抗意識を見せる・・・
慣れだろうか?
しかし、死に直面したり、死を操ったりするストレスに慣れたくはないものだ。

B&W映像は非常に効果的だったと思う。
不気味な印象に拍車がかかった。
合図の白熱電球も、これから何か不吉なことが起こりそうだと連想させるのに
十分なほど不気味だ。

たしかにスリリングでショッキングな内容だが、
もうちょっと上手く見せたり宣伝してくれたらなぁ・・・と惜しい気がしてならない。

スワロ的評価:★+α





※※人気ブログランキングに参加しています※※
※※同じく手に汗握れなかった方、下をぽちっと※※

クリックお願いします
スポンサーサイト

こんばんわ。
スワロ、スウィーニーはまだ観に行けてないのかな?私は今日、2度目の鑑賞をしてきたの。初日初回でハリキっちゃった♪パンフが売り切れるのでは?と心配だったので。2度目の方が素晴らしかったわあ・・ああ、もう一度観に行ってしまうなあ、これは(照)。

つうことで、ザメッティですか・・・。
うーん、もうスワロの記事に書いてあることそのまんま私の感想なので特に言いたいことはないけれど・・・なんかさ、やたら『3』のつくタイトルの映画が最近多いよね。『ナンバー23』、『レベル13』、『スパイダーマン3』、『バイオハザードⅢ』

・・・なんなの!?偶然!?

2008.01.20 01:17 URL | 睦月 #- [ 編集 ]

睦月さん、こんにちはー。
スウィニー見に行ってきたわよー、昨日!!
姐さんはリピ観賞してきたのね!!
見れば見るほど、面白さがupするものねー。

>やたら『3』のつくタイトルの映画が最近多いよね。
たしかに・・・
『オーシャンズ13』に『ラッシュアワー3』それから姐さんの好きな『300』もだし『超立体映画ゾンビ3D』・・・
あ、違うかっ!
パイレーツもやLOTRとか3部構成ものも結構あるし。
恐るべし数字ですな・・・

  from swallow tail

2008.01.20 11:44 URL | 睦月 さんへ #- [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://swallowtailchocolate.blog56.fc2.com/tb.php/256-e4c5eaf9

13/ザメッティ
【映画的カリスマ指数】★★☆☆☆  最狂悪趣味デスゲーム  

2008.01.19 23:31 | カリスマ映画論

#53.『13/ザメッティ』
スタイリッシュな白黒映像を見て、これは見なければと、心が躍った。・・・

2008.01.23 03:14 | レザボアCATs

映画『13/ザメッティ』
原題:13 Tzameti 灯を中心に13人の男たちが輪になって取り囲む、男たちの手にはズッシリと重く黒光りする一物が・・トルコでは42人の選手で争われたという、死のゲーム・・ グルジアからフランスに移民してきた22歳の若者セバスチャン(ギオルギ・バブル...

2008.06.28 19:46 |     茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。