スワロが映画を見た

スワロが見た映画について感想を書いていきます。
劇場映画、DVD、新作、旧作問わず映画のレビューを書きます。
コメント・トラックバック大歓迎。みなさまの積極的な絡みをお待ちしております。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
再会の街で

原題:REIGN OVER ME
製作年度:2007年
製作国:アメリカ
上映時間:124分

監督:マイク・バインダー
原作:――
脚本:マイク・バインダー
出演:アダム・サンドラー/ドン・チードル/リヴ・タイラー/サフロン・バロウズ/ジェイダ・ピンケット=スミス/ドナルド・サザーランド/

story:
アラン(チードル)はニューヨークの歯科医。仕事は順調、美しい妻と愛する娘二人に恵まれ、他人から見れば文句のつけようのない人生を送っていた。ある日アランは9.11の飛行機事故で妻子を亡くし、消息がわからなくなっていた大学時代のルームメイト、チャーリー(サンドラー)を街で見かける。ボサボサの頭、だぶだぶの服にペン帰還を下げたその格好は、とても成功した歯科医とは思えない。アランは渋滞の車越しに呼びかける・・・

感想:
ニューヨーク同時多発テロが起こったのが2002年。
この事件は世界中に圧倒的な怒りと悲しみをもたらし、
事件後6年たった今でも人々の記憶のなかに新しい。
そして、この事件で人々が受けた傷はまだ癒えていない。

スワロの中ではコメディ・俳優としてのイメージが強いアダム・サンドラー。
その彼が本作では、9.11で妻子を失い
PTSD(心的外傷後ストレス障害)で社会生活がままならない男性を演じている。

この作品は、ストーリーがどうのこうのというよりも、
ただただアダム・サンドラーの演技が素晴らしかった。
彼の演技だけでも十分見る価値のある作品だと思う。
『レイン・マン』で自閉症の役を演じた
ダスティン・ホフマンの演技も非常に素晴らしかったが、
今回のアダム・サンドラーも甲乙つけがたい。

サンドラー演じるチャーリーは人との接触を経ち、
自分が責められていると感じたときは爆発的に怒り(易怒性)、
家族の話になるとパニックに陥る。
家ではTVゲームとキッチンのリフォーム。
人に会っても他人の気持ちを考えることができず、自分本位の言動が目立つ。
そのため、子どもじみていたり気ちがいのように見えたりする。

でも、徐々に単なる自分勝手や気ちがいではなく、
チャーリーが深く傷つき、深く苦悩していることが伝わってくる。

自分の感情をコントロールできなくて困っているのは、
チャーリーの周囲の人間ではなく、チャーリー自身なのだ。

もちろん、周囲の人間はチャーリーに振り回されて困惑し疲れている。
だが、チャーリー自身もそのことに気づいており、さらに困惑を深めている。
周りが困惑をあらわにするほど、チャーリーは余計に傷つく・・・
傷ついているのだが、今のチャーリーにはその上手な表現方法が見出せず
正反対な感情表出をし、周囲の誤解を大きくする。
「話せば楽になる」・・・
これは真実のようで真実ではない。
待つことは非常に大事なことであり、
話さないからといって相手に強要したり責めたりするのは全くのナンセンスだ。
その非常に繊細なチャーリーのこころが見ていて辛かった。
この役を演じたサンドラーは本当、すごいと思う。

と、サンドラーの演技をベタ褒めした感想になってしまったが、ストーリーも感動的。
チャーリーを助ける歯科医師アランは一見、成功した男に見えるが、
こころのどこかに生活に対する不満があり、チャリーと一緒にいることで自覚していく・・・
という展開は結構ありがちだが。
大なり小なり何らかの喪失感を感じている男が、
互いの友情を再確認しながら喪失感を埋めていくハートフルな話なんだろうが、
スワロはやはりチャーリーのPTSDが強烈過ぎてハートフルな印象は小さかった。

ドン・チードルはもともととても演技が上手な役者さんだと思っているし、
今回の役もうまく演じていたと思う。
サンドラーとの絡みもすごくいい感じで、
特に、チャーリーとジャム・セッションしてはしゃぐ姿は
楽しさがダイレクトに伝わってきた。
ドナルド・サザーランドはほんのちょっとの出演だけどやはりすごい貫禄だ。

余談だが、PTSDは最近よく使われる言葉で何年か前に某タレントと離婚した某タレントが
「家庭内暴力でPTSDに陥ったと」告白したが、
そもそもPTSDとは“生命に関わる”重大な災害や事件に関わった、ということが前提であり某タレントの言う家庭内暴力では単なるトラウマにしか当たらない。
また、同様の理由で性的暴行もPTSDになりえないなど、
あいまいな診断定義が多い精神科領域で、なかなか定義がガッチリしている疾患なのだ。

スワロ的評価:★★★★+α




※そうだね~『レインマン』も良かったケドね~と思う方、下をぽちっと※
クリックお願いします

スポンサーサイト

swallow tailさん、こんばんはe-274
おや!『レインマン』のダスティン・ホフマンに、アダム・サンドラーの今作品の演技を思い出すなんて、なかなかいいセンスですね!納得納得です。
チャーリーの心の痛みは、本当に辛くて、見ているこちらまで、心が砕け散ってしまいそうでしたよ・・・。
おっしゃる通り、俳優の演技を見るだけで価値のある作品だと私も思いましたよw

しかし本当、PTSDを軽く使ってる芸能人なんて、いたんですか(笑)軽々しすぎますねソレ。うぬう~。

2007.12.27 00:50 URL | とらねこ #.zrSBkLk [ 編集 ]

とらねこさん、おはようございます。
お返事が遅くなってしまってすみません。

『レインマン』のダスティン・ホフマンの演技も
ほんっとうに素晴らしかったですものね。
どこからみても100%自閉症という感じでした。
今回のチャーリーもすごく痛々しくて・・・(涙)

>しかし本当、PTSDを軽く使ってる芸能人なんて、いたんですか(笑)
某力士といい、最近の芸能界にもメンタルヘルスの波が訪れていますからね(苦笑)

  from swallow tail

2007.12.28 07:28 URL | とらねこ さんへ #- [ 編集 ]

こんにちわ。

≫「話せば楽になる」・・・
これは真実のようで真実ではない。

そうなのよね。
私がこの物語から強く感じ取ったのはその部分でした。
ぶっちゃけね、チャーリーの乱れっぷりにはいささかイラ立ちさえ感じたの。「お前、甘えんな!いい加減に立ち直れよ。」ってね。でもね、実は自分も周りのことなんかすっ飛ばして、とにかく自分の悲しみと絶望に陥っていた時期があったのを思い出したら・・・なんかすごく気持ちがグチャっとなりました。

ところでさ・・・すげー風邪ひいてさ。
昨日、待ちに待ったスウィーニーの試写会に行ったんだけど、38度の熱で(笑)。ジョニーにうかされてるのか、熱にうかされてるのか訳が分からず、のぼせのせいか涙まで垂れてきて・・・おかげさまで今悪寒と戦いながらブログやってます(苦)。

2007.12.28 15:07 URL | 睦月 #- [ 編集 ]

睦月さん、こんばんは。
ああ、寒い。
大事なジョニー主演作品の試写会に38℃のお熱なんて・・・
姐さん!自己管理がなってなくてよ!!
インフルエンザの予防接種は受けたの??
ノロ・ウィルスも流行っているのよ!!
手洗いうがい、マスク着用はしっかりしているの??

>チャーリーの乱れっぷりにはいささかイラ立ちさえ感じたの
・・・正直、スワロは途中で
「しまった・・・メンタル病んでる人の話か!
 PTSDっていうか、激しすぎてメチャクチャ精神病質じゃないか!疲れるな~」
って思った(苦笑)
チャーリーの易怒性と衝動性が見ていてちょっと嫌だったんだ。
仕事でこういう人に会う確立が高いし、
なんとなくこういう疲れはパスしたくて(苦笑)
いつの間にか引き込まれてしまったわ(笑)
似たような経験があると、自分に投影してしまって
恥ずかしいような自己嫌悪に陥りそうな複雑な心境になるよね・・・

  from swallow tail

2007.12.28 21:41 URL | 睦月 さんへ #- [ 編集 ]

こんにちはー。
悲しみに沈む時って自分に酔ってるもんですよ。爆
自分は不幸のどん底ーって状態にいるのがなぜか心地いいというかね。
だけど周り見ちゃうと自分よりもっとすごい不幸の人ってたくさんいるわけで、なんかそんなこと思ってる自分が悪いような気分になってくる・・・
って私だけかもですが;とにかく皆演技が良かったですねー。
うう、レインマン、見たくなっちゃったです。

2008.01.19 16:23 URL | シャーロット #gM6YF5sA [ 編集 ]

シャーロットさん、こんにちは。
コメントTHANK YOU♡です。

>悲しみに沈む時って自分に酔ってるもんですよ。爆
はは。
本当、(爆)な一言ですね。
でも、そういう時って周りも見えずに一人悦に入ったりしていることが多いですからね。
気づくと周囲は自分に愛想を尽かしていたり・・・
やっぱり、広い視野を持つことって大事ですよね!

そうそう、『レインマン』!
不朽の名作ですからねー。
しかもダスティン・ホフマンが若いし。

  from swallow tail

2008.01.20 11:35 URL | シャーロット さんへ #- [ 編集 ]

こんにちは。
まずは、アダムであり、ドンに拍手を・・と俳優の演技が光る作品でしたね。

けれど、内容については、なんだろうチャーリーには同情の目しかむけられない自分なんですよね。
現実、そのような体験をしていないからだし、周囲にもいないからだと思うのだけど。
鬱の人に対してもどう接していいのかわからない私。どうもこの手の分野は苦手なようです(^^;

2008.02.21 17:46 URL | たいむ #- [ 編集 ]

たいむさん、こんにちは。
コメントありがとうございます。

この作品は二人の俳優の演技が光る作品でしたよね。
ドンの静かで温かい演技はさすがでしたね。

>なんだろうチャーリーには同情の目しかむけられない自分なんですよね。
>鬱の人に対してもどう接していいのかわからない私
それが悪いということはないと思いますよ。
うつの人って特別な反応を示しますし、
付き合いやすいか付き合いにくいかと聞かれれば
圧倒的に付き合いにくいと思うんです。
実はテクニックが必要なんですよね・・・

  from swallow tail

2008.02.22 18:47 URL | たいむ さんへ #- [ 編集 ]

こんにちは~
DVDで観ました!
アダム・サンドラーには泣かされてしまいました。。
苦しんでる姿が痛々しくて・・・
人生相談のようなお話でしたよ。とても共感できました。
哀しみも人それぞれ大小があるけど、時間をかけて人は前へ進んでいくようになってるね、

2008.07.01 15:08 URL | アイマック #mQop/nM. [ 編集 ]

アイマックさん、こんばんは。
コメントをいただけてとてもうれしかったのに
お返事が遅くなってしまってごめんなさい。

>アダム・サンドラーには泣かされてしまいました。。
うんうん。
彼の演技はとても痛々しくてこころにずっしりと響きました。
どこか空虚で、感情コントロールができなくて・・・
スワロもものすごく胸が痛みました。

>哀しみも人それぞれ大小があるけど、
>時間をかけて人は前へ進んでいくようになってるね、
素敵なお言葉です。
きっと哀しみや負の体験がいつか自分のパワーへと昇華するんでしょうね。

  from swallow tail

2008.07.06 21:15 URL | アイマック さんへ #- [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://swallowtailchocolate.blog56.fc2.com/tb.php/246-6b05aa20

#197.再会の街で
キックボードに乗って街中を走り回るアダム・サンドラーの姿、これを見てすっかり見る気満々だったこの作品。アダム・サンドラー出演作、それほどたくさん見たわけではないけれど、ここまでシリアスな演技が上手な人だったんだ?!なんて驚き。予告ですっかり感動してまし...

2007.12.27 00:36 | レザボアCATs

『再会の街で』
□作品オフィシャルサイト 「再会の街で」□監督・脚本 マイク・バインダー □キャスト アダム・サンドラー、ドン・チードル、ジェイダ・ピンケット=スミス、リヴ・タイラー、サフロン・バロウズ、ドナルド・サザーランド、ロバート・クライン、メリンダ・ディロン■

2007.12.30 11:47 | 京の昼寝~♪

再会の街で
持つべきものは友?

2008.01.20 22:23 | シャーロットの涙

「再会の街で」みた。
「 9.11同時多発テロ」での被害者遺族の今を描いた友情の物語。甚大な数の命を奪ったテロでの被害者遺族の数は、その数倍にも及ぶ。しかし一口に「遺族」と括れないものがそこにあると知った。想い出を大切に生

2008.02.21 17:50 | たいむのひとりごと

再会の街で
【原題】Reignoverme 2007/米【監督】マイク・バインダー【出演】アダム・サンドラー/ドン・チードル/ジェイダ・ピンケット=スミス/リヴ・タイラー/サフロン・バロウズ/ドナルド・サザーランド【お話】ニューヨークのマンハッタン。歯科医のアランは、ある日、大...

2008.06.21 21:20 | tekinosukeの映画&たわごと日記

再会の街で
reign over me(2007/アメリカ)【DVD】 監督・脚本:マイク・バインダー 出演:アダム・サンドラー/ドン・チードル/ジェイダ・ピンケット=スミス/リヴ・タイラー/サフロン・バロウズ/ドナルド・サザーランド/ロバート・クライン/メリンダ・ディロン 話すことで...

2008.07.01 12:36 | 小部屋日記

mini review 08310「再会の街で」★★★★★★★☆☆☆
キャリアと家族に恵まれながらも人生にむなしさを感じる歯科医と、911の悲劇で家族を失い、自分の殻に閉じこもるようになった元歯科医の触れ合いと再生を描く感動作。主演は『50回目のファースト・キス』のアダム・サンドラーと『ホテル・ルワンダ』のドン・チードル。911...

2008.07.10 00:59 | サーカスな日々

映画「再会の街で」
原題:Reign Over Me 何度も出てくる"ワンダと巨像"はプレステ2のゲーム、どこか懐かしげな"鍋焼きうどん"ののぼり旗も登場・・・心を閉ざし重く憂鬱な人生、過去からの再生・・・ 歯科医のアラン・ジョンソン(ドン・チードル)が、ある日街で見かけた

2009.04.01 01:14 | 茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~

『再会の街で』を観たぞ~!
『再会の街で』を観ましたキャリアと家族に恵まれながらも人生にむなしさを感じる歯科医と、911の悲劇で家族を失い、自分の殻に閉じこもるようになった元歯科医の触れ合いと再生を描く人生ドラマです>>『再会の街で』関連原題: REIGNOVERMEジャンル: ドラマ製作年・製...

2009.05.24 21:54 | おきらく楽天 映画生活

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。