スワロが映画を見た

スワロが見た映画について感想を書いていきます。
劇場映画、DVD、新作、旧作問わず映画のレビューを書きます。
コメント・トラックバック大歓迎。みなさまの積極的な絡みをお待ちしております。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
マッチポイント

原題:MATCH POINT
製作年度:2005年
製作国:イギリス/アメリカ/ルクセンブルク
上映時間:124分

監督:ウッディ・アレン
原作:――
脚本:ウッディ・アレン
出演:ジョナサン・リス・マイヤーズ/スカーレット・ヨハンソン/マシュー・グード/エミリー・モーティマー/ブライアン・コックス/ペネロピー・ウィルトン

story:
ロンドンに住む元プロテニス・プレーヤーのクリス(マイヤーズ)。野心的なクリスは、彼がテニスを教えている大金もちのトム(グード)と親しくなり、やがて彼の妹のクロエ(モーティマー)と結婚する。クロエの父が経営する大企業でも重役ポストを与えられ、憧れの上流階級への仲間入りを果たす。だが、クリスはトムの婚約者のノラ(ヨハンソン)に惹きつけられていく・・・

マッチポイント 公式サイト

感想:
ウッディ・アレンが拠点をロンドンに移してから初めての監督作品。
ここのところのアレン監督作品とは一味違う大人の作品に仕上がった。

『マッチポイント』はテニス用語であるが、本作もテニスプレーヤーが主役だ。
しかし、スワロは同じくテニスを題材にした『ウィンブルドン』(未見)と勘違いしており、
一体いつ大好きなポール・ベタニーが出てくるのだろうかとワクワクしていた・・・
結局最後まで出てこなかった。

しかし、本作は勝手に勘違いして味わった落胆を払拭させるくらい面白い作品だった。

老年のウッディ・アレンが作ったのかと思うほど、スタイリッシュでスリリング。
人物描写もストーリーも巧みで文句なしの作品だった。
前半の恋愛中心のストーリーと後半のサスペンステイストのストーリーとが非常に巧みだ。

ノラに追い詰められるクリス。
クリスに追い詰められるノラ。
不倫とはいえ、愛し合っていたはずの2人が
お互いに苦しめあう結果になっていくのは皮肉だ。

妻との結婚生活も守りつつ、ノラとの不倫関係も続けたい。
お金も欲しいし、女もほしい。
自分の欲を優先させ安定した生活を守るためなら
赤の他人すら巻き込むことを厭わない自己中心的考え。
クリスは欲深い男だ。
一方のノラも、最初は追いかけられる存在だったものの、
いつの間にか彼に夢中になり追いかける存在に。
半狂乱のノラには女優を目指していた頃の美しさも気高さもなく、
みすぼらしい女へと没落していった。

非常にスリリングなサスペンス劇を見せられていたと思えば、
物語は呆気ないほど以外に幕を閉じる・・・
欲深い男はもっとも自分勝手な方法で不倫劇の幕引きを実行する。

真夏に屋外でアイスを食べていたら、
暑さで溶けたアイスが棒から落ちてしまったときの「あ・・・」という感じ?
決して派手などんでん返しではないけど「ギャフン」と言わされた。

運は予測不可能だ。
突然やってきて“幸運”にも“不運”にもなりうる。
テニスボールの気まぐれで勝敗が決まるように、クリスへの運の訪れも呆気ない。
しかし、運に頼る人は結構多い。
宝くじを買うのもそうだろうし、「○○で運を使い果たした」と言う言葉も聞く。
運も実力のうち、というほど重要視されている要素だ。
クリスもまた運を信じている。
上流階級のお嬢様を妻にし、美しい魅力的な女性が愛人。
「運に恵まれた」と呟いている。
一方で運に左右される人生に不安を感じ決着をつけようとするが
結局は運に救われている。
しかし、そんなクリスは勝者かといえばそうでもない。
明らかな敗者ではないが、
妻クロエの妊娠に対する欲求に付き合わなければならない苦痛が待っているようだ。

劇中には登場人物の心理状態や状況を説明するナレーションは一切なく、
また、それに相当するセリフもない。
だが、話を見失うことなく、ぐいぐいとストーリーに引き込まれていく。
BGMはほとんど使われておらず、テニスボールがラケットに当たる音だけが耳に残る。
だけど、その静かな感じがストーリーとよくマッチしていたし、
後半の2人の精神状態の高ぶりが際立っていて、すごく効果的だった。

今回、初めてスカーレット・ヨハンセンが素敵だと思った。
映画好きにはあまり芳しくない好感度の彼女だが、
前半の高飛車な女優の卵と後半の半狂乱の落ちた女の演じ分けがうまかったと思う。
特に半狂乱の様子は注目をひきつけるものがあった。
ノラ役は彼女じゃきゃ考えられない・・・と思ったほどだ。

スワロ的評価:★★★★★




※同じくアイスを落とすと悲しくなる方、下をぽちっと※
クリックお願いします
スポンサーサイト

こんばんはー。
私もこの作品好きです。
ちなみに「ウィンブルドン」とはテニスって以外、内容は全然違う映画だけど笑、
両方とも好き。

生まれながらに、運がある人っているんだよねー。
あーうらやましいな~。

2007.12.23 20:36 URL | すたほ #- [ 編集 ]

こんばんは☆
駆け引きがテニスのプレーとの比喩で上手く描かれていましたね。
私も本作は好きなんですよ。
ただスカちゃんに嫉妬してるだけで;笑

運というものは、自らが引き寄せているものと私は思ってるところがあるんですよ。
でもそれが本人にとって本当の意味で「幸運」とは一概には言えないのですよね。
宝くじが当たったとして億万長者になったとしても、遊んで暮らす自堕落な道を進んでしまったらそれは幸運とは言えないのと同じで。
アイスクリームは冬に食べるのが、これまた美味いのだー。笑

2007.12.23 23:31 URL | シャーロット #gM6YF5sA [ 編集 ]

v-352メリークリスマスv-255

ウディじいさん、もうかなりのお年なのにいつまでもおもしろい作品を提供してくれますねー。
今公開中の「タロットカード殺人事件」もとってもおもしろかったです☆
私もスカちゃんあんまり好きじゃなかったんだけど、タロットカードでやっと好きになってきました☆

2007.12.24 09:17 URL | きらら #- [ 編集 ]

メリークリスマス!

この映画ほんとに良く出来た脚本だと
今は思います。ネットのこっちか向こうかで
勝負が決まるテニスと、指輪の行方をかけて
オトしてるのが素晴らしいです。
「タロットカード」の感想を書くときに調べて驚いたんですけど、ウディ・アレンの映画で単独監督作品で2時間を始めて超えた
映画なんですよーこれ。アレンの中では
かなりの異色作・・というか他人が監督して
たと聞いてもそうかと思えそうなアレンらしくない映画とも思ってます^^でもやっぱり
凄い才能だなぁ

2007.12.24 20:37 URL | kazupon #mQop/nM. [ 編集 ]

すたほさん、こんばんは。
今日はクリスマス・イヴですねー。
ロマンティックな夜をお過ごしでしょうか??

そうです・・・
『ウィンブルドン』ってテニスプレーヤーの恋愛ものなんですよね・・・
そもそも違うものであることは知っていたんだけど、
いざ借りる時はものすごい勘違いをしていて・・・
もちろんサスペンスの『マッチポイント』をレンタルしたつもりだったんだけど
「あれ?ベタニーはどこ??」みたいな(苦笑)

最近、ポール・ベタニー見ないなぁ・・・

  from swallow tail

2007.12.25 00:19 URL | すたほ さんへ #- [ 編集 ]

シャーロットさん、こんばんは。

>ただスカちゃんに嫉妬してるだけで;笑
爆笑。
スワロの勝手だけど、シャーロットさんは文面から
きっととってもステキな人なんだろうなぁって想像していました。
それこそスカちゃんに嫉妬する必要もないほど。

今日はイヴにふさわしくいいお天気でしたけど、
スワロは夜勤明けで(しかも忙しくて仮眠ナシだった)家で寝てました(涙)
とことん寝てました・・・コタツで。
そして、夜はシングルの同僚と鍋・・・
さみしー!!

  from swallow tail

2007.12.25 00:33 URL | シャーロット さんへ #- [ 編集 ]

きららさん、こんばんは。
そしてメリークリスマス。

コンビにもスーパーも朝からクリスマス商戦で、
チキンとケーキのオンパレードですね。

>ウディじいさん
あ、なんかしっくりくる(笑)
ウッディ・アレンもなんとなく彼の風貌を表す名前だけど
“じいさん”もすごくシックリくるなぁ。

『タロットカード殺人事件』もみましたよ!
本作と違ってコメディタッチの作品でしたけど、
スワロはそっちも好きでした!
しかも、スカちゃんの赤水着!!

  from swallow tail

2007.12.25 00:41 URL | きらら さんへ #- [ 編集 ]

kazuponさん、メリークリスマス!!

>他人が監督してたと聞いてもそうかと思えそうな
ぬおー!!(笑)
でも、アレンっぽくないなって思った人も結構いますよね!?
スワロもタロット見るまではアレンの作品だとは思いませんでした。
失礼ながら「こんなにお洒落な人なのか・・・」と(苦笑)

うーん、アレン作品のおさらいでもしようかな。

  from swallow tail

2007.12.25 08:40 URL | kazupon さんへ #- [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://swallowtailchocolate.blog56.fc2.com/tb.php/243-73ff3706

映画「マッチポイント」
原題:Match Point 人生がすべて、テニスのネットの上のボールのように偶然で成り立っているなんて、偶然に支配されているなんて・・確かに運は大事、こうして悪が蔓延る? クリス・ウィルトン(ジョナサン・リース・メイヤーズ)は元プロテニスプレーヤーでコー

2007.12.23 11:33 | 茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~

マッチポイント
アイルランド人のクリスは、英国の上流階級に憧れる野心家。 高級テニス・クラブのコーチになり、金持ちの息子・トムと親しくなる。 ある日トムに誘われてオペラに行くと、トムの妹・クロエに気に入られる。 やがて交際が始まり、クリスはクロエの父親の会社の社員になり

2007.12.23 23:33 | シャーロットの涙

映画~マッチポイント
 「マッチポイント」公式サイト『運』ってやっぱりあるのかなぁ~?でも。。。なんともいえない後味!むかつく!やられた!アイルランド人のクリス(ジョナサン・リース・メイヤーズ)は、英国の上流階級に憧れる野心家。高級テニス・クラブのコーチになり、金持ちの息子...

2007.12.24 09:12 | きららのきらきら生活

マッチポイント
ウディ・アレンの映画は「インテリア」だ! ここ2年の新作公開ラッシュでそう思ってしまいました。 と言っても78年の監督作「インテリア」が原点だ!って事 じゃないんです・・。なんだそりゃ。 ウディ・アレン作品って物凄く狭い世界で物語が展開してて、 ...

2007.12.24 20:39 | It\'s a Wonderful Life

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。