スワロが映画を見た

スワロが見た映画について感想を書いていきます。
劇場映画、DVD、新作、旧作問わず映画のレビューを書きます。
コメント・トラックバック大歓迎。みなさまの積極的な絡みをお待ちしております。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
V フォー・ヴェンデッタ

原題:V FOR VENDETTA
製作国:イギリス、ドイツ
製作年度:2005年
上映時間:132分
公開:2006年4月22日

監督:ジェームズ・マクティーグ
脚本:アンディ・ウォシャウスキー、ラリー・ウォシャウスキー
音楽:ダリオ・マリアネッリ
出演:ナタリー・ポートマン、ヒューゴ・ウィーヴィング、スティーヴン・レイ

story:
近未来のイギリス。アメリカが第三次世界大戦を起こしたことから、アメリカはイギリスの植民地となる。厳しい独裁統制下で、外出禁止令時間帯の夜11時過ぎに外出したイヴィー(ポートマン)は、秘密警察に見つかり、身の危険にさらされる。危機一髪で彼女を救ったのは黒マントに仮面を身につけた“V”となのる者だった・・・

V フォー・ヴェンデッタ official HP
感想:
正直なところ、期待はずれでした。
これといった見せ場がなかったし、
ストーリーも急ぎすぎたのか荒かったような気がします。

しかし、メッセージ性の強い映画でした。
ナチを髣髴とさせる独裁体制のイギリス。
いや、サトラー議長は第二のヒトラーかもしれません。
だって、イギリスの国旗にカギ十字が入ってるんだもん・・・
あれはちょっとひきました。

一番気がかりなのは“V”の正体。
裁判所の破壊、TV局占拠、政治的主要人物の暗殺・・・
彼の目的は何なのだろうか。
自由を取り戻す救済者?
それとも昔の事件の復讐を果たすテロリスト?
国民の声の代弁者?
どの要素も兼ね備えた人物だと思いますが、
その詳細ははっきり言ってよくわかりませんでした。
彼の復讐の元となったガイ・フォークスの事件(11月5日の火薬事件?)
これが劇中で詳しく触れられていなくてよくわからない。
この事件と“V”の関係がよくわからなかった。
それから生物兵器の開発とそれに伴う水質汚染、児童被害・・・
全部の出来事がばらばらになって頭の中で関連図を描けませんでした。

さらに“V”の生い立ちもよくわからなかったし、
実験施設(?)から“V”に至った経緯もかなり端折っていて
すでにスワロの頭では理解不能。
『ハリー・ポッター』ですら1度見ただけでは理解できないスワロに
この映画を理解するのは初めから無理なことだったのかもしれません。
そして、テーマが重く、メッセージも多いため
2時間に収めるのは難しかったようですね。

そもそも“正義”を振りかざして人を殺したり、
犯罪を犯したりしていいものなのだろうか?
それは違うと思う。
その意識の違いがあるから“V”を理解できなかったのかもしれません。
しかし、“V”の巧妙な作戦で民衆が“V”化したことは印象的でした。
人々が自分たちの手で自由をもぎ取ろうと目覚めた様子は
見ていて少し晴れやかな気持ちになれました。

それにしても、“V”はスゴイ人物ですね。
あのナイフさばきといい、フライパンさばきといい。
スポンサーサイト

はじめまして、こんにちは。
TBありがとうございました。

たしかに「V」のフライパンさばきはすばらしかった!
剣さばきも。

背景の説明を長々とやってしまうとリズムが崩れるし、かといってはしょりすぎてもわからなくなるし、原作ありの話を映画化するのは難しいですね。

2006.05.02 16:26 URL | ウナ ノチェ #0uwWg0JQ [ 編集 ]

ウナ・ノチェさん、こんばんは。
そして、訪問&コメントありがとうございます。

“V”は相当器用ですね。
テロリストでなければ友達にしたいタイプです(笑)

そうですよね。
原作ありの映画化ってとても難しいですよね。
本だけでは読者のイマジネーションの中での展開になりますが、
映像になってしまうとどこを訴えたいのか明確にする必要がありますよね。
この作品の政治的メッセージは強烈でしたが・・・

  from swallow tail

2006.05.02 19:53 URL | to ウナ ノチェ さん #- [ 編集 ]

こんばんわ。
私も最初は重いテーマだと思い気構えていましたが、実際始まってしまうと、アニメのように思えて楽しめました。そうですよね。ほんとは政治的メッセージがあるんですもんね。
私は、小難しくないと解釈してしまいました。
またよろしくお願いします。

2006.05.02 23:13 URL | foo #- [ 編集 ]

こんばんは。TB&コメントありがとうございました!
私と一緒に見た友人も同じような事を申してましたよ。
話の背景はよくわからないというか、重要視して描いてないみたいな所もあるし、繋がらない。
でもあの仮面をかぶった男の美学は気にいってしましました。物語全体よりキャラクターが好きです。

2006.05.02 23:26 URL | charlotte #gM6YF5sA [ 編集 ]

fooさん、おはようございます。

fooさんはこの作品を楽しめたのですね。
この映画は人を選ぶようで、合う人合わない人様々なようですが、
スワロは後者に当てはまってしまいました・・・
アレコレ考えすぎちゃったのかしら・・・??
そんなわけないか。

  from swallow tail

2006.05.03 06:31 URL | to foo さん #- [ 編集 ]

charlotteさん、おはようございます。

charlotteさんのご友人も同じ事を仰っていたのですね。
スワロ、少し安心しました(?)
この映画は登場人物の
キャラクター性に注目したら楽しめた映画だったかもしれません。
考え出したらキリがないですからね。

  from swallow tail

2006.05.03 06:36 URL | to charlotte さん #- [ 編集 ]

TB、コメントありがとうございます(*^-^*)
Vの正体については色々な方が考察されてますね
原作がとても面白いらしいのですが、私もあまりのめり込めない1人でした(汗)
ただ印象に残ってるのはサトラー議長のドアップです( ̄∇ ̄;)

2006.05.03 07:46 URL | cherry@Cinemermaid #yx9fSxcY [ 編集 ]

お久しぶりです。jamsession123goです。
jamsession123goもスワロさんと同感です。
一言で言ってしまえば、もう一歩、って感じでしょうか。
もう少し、Vの人間部分を婦ローズアップした方が面白しろくなったのでは、と思っちゃいますね。

2006.05.03 08:12 URL | jamsession123go #- [ 編集 ]

スワロさん、こんにちは。
Vの正体や国家成立の流れなど
結構早口の「語り」を中心に表現されているので、
英語がわからない私も必死になってしまいました。
字幕ばかり読んでいて、俳優の顔や演技を楽しめないのは
やはり不利なだなぁと感じる今日このごろ。

Vのエプロンもイヴィーのロリータも
笑わせてもらいました。
そういった息抜き?も用意されているのmの
この映画が気に入った理由のひとつです。

2006.05.03 15:49 URL | ゆづ #G91RSZjw [ 編集 ]

cherryさん、こんばんは。

う~ん・・・
この作品は原作を読んだ方が理解しやすかったのでしょうか・・・?
でも、原作があるって知りませんでした・・・
サトラー議長はかなりドアップでの出演が多かったですね。
スクリーン越しに唾がかかるかと思いましたよ!
ある意味“V”よりも強烈な印象を与える存在でした。

  from swallow tail

2006.05.03 19:21 URL | to cherry さん #- [ 編集 ]

jamusession123goさん、こんばんは。

スワロも観劇前に予習しておけばよかったです(後悔・・・)。
やはり火薬陰謀事件など歴史ありきでつくられていた部分があったので。
“V”の人間性、存在について
もう少し背景にも踏み込んで描いてほしかったですね。

  from swallow tail

2006.05.03 19:27 URL | to jamsession123go さん #- [ 編集 ]

ゆづさん、こんばんは。

スワロも字幕を追うのに必死で、演技を全然見られないシーンもありました。
しかも、字幕にすらついていけないときも・・・
英語、勉強中なので頑張ります!

忘れてました、ロリータ・ナタリー!
びっくりしちゃいましたよ。
まさかあんなブリブリな衣装を着るとは。

  from swallow tail

2006.05.03 19:37 URL | to ゆづ さん #- [ 編集 ]

スワロさんこんばんわ♪TB&コメント有難うございました♪

Vの過去については自分も同感。謎めいている過去は、ヒーロー、アンチ、ダーク問わず重要な要素だけど、もう少し分かりやすくても良かったですね。
でも素顔が明かされない分、色々な憶測が飛び交っている映画なので、鑑賞した方のレヴューがとても興味深いです♪

2006.05.03 19:46 URL | メビウス #mQop/nM. [ 編集 ]

メビウスさん、こんばんは。
GWはいかがお過ごしですか?

脚本が少し甘い、という意見は多いようですね。
今のスワロは頭が働かないのでちょっと疲れる映画でした。
でも、謎めいているぶん、メッセージ性も強く伝わるのかもしれませんね。

  from swallow tail

2006.05.03 20:00 URL | to メビウス さん #- [ 編集 ]

今晩は☆ スワロさん、コメント&TBありがとうございました。これ私も正直言って期待はずれでございました(^^;)
ナタリーのロリータや、レズの人などなどウォシャウスキー兄弟の好みと思える場面が多々ありましたねー。でも内容は穴だらけで語りも多すぎて不親切な作りだと・・・
面白くなる要素はいくつもあったのになんだか残念に思いました。

2006.05.03 22:43 URL | mei #- [ 編集 ]

こんばんわ。スワロさん、いかがお過ごしですか?
うーん・・・実はね、睦月もこの作品をどう解釈すべきかよく分からなかったのよね。真面目なエンターテインメントって感じは分かるんだけど・・・少し回りくどかった印象があったの。だから3つ★だったんだけど・・・。それにしては若干詰めが甘かったような気もするし・・・。
Vありきって感じ。彼はなかなかキュートで好きでした♪

2006.05.04 02:51 URL | 睦月 #- [ 編集 ]

meiさん、おはようございます。

meiさんも期待はずれでしたか・・・
最近の予告はいいとこ集めなので期待してしまいますよね。
スワロもイマイチ派でしたが、楽しめた方もいらっしゃったようで、
見る人を選ぶ作品のようです。

レズの場面は異色者は排除する、
という冷酷な状況を伝える一部であったと思いますが
うまく活かされていなかったような気がします。
次に見る作品がHITであることを祈りましょう(笑)

  from swallow tail

2006.05.04 07:29 URL | to mei さん #- [ 編集 ]

睦月さん、おはようございます。
いつもコメントありがとうございます。
激烈感謝デッス!!

やはり・・・カリスマな睦月さんでもイマイチでしたか・・・
解釈が難しいですよね。
エンターテイメントとしてみればいいのでしょうが。

あらら★
外ではクール、内ではお茶目。
もしかして睦月さんの理想の男性ですか?

  from swallow tail

2006.05.04 07:34 URL | to 睦月 さん #- [ 編集 ]

はじめまして、突然のコメント失礼します♪
考えるのが大好きな私には今年一番な映画ですw

彼の人間的部分ですか?
たったワンシーンですが非常に印象的。
逆に掘り下げないからこそ意味深く効果的。
イヴィーを開放したあとのワンシーンです。
唯一「V」が仮面を外すシーンでですね。
(顔は映りませんがw)

テロリストとしての「V」
彼女に地下鉄を託しても発車してくれると
確信できるまで彼女を隔離し革命の母に育てた「V」
そして彼女を愛した人としての「V」
その彼の葛藤があの鏡を割るシーンでは?
仮面をつけたテロリストではなく
一人の男としてのやるせない気持ちが
鏡を割らせたのではないかと思うと泣けてきます。
まぁ、2度目にしてここに気づくのですがw

この映画とても重いと思います。
そして深いですよね。
問いかけが多くしかも模範解答は存在しない。
それが評価に繋がらない要因ですかね。
考えないで答えを享受したい人には無理な作品なのかもしれませんね。

スワロさんが思った疑問。
それこそは製作者の意図通りではないでしょうか?
それでよいのだと思いますよ。

彼は私的怨恨で国家要人の暗殺をします。
これは彼の主題の復讐ですね。
逆にオマケの革命^^;
これに関して彼は独裁者やその配下よりも民衆の怯懦を憎んでいます。
「V」がウォシャウスキー兄弟なら、
考えることを放棄してみるなというところでしょうか?
結構辛辣ですよね^^;

でも私は大好きだったので弁護しちゃいました♪

2006.05.27 01:49 URL | Sparrow #Qi8cNrCA [ 編集 ]

Sparrowさん、はじめまして。
訪問&コメントありがとうございます。

Sparrowさんは2度ご覧になったのですか。
1度では難しいかもしれませんね。
わたしは必死で字幕を追っているので洋画は1度では理解できないタイプです。
この作品は特に奥が深かったのでなおさらですね。
価値観に訴えかけるテーマなので、わたしも正解は存在しないものだと思っています。

Sparrowさん、コメントありがとうございました。

  from swallow tail

2006.05.27 15:10 URL | to Sparrow さん #- [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://swallowtailchocolate.blog56.fc2.com/tb.php/24-42a8a981

「Vフォー・ヴェンデッタ V for Vendetta」
2006年5月1日 仮面のヒーロー、「V」見参! 舞台は近未来のイギリス。第三次世界大戦終結後、疲弊したアメリカに取って代わったのは大英帝国。夜間外出禁止令を破って出かけた

2006.05.02 16:28 | AMOR ETERNO

Vフォー・ヴェンデッタ
国際フォーラムAホールにてここの会場は広すぎて好きではない。せっかくの舞台挨拶もオペラグラスがないと全然わからないっ!・・・マッチ棒位の大きさだったヒューゴ・ウィーヴィング…爆舞台挨拶後は観客全員で「V」の仮面かぶって写真撮影~{/kaminari/}ちょっと怖かった

2006.05.02 23:22 | シャーロットの涙

映画館「Vフォー・ヴェンデッタ」
予告で観ていた印象と結構違う感じがしました。なんといっても、仮面の男”V”がもっとアメコミヒーローちっくなのかなって思ったらそうでもなかった。でも、あの仮面を使って、おふざけにならなかったのは凄いねぇ。なんだか、イヴィーとVの関係が「オペラ座の怪...

2006.05.03 00:21 | ☆ 163の映画の感想 ☆

Vフォー・ヴェンデッタ
3回観ても意味不明だった【マトリックス】どうもこのシリーズは私には拒否反応があるらしい( ̄∇ ̄;)で、今日の映画鑑賞はそのシリーズの監督ウォシャウスキー兄弟による脚本の作品だったので、最初はまたダメかな~~~と思ったが予想に反して分かりやすく楽しめた♪

2006.05.03 07:44 | Cinemermaid

映画のご紹介(127) Vフォー・ヴェンデッタ
ヒューマン=ブラック・ボックス -映画のご紹介(127) Vフォー・ヴェンデッタ-Vは、全ての人々の心の奥に住んでいる。この映画を観る上で、知っておかなければならないことがいくつかある。これからこの映画を観....

2006.05.03 08:10 | ヒューマン=ブラック・ボックス

Vフォー・ベンデッタ
                                                    【映画的カリスマ指数】★★★☆☆  人々よ、゛V゛の意志に集え! 

2006.05.03 13:22 | カリスマ映画論

『Vフォー・ヴェンデッタ』
製作、脚本:ウォシャウスキー兄弟CAST:ナタリー・ポートマン、ヒューゴ・ウィーヴィング他第三次大戦後、独裁国家と化したイギリスでは、情報や国民の表現の自由は全て国家に管理され、操作されていた。そんな世の中を変えるべく、ある日「V」と名乗る仮面を付けたテ

2006.05.03 15:31 | *Sweet Days*  ~movie,music etc...~

Vフォー・ヴェンデッタ(評価:◎)
【監督】ジェイムズ・マクティーグ【出演】ナタリー・ポートマン/ヒューゴ・ウィービング/スティーブン・レイ/ジョン・ハート 【公開日】2006/4.22【製作】アメリカ【

2006.05.03 19:40 | シネマをぶった斬りっ!!

映画『Vフォー・ヴェンデッタ』
原題:V for Vendetta1605年11月5日、ガイ・フォークスは英国火薬陰謀事件で、36個の樽につめられた火薬の見張りと点火の任を帯び宮殿地下に籠っている所を逮捕される・・ 当時イングランドでの国教会優遇政策により弾圧を受けたカトリック教徒達が国王を議事堂もろとも

2007.05.16 01:52 | 茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。