スワロが映画を見た

スワロが見た映画について感想を書いていきます。
劇場映画、DVD、新作、旧作問わず映画のレビューを書きます。
コメント・トラックバック大歓迎。みなさまの積極的な絡みをお待ちしております。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
ベオウルフ

原題:BEOWULF
製作年度:2007年
製作国:アメリカ
上映時間:114分

監督:ロバート・ゼメキス
製作指揮:ニール・ゲイマン/ロジャー・エイヴァリー/マーティン・シェイファー
原作:――
脚本:ニール・ゲイマン/ロジャー・ジェイヴァリー
出演:レイ・ウィンストン/アンソニー・ホプキンス/ジョン・マルコビッチ/ロビン・ライト・ペン/ブレンダン・グリーソン/クリスピン・グローバー/アリソン・ローマン/アンジェリーナ・ジョリー

story:
6世紀のデンマーク。気高き戦士のベオウルフ(ウィンストン)は街を襲う忌まわしき怪物・グレンデル(グローバー)を退治しにやってきた。グレンデルを見事に退治したベオウルフであったが、街を恐怖に陥れているのはグレンデルだけではなく、冷酷で魅惑的なグレンデルの母親(ジョリー)も同様であることを知った。ベオウルフはグレンデルの母親を退治しに行くが、彼女の魅力に負け、ある契約を結ぶ・・・

ベオウルフ 公式サイト
感想:
この作品は、スワロが今年見た映画の中で最も評価の低い部類に属する・・・

もともとファンタジーはあまり好きなジャンルではないし、
おまけにアンジェリーナ・ジョリーも好きな女優ではない。
予告編でかなりグロテスクな描写を見て興味を引かれて観賞した。

予告編でやたらとCG処理が施されているアンジーが気になったが、
なるほど、全編を通してCGが施されているのね。
というか、こういうテクノロジーに疎いスワロにはアニメーションにしか見えなかった。
『ファイナル・ファンタジー』を見ている感覚に近いだろうか。
人間の仕草や布の柔らかさなどにとてつもなく大きな違和感を感じて、
結局最後までそのことが気になってほとんど映画に集中できなかった。

おまけにアンソニー・ホプキンスやジョン・マルコビッチなど
なかなかの大物俳優を起用しているにもかかわらず、
あの映像のおかげで彼らの演技を十分に楽しむこともできなかった。
ちなみに、スワロはマルコビッチにもロビン・ライト・ベンにも気づかず、
映画を見て確認できた登場人物はアンソニー・ホプキンスとアンジェリーナ・ジョリーだけである。

ストーリーのベースとなっているのは最も古い英語叙事詩だそう。
英雄もののオーソドックスな話といっていいだろう。
善と悪、嘘と虚栄、富と名声とその代償。
国王フロースガールは手に入れた富と名声の代償に苦しんでいた。
街を襲うグレンデルは自分の地位を守るために
肉体的契約を交わした妖女と自分の子どもなのだ。
代わってグレンデルを退治したベオウルフも
実はそのモ妖女と肉体的契約を交わして英雄の地位を手に入れた。
人間は弱い。
欲に溺れ、権力や財力を手に入れようと理性を失うことは稀ではない。
皮肉な連鎖が街を平和から遠ざけている。

英雄もののストーリーではあるが、「父対息子」という軸もある。
「エディプス・コンプレックス(去勢不安)」も描いているような印象も受けた。
が、こちらはなんとなく曖昧でスッキリしないまま話が終わってしまった。

ストーリーに対する疑問はまだまだ尽きない。
フロースガールからもらった竜の角にどれほど深いメッセージがあったのか。
グレンデルの母親があの街や国王フロースガールとどのような因縁があったのか。
マルコビッチ扮するアンファースは一体何をしたかったのか。
ストーリーのところどころが漠然としている。

確かにCGを使っているので超人的なアクションが満載だが、
モンスター退治でもそんなにワクワクハラハラすることなく、ひねりも効いていない。

坊主憎けりゃ袈裟まで憎い状態で、
公式サイトが充実しておらずBGMが消せないこともイマイチだ。

全体的に中途半端な印象だった。
映像も、ストーリーもなんだか腑に落ちない。

スワロ的評価:★




※やっぱりなんとなく楽しめなかった方、下をぽちっと※
クリックお願いします
スポンサーサイト

こんにちは♪

あー!私もロビン・ライト・ペンは分かりませんでしたー。
人間達はかなり不自然な動きだったけど、怪物たちはすごかったですねー。3Dで迫力アップ!普段はグロイの苦手なのだけど、今回はじーっと見ちゃいました☆
「結局男ってやつはぁ、、、」みたいなラストにビックリ!唖然ですぅ~

2007.12.16 13:53 URL | きらら #- [ 編集 ]

きららさん、こんにちは。
晴れた日の昼下がり、いかがお過ごしですか?
ちなみにスワロはこれからTSUTAYAで『舞妓HAAAAN!!!』か
『マルホランド・ドライブ』のどちらかをレンタルしようかと悩んでいたところです。

3Dは迫力upでしたか?
スワロは一度、ユニーバーサル・スタジオで3Dのアトラクションに乗りましたが、
襲い掛かってくる銃弾に悲鳴を上げてよけまくっていたので
今となっては3Dで観賞しなくて良かったのかと思っています。

>「結局男ってやつはぁ、、、」
本当ですよね(苦笑)
いつの時代も変わらないもんなんですね~。

  from swallow tail

2007.12.16 14:08 URL | to きらら さん #- [ 編集 ]

コメントどうもでした~♪
>あの映像のおかげで彼らの演技を十分に楽しむこともできなかった。
CGのせいで、俳優の印象が希薄な映画になってる気がします・・・
印象に残ってるのって、アンジーのスーパーボディだけやん!?俳優さんは、アレでエエのかなぁ・・・(・・;)

2007.12.16 19:25 URL | はっち #OTYWUAPw [ 編集 ]

はっちさん、こんばんは。

>CGのせいで、俳優の印象が希薄な映画になってる気がします・・・
仰るとおりです!
阿藤快ふうに「なんだかなぁ~」と連呼したい作品でしたよ。
はっちさん、もしかしたらアンジーのスーパー・ボディーすら
CGの産物かもしれませんよ・・・
レイ・ウィンストンはCGでシェイプされてましたから。
ひっひっひっ。

あ~。
たった今、高橋大輔の美しいスケーティングに見惚れてしまいましたよ(照)

  from swallow tail

2007.12.16 19:40 URL | to はっち さん #- [ 編集 ]

拙宅にお出でくださりまことにありがとうございました

スワロさん、実はお気に召してなかったんですね、この映画

わたしはまあまあ楽しんだクチです(怪獣好きなので)が、酷評を読んでも腹は立ちません
本気で好きな映画っていうのは悪く言われると「ちくしょおお」とトイレで号泣したくなるのものですが(笑)

>ストーリーのところどころが漠然としている

まあ「わかんないところは自分で好きに解釈してケロ」ということなんでしょうね
ラストがまさにそんな感じでした
そう、男ってのはいつの時代も煮え切らないものなのです(笑)



2007.12.16 22:40 URL | SGA屋伍一 #TyXokUWg [ 編集 ]

SGA屋伍一さん、こんばんは。
睦月さんにはスワロもとてもお世話になっています。
実は、ひそかに睦月さんのブログで
「レトロなお名前の方だぁ~」と気になっておりました(照)

ええ・・・
この作品はスワロのツボを大きくはずれてしまいました。
メンタルが幼いので嫌なものの中に長所を見出さないので
結果批判だけになってしまいました。
この作品はわかる方がご覧になると評価が高いようで二分されていますね。
何はともあれ、SGA屋伍一さんを
トイレに閉じ込めるようなことにならなかったのが幸いです。

次回はSGA屋伍一さんを傷つけないように
トイレに閉じこもって
感想を熟慮したいと思いますので今後もよろしくお願いいたします。

  from swallow tail

2007.12.16 22:55 URL | to SGA屋伍一 さん #- [ 編集 ]

こんばんわ。

≫公式サイトが充実しておらずBGMが消せないこともイマイチだ。

ヤバイ、この一文がツボった(爆笑)。
なにもかもヒドイ・・・ヒドイ(笑)。
この物語って、もっと突き詰めればかなり
壮大なスケール感で楽しめたり、
考えさせられたりする内容だと思うのに、
ホントに詰めが甘い。詰めるべきところを
詰めてないってのが問題ありっす。

ところで・・・
おおお!!プロフに写真がああ!!
しかも応援している俳優にグリの名前が!!

クローズ、観なはれ。

ちなみに、スワロから教えてもらった
ダーウィンアワード、私も観たよ♪
情報くれてサンキューね♪

2007.12.17 18:48 URL | 睦月 #- [ 編集 ]

姐さん、こんばんは。
コタツの温度調整ができず、足元だけが熱いスワロです。

あの公式サイト・・・どうよ!?
本編はあんなにディテールにこだわってたのに。
あ、でもこだわったのも映像だけでストーリーは甘々だったか。
それを考えたらあの公式サイトのクオリティはあのレベルか。
結構低音がずっしりとした曲で「ずっと聞いていたい」と思わせるものではないので
さっさと消音したかったんだけどね。

プロフの写真はこのブログのマイナー・チェンジの一環で。
もう少しスワロの人となりも伝えたいから
わかりやすく妙ちくりんなアングルの写真を掲載しました。
これで少なくともスワロは女性だということがわかります!

  from swallow tail

2007.12.17 19:38 URL | 睦月 さんへ #- [ 編集 ]

スワロさん
コメントありがとうございました。
この映画のスタイルって俳優たちのデータを
とりこんで、アニメで作る手法なようなんで
演技はアニメーターがさせているって
事になるみたいなんですよね。だから豪華な
俳優が出てるのに、なんかこう深みがない
感じがしたんだろうなーって思いました。
これからも覗きにきますね!どうぞよろしく
お願いします。

2007.12.18 19:01 URL | kazupon #mQop/nM. [ 編集 ]

スワロさんこんばんは!
Cnoteのkenkoです。コメントいただいてましたのに
お返事が遅くなりました!

>スワロが今年見た映画の中で最も評価の低い部類に属する・・・

そうなんですね(笑)
私もこれは結構期待していただけに、残念な印象ばかりが残ってしまった作品でした。
全編CGであることにも、3Dであることにも
最後まであんまり馴染めなくて・・・
グレンデルやドラゴンのシーンは好きだったんですけどねぇ~

またお邪魔しまーす♪

2007.12.18 23:06 URL | kenko #Ngw0MIHM [ 編集 ]

kazuponさん、こんばんは。
訪問&コメントありがとうございます。

>俳優たちのデータをとりこんで、アニメで作る手法
うーん、手が込んでるなぁ(苦笑)
最近の映像技術はすごいですよね。
でも、アニメーターが演技指導しているのか!!
不思議な感じがしますね。

kazuponさん、ぜひまたいらしてください。
スワロもkazuponさんのブログへお邪魔させていただきます。

  from swallow tail

2007.12.18 23:11 URL | kazpon さんへ #- [ 編集 ]

kenkoさん、おはようございます。
今朝は一段と冷え込んでいますね~。
ホットコーヒーが口内炎にしみます(涙)

この作品は思ったほどヒットしてないんじゃないかしら?
観客もそんなにいなかったし。
予告編ではやたらとアンジーが出ていて、
アンジーがとっても重要っぽいのに実はそうでもない(苦笑)

手間ひまかけたCGや3Dも諸刃の剣ですね。

kenkoさん、よかったらまたいらしてくださいね。
  
  from swallow tail

2007.12.19 07:02 URL | kenko さんへ #- [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://swallowtailchocolate.blog56.fc2.com/tb.php/238-966dcb06

ベオウルフ/呪われし勇者・・・・・評価額1600円
ロバート・ゼメキス監督の「ベオウルフ/呪われし勇者」は、8世紀ごろに書かれた北欧を舞台とした英雄叙事詩の映画化。 一見すると実写だが、実は俳優の演技は全てパフォーマンスキ...

2007.12.16 00:29 | ノラネコの呑んで観るシネマ

映画「ベオウルフ/呪われし勇者」
原題:Beowulf いかにも本物っぽくないものがいっぱい登場してくる・・だけどいつのまにかすっかりそのデジタルシネマの、英国文学最古の英雄叙事詩の、世界に浸れる・・ ここは6世紀のデンマーク、老国王フローズガール(アンソニー・ホプキンス)が王妃ウィ

2007.12.16 11:19 | 茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~

映画~ベオウルフ/呪われし勇者 3-D
  ☆公式サイト☆イギリス文学の「指輪物語」にも影響を与えたという歴史上最古の英雄叙事詩を、『ポーラー・エクスプレス』のロバート・ゼメキスが映画化。伝説的な英雄たちの時代を舞台に、最高の戦士ベオウルフの壮絶な戦いが展開する。6世紀のデンマーク。フローズ

2007.12.16 13:50 | きららのきらきら生活

ベオウルフ 2007-64
「ベオウフル」を観てきました~♪ 呪われた王国を救うため、勇者ベオウルフ(レイ・ウィンストン)は荒海を乗り越えやってきた。王国の戦士がかなわなかった、グレンデルを撃退するが、その母親(アンジェリーナ・ジョリー)の怒りをかう・・・ 人気Blogランキ...

2007.12.16 17:16 | 観たよ~ん~

狼男じゃないよ ロバート・ゼメキス 『ベオウルフ』
いやあ、年末ですねえ。 みなさんは「年末」に必要なものってなんだと思いますか? 

2007.12.16 22:42 | SGA屋物語紹介所

ベオウルフ/呪われし勇者
【映画的カリスマ指数】★★★☆☆ 本当のユウシャはこのあ・た・し 

2007.12.17 20:06 | カリスマ映画論

ベオウルフ/呪われし勇者 (2D版)
ロバート・ゼメキス監督なので全く予備知識 ナシで良く行くシネコンに足を運んだんですが、 後で公式サイト見てびっくり。 これって本国ではIMAXシアターメインで上映していて、 日本でも一部の劇場では3Dメガネをかける3D版で 上映しているそうですね。 自...

2007.12.18 19:03 | It\'s a Wonderful Life

ベオウルフ/呪われた勇者
映画館に行くまで知らなかったけど、なんとこの作品フツーのフィルム上映の他に3D

2007.12.18 23:08 | C note

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。