スワロが映画を見た

スワロが見た映画について感想を書いていきます。
劇場映画、DVD、新作、旧作問わず映画のレビューを書きます。
コメント・トラックバック大歓迎。みなさまの積極的な絡みをお待ちしております。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
ディスタービア

原題:DISTURBIA
製作年度:2007年
製作国:アメリカ
上映時間:104分

監督:D・J・カールソー
製作指揮:アイヴァン・ライトマン/トム・ポロック
原作:――
脚本:クリストファー・ランドン/カール・エルスワー
出演:シャイア・ラブーフ/キャリー=アン・モス/デヴィッド・モース/サラ・ローラー/アーロン・ヨー

story:
父親を自動車事故で亡くして自暴自棄になったケール(ラブーフ)は、学校で暴行事件を起こし、裁判所から3ヶ月の自宅軟禁処分を言い渡される。半径30mを超えると警察に通報される監視システムを足首に取り付けられ、自宅内で退廃的な生活を送るうちに、退屈しのぎに何気なく近所の覗き見を始めることにする。やがて、窓の外に見える光景に好奇心を抱き始めたケールは、隣に引っ越してきた同級生アシュリー(ローラー)と、親友のロニー(ヨー)の3人で「覗き見ゲーム」にのめりこむ・・・

感想:
自宅軟禁という超ストレスフルな環境におかれたとき、人間はどんな反応を示すのだろうか。
抑うつ的になったり、攻撃的になったり、
あるいは急性の精神病のような状態に陥るかもしれない。
主人公のケールは自宅軟禁で最初は退廃的になっていく。
食べて、寝て、ゲームをして、寝て・・・
そんな彼が自宅軟禁後初めてとった建設的な行動が「覗き見」。

これは・・・どうだろう・・・
意外とハマるんじゃなかろうか。
相手や第三者にバレないようにするというスリリングな行為は非常に興奮するのだと思う。
有名なところでいうと、ミラーマンと称された植草氏は
大学院教授という高いステータスを持ちながら、
一方で女子高生のスカートの中を鏡を使ってまで覗いていた。
一般的にも性的な興奮を誘うらしく、盗撮もよくある犯罪だ。

ケールも覗き見にハマっていった。
そもそも、ケールという人物はまったく掴み所のない人のように思う。
(ケールを演じたシャイア・ブラーフは『トランスフォーマー』でも主役を演じていたそうだが、
まったくスワロの好みじゃなかった。)
オタクっぽくない?
アキバ系なかおりがする・・・
オタクっぽいだけではなく、ストーカー的な要素も持っているようだ。
気になる女性アシュリーがパーティーを開き、男性と一緒にいるのを見て嫉妬する。
嫉妬するだけでは足らず、雰囲気をぶち壊す音楽を大音量で流す迷惑行為までしている。
一体どんだけ反社会的な行動を重ねるつもりなのか。

役者はイマイチだが、サスペンスとしては非常に面白い内容だった。
ケールの足に取り付けられた自宅軟禁用の監視システムーがとってもよいスパイスだったと思う。
ケールの行動範囲は30mに限られ、それを超えると警察に通報されるという仕組みだが
このギリギリのラインでサスペンスも恋も進んでいく。
(恋はどうでもいいけど)
見ている途中、装置があるのを忘れて「ROTLのフロドなみに人任せだな!」と
イライラしたけど、そうだった、彼は自宅の外には出られないのだった。

ケールたちが追っている殺人事件の犯人と思しき隣人のターナー。
デヴィッド・モースが演じているのだが、これがまた非常に不気味で怪しい。
怪しすぎて変に勘ぐってしまいたくなる。
彼の行動も見ていて心臓がドキっと大きく波打つほど不気味なことがある。
そんな恐怖心をあおるターナーが犯人である確証をつかもうとするケールたちの行動も
ハラハラドキドキだ。
オカルトのように想像のつかない恐怖ではなく、
どこか身近でまるで臨場感あふれる恐怖を感じられる。
何度手に汗握ったことか。

サスペンスとしてなかなか上出来だっただけに、
やはり陳腐な恋愛が盛り込まれていたのには少々ガッカリだ。
ケールはものすごく垢抜けない印象の上にアブノーマルな行動を繰り返しているため、
ヒロインのアシュリーが一体なぜケールに惹かれたのかがわからない。
自分だったら絶対に付き合いたくないタイプだから理解できない。

スワロ的評価:★★★★





※ヒッチコックの『裏窓』なんて見てなくてもいいじゃんって思った方、下をぽちっと※
クリックお願いします
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://swallowtailchocolate.blog56.fc2.com/tb.php/232-f17d8328

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。