スワロが映画を見た

スワロが見た映画について感想を書いていきます。
劇場映画、DVD、新作、旧作問わず映画のレビューを書きます。
コメント・トラックバック大歓迎。みなさまの積極的な絡みをお待ちしております。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
自虐の詩

原題:――
製作年度:2007年
製作国:日本
上映時間:115分

監督:堤幸彦
製作指揮:
原作:業田良家
脚本:関えり香
出演:中谷美紀/阿部寛/遠藤憲一/カルーセル麻紀/西田敏行/ミスターちん/松尾スズキ

<スワロ的評価>
笑える度:★★★★
泣ける度:★★
シュール度:★★★
気分爽快度:★★
幸せを感じる度:★★★


story:
大阪、通天閣のふもとにあるひなびたアパートに暮らす幸江(中谷)は幼少の頃から不運と貧乏で苦しみ、小さな幸せをつかむことを夢見ていた。幸江と一緒に暮らしているのはイサオ(阿部)という無口な男。乱暴者で大酒のみ、定職にも付かず幸江にお金をせびってギャンブルに明け暮れている。幸江の隣の部屋に住むのアパートの大家(カルーセル)は幸江に親切にしているが、イサオがちゃぶ台をひっくり返す音を数えるのをひそかな楽しみにしている・・・

自虐の詩 公式HP
感想:
フライヤーの豪快なちゃぶ台返しがユーモラスで快感。
思わず惹かれて観賞。

1985年から90年まで「週刊宝石」で連載されていた業田良家の4コマ漫画の実写版。
原作は哲学的な深い人生観を描き出した作品として「日本一泣ける4コマ漫画」として
世間の人気を博していたようだ。

大阪の下町で「小さな幸せ」を求めて地道に生きる女・幸江。
そんな幸江のユーモラスでシュールな生き様を
CG満載かつ痛々しいギャグで描き出している。

幸江が「小さな幸せ」を求める背景には、幼少期の痛手がある。
母は幸江が小さい頃に亡くなっており、男手ひとつで育てられたわけだが、
家は貧しく、幸江が新聞配達や内職などして家計を支える。
父親はあまり育児に熱心ではなかったらしい。
お弁当も日の丸弁当だった幸江は、
学校でも「貧乏」であるがゆえに仲間はずれにされてしまう。
それに、容姿にも恵まれているとはいえず、
頬のそばかすや鼻のホクロが悪目立ちしている。
おまけに、父親は女にうつつを抜かして逮捕沙汰・・・
「どんだけぇ~」といいたくなるような不幸っぷりでだ。

不幸・貧乏であることがコンプレックスの幸江は幸せを求めて
故郷、気仙沼を離れ大阪で第二の人生を始めようとする。
しかし、これもお世辞にも順風満帆とは言えず
ドラッグにおぼれ、夜の仕事をする。(この辺の詳細はストーリーになく不明)

実はよく目にする薄幸な人の典型かもしれない。
幸せになろうと努力するがほとんどが空回りに終わり、
気づくともっと悪い方向へ向かっていたりする。

「幸せ」の定義は非常に主観的だ。
わたしにとっての幸せはあなにとっての幸せではない。

ただやはり、貧乏、友達がいない、家族がいないという
客観的に見ても幼い頃から不幸続きの幸江は、
家族がいるという、ごくごく些細だけど非常に難しいことに幸せを見出す。

家族というものはお金を稼ぐことと違って、簡単には手に入らない。
しかし、幸江にはただ一人家族がいた。
ギャンブル好きで大酒のみの男イサオだ。

幸江はギャンブルにはまる男にはまるというバタードウーマンの一面も見える。
ちゃぶ台をひっくり返されるごとに作った食事をダメにされ、
稼いだお金もイサオのギャンブル代に持っていかれる・・・
いったい彼のどこがいいのだろうか?と疑問に思ってしまうが、幸江はイサオが好きなのだ。
これは幸江とイサオの過去の出来事にも関係があるだろうし、
イサオが唯一初めて自分を愛してくれた人ということもあるだろうけど、
劇中ではこれがイサオと別れない理由、という明確なものがなくって首を傾げてしまった。

しかし、友達には恵まれていた。
「貧乏」という共通のコンプレックスがあったせいかもしれないが、
学校で唯一の友達の熊本さん。
彼女は幸江にしばしばステキなアドバイスをして
幸江に気仙沼を離れることをアドバイスする。
熊本さんは学校の備品を家に持ち帰えり、クラスメートから白い目で見られる存在だが、
同じように白い目で見られている幸江にとっては心強い存在だったに違いない。
自分を励まし、背中を押してくれる友達がいることはすごく幸せなことではないだろうか。

しかし、貧乏な友達は思春期の幸江にとっては恥ずかしいこと。
お金持ちでかわいい友達、グループに憧れる。
これは熊本さんへの裏切りでもなんでもなく、仕方のないことだと思う。
幸せは改めて振り返ったり比較してみないと意義が見出せないこともある。

キャストで一番よかったのが阿部寛。
無口で不器用な男がはまっていた。
パンチパーマも長髪もどれもすごくギャグに見える・・・

ちなみに、公式サイトの「ちゃぶ1グランプリ」というところで
ちゃぶ台をひっくり返して遊ぶことのできるゲームがある。
これ、結構面白い(照)
豪快にひっくり返して何回転させられるかを競うゲームだが(キャンペーンは終了している)
ランキングを見ると何千回転とさせている猛者がいる。
ちなみにスワロの最高は98回転(涙)
がんばっていっぱい回転させてやろうと思い、力いっぱいマウスを押しやったら
勢いあまってマグカップに激突、スローモーションで床に落ちた。

※サイトへ行ってちゃぶ台返ししちゃった人、下をぽちっと※
クリックお願いします
スポンサーサイト

今晩は!

阿部ちゃんのヘアスタイルにびっくりしました(笑)
ロン毛に黒いコートだなんて・・・^^;

公式サイトの「ちゃぶ1グランプリ」面白そうですね(笑)
あとで挑戦してみようかしら。
TBさせてくださいね~♪

2007.11.16 19:44 URL | kira #klq26XPE [ 編集 ]

kiraさん、はじめまして・・・かな??
コメントありがとうございます。

阿部ちゃん、奇抜な役柄が多いですけど、
今回の変装は笑えましたよね。
ロン毛って・・・(苦笑)

ちゃぶ1グランプリには参加されましたか?
わたしはまだ記録を伸ばせずにいます。

  FROM swallow tail

2007.11.18 17:49 URL | TO kira さん #- [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://swallowtailchocolate.blog56.fc2.com/tb.php/227-25dbadb8

『自虐の詩』
監督:堤幸彦  CAST:中谷美紀、阿部寛、西田敏行、カルーセル麻紀 他 幼い頃から不幸続きの幸江(中谷美紀)は、大阪通天閣近くでやくざ上がりでダメ男のイサオ(阿部寛)...

2007.11.23 16:05 | Sweet*Days**

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。