スワロが映画を見た

スワロが見た映画について感想を書いていきます。
劇場映画、DVD、新作、旧作問わず映画のレビューを書きます。
コメント・トラックバック大歓迎。みなさまの積極的な絡みをお待ちしております。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
SAW4

原題:SAW4
製作年度:2007年
製作国:アメリカ
上映時間:

監督:ダーレン・リン・ハウズマン
製作指揮:リー・ワネル/ジェームズ・ワン
原作:――
脚本:パトリック・メルトン/マーカス・ダンスタン
出演:トビン・ベル/スコット・パターソン/ペッツィ・ラッセル/コスタス・マンディラー/リリク・ペント/アスィナ・カーカニス

<スワロ的評価>
ハラハラ度:★★
グロテスク度:★★★★
コワイ度:★★
エイキサイティング度:★
ポップコーン食べながら見られる度:★★

story:
病院の解剖室。ジグソウ(ベル)の遺体の胃袋の中から異様なものが発見された。それはロウで固められたカセットテープだった。ホフマン刑事(マンディラー)が呼ばれ、テープが再生される。「刑事、これを聞いているということは君が最後に残った人物ということだろう。私の死で、全てが終わったと思っているかもしれない。だが、それは間違っている。私の仕事は続く。ゲームは始まったばかりだ」・・・

SAW4 公式HP
感想:
やった!
生まれて初めて試写会に当選した!!

意気揚々と試写会が行われる映画館へと向かった。
仕事帰り、お腹がすいたけど内容が内容だけに
ガッツリとポップコーンを食べるのは避けようと思い
(でも3の時はポップコーン食べながら観た・・・)
近くの東急ハンズで最近再販されているウォンカのチョコレートを買って食べた(照)

遂にシリーズ4作目となった本作。
感想を一言で言うなれば「“仕方ないね。”4作目だし・・・」という感じだろうか。

やはり、どう考えてもあの1作目の面白さ、衝撃を味わうのは不可能だ。
あの衝撃は1作目だからできたこと。
そんなことは3作目から百も承知で見に行っている。
なので、本作も特段よい出来栄えだとは思わなかった。
仕方ない!
でも、むしろ結構頑張ったんじゃないか、と思う。

まず、徐々にグロ映画と化しつつあるSAWシリーズだが、
本作でもグロテスク度はかなり高い。
冒頭からグロいが、このグロさは拷問系とはジャンルが違うのでスワロは大丈夫だった。
拷問系のグロさはかなり酷い。
酷すぎて・・・自分の感覚では計り知れない。
このくらいになると、もしかしたら、想像できずに逆にあまり怖くないという人も出てきそうだ。
自分の体にジワジワと襲い掛かる痛さという感じではなくなってきている。
残虐なんだけど、スプラッター的な要素が強い。
とは言え「こわそう」という印象を受けたのでスワロは結構なシーンで目を閉じていた。
時々チラっと目を開けたけど「今までとちょっと違う??」と首を傾げたくなった。
よくこんな仕掛け思いつくなぁ、とかちょっとさめた目で見ることさえできる。

3作目から混沌とし始めたストーリーは、4作目である本作でいっそう混沌さを増している。
小さな一室に閉じ込められたDr.ゴードンとアダムが
脱出しようとするというごく単純な構図から
シリーズを追うごとに登場人物との因縁や関係を芋づる式に掘り下げ、
いろいろなものを後付にしてきた。
仕方ない!
最初が単純だったから!
でも、単純だったからこそさまざまな理由で後付が容易になっている。
しかし、本作ではいろいろな人物と事象が時系列もバラバラに組み合わされているので
頭の中でストーリーをまとめるのに一苦労だ。

それに、ゲームのやり方がかなり理不尽になっているように感じる。
とことん理不尽。
初期はもっと制裁的な印象が強かったけど、
徐々にジグゾウの独りよがりなゲームに見えて仕方ない。
このゲーム、続ける必要あるの?と作品の存続に関わることなのに疑問に思える。

最後のどんでん返しはきちんと用意されていたが、「歴史は繰り返す」的なラストで
勘のいい人ならばすぐに察知できそうだ。
しかし、後半は一気に話が進むので、ストーリーを追いかけるのに必死だったスワロは
「おお・・・おおぅ・・・おおぉー!」と結構圧倒されて、
「なんだ、結構頑張ったじゃないか。うまくつなげたじゃないか」と感心してしまった。

あ・・・SAW3の感想で
「SAW4が公開されたとしたら、おそらくわたしは見に行きません。 」
って豪語しているわ、スワロ。

まぁ、本作が頑張ったことは認めるけど、面白いかと聞かれれば・・・NO!



※やっぱりイマイチなんだよな~と思った方、下をぽちっと※
クリックお願いします

スポンサーサイト

こんばんわ♪
先日はサンキューでした。

試写会、無事に行ってこれたみたいでよかったね。んで、SAW3はおさらいできたの?

≫シリーズを追うごとに登場人物との因縁や関係を芋づる式に掘り下げ、いろいろなものを後付にしてきた。
≫ 初期はもっと制裁的な印象が強かったけど、 徐々にジグゾウの独りよがりなゲームに見えて仕方ない。
このゲーム、続ける必要あるの?と作品の存続に関わることなのに疑問に思える。

そうそう。ホントにそうなんだよねえ。
そもそものこのシリーズのポリシーがことごとく破綻してきている感じがするね。

まあ・・仕方ないか(苦)。
シリーズ化にするってことはこういうことよねえ・・・。

2007.11.10 20:32 URL | 睦月 #- [ 編集 ]

睦月さん、おはようございます。

試写会、楽しみましたよ!!
スワロは普段映画を見るときは平日昼間だったり、
公開されて時間を置いてからだったり、
あまりこまない時間帯を狙って行くんだけど、
久しぶりにお隣さんがいる席に座りましたよ(笑)

『SAW3』はあの後TSUTAYAへ行ってレンタルしてきたけど、
あまりのつまらなさに集中できず、始終ピアスホールの可能を気にしながら見ていました。
そして、知らない間にリンがプチオペを始め、いつの間にか死んでいました・・・

と、一応見ただけになんとか頭の中の過去の記憶を刺激した状態で観賞。

やっぱり、想像通りの出来栄えでしたね・・・
まぁ、今回も義理観賞ということで。

  FROM swallow tail

2007.11.11 08:33 URL | TO 睦月 さん #- [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://swallowtailchocolate.blog56.fc2.com/tb.php/225-78542950

SAW4(試写会)
【映画的カリスマ指数】★★★☆☆  ジグソウは不滅です  

2007.11.11 01:16 | カリスマ映画論

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。