スワロが映画を見た

スワロが見た映画について感想を書いていきます。
劇場映画、DVD、新作、旧作問わず映画のレビューを書きます。
コメント・トラックバック大歓迎。みなさまの積極的な絡みをお待ちしております。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
ONCE ダブリンの街角で

原題:ONCE
製作年度:2006年
製作国:アイルランド
上映時間:85分

監督:ジョン・カーニー
製作指揮:マチルナ・ニーランド
原作:
脚本:ジョン・カーニー
出演:グレン・ハンサード/マルケタ・イルグロヴァ

あらすじ:
夜、ダブリンの街角。こころのうちを叫ぶように自分の作った曲をオンボロギターをかき鳴らす男。ある夜、花や雑誌を売っている女が現れ、10セント硬貨をチップに差し出す。少ないチップに男は皮肉を言うが女には通じない。「お金のため?」「誰のための歌?」「恋人はいないの?」女のまくし立てるような質問を男は疎ましく感じるが、翌日に掃除機の修理を約束させられる・・・

感想:
口コミで評判を呼んだ本作。
(詳細は公式サイトのイントロダクションを参照)
アメリカでは『パイレーツ・オブ・カリビアン』を凌ぐ勢いだという。

スワロはあまり音楽に詳しくないが、
主演のグレン・ハンサードはアイリッシュ・ロック・グループの“ザ・フレイムス”で
リード・ヴォーカルを務めていたという。
ヒロインの女性を演じたマルケタ・イルグロヴァはチェコで新進気鋭のシンガー・ソングライター。
映画の外でも、グレンとの交友があり、彼がプラハを訪れた際に一緒に演奏し、
06年には共作でCDをリリースしている。

ストーリーはごくありふれた男女の出会いの物語。
この作品の主演の男女には名前がつけられていない。
そこがかえってどこかに存在する中の一つ、という特別ではない、という印象を与えてくれる。
ダブリンの街角でであった男女が徐々に惹かれあって恋に発展していく物語。
が、音楽が中心軸にすえられているので下手なすったもんだはあまりない。
それに、女性の方に事情がありもどかしいほどに恋と呼べるものに発展していかない。
この女性、チェコからアイルランドにやって来たという設定らしいが、
(アイルランドにとっても日本にとっても)異文化圏出身だからだろうか・・・
ものすごく図々しかったりしつこかったりする面が度々見られて、ちょっとイラっときた。
現代人が嫌悪する「空気の読めない人」である。
でも、全くそういうわけでもなく、とてもチャーミングな一面やしっかりした一面も持っている。
よく言えば芯が強く、悪く言えば頑固者。
男性の方はヴィジュアルがチャーミング。
彫がしっかりした強面に見えるが、
ボッサボサの髪にボロッボロのギターを手にしている姿は無性にかわいらしく見える。
男性の方も、過去の恋愛で痛手を負っている。

傷ついた人どうしがいつの間にか惹かれあってしまうということはけっこう目にする。
一人がおそろしく寂しく、人とのふれあいを求めている。
でも、不器用でうまくいかなくて、思い悩むことが多い。

恋って本当に難しい。

でも、上でも述べたように、本作は恋だの色沙汰がメインのストーリーじゃない。
「音楽」がメイン。
二人の関係が音楽を通じて育まれ、また、人としても成長していく。

もともと、つかず離れず、友達以上恋人未満の微妙な距離を保っていた二人は
最終的にも大人の選択をする。

また、さまざまなB級要素が見られるのもまた一興。
映像からして「ホームビデオか?」って思っちゃったし、
レコーディングが終わって浜辺かどこかで青春さながら無邪気走り回るシーンは
「おいおい」と突っ込みたくなる。

最後に、「この作品のメインは音楽」と言っていたわりには
まったく音楽に触れてこなかったが、実は、あまりわたしの好みじゃなかった・・・
スワロはSimon & Garfunkel が大好きでフォーク・ギター習おうかなと思っているが
スキマスイッチは数ヶ月前に存在を知ったという位の音楽音痴。
『ウェスト・サイド・ストーリー』『ショート・バス』『ヘア・スプレー』
のサントラは最近よく聞いているけど、残念ながら本作の音楽はピンと来なかった。
これは好みの問題なので仕方ない。
サントラ自体は大人気だそうなのであしからず。

スワロ的評価:★★★





※フォークソングを熱唱したくなった方、下をぽちっと※
クリックお願いします
スポンサーサイト

スワロさん、こんにちは。

最初は私も、かなり突っ込んだ内容まで質問攻めにするヒロインがちょっと…と思ったけれど、だんだんと魅力的に感じてきました。なんていうか、すごくストレートでたくましい人なんだなぁ、と。
カメラアングルは、確かにホームビデオっぽかったですね(笑)かなり低予算の作品らしいので、演出なのか、自然とそうなっちゃったのか分かりませんが。そういうところも含めてかわいらしい作品という感じで、個人的には結構好きです。

『ショート・バス』のサントラお持ちなんですね!いいな~。
『ヘア・スプレー』は今度見に行って参ります~。

2007.11.15 13:36 URL | Nyaggy #- [ 編集 ]

Nyaggyさん、こんばんは。
お久しぶりですね。
いかがお過ごしでしたか?

あ、やっぱりNyaggyさんも?
最初の「恋人は?」「誰のための歌?」と詰問するシーンは
イライラボルテージ急上昇でしたよね。
頑固者なんだなぁ~(苦笑)

『ショート・バス』はあまりにも音楽が可愛らしくって、
お家に帰ってソッコーiTuneで買っちゃいました(照)
どの曲もものすごくcuteでしたよね。
でも、ジャケットも可愛かったのでCD買っても良かったかなぁ。
  
  FROM swallow tail

2007.11.15 20:26 URL | TO Nyaggy さん #- [ 編集 ]

こちらにも♪

私はふだんあんまりサントラとか聞かないのだけど、swallow tailさんと逆?でこれは買っちゃいましたー。
この作品は今年観た中でも結構お気に入りかも☆
私もヒロインはうーむ、、、って感じだったけど、掃除機ガラガラひいている姿が可愛かった♪

2007.12.14 06:47 URL | きらら #- [ 編集 ]

きららさん、おはようございます。
コメントありがとうございます。
チョー嬉しいです。

わたしは普段、音楽を聞かない子なんですよね・・・
邦楽なんてぜんっぜんわかりません。
カラオケ・・・2年位行っていません・・・
フォークは好きですけど、
この作品の音楽はスワロのツボを刺激してはくれませんでした。
でも、好き嫌い、合う合わないはあって当然ですからね。
きららさんはお好きみたいですね。
音楽センスがいいですよ、きっと!!

  from swallow tail

2007.12.14 08:25 URL | to きらら さん #- [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://swallowtailchocolate.blog56.fc2.com/tb.php/224-ee0f3002

once ダブリンの街角で
監督・脚本:ジョン・カーニー キャスト: グレン・ハンサード マルケタ・イルグロバ 2006 アイルランド  ■Story ダブリンの街角で歌を歌って生計を立ていてるミュージシャン(グレン・ハンサード)は、あ

2007.11.15 13:10 | And life goes on... movie etc.

映画~once ダブリンの街角で
  ☆公式サイト☆アメリカでわずか2館の公開から口コミで動員数を増やし、最終的には140館での上映となった話題のラブストーリー。ダブリンの街角で出会ったストリート・ミュージシャンと音楽の才能を持つチェコ移民の女性が、音楽を通して惹(ひ)かれ合っていく様を描...

2007.12.14 06:44 | きららのきらきら生活

ONCE ダブリンの街角で
今年99本目の映画は心を強く揺さぶられるような素敵な映画に出会うことが出来ました。 アイルランド、ダブリン。多くの人が行き交うグラフトン・ストリートでオンボロのギターをかき鳴らし自作の歌を唄う男がいる。そこに一人の女がやってきた。10セントのチップを出...

2007.12.20 10:26 | Alice in Wonderland

『onceダブリンの街角で』を観たぞ~!
『onceダブリンの街角で』を観ましたアメリカでわずか2館の公開から口コミで動員数を増やし、最終的には140館での上映となった話題のラブストーリーです>>『onceダブリンの街角で』関連原題: ONCEジャンル: ロマンス/音楽製作年・製作国: 2006年・アイルラ...

2009.03.11 08:12 | おきらく楽天 映画生活

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。