スワロが映画を見た

スワロが見た映画について感想を書いていきます。
劇場映画、DVD、新作、旧作問わず映画のレビューを書きます。
コメント・トラックバック大歓迎。みなさまの積極的な絡みをお待ちしております。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |



原題:SWIMMING POOL
製作国:フランス、イギリス
製作年度:2003年
上映時間:102分

監督:フランソワ・オゾン
脚本:フランソワ・オゾン、エマニュエル・ベルンエイム
音楽:フィリップ・ロンビ
出演:シャーロット・ランプリング、リュディヴィーヌ・サニエ、チャールズ・ダンス

story:
スランプ中の英国のミステリー作家、サラ(ランプリング)は、
南仏にプール付き別荘を借りる。
しかし突然借り主の娘、ジュリ-(サニエ)が現れ、
彼女の生活は一変する・・・
感想:
『8人の女たち』を手がけたオゾン監督の作品です。
中年にさしかかったシャーロットが脱いでしまうなど
思い切った作品に仕上がっています。
しかし、この作品見る人によって解釈が違ってくると思うんです。

落ち目のイギリス人作家サラは上司の勧めで別荘で執筆活動をする。
静かに仕事をしたいと思っていたとき、上司の娘ジュリーが突然やってくる。
男癖が悪く自由奔放のジュリーをサラは毛嫌いする。
そんな時、サラはジュリーのことを作品にしようと思い立ち、
彼女の持ち物を調べたり、日記を盗み見たりする。
ジュリーの事情を知ったサラは
ジュリーに対してやさしく接することができるようになる。
ある日、ジュリーは男女のもめごとから殺人を犯してしまう。
ジュリーをかばい、サラは一緒に殺人を隠蔽する。

ここからが意見のわかれるところでしょう。
実は上司の娘はジュリーではなく、そばかすだらけで歯列矯正をしているジュリア。
そして回想シーン。
テラスからジュリアに手を振るサラにはジュリアはジュリーに映っている。

これは真実なのか、作家ゆえの妄想なのか?作品なのか?
一体どこまでが真実なのか?
スワロはこれはサラの想像(作品)であるとともに、
彼女の欲求であったのだと解釈しました。
ヒステリーを起こしたジュリーをやさしくなだめるように抱きしめるサラ。
その様子はあたかも母娘のよう。
過激なジュリーを見て(想像して)いるうちに、
徐々に女性らしくなっていくサラ。
彼女は母性本能、女としての自分に気づき、
新しい自分をはっけんしたのではないかな。

この映画は、この解釈が正解、ということはないと思うんです。
不思議な映画だけどよくできた映画でした。
スポンサーサイト

>これはサラの想像(作品)であるとともに、
彼女の欲求であったのだと解釈しました

多様な解釈が出来る作品が好きです。
本作は、何度観てもその度に新たな発見があるのが
素晴らしい。

2006.05.06 16:43 URL | マダムクニコ #moRABNXE [ 編集 ]

マダム・クニコさん、こんばんは。
そして、お久しぶりです。

この作品は、見た方個々人それぞれ解釈が違いますよね。
レビューを読んでいてもとても楽しいです。
こういった観客の想像に任せる作品は、
見た人の価値観や人生経験が反映されているので
きっと違った意見が出て、正解も存在しないのですよね。
・・・ということは、あれの一部はスワロの願望??

  from swallow tail

2006.05.06 19:05 URL | to マダム・クニコ さん #- [ 編集 ]

スワロちゃん!おはようございます!!
元気になったかい・・・?ねーさんは心配しているよ。

ところでこの作品。
いやあ・・・
やたら難解な作品でした(苦笑)
でもとても引き込まれ、魅力を感じた作品です。

結局、一体なにがどうなっているのやらよく分からないままでしたが、とってもエロスを感じて、女性ホルモンを刺激されました(苦笑)

面白かったです・・・。

TBさせていただきますね♪

2007.01.08 09:02 URL | 睦月 #- [ 編集 ]

TB張れない・・・
いや貼れない・・・

いや・・気分が晴れない(苦)

2007.01.08 09:06 URL | 睦月 #- [ 編集 ]

姐さん、こんばんは!
お返事が遅くなってしまって申し訳ないです・・・

TB貼れませんでしたか?
ありゃりゃ。
FC2も時々調子が悪くなるようなので。

この作品も謎多き作品でしたね。
フランスをはじめ、ヨーロッパは感覚が日本人とはかなり違うようですね~
お子様・スワロにも難解な作品でした。
もうちょっとオトナになってからでないと楽しめないようですわっ。

今日はね、渋谷で2本見ようと思ってたんですけど・・・
・・・行きませんでした・・・
○タヤに行ってしまった・・・

  from swallow tail

2007.01.10 21:33 URL | to 睦月 さん #- [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://swallowtailchocolate.blog56.fc2.com/tb.php/21-c9fa0ca7

スイミング・プール
 いつ殺人事件が起きるんだ?!と中盤過ぎるまでイライラ感が増すばかり・・・そして、いよいよ犯人は誰だ?!と、想像力・推理力という脳内の片隅に格納されたモノを引き出すと同時に“偉大なる謎”によって奈落の底へ突き落とされたような感じ・・・

2006.04.28 08:15 | ネタバレ映画館

『スイミング・プール』
スイミング・プール 無修正版CAST:シャーロット・ランプリング、リュディヴィーヌ・サニエロンドンのミステリー作家サラ(シャーロット)は集中して小説を書くために、出版社のジョンに勧められてフランスの片田舎にあるジョンの別荘へ行く。のどかな風景の中の静かな

2006.04.28 11:26 | *Sweet Days*  ~movie,music and etc...~

映画『スイミング・プール』
去年の公開時に観たときはミステリーというよりはミステイク・・・。幻想と現実の区別なくヒントもなしで絵としては綺麗な映画だったがミステリーと呼べるものではない。 ?・・・だが今回あらためて観て、ミステリー作家サラ(シャーロット・ランプリング)のスランプから来る

2006.05.01 12:24 | 茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~

スイミングプール ★★★★
 創作のスランプに陥った女流作家の再生物語。 仕事を発注してくれる出版社の社長の愛人でもあるミステリー作> 家サラは、彼のプール付きの別荘でエデイプス・コンプレックスを乗り越え、再起を図る。彼の娘ジュリーの部屋で、書き物と写真を見つけたサラは、それをヒン

2006.05.06 16:44 | マダム・クニコの映画解体新書

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。