スワロが映画を見た

スワロが見た映画について感想を書いていきます。
劇場映画、DVD、新作、旧作問わず映画のレビューを書きます。
コメント・トラックバック大歓迎。みなさまの積極的な絡みをお待ちしております。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
スモーキン・エース

原題:SMOKIN' ACES
製作国:アメリカ
製作年度:2007年
上映時間:108分

監督:ジョー・カーナハン
製作指揮:ロバート・グラフ
原作:――
脚本:ジョー・カーナハン
出演:ベン・アフレック/アンディ・ガルシア/アリシア・キーズ/ジェレミー・ピヴェン

story:
ラスベガスの人気マジシャン、エース(ピヴェン)は、裏社会のギャングたちと付き合ううちに、彼らの世界にしっかり魅了されてしまい、自らのマフィアの真似事を始めた。だが、彼の参入はベガスの裏社会を混乱させることに。ついには逮捕されたエースはFBIとの司法取引に応じようとした。エースの裏切り行為に腹を立てたマフィア界のボス、スパラッザ(ジョセフ・ラスキン)はエースの心臓(命)に100万ドル(約1億2千万円)の報奨金をかけて暗殺者を調達する・・・

スモーキン・エース/暗殺者がいっぱい 公式HP
感想:
“暗殺者がいっぱい”というサブタイトルがわかりやすくてスワロのツボ。
だけど、予備知識ナシのスワロは人物相関がわかりづらく、
冒頭のナレーション(人物相関説明)を聞くので精一杯。
そして・・・誰が誰を雇ったなんていちいち覚えられなかった。

結果から言うと、座席からずり落ちそうなオチだった。
でも、想像にもしなかったスワロにはなかなかイカスオチだ。

50口径の巨大武器まで顔を出して、羽目をはずしすぎた・・・
いわば、成金的な悪人エースの命を奪おうとさまざまな暗殺者が登場する。
50口径なんてもう“暗殺”の域も超えるかと思うが。
でも、この作品を見て非常に銃について知識がほしくなり
「銃」「ライフル」「9mm」「45口径」「マグナム」などひたすら検索し、
銃に関しての知識を深めた。

映画を見るときに人種民族問題や歴史的背景の知識がないと理解しにくいのと同様、
最近の映画を見るときに当たり前のように武器の用語が出てきてビックリしてしまう。
特に、つい最近、愛知県で人質立てこもり事件が起きたが、
犯人は拳銃所持、報道番組でもまた当然のように「9mm弾」なんて言っているから
こういう知識もあって当たり前なのか・・・と思ってしまったほど。

そして、映画に出てきた50口径ライフルは有効射程2,000m、
あのイラク戦争においても抜群の殺傷能力を見せた、という
恐るべき武器にもかかわらず、アメリカでは民間人も所持できるという
驚愕の事実もあることがわかった。
先日も青年による重大銃犯罪があったばかり。
銃社会・アメリカは迷走しているようだ。

話を映画に戻すが、この作品のズレっぷりは少しスワロのツボを刺激。
あの暗殺者たち・・・(笑)
こんな暗殺者がいるのか?
委託する人がいるのか?
本当に切れ者なのか??
ギャグ映画か??
と、髪型から人殺しの手法まですべてがまともじゃない。
唯一まともに見えたのが、スパラッザが依頼した、変幻自在の暗殺者だが、
変化したクルーブのウド鈴木みたいな髪型とジャージがこれまたツボ。

まあ、「暗殺者はいっぱい」いたし、バイオレンス映画として
かなりの惨殺っぷりを見せてくれた。
血滴るどころか、肉片が飛び散り、人間が木っ端微塵である。
しかし、あまりにも世俗離れしていて『SAW』のように
実際に恐怖感を伴う痛さ、グロテスクさとは違うので目を覆いたくなる
ということはなかった。

最後のオチもスワロは想像にもしてなかったからまんまと引っかかっていたし。
そういう意味ではかなり娯楽作品として楽しめた部類。

しかし・・・ジャンキーの心臓ねぇ・・・
スポンサーサイト

スワロさん、こんにちは!
こういう雰囲気の映画はわりと好きで、こちらも退屈せずに鑑賞出来ました。
でも・・・殺し屋さんがブッ飛び過ぎていて、あまり切れ者には見えませんでしたね。
それからベンはチョイ役でしたね~ビックリです。

2007.05.23 08:55 URL | 由香 #- [ 編集 ]

由香さん、こんにちは。

由香さんもこの作品を楽しまれたようですね!
もう、笑っちゃうくらいファニー&クレイジーな暗殺計画でした。
>イカレポンチみたいな3兄弟
って・・・
的確な表現だけど、イカレポンチって久しぶりに聞きました!!
ナイス!ぐっジョブ!!
由香さんの表現もまた、時々スワロのツボを確実に押してくれます。
その辺の鍼灸師よりも確実ですよ(笑)

そうそう、ベン・アフレック。
本編では確実に見逃してましたよ・・・

  from swallow tail

2007.05.23 10:27 URL | to 由香 さん #- [ 編集 ]

コメントありがとです。
元ベン・アフレックファンなので
今はファンではありません・・・
それにしてもスワロさんが
気付かないくらいの扱いなんて・・・

また殺し屋もいっぱいで50口径ライフルが
一般人も持てる国ってどうよ?
って思いました。私は武器の知識は
ないんだけど見てるだけですごいのが
出てきましたね。私的にはおバカ三兄弟
が持っていたチェーンソーみたいなのが
一番分かりやすかったです。

私はあまり入り込めなかたっけど
超B級と割り切ってたら楽しめたかもね。

2007.05.23 13:49 URL | ALICE #- [ 編集 ]

ALICEさん、こんばんは。
今日も暑かったですね~。
夏ですね!!

50口径ライフル(苦笑)
でも、民間人が護身用として持つにはカナリ大きすぎて
携帯所持困難ということで、なかなか購入する人はいないようです。
もし、購入するとしたら狩猟用のようですね。
カージャックに襲われても、スタンドつき50口径を出すのはなかなか困難ですよね・・・

>超B級
イイ!
B級作品も大好きなので、どうせ作るなら『SAW』の模造ではなくて
オリジナルで微妙なんだけどどこか面白い、
という作品を作ってもらいたいです。

  from swallow tail

2007.05.24 21:10 URL | to ALICE さん #- [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://swallowtailchocolate.blog56.fc2.com/tb.php/193-e5af4a6f

スモーキン・エース/暗殺者がいっぱい
実は過去にベン・アフレックのファンだったという経歴がある私は久しぶりのベンの映画に少し期待を胸に映画館に行ったのですが・・・ラスベガスで人気のマジシャン、エースは、ギャングたちと付き合っているうちに、自らもギャング稼業を始めてしまった。結果失敗し、...

2007.05.23 13:45 | Alice in Wonderland

スモーキン・エース/暗殺者がいっぱい
【映画的カリスマ指数】★★★☆☆  エースを狙え!守れ!ヤッちまえ! 

2007.05.25 15:00 | カリスマ映画論

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。