スワロが映画を見た

スワロが見た映画について感想を書いていきます。
劇場映画、DVD、新作、旧作問わず映画のレビューを書きます。
コメント・トラックバック大歓迎。みなさまの積極的な絡みをお待ちしております。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
レイヤーケーキ

原題:LAYER CAKE
原作国:イギリス
製作年度:2004年
上映時間105分

監督:マシュー・ヴォーン
製作指揮:スティーヴン・マークス
原作:J・J・コノリー
脚本:J・J・コノリー
出演:ダニエル・クレイグ/コルム・ミーニイ/ケネス・クラナム/ジョージ・ハリス

story:
好調なうちに裏社会から足を洗おうと決意した名もなき麻薬ディーラー(クレイグ)。ある日、彼は裏社会の大御所エディ(マイケル・ガンボン)の麻薬中毒の娘を捜し出すよう命令される。さらに、あるギャングが手に入れた100万錠のエクスタシーを売りさばくことになった彼は、この2つの仕事を最後に引退しようとする・・・ (シネマトゥデイ)

レイヤーケーキ 公式サイト

感想:
なんてお洒落な作品なんだ。
見終わって、真っ先に思ったのがこれだ。

内容としてはちょっと複雑ですんなりとは理解しがたい。
人物の相関、麻薬組織のトップダウンなどにも多くを語り過ぎない脚本は、
予備知識がないと一度の観賞だと頭の中で整理するのが困難だ。
それでも、主人公の皮肉な展開と頭脳プレイ、気の利いた台詞は
感覚的にお洒落だと思わせる。
単にお洒落だけではない。
面白い。

「末端のユーザーは避けろ」
「供給者にちゃんと金を払え」
「目立つな」
など、裏社会で生き抜く素敵な台詞は現実社会でも同じことが言えて
うんうんと頷ける台詞が盛りだくさんだった。

「階層」を意味する「layer」。
麻薬組織のトップダウンを形容しているようだ。
「layer cake」というのは、一番上がおいしそうに見える・・・ということらしい。
しかし、中身はそれほど甘くない。
まさしくその通り。

主人公が芋づる式に災難に巻き込まれていく様子はとても皮肉だ。
この取引を最後に引退する――
しかし、階層社会はそんなに甘くない。
あわよくば、もう少し甘い汁をすすりたい・・・
そんな欲望に対しては強力なしっぺ返しがくる。

『007 カジノ・ロワイヤル』で、
「ジェームズ・ボンドも良いが、『レイヤー・ケーキ』のクレイグも良い」
という意見をかなりのブロガーさまが仰っていたような気がし、本作の観賞に至った。
知的なグレイグはジェームズ・ボンドと似通った部分もあった。
しかし、本作の名もない主人公のポーカー・フェイスなのに
ちょっとコミカルな演技は秀逸だ。
人間味を感じられる。

音楽も作風に合っていたし、
ハリウッドでは感じられないこのセンス!
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://swallowtailchocolate.blog56.fc2.com/tb.php/178-fadebfd7

映画『レイヤー・ケーキ』
原題:Layer Cake階層世界の中身はスポンジ、何段にも重ねて、綺麗にデコレーションして、トッピングは豪華に飾られる、下層はつらい、けど、トップは先に食べられる・・ 名も無き麻薬ディーラーのxxxx(ダニエル・クレイグ)は、そろそろ潮時と引退を決意、最後の仕事に

2007.09.13 02:03 | 茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~

レイヤーケーキ
好調なうちに裏社会から足を洗おうと決意した 名もなき麻薬ディーラー(ダニエル・クレイグ)。 ある日、彼は裏社会の大御所エディ(マイケ...

2008.11.27 04:02 | 映画感想

レイヤー・ケーキ DVD
「レイヤー・ケーキ」のDVDを観ました~♪ 次の週末から先行上映、来週末から公開の「007/慰めの報酬」が公開されます!公開前のプチ・ダニエル・クレイグ祭りです~♪(笑) 2006年8月21日に大阪の場末の映画館で観てますね!(笑) この映画では、諜報部員じ...

2009.01.18 14:58 | 観たよ~ん~

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。