スワロが映画を見た

スワロが見た映画について感想を書いていきます。
劇場映画、DVD、新作、旧作問わず映画のレビューを書きます。
コメント・トラックバック大歓迎。みなさまの積極的な絡みをお待ちしております。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
ホリディ

原題:THE HOLIDAY
製作国:アメリカ
製作年度:2006年
上映時間:135分

監督:ナンシー・マイヤーズ
製作指揮:スザンヌ・ファーウェル
脚本:ナンシー・マイヤーズ
音楽:ハンス・ジマー
出演:キャメロン・ディアス/ケイト・ウィンスレット/ジュード・ロウ/ジャック・ブラック

story:
ハリウッドの映画予告編製作会社の社長アマンダ(ディアス)と、ロンドン郊外に住む新聞記者のアイリス(ウィンスレット)。クリスマス直前になってそれぞれ恋に破れた2人は、現実世界から逃避したいと、ネットを介して“ホーム・エクスチェンジ”をすることに。アマンダはロンドンに、アイリスはビバリーヒルズに旅立つ・・・

ホリディ 公式サイト

感想:
激甘なラブ・コメ作品だと思ったら、ビター・スウィートな作品だった。

予告編に上手くだまされた。
ネタバレし過ぎない予告編で、お決まりのありえないようなラブ・コメだろうと思っていたら
意外とドラマ性に富み、感動シーンも盛り込まれた、心温まる作品だったことに驚き。

アイリスがハリウッドの映画予告編製作の仕事をしているという設定だけあって、
随所に盛り込まれた小技がナイス・スパイス。

この作品でよかったのはなんと言ってもキャスティング。
キャメロン、ケイト、ジュード、ジャックの4人であることが最高に良かった。
キャメロンとジュード、ケイトとジャックという組み合わせも最高によくって、
これがバラバラだったらおそらくだめだったと思う。
ジャックの代わりにウィル・フェレルだったら絶対に見ていなかっただろう。

やはり、ラブ・コメの定番で出会いは現実ではありえないような感じだけど、
感情移入はスムーズにできた。
(これって、わたしが恋愛に関してトラブルが多いせいだろうか。)
特に、ケイト扮するアイリスとジャック扮するマイルズの
繊細な愛情には共感した人が多いのではないだろうか。
2人の恋愛は、本当にこころから応援したくなるほど、キュートで甘く、ガラスのように脆い。
ちょっと触れれば崩れてしまう積み木のようだ。

一方、アマンダとグラハムの恋は、表面では気まぐれ遊びのようだが、
実は深刻な悩みも孕んだ大人の恋愛だった。
スワロは彼らの恋の方により共感した。
ちなみに、スワロの好きな映画に『マディソン郡の橋』がある。

グラハムの意外な事情を知り、素敵な一面に、実は涙してしまった・・・
ナプキン・マンに号泣してしまった・・・(照)

楽しいだけが恋じゃない。
駆け引きがあったり、超えられない一線があったり・・・
そういう大人の恋は、当人同士の複雑な事情と恋愛観が絡み、時に理解を得られない。
愛し、愛されることだけが恋愛ではなく、
苦しんだり、悩んだり、傷つけあったりするのも恋愛だ。

そして、傷を舐めあうのも恋愛の一部だけど。

今回は舐めあい同士で結ばれるという奇妙なシチュエーションが面白かった。
“ホーム・エクスチェンジ”も面白い案だけど、
mixiや出会い系サイトなどでも結婚に至る出会いがあることを考えると、
こういった出会いもあながち“ありえないようなお決まり”ではないのかもしれない。

そして、演技もよかった。
ケイトの演技で記憶に残っているのは『タイタニック』くらいだが、
これはまだスワロが映画に傾倒する前の作品で、
それほど気になる役者ではなかったけど、
繊細なアイリスが徐々に自分自身を開拓していく姿は見ていて勇気をもらえた。
そして『イン・ハー・シューズ』でニッカーという笑顔以上の演技力を見せてくれたキャメロンも
シリアスなシーンもきっちりこなせる大人な女優っぷりを魅せてくれた。
グラハムの家の子ども部屋のテントのシーンは泣けてきた。

今回はハッピーエンドだったけれども、
耐えて忍ぶ恋『マディソン郡の橋』はやっぱりスワロの中のヒット作!
スポンサーサイト

こんばんわ。

ナプキン・マンとテントのシーン、メッチャ泣いた!
そうなのよねえ、アマンダとグラハムの恋って、軽い感じなんだけど
裏にある事情とのギャップが涙をさそうのよねえ。

単なる恋愛ものではなくて、いろんな細やかな演出やヒューマン要素
が満載で・・・すごくジンワリと心に迫るものがある映画だったね。

スワロちゃんにとって大事な映画『マディソン郡~』。
やっぱり睦月もちゃんと観てみようと思う。
これからは、恋愛映画も積極的に観ようかなあって気分になって
きたぞ♪

2007.03.30 20:52 URL | 睦月 #- [ 編集 ]

睦月さん、おはようございます。
ふぅ。
『ホステル』の件は本当に恥ずかしい~!!

スワロの部屋も5.5畳だからさ・・・
お互い、ホーム・エクスチェンジしても気分転換の何物にもならないってわけね・・・
ガビーン・・・

『マディソン郡の橋』
これはもう、スワロが見た恋愛映画の中で神の領域にも突入しつつある秀作。
不動の地位を築き上げてます。
あの胸が締め付けられそうな感覚・・・
・・・狭心症発作じゃないよっ!
お勧めだから見て欲しい!
そして、姐さんの感想を聞かせて!!

  from swallow tail

2007.03.31 08:48 URL | to 睦月 さん #- [ 編集 ]

こんにちは!
TB&コメントありがとうございました。
これからも宜しくお願いします。

思った以上に琴線に触れる映画で、何回も涙が零れました。
それも、心がホンワカと温かくなるような涙です。
恋愛に至る過程も良かったのですが、おじいちゃんのエピソードも良かったですね!
優しいアイリスとのふれあいで、活気を取り戻していくおじいちゃんの姿にジーンとしてしまいました。

『マディソン郡の橋』。。。懐かしいです。
心に響く名作でしたね。。。

2007.03.31 10:04 URL | 由香 #25z4tCOE [ 編集 ]

由香さん、こんばんは。
コメントありがとうございます。

素敵な映画でしたよね。
コメディなのに、ホット&ハートフル。
おじいちゃんのエピソードも忘れられません。
頑固なおじいちゃんと自信のないアイリス。
お互いが溶け合って変化していく様子はほろっとしてしまいました。

『マディソン~』大好きなんです。
はじめて見た時ってきっと中学生くらいだったかと思うんですけど
感動的で衝撃的で・・・忘れられません。
(DVDもっているんだけど)

こちらこそこれからもよろしくお願いしますね。

  from swallow tail

2007.03.31 21:38 URL | to 由香 さん #- [ 編集 ]

スワロさんこんばんわ♪TB&コメント有難うございました♪

ナイトミュージアム同様、本作の予告編も上手い作りでしたよね。『あの俳優』も出てなくて一安心です(笑
でもこの予告編の編集を担当した人は、同じ職業であるアマンダを見て感慨深いものがあったのではないでしょうか?
映画の予告編はいつも思う所が無いように普通ぅ~~に観てましたけど、実はアマンダのような影の功労者がいるんだって事をこの映画で教わった気がします。

ん?あれ?内容ずれてる気が・・・?(^▽^;)

2007.04.03 23:39 URL | メビウス #mQop/nM. [ 編集 ]

メビウスさん、おはようございます。

スワロも映画を見るたびに、DVDを見るたびに予告編を見ているけど、
こういう風に作り手のことを考えたことはありませんでした。
微妙な文字の色だとか角度、
「面白そう」「見たい」と思わせるために、実はマイナーな努力をしているんだな~と感じました。
わたし、陰の努力大好きです!!
ビバ・縁の下の力持ち。

メビウスさんが恋愛映画、女性向け映画でも
一人でガンガン見に行く姿勢には感服。
ぜひ、いつかご一緒したい所存です!!
次回、ケイト出演作『オール・ザ・キングスメン』でも。
手土産はHAPPYではない、地元のおいしいプリン!!

  from swallow tail
あ、これは萌要素がないかも・・・

2007.04.04 08:48 URL | to メビウス さん #- [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://swallowtailchocolate.blog56.fc2.com/tb.php/176-8aae35b4

ホリデイ(試写会)
【映画的カリスマ指数】★★★★☆ あたしを変える、運命のホリデイ 

2007.03.30 10:52 | カリスマ映画論

ホリデイ
ナンシー・メイヤーズ監督の『恋愛適齢期』は大好きな作品なので、この映画をとっても楽しみにしていた~ちょっと熱があったんだけど、根性で公開日に劇場へ―【story】アイリス(ケイト・ウィンスレット)はロンドン郊外に住む新聞記者。アマンダ(キャメロン・ディアス)

2007.03.31 09:56 | ★YUKAの気ままな有閑日記★

『ホリデイ』
監督:ナンシー・マイヤーズCAST:キャメロン・ディアス、ジュード・ロウ、ケイト・ウィンスレット、ジャック・ブラック 他STORY:ロンドン郊外に住む女性記者のアイリス(ケイト・ウィンスレット)は恋人に裏切られ傷ついていた。一方ロスに住む、映画予告編制作会社の社

2007.04.03 08:45 | Sweet* Days

ホリデイ(評価:◎)
【監督】ナンシー・メイヤーズ【出演】キャメロン・ディアス/ケイト・ウィンスレット/ジュード・ロウ/ジャック・ブラック/イーライ・ウォラック/エドワード・バーンズ【公開日】2007/3.24【製作】アメリカ

2007.04.03 23:39 | シネマをぶった斬りっ!!

映画「ホリデイ」
原題:The Holiday私は泣いたことがない・・例え恋人が浮気して辛い別れが来ようとも、ヒステリックに叫んでも、男の顔面にパンチを喰らわそうとも、涙の一滴さえ見せない・・・ アマンダ(キャメロン・ディアス)はハリウッドの映画予告編製作会社の社長、アイリス

2007.04.08 02:23 | 茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。