スワロが映画を見た

スワロが見た映画について感想を書いていきます。
劇場映画、DVD、新作、旧作問わず映画のレビューを書きます。
コメント・トラックバック大歓迎。みなさまの積極的な絡みをお待ちしております。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
パフューム

原題:Das Parfum : Die Geschiche eines
製作国:ドイツ/フランス/スペイン
製作年度:2006年
上映時間:147分

監督:トム・ティクヴァ
製作指揮:フリオ・フェルナンデス/アンディ・グロッシュ/サミュエル・ハディダ
原作:パトリック・ジュースキント
脚本:トム・テイクヴァ/ジョニー・クリメック/ラインホルト・ハイル
出演:ベン・ウィショー/アラン・リックマン/レイチェル・ハード=ウッド/ダスティン・ホフマン

story:
18世紀、パリ。悪臭立ち込める魚市場で一人の子どもが産み落とされた。ジャン=バティスト・グルヌイユ(ウィショー)だ。親の愛すら知らない彼に、神が唯一与えたのは驚異的な嗅覚だった・・・

パフューム ある人殺しの物語 公式サイト
感想:
圧倒的な映像。
息を呑むストーリー。
優雅で時に恐怖を煽る音楽。
・・・そして、スクリーンから匂いたつ、繊細で甘美な香り・・・

この作品はかなり前から宣伝がなされており、
公開を待ちわびていた人も多かったと思う。
もちろん、わたしもその一人だ。
そして、待ちきれずに原作を読み始めてしまった・・・不覚。
しかし、運良く、グラースで働き始めたところで映画が始まった。
(でも、基本的にわたしはネタバレを気にしません。)

香水、香りという映画ではどうしても伝えきれない部分を
一体、どうやってこの作品はやってのけるのだろうか。
その関心は非常に高かった。

映画を見るなり、それは単なる杞憂に過ぎなかったと確信した。
生臭そうな魚市場、人の熱気と汗臭そうなパリの街。
替わって、花々やそれからから作られた香水の芳しい香りがスクリーンを覆う。
わたしたちがおよそ感じることのない、細かな体臭もにおいを感じるくらいだ。
赤毛の女性から、そのつややかな髪が
いままでに嗅いだことのないような素晴らしい香りがしているような気がしてならない。
エロティックでセクシー。
頭の中を香りが満たす。
スクリーンのグルヌイユ同様、鼻をクンクンさせたいくらいだ。

そして、ストーリー。
ところどころ、皮肉たっぷりで、教訓めいていてスパイスが効いている。
金の亡者となるなかれ、と。
あたかもグルヌイユが不幸をもたらす存在のように次々と周囲に起こるハプニング。
皮肉だ。
肝心の枝葉もがっちりとできており、ハラハラ、ワクワクの連続だった。
原作では詳細に描かれている部分もあるが、映画も必要不可欠でまとめた。

驚きのラスト。
・・・だったけど、グルヌイユの作った香水の持つ力が
ファンタジーめいていて、わたしはあまり好みじゃなかった。
最期の最期は良かったと思う。
奇抜な顛末だった。

役者も素敵だった。
グルヌイユを演じたウィショーは「普通じゃないな」と感じられるグルヌイユを好演。
ちょっと足を引きずったような歩き方、狂気を感じさせる目、
おどけ、笑い、そして無表情。
べン・ウィショーはどこにもおらず、あれは間違いなくグルヌイユだった。

帰り、ロクシタン練り香水をつけ直して、
心地よい気分で劇場を後にした。
愛されたことがないゆえに、狂気と化した愛情・・・
まるでファントムのようだわ、などと考えながら。
スポンサーサイト

映画館では鼻をくんくんさせてた人は多かったと思います。
中には花粉症の影響なのか、グズグズいわせてた人もいました。
もしかして泣いてるの?
などと人それぞれ。
直ぐに席を立つ人がいなかったのも印象的でしたぁ~

2007.03.12 22:32 URL | kossy #YaTS71PM [ 編集 ]

こんばんはー。
私はどちらかというと、もっと皮肉たっぷりに描いてほしかったのですが、この作品はこれで随分と香りの映像化には成功してますよね。
驚きのラストですが、原作はもっとエゴ丸出しです。
本来なら言葉による説明もさほど必要なく五感を駆使させて感じる映画だと思うのですが、大作系扱いですから随分と万人向けなのかな?と感じましたです。
心はファントムのようって、ちょっと目からうろこが落ちた気分です。
何か私の心に引っかかってました。ありがとう♪

2007.03.13 00:54 URL | シャーロット #gM6YF5sA [ 編集 ]

kossyさん、おはようございます。

そうですよね。
みなさん、きっと「スー、ハー」や「くんくん」させていたに違いないですよね。
それに、「グジュグジュ」って人もいたでしょうね~。
でも、あまりにも映画に集中できたのでまったく気になりませんでした(笑)

kossyさんのところでは上々のようだったようですね。
スワロのところも同様です。
しかし、エンドクレジットでかなりうるさいギャル3人組には腹が立ちました。

  from swallow tail

2007.03.13 06:24 URL | to kossy さん #- [ 編集 ]

シャーロットさん、おはようございます。

うん、大々的に扱われていましたよね。
でも、『蒼き狼~』などとかぶってしまって、一番小さい劇場での公開だったことに驚きました。
・・・わたし、こういうタイプ大好きなんだけど、
映画館側では「大衆受けしない」とにらんだのかしら??

わたしね、丁度前日に『オペラ座の怪人』を見たものだから、
その「飢えた愛情=歪んだ愛情」という点において
なんとなく共通する部分があるような気がしてならなかったんです。
結局、グルヌイユ自身は、香水によってしか愛情を得ることができなかったわけだし。

  from swallow tail

2007.03.13 06:32 URL | to シャーロット さん #- [ 編集 ]

風邪っぽいです。
スワロちゃんにノロには注意!と言われていながら、
風邪っぽいです。

風邪のときは鼻がイカレてしまうので、どんなパフュームも
通用しません。グルヌイユの究極香水も風邪ひきさんには
関係ないのさ♪

この映画を全国公開の大作系として扱ったGAGAさんには
感服いたします。私たちのような変態村住民にはもってこいの
素晴らしい映画だけれど、やっぱりこういう倫理も道徳も超越した
理屈じゃ通用しない作品に抵抗をあらわにする人は多いみたいよ。


ロクシタンの練り香水を嗅がせてくださーい!
スワロちゃんの首元でクンクンさせてくださーい!

2007.03.13 20:26 URL | 睦月 #- [ 編集 ]

睦月さん、おはようございます。

風邪、大丈夫ですか?
今年の風邪は体にくるので心配です・・・
でも、観賞していた時に風邪を引いていなくてよかった。
だって、あの究極の香りも、風邪のせいでもしかしたらちょっと違う香りに感じちゃうかもしれないじゃん~
グルヌイユの香水は絶妙なのよ。
きっと、完全に鼻が詰まってない限り効くはず!!(キッパリ)

スワロはね、あたまカチカチだから、どうしても処刑のシーンが受け入れられなかったかな。
「ファンタジーチック・・・がびーん・・・」みたいな(笑)

姐さん、いいよ~
次回、密会時はそういうシチュエーションにしましょう!!
スワロが既に到着しているところに、
姐さんは消臭スプレーをガンガンかけて匂いを消し、
スワロの首元にそっと忍び寄る・・・
VIVIA・変態!!

  from swallow tail


2007.03.14 06:46 URL | to 睦月 さん #- [ 編集 ]

スワロさんこんばんわ♪

同じく劇場内で鼻をさりげなくくんくんしていた1人w
な~んも匂いはしませんでしたけど、錯覚させられるには十分なくらい香りの表現方法が上手かった作品ですね♪でもパリの悪臭シーンは何回も観たくないっす・・(--;)

ウ・・ウジ虫がーーーーっ!!∑( ̄□ ̄;)

2007.03.15 00:39 URL | メビウス #mQop/nM. [ 編集 ]

メビウスさん、おはようございます。

ごらんになりましたか!!
メビウスさんがいつこの作品を見るのかと、
メビウスさんのにおいの行方をクンクンして探そうとしましたが無理でした。

スクリーンからにおいが沸き立っていましたよね。
悪臭は感じません~ポップコーン食べてましたから。
芳香だけは見事キャッチ!

それより!!
スワロ知りませんでした・・・
メビウスさんが男関係で金銭トラブルに見舞われていたなんて・・・(鑑定書より)

  from swallow tail

2007.03.15 08:54 URL | to メビウス さん #- [ 編集 ]

だはは♪スワロさんも鑑定書やってましたかっ♪これ中々面白いですよねっ。日替わりだから毎日自分も笑ってますし、暫く張って置こうと思います(^▽^;)

自分の属性も変てこですが、スワロさんの属性も自分以上に変てこですねw線路の上でガッツポーズってロッキーですか?(笑)しかもクーデターまで考えていたとは・・・・v-12
前々から只者じゃないと思っていましたが、自分も『スワロが映画を見た』イチファンとして、それは考え直した方が良いと思いますw

2007.03.16 23:53 URL | メビウス #mQop/nM. [ 編集 ]

メビウスさん、おはようございます。
ちょっと仕事の方が忙しくなってしまって、放置気味の当blogでした。

メビウスさんの鑑定書がかなり面白くてまねっこして設置してみました。
面白いけど、衝撃の鑑定です(苦笑)
>ファンからも「そろそろ考え直した方が…」と言われる程である
まさか、そんな風に思われているとはまったく思わなかった・・・
しかも、メビウスさんもそう思っていたなんて。
今後の方針はこれから検討したいと思います!!

  from swallow tail

2007.03.19 09:24 URL | to メビウス さん #- [ 編集 ]

 ご無沙汰です。もう、大絶賛してしまいました。100点をつけたい気持ちはあるけれど、この先、もっと素晴らしい作品に出合ったときの為に・・・95にしました。限りなく100点に近い95点です。映画を観続けて、映画を好きでよかった・・・これを観ずに死ぬなかれ。今でもそんな気持ちでいます。読ませてもらいました。ありがとうございます。これからも宜しくお願い致します。  冨田弘嗣

2007.04.03 23:23 URL | 冨田弘嗣 #9L.cY0cg [ 編集 ]

冨田さん、おはようございます。
そろそろ本作も上映回数が少なくなってきましたね。

わたしはファンタジーが苦手ジャンルなので
ラストはどうしても受け入れがたい部分がありましたが、
それ以外はとても素晴らしかったと思います。
期待を裏切らない面白さ!

>これを観ずに死ぬなかれ
冨田さんのお眼鏡にかなったようですね!!

  from swallow tail

2007.04.04 08:56 URL | to 冨田弘嗣 さん #- [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://swallowtailchocolate.blog56.fc2.com/tb.php/173-db8bf55b

パフューム ある人殺しの物語
処刑台で香水を振り撒くグルヌイユのシルエットがエスパー伊東に見えたのは私だけであろうか・・・

2007.03.12 22:27 | ネタバレ映画館

『パフューム ~ある人殺しの物語~』
CAST:ベン・ウィショー、ダスティン・ホフマン、アラン・リックマン 他STORY:18世紀フランス。魚市場で産み落とされ孤児になったジャン=バティスト・グルヌイユ(ベン・ウィショー)は幼い頃から鋭い嗅覚を持っていた。ある日ジャン=バティストは、美しい女性の香

2007.03.12 22:58 | Sweet* Days

パフューム
東京国際シネシティフェスティバルにて…

2007.03.13 00:54 | シャーロットの涙

映画「パフューム ある人殺しの物語」
原題:Perfume -The story of a murderer-  ※いわゆるひとつのネタバレ赤毛の女性は芳醇にして妖艶、天国へといざなう至高の香りを放つ・・?「ラン・ローラ・ラン」は好きな映画だが、これは感動も共感も教訓も得られなかった 冒頭いきなり衝撃的なシーンがある。ひ

2007.03.13 01:28 | 茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~

パフューム ある人殺しの物語(評価:☆)
【監督】トム・ティクヴァ【出演】ベン・ウィショー/ダスティン・ホフマン/アラン・リックマン/レイチェル・ハード=ウッド【公開日】2007/3.3【製作】ドイツ【ストーリー】18世紀のパリ。悪臭立ち込め

2007.03.15 00:39 | シネマをぶった斬りっ!!

パフューム ある人殺しの物語
【映画的カリスマ指数】★★★★★ 匂いをまとわぬ、香りの天才 

2007.03.15 08:23 | カリスマ映画論

パフューム ある人殺しの物語
 TOHOシネマズ高槻  映画を観た後、「もう他の映画を観る必要なんかない。」と思わせるときがある

2007.04.03 23:10 | 活動写真評論家人生

映画評:パフューム ある人殺しの物語
18世紀のパリは、悪臭そのもののような都市だった。 下水は整備されておらず、汚物と汚水は路上に打ちすてられ、その汚物を踏んでしまわないためにハイヒールが必需だった。 ジョン=バティスト・グルヌイユが生まれたのは、そんな中でも悪臭のきつい、魚市場だった。...

2009.03.11 16:09 | 映画と写真のブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。