スワロが映画を見た

スワロが見た映画について感想を書いていきます。
劇場映画、DVD、新作、旧作問わず映画のレビューを書きます。
コメント・トラックバック大歓迎。みなさまの積極的な絡みをお待ちしております。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
ドリームガールズ

原題:DREAM GIRLS
製作国:アメリカ
製作年度:2006年
上映時間:130分

監督:ビル・コンドン
原作:トム・アイン
脚本:ビル・コンドン
出演:ジェイミー・フォックス/ビヨンセ・ノウルズ/エディ・マーフィ/ジェニファー・ハドソン

story:
1962年、デトロイト。エフィー(ハドソン)、ローレル(アニカ・ノニ・ローズ)そしてディーナ(ノウルズ)は「ドリーメッツ」というトリオを組み、ショーの世界に夢を馳せ、新人オーディション・イベントに参加していた。エフィーの弟C.C.(キース・ロビンソン)の手によるヒップな音楽とエフィーのダイナミックなヴォーカルは観客を魅了し、喝采を浴びる・・・

ドリームガールズ 公式サイト
感想:
スワロは興奮した。
そして、涙が出た。
その涙は単なる感動ではなく、言葉でうまく伝えられないが、
心にストレートに響く“何か”があったんだろうと思う。

アカデミー賞授賞式が行われた本日。
助演女優賞にノミネートされていたエフィ役のジェニファー・ハドソンが見事受賞した。
おめでとう、ジェニファー。
彼女の歌声は圧巻としか言いようがなく、ぜひ聞いてくれ!という感じだ。
ジェニファーだけではない。
この作品に出演している全員が吹き替えなしで挑んだという力作。

単なるショービズ界の栄枯盛衰を描き出した作品ではない。
また、シンデレラ・ストーリーでもない。
夢、野心、打算、見栄、光、金、反発、影、再生、陰謀・・・
さまざまな感情、行為が渦巻くショービズの世界を明快に描ききっている。
内容・ストーリーは非常にわかりやすい。

それに華を添えたのは本当に役者だ。
全員の歌が見事に感情を表している。
悲しみは悲しみ、怒りは怒り、喜びは喜びとしてダイレクトに伝わる。
ダイレクトに心に響く。
スワロは見事に共感してしまった。

涙は突然出てきた。
見たのは昨日なので、どのナンバーか覚えていないが、
エフィが再起をかけて歌った「I am cangeing」では号泣に近かったし、
「One night only」はエフィ、ドリームガールズどちらのバージョンでも涙が出た。
ディーナがエフィの娘の存在を知ったときも涙が出た。

涙もろいのはスワロの涙腺が弱いからかも知れない。
でも、スワロ自身も批判、反発など足をひっぱりあう世界にいるので
この世界の辛さの1割くらいは感じたのだろうか・・・
挫折も、再起も人生の一部で、その事実にどう向き合うか、
どう折り合いをつけて乗り越えるか・・・
エフィの頑固さは時としてわがままになり、
あるいは彼女自身の芯となり、まさに諸刃の剣のようだ。
一方、ディーナは常にトップを求められる恐怖とエフィに対する罪悪感にさらされていた。
マンネリ化に対して、変化のタイミングも伺っていただろう。

感情が、演技、歌、衣装、メーキャップ、セット・・・すべてとマッチしている。
相乗効果で実にすばらしい。
きらびやかな世界。
対照的に、裏では悪どいこともする。

スワロ的に印象的だったのはエディ・マーフィ。
彼に関しては完全にコメディ専門の俳優というイメージがあり、
まともな演技を初めて見た気がする。
しかし、彼が音楽畑出身と知って納得。
そして、目で演技ができる立派な役者だということにも吃驚。

なんだか、インパクトが強すぎて、余韻があってうまく感想が書けない(苦笑)
とにかく、秀作なので見て損はなし!ということだけは伝えたい。
スポンサーサイト

自然に涙が出てくるってのはいいですよね~
「ここが泣き所だ!」てところもあるにはあるけど、
俺みたいに最初から涙垂れ流す奴もいるし・・・
音楽が良すぎるから、どこがどう素晴らしいとか言うべきものじゃないのかもしれませんね。

2007.02.26 20:47 URL | kossy #YaTS71PM [ 編集 ]

kossyさん、こんばんは。

kossyさん、冒頭から涙がでたそうで。
ご一緒したかった・・・
スワロが見たときはあまり泣いている方がいないようでした。
たしかにあからさまな「泣きポイント」はありませんでしたが、
やはり、この作品はスワロのこころの隙間から瞬時に入り込み、見事にキャッチしたようです。

こういう場合、kossyさんがおっしゃるようにどこが、ということは問題ではないですよね。

  From swallow tail

2007.02.26 21:47 URL | to kossy さん #- [ 編集 ]

スワロさんこんばんわ♪TB&コメント有難うございました♪

洋楽を聞いてると、邦楽と違って詩がダイレクトで感情表現もストレートだなーと感じる事がありますけど、『ドリームガールズ』でもそれが大いに伝わってきました。
エフィーとディーナがカーティスに向けて、自分の気持ちをそのまま歌で表現するシーンとか結構印象的なんですよね。

でもすいません・・自分なんかこう・・目頭とかは熱くなりませんでした(^▽^;)エフィーの歌などを聴いてビビビッと鳥肌みたいなものは立ったんですけど・・・やはり自分が洋楽オンチなのも要因かと思います(汗

2007.02.26 23:08 URL | メビウス #mQop/nM. [ 編集 ]

震えるぐらいに魂のこもった彼女の感動の歌声に圧倒されたし・・絶望や失望よりも明るく前向きに生きていく、そんな姿のほうを前面に出してると感じる演出がまた素晴らしい。
きっと、いい映画見て涙いっぱい流せばストレスなんかも吹っ飛んじゃう、そんなふうに思える映画でした・・。

2007.02.27 00:59 URL | たけちゃ #mQop/nM. [ 編集 ]

メビウスさん、いらっしゃいまし~。

そうですよね。
洋楽ってやっぱり感情表現がストレートですよね。
オブラートに包む日本文化とは明らかに違いを感じます。
聴いてるこっちが気恥ずかしくなるようなことを平気で歌にするのが洋楽ですよね。
そして、ミュージカルならなおさら。
『オペラ座の怪人』なんてよくよく聞いたら赤面モノですよ・・・

これは・・・ブロードウェイがぜひ日本に来てくれないだろうか・・・
そうしたら、スワロは張り切ってリザーブ初日に電話片手に
PCの前にスタンバイする!
するよ!!わたしは!!(←意味不明宣言)

  From swallow tail

2007.02.27 14:26 URL | to メビウス さん #- [ 編集 ]

たけちゃさん、こんにちは。

ソウル。
ソウルってこれかって思いました。
腹のそこからじゃなくて、心の底からの歌・・・

ストレスフルなこの社会。
彼女たちのように目標を持って前をしっかりと見て生きたい・・・
とは思うけど、有限非実行な臆病者なんです、わたし。

2007.02.27 14:31 URL | to たけちゃ さん #- [ 編集 ]

いやあ・・・良かった良かった!

スワロちゃんがここまで感動して涙を垂らしてくれて。
素晴らしい作品だったよね。
アカデミー賞ではノミネート数の割に、オスカーがイマイチ
振るわなかったけれど、ハドソンの受賞は文句なしにお見事
だったと思います。

各キャストのパフォーマンスも素晴らしいんだけれど
物語もかなりシビアで、しっかりと地に足が着いている
内容だった。・・・うん、とてもクオリティの高いよい映画でした。

さて。
最近あたいは、洗濯板ではなく、筋トレで体を痛めています。
腹筋、背筋、腕立て・・・毎日やってたら、その3日後くらいに体が
痛み出してきて・・・もうしんどい(苦)。
年をとると、体の異変にも時差があるのよ(泣)!!

2007.02.27 14:39 URL | 睦月 #- [ 編集 ]

姐さん、こんちゃー。

あぁ・・・体中が痛い・・・
この痛みは洗濯板の名残じゃないのよ。
実は、今日、熱が上がって体中が痛いのよ(涙)
早番なので7時15分始業で、9時45分に退勤。
5時に起きたスワロの努力は・・・でも、38℃で2時間半の労働はきつかった。
早退したにもかかわらず、こんなことしてま~す。
だって、熱下がったし。
でも、体中が痛いんだけどさっ。

あ、こんなプライベートなことじゃなくって、映画、映画。
良かった!
スコセッシがオスカーを手にして、レオ様が手にできなくても、
この作品が素晴らしいことには変わりない!
もうね、余韻が・・・
コメントを書くために作品を思い出すと涙が出そうなのよ。

あ、洗濯板はゴア氏の影響じゃないからね。
単にうちに洗濯機置き場がなくてランドリーを使うのが面倒になったからなの。

  From swallow tail

2007.02.27 15:03 URL | to 睦月 さん #- [ 編集 ]

うお、私より涙もろいお方発見。うはは
大感動のご様子ですね。
涙を流すのは心の洗濯ですよ。これでスワロさんもぴかぴかよん。
ソウルってそのもの魂ですから、やはりこれが他のものと取って代わっていくのは、辛いものがありますよね。
白人と黒人はそもそも別なのに、融合する必要もないというか。
キャデラック・・・はブラックソウルの方がノリノリで好きですー♪
私的には、男性ボーカルの歌が好みかなあ。エディーもオスカーは逃しましたが、ノミニーされるだけある実力は私も感じました。

2007.02.27 16:26 URL | シャーロット #gM6YF5sA [ 編集 ]

スワロさん、こんばんは。
いやぁ、エディ・マーフィーにオスカー像あげたかったな~…。
私も、コレを観るまでは彼にはコメディのイメージしかなかったんですが…なんのなんの。この作品で一躍スターになったジェニファーはもちろんのこと、脇役まで皆が素晴らしかったです。
ショーの舞台とか衣装とか、全部が丁寧に作りこまれてるという印象ですね。とにかく、私も堪能いたしましたよ~。

2007.02.27 20:05 URL | Nyaggy #- [ 編集 ]

シャーロットさん、こんばんは。
涙腺も弱いのですが、昨日から風邪をひいてリンパ腺もやられたスワロです。

>白人と黒人はそもそも別なのに、融合する必要もないというか
奥深い一言です。
そもそもが、生物学的に違いがあるわけですしね。

『キャデラック』はノリノリでしたね。
ブラック・ソウルという感じがしましたよ。
・・・音楽ジャンルに疎いですが。
エディーは残念でなりません。
アラン・アーキンも渋いけどコミカルな役を好演していましたけど、
新境地を開拓したエディに挙げたかったというのが、スワロの本音です。

  From swallow tail

2007.02.28 18:38 URL | to シャーロット さん #- [ 編集 ]

Nyaggyさん、こんばんは。

でしょ?でしょ!?
Nyaggy賞もエディでしょ?
スワロも彼にあげたかったよ。
やっぱりエディはアカデミー界では嫌われ者みたい・・・(涙)
レオ様も・・・(涙)

『CHICAGO』はいい作品なんだから!
堪能しないとだめよっ!めっ!!
ってコレはつい最近舞台版を見てきたスワロ的意見かしら?

  From swallow tail

2007.02.28 18:42 URL | to Nyaggy さん #- [ 編集 ]

スワロさん、コメントありがとうございました。
これは全体的にバランスのとれた極上のエンターテイメントだと思います。エディ・マーフィーもよかったですよね。
ここ数年続けて音楽系の伝記ものが続いたので、アカデミー賞から
はずされたのかな?って思いましたけど、私の中では、できればこれにオスカーの作品賞もあげたかったですよ~!
ビヨンセの来日公演が大阪では4月~にあるので、生の「リッスン」や「ワン・ナイト・オンリー」が聞ける可能性大ですね♪

2007.03.03 00:31 URL | mei #- [ 編集 ]

meiさん、こちらにもコメント残してくれてありがとうございます。

そうですよね。
『Ray』『ウォーク・ザ・ライン』等話題作がかなりありましたからね。
今日、タワレコに行ったら『Ray』のDVDの廉価版が早くも登場していました。
最近は廉価版の登場も早くてDVDもオチオチ買えません・・・

え!?
ビヨンセが来日??
知りませんでした!!
「Litten」も大好きな曲でたった今まで聞いておりました(照)

  From swallow tail

2007.03.04 21:39 URL | to mei さん #- [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://swallowtailchocolate.blog56.fc2.com/tb.php/165-75ffd8ca

ドリームガールズ
男5人のコーラスグループがジャクソン5だとすると、あのチビちゃんはマイケル・ジャクソン!すると、そこでビヨンセにプロポーズしたのか・・・

2007.02.26 20:44 | ネタバレ映画館

『ドリームガールズ』
CAST:ジェイミー・フォックス、ビヨンセ・ノウルズ、ジェニファー・ハドソン、エディ・マーフィー 他ゴールデン・グローブ賞作品賞 最優秀助演女優賞、最優秀助演男優賞 受賞アカデミー賞 助演女優賞 助演男優賞 他ノミネートSTORY:1962年、デトロイト。エフィ

2007.02.26 21:42 | Sweet* Days

ドリームガールズ(評価:◎)
【監督】ビル・コンドン【出演】ジェイミー・フォックス/ビヨンセ・ノウルズ/エディ・マーフィ/ジェニファー・ハドソン/アニカ・ノニ・ローズ/ダニー・グローヴァー【公開日】2007/2.17【製作】アメリカ【ス

2007.02.26 22:57 | シネマをぶった斬りっ!!

映画「ドリームガールズ」
原題:Dreamgirls「プライメッツ」から「ダイアナ・ロス&ザ・シュープリームス」、彼女達の足跡が、メリーゴーラウンドのようにハイテンションでソウルフルに解散まで持続する・・ エフィー・ホワイト(ジェニファー・ハドソン)、ディーナ・ジョーンズ(ビヨンセ・ノウ

2007.02.27 00:50 | 茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~

ドリームガールズ
監督・脚本:ビル・コンドン キャスト:ジェイミー・フォックス ビヨンセ・ノウルズ エディ・マーフィ ダニー・グローバー ジェニファー・ハドソン アニカ・ノニ・ローズ2006 アメリカ ■Story 196

2007.02.27 19:55 | And life goes on... movie etc.

ドリームガールズ
【映画的カリスマ指数】★★★★★ 夢の始まり・夢の果て 

2007.02.28 19:18 | カリスマ映画論

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。