スワロが映画を見た

スワロが見た映画について感想を書いていきます。
劇場映画、DVD、新作、旧作問わず映画のレビューを書きます。
コメント・トラックバック大歓迎。みなさまの積極的な絡みをお待ちしております。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
不都合な真実

原題:AN INCONMENIENT TRUTH
製作国:アメリカ
製作年度:2006年
上映時間:96分

監督:デイヴィス・グッゲンハイム
出演:アル・ゴア

story:
地球の温暖化によって引き起こされる数々の問題に心を痛め、人々の意識改革に乗り出すべく、環境問題に関するスライド講演を世界中で行うアメリカ元副大統領アル・ゴア。そんな彼の勇気と希望に満ちた闘いを追いながら、人類が滅亡するまでの真実のシナリオを明らかにしていく。 (シネマトゥデイ)

不都合な真実 公式サイト
感想:
1998年12月、二酸化炭素をはじめとする温室効果ガスを削減する目的で
地球温暖化を防止する京都会議が開かれ、京都議定書が批准された。
日本で開かれた大きな重要会議、ということで記憶の片隅にある方も多いだろう。
京都議定書に関する情報はぜひ、googleで検索するか、こちらを参照されたい。

これに関して、批准を拒否してアメリカは相当非難の矢面に立たされた。
この辺の詳細も上記検索サイトで探していただきたい。

正直、わたし自身、京都議定書についての知識も乏しかったし、
地球温暖化について一般市民以上の知識はない。
せいぜい高校・大学入試対策で
「環境保護に対するあなたの意見をのべよ」というテーマに対して対策したぐらいの知識だ。

そんなわたしでも、この作品は非常に興味深かった。
この作品はマイケル・ゴア氏が活動しているスライド講義の一環を
ドキュメンタリーにおさめたものだが、
地球温暖化について非常にわかりやすく説明されている。

一体、マイケル・ゴアのドキュメンタリーなのか
地球温暖化に対する講義用の映画なのかどっちなんだ、というくらいわかりやすい。

そして、マイケル・ゴア氏。
わかりやすいスライド・説明。
巧みな話術。
わかりやすく話をしているだけでなく、聴衆(観客)をひきつける。
要所要所にユーモアも交え、常に聴衆を飽きさせない。
講義の展開の仕方も非常に長けており、
「じゃあ、どうして?」「じゃあ、どうなるの?」
と、聴衆に疑問を抱かせる話術。
地球温暖化に限らず、こんなに丁寧に、詳細に、
わかりやすく物事を説明してくれた人をわたしは知らない。
わかりやすさで人気のあった大学教授なんて足元にも及ばない。


疑問を抱くということは非常に大切なことである。
なぜなら、興味を抱いている、ということだからだ。

この作品を見るまで、果たして、
わたしを含めた観客はこれほど地球温暖化に関心を抱いたであろうか。
地球温暖化に対する知識があっただろうか。
おそらく、関心は抱かなかったであろう。
京都議定書自体、すでに影が薄くなっている。

地球の保全はわたしたちにとって重要な問題であるはずなのに
関心を示すものはわずか。

この作品はエンドロールまで見ていただきたい。
わたしたちが、個々人で出来る地球温暖化対策をゴア氏は提唱してくれている。


スポンサーサイト

作成中なのにTB飛ばしてしまった・・・・。
すみません(泣)。

この映画のおかげで最近はすっかりエコるようになって
しまいました。
密会の時には、エコ話などしましょう。

2007.02.14 22:29 URL | 睦月 #- [ 編集 ]

姐さん、おはようございます。
作成中にもかかわらずTB飛ばすとは・・・
とんだフライングだよ。
しかも来てないし。
さすがlivedoorだぜ。

姐さん、影響を受けやすいタイプですか??
でも、エコはこれから大事ですよ。
きっと、エコロジーはこれからのステータス。
白金ーゼも
「あなた、生ごみは肥料にしてるの?あら~してないの?ためねぇ・・・」
なんて会話することになるかもしれません。
ぜひ、今からエコに取り組んでください。

密会、超たのしかったですよ。

  From swallow tail

2007.02.16 08:46 URL | to 睦月 さん #- [ 編集 ]

スワロさん!オヒサシブリです!さわっこです~
TBしょってやってきました~~
お元気ですか??

アルゴアさん、見事な話しっぷりでしたね。
日本の政治家にあれだけ上手に話せる人はどれだけいるでしょうか。。。
エコの問題、人ごととは思い込めない時代になってしまっていますね。世界は。
さわっこのような一般人にできることは地道にこつこつ省エネに取り組むぐらいしかないのでともかく頑張ってみようと思っています。
しかしこの映画みると電気使うことはあまり良くないみたいですがさわっこん家、オール電化なんすよね・・・なんかもうドゥーンとなります(-_-;)

2007.03.04 01:38 URL | さわっこ #- [ 編集 ]

さわっこさん、こんばんは~。
そして、お久しぶりっ。
元気だったの??

ゴアの話は本当にわかりやすくてよかったですよね。
彼のプレゼン能力、話術は非常に高くて、
大統領やらないでプレゼン教育会社でも作りなさい!!なんて思っちゃいました。
ゴア邸の光熱費問題もメディアで取り上げられちゃったし(苦笑)

エコ・・・
わたしは今、洗濯手洗い!!

  From swallow tail

2007.03.04 21:45 URL | to さわっこ さん #- [ 編集 ]

スワロさんこんばんわ♪遅れ馳せながら観て参りました。

いっつも仕事に行く時は車で出勤ですけど、この映画観てから冬場以外は自転車にしようかなともちょっと本気で考えてしまいました。家から仕事場まで5~6キロくらいですし、10分か15分くらい早起き出勤すればかなりのエコになるのでは?とも思いましたが、途中に結構な坂道が1つあるので少々葛藤もしています(汗

でも以前事故って修理した車も凄い燃費悪いし、下半期にでも低燃費車に買い換える予定は本気で考えてます♪
床暖房もなるべく使わないようにしませんと・・(^▽^;)

2007.04.14 23:25 URL | メビウス #mQop/nM. [ 編集 ]

メビウスさん、こんにちは。
コメントの返信がものすっっっごく遅くなってしまったことをお許しください・・・
・・・気づきませんでした。

スワロが最初に青森の地に降り立って感じたことって
「排気ガスすっごい!!」でした。
青森って自然が豊かで、空気もきれいってイメージがあるけど、
実際ってかなり公共交通網が不便でマイカー率が高いんだよね。
国道なんて駅に向かうバスが3,4台列を成して走ってるし、
自家用車の量は首都圏より多そう・・・

自転車通勤賛成!
スワロも常にチャリンコ生活でした。
映画も、1時間くらい自転車を漕いで見に行ってました(涙)

>床暖房もなるべく使わないようにしませんと・・・
いや!使ってください!!
寒いから・・・

  from swallow tail

2007.04.21 10:22 URL | to メビウス さん #- [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://swallowtailchocolate.blog56.fc2.com/tb.php/161-7afd74bc

『不都合な真実』
この映画の中で目の当りにするのは、今まで目を背けてきた本当に恐ろしい真実の地球の未来。でも安心して下さい。見終わってから自分がすべき事と出来る事、そして未来への希望までをもこの映画はきちんと用意してくれています。 『不都合な真実』 アル・ゴアが半生を捧

2007.02.16 23:10 | 試写会帰りに

不都合な真実
満足度★★★★★(+お勉強になる度)この映画をおもしろいと言っていいものなのか迷うところですが、正直に面白かった。そして製作の本来の目的であろう、危機感も生まれました。地球人ならみるべきな作品。あ

2007.03.04 01:30 | 映画感

東京で初雪 観測史上、最も遅く
2007年03月16日07時49分東京都心で16日午前7時ごろ、初雪が観測された。気象庁が観測を始めた1876年以降、最も遅い初雪となった。同庁によると、これまで最も遅かったのは1960年2月10日で、この年よりも34日遅かった。この記録を47年ぶりに更新した。また、平年の初雪は1月2

2007.03.17 00:03 | スーパーサイヤ人

不都合な真実(評価:◎)
【監督】デイヴィス・グッゲンハイム【出演】アル・ゴア【公開日】2007/1.20【製作】アメリカ【ストーリー】地球は人類にとってただ一つの故郷。その地球が今最大の危機に瀕している。キリマンジャロ

2007.04.14 23:25 | シネマをぶった斬りっ!!

映画『不都合な真実』
原題:An Inconvenient Truth 確かに凄い、これは誰もが感銘を受けるドキュメンタリーといっていいかもね・・自らの生い立ち、不都合な政治家達、驚愕の地球温暖化がもたらす脅威・・ カエルの例はとても分かりやすくて、その愚かなカエルの習性と、なんら変わ

2008.04.27 21:01 | 茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。