スワロが映画を見た

スワロが見た映画について感想を書いていきます。
劇場映画、DVD、新作、旧作問わず映画のレビューを書きます。
コメント・トラックバック大歓迎。みなさまの積極的な絡みをお待ちしております。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
華麗なる恋の舞台で

原題:
製作国:アメリカ
製作年度:2004年
上映時間104分

監督:イシュトヴァン・サボー
原作:ロナルド・ハーウッド
脚本:サマセット・モーム
音楽:マイケル・ダナ
出演:アネット・ベニング/ジェレミーアイアンズ/マイケル・ガンボン/ブルース・グリーンウッド

story:
1938年のロンドンで舞台女優としてトップを走るジュリア(ベニング)は、舞台監督の夫マイケル(アイアンズ)や聡明な息子ロジャー(トム・スターリッジ)と平穏な家庭を築いていた。そんな中、ジュリアは母子ほど歳の違う米国人青年トム(ショーン・エヴァンス)と出会い、やがて恋に落ちる。 (シネマトゥデイ)

華麗なる恋の舞台で 公式サイト
感想:
アネット・ベニングの一人舞台。

自分の息子ほどの青年に恋をし、すったもんだがあって、
泣いて、嫉妬して・・・・
まるで思春期の女の子のような恋をしていた。

舞台。
そして、自分の人生。
彼女にとって舞台こそが自分の人生であって、
自分の生活は舞台の一部でしかない。

ラストの復讐劇も小気味悪い。
舞台としては面白いものに仕上がったのだろう。
だって拍手喝采だったし、喜劇としてはこの上なくこういう男女のすったもんだが観衆受けする。

言いたいことはわかる。
描きたいことは伝わる。
だけど、面白みに書ける作品だった。

アネット・ベニングはさすがの演技を見せてくれたが、
この作品ではそれ以上面白いものはなかった。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://swallowtailchocolate.blog56.fc2.com/tb.php/160-7ef1c102

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。