スワロが映画を見た

スワロが見た映画について感想を書いていきます。
劇場映画、DVD、新作、旧作問わず映画のレビューを書きます。
コメント・トラックバック大歓迎。みなさまの積極的な絡みをお待ちしております。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
マリー・アントワネット

原題:MRIE ANTOINETTE
製作国:アメリカ
製作年度:2006年
上映時間:123分

監督:ソフィア・コッポラ
脚本:ソフィア・コッポラ
出演:キルスティン・ダンスト/ジェイソン・シュワルツマン/リップ・トーン/ジュディ・ディヴィス

story:
18歳でフランス王妃という最高の栄誉と贅を手にしたマリー。しかし、実際は24時間とりまきに囲まれて生活をする、不自由な毎日だった。プライバシーは一切なく、国内だけでなく、全世界からの注目を浴び、世継ぎ問題、スウェーデン伯爵フェルゼンとの忍ぶ恋など、言動すべてがゴシップのネタにされていた・・・

マリー・アントワネット 公式サイト
感想:
女の子が大好きな漫画『ベルサイユのバラ』。
略してベルバラ。

ベルバラを愛読してしまった世の女性たちには少し評価が低いかもしれない。

恋愛など意識する前の14歳に、
フランス-オーストリア同盟のために背略結婚させらられたマリー。
オーストリアでは自由奔放にやりたい放題。
でも、フランスはしきたりや礼儀作法で1日が流れる。
コルセットのように窮屈な生活。
自分の意思を抑圧し、しきたりと社交に生きなければならない。
おまけに夫の不能のために子どもができず、周りから陰口をたたかれる。
その苦悩とストレスのために、ドレス・宝石・お菓子・ギャンブルに走る。

この作品ではその辺の詳しい描写や説明がない。
マリーは単なるわがままで浪費好きの女性なのではなく、こころに大きな穴があいている。
だが、説明不足でわがまま王妃としか映っていない。
これだけだと観客はフランス市民も味方になる。
現代で言うと彼女は依存症なのかもしれない。

フェルゼン伯爵もあっさりとしか描かれていなかった。
もともと、ベルバラ自体脚色された作品だし、
ある程度の端折りは仕方がないかもしれないけど、
マリーの唯一の恋であるフェルゼン伯爵との密会などは入れてもよかったかな。
ベルサイユからの逃避行も端折られ、民衆の暴動に屈服してパリに向かうシーンで終わる。
断頭台もない。

デュ・バリー夫人への声かけは?
ポリニャック伯夫人の陰謀は??
人間関係の問題はあまり作品で重要視されていないらしい。

精神世界の描写に物足りなさは感じたけど、もともとこの作品の狙いはそこではないのだろう。
ポップでキュート。
パステルカラーのマカロンやケーキ。
きらびやかなドレスや靴、羽飾り。
実際のベルサイユ宮殿でロケしたというくらいだからビジュアルにこだわった作品なのだろう。
でも、単に歴史的な作品ではなく、現代的な要素も取り入れて。

マリー・アントワネットは世界三大美女には挙げられていないものの
絶世の美女と称されている。
特に、ベルバラでは「ミルクに紅バラをうかべたような透き通る肌」と表現されている。
キルスティン・ダンストは決して美人だとは思わない。
でも、わたしは彼女のチャーミングさが好きだ。
そして、上記のようなアントワネットを設定していたならキルスティンは適役だったと思う。
白く透き通るような肌。
ギャンブルや買い物に興じ、嬌声を上げる。
そして、ゴシップを耳にして一人泣くマリー。
チャーミングだけど繊細。

世間に疎い。
民衆の苦しみを知らなかったのは
ベルサイユから出ることを許されていなかったしきたりのせいなのか
彼女が知ろうとしなかったからなのか。


スポンサーサイト

ご覧、ロザリー。
ベルサイユそのものが大きな町なんだよ。
おお、そんなに大きいのかぁ。
やっぱり行ってみたいです。
ロザリーと一緒に感動したい!
などと、ベルばらを愛したkossyです。

2007.02.10 00:53 URL | kossy #YaTS71PM [ 編集 ]

kossyさん、おはようございます。
またしても不眠に陥っているスワロです。
アントワネットも、ストレスで不眠になったりしなかったのかな~
でも、もともとがオーストリア皇女だから適応障害とかはさほどひどくないのかな。

せりふを一字一句まで覚えているとは・・・
脱帽です。
この場面でロザリーが「おお・・・」とか言いながら
まぶしそうな、涙が出そうな面持ちで手をかざして馬車から感動して覗いている姿を思い出すのですが
あっているでしょうか・・・??

  from swallow tail

2007.02.10 04:29 URL | to kossy さん #- [ 編集 ]

こんにちは。
昨日アクセス集中とかでコメントが出来ず、遅くなりました~。
私はオスカルこそ実在の人物だと思ってました。笑
フェルセンは実在したなんて実は最近知ったの。驚きです。
私には我儘王妃には全く見えず、むしろ健気で一途なキルスティン@マリーに見えちゃったのでした。
一生懸命にルイを誘うのに、ルイったら「疲れてるから」ーなんて。
がわいぞうでじだよ。笑
お世継ぎ問題は昔も今も変わらないのですね・・・。

2007.02.11 14:39 URL | シャーロット #gM6YF5sA [ 編集 ]

シャーロットさん、おはようございます。

ベルばらってよくできていますよね~。
わたしも昔はオスカルは実在の人物だと思っていました。
架空人物だと判明したときの失望といったら・・・

スワロはルイにムッとしちゃいましたね。
マリーがあんなに健気にがんばってるのに!
現代だったら離婚の理由になりえますよね~。

  From swallow tail

2007.02.12 04:30 URL | to シャーロット さん #- [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://swallowtailchocolate.blog56.fc2.com/tb.php/158-a2afa0a0

『マリー・アントワネット』
監督:ソフィア・コッポラCAST:キルスティン・ダンスト、ジェイソン・シュワルツマン 他STORY:オーストリア皇女、マリー・アントワネット(キルスティン・ダンスト)はフランスとの同盟のため14歳でフランス王太子、ルイ・オーギュスト(ジェイソン・シュワルツマン

2007.02.09 22:33 | Sweet* Days

マリー・アントワネット
オスカル(oscar)が見えた?

2007.02.10 00:50 | ネタバレ映画館

映画「マリー・アントワネット」
原題:Marie-Antoinette「ベルばら」でも有名な彼女は、オーストリアはハプスブルグ家の女帝マリア・テレジアの末娘として生まれ、フランスはルイ15世の王太子と政略結婚する・・ 白馬を連ねてフランスへと向かい、後のルイ16世となる王太子と引き合わされたとき、マ

2007.02.10 17:50 | 茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~

マリー・アントワネット
マリー・アントワネット生誕250周年ということもあって、(モーツアルトもそうなのよ)色んな記事やいく種もの舞台も見てきたけれど。。。これはソフィア・コッポラのカラーで描く、等身大の娘っ子マリーのお話{/hikari_pink/}{/hikari_pink/}私はべるばら漫画も大好きだし

2007.02.10 23:03 | シャーロットの涙

映画のご紹介(236) マリー・アントワネット
ヒューマン=ブラック・ボックス -映画のご紹介(236) マリー・アントワネット-キルスティン+ソフィア=∞?!ひょっとしたら、キルスティン・ダンストという女優のことをひどく勘違いしていたのかもしれない。この映画を見終....

2007.02.11 07:12 | ヒューマン=ブラック・ボックス

マリー・アントワネット
淡白なドラマに眠気を誘われるも,主演女優の魅力と,本物の背景のおかげで最後まで楽しめる。

2007.02.11 11:06 | Akira's VOICE

マリーアントワネット
満足度★★★☆☆劇中を彩るすべての物がものすごーーーくかわいい!おいしそうなケーキにお菓子に色とりどりのドレスに靴。映像美はおなかいっぱい、ストーリーは食べ足りない。あらすじフランスとオーストリ

2007.03.04 01:27 | 映画感

マリー・アントワネット
「マリー・アントワネット」 感想 マリー・アントワネット 14歳で結婚、18歳で即位、豪華なヴェルサイユに暮らす孤独な王妃の物語。 ...

2009.11.16 15:40 | むーびーふぁんたすてぃっく

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。