スワロが映画を見た

スワロが見た映画について感想を書いていきます。
劇場映画、DVD、新作、旧作問わず映画のレビューを書きます。
コメント・トラックバック大歓迎。みなさまの積極的な絡みをお待ちしております。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
硫黄島からの手紙
原題:LETTERS FROM IWO JIMA
製作国:アメリカ
製作年度:2006年
上映時間:141分

監督:クリント・イーストウッド
原作:栗林忠道/吉田津由子
脚本:アイリス・ヤマシタ
出演:渡辺謙/二宮和也/伊原剛志/加瀬亮/松崎悠希/中村獅童

story:
戦況が悪化の一途をたどる1944年6月。
アメリカ留学の経験を持ち、西洋の軍事力も知り尽くしている
陸軍中将の栗林忠道(渡辺)が、本土防衛の最後の砦ともいうべき硫黄島へ。
指揮官に着任した彼は、長年の場当たり的な作戦を変更し、
西郷(二宮)ら部下に対する理不尽な体罰も戒めるなど、作戦の近代化に着手する・・・(シネマトゥデイ)

父親たちの星条旗|硫黄島からの手紙 公式サイト

感想:
普段はあまり映画を見ないという人でもこの作品の名前は知っているのではないかな?
本作は、それほど有名で、人々の関心を集める作品だった。

しかし、わたしはこの作品の観賞をずっと見送っていた。
それは、わたし自身の体調があまりよくなく、“戦争映画”という
テーマも重く雰囲気も暗く作品を2時間半も耐えられる気がしなかったからだ。

今回、思い切って見に行ったのはやはり評判のよさと
アカデミー賞にもノミネートされたから。

しかし、今回は感想を書くのをやめようと思う。
史実に忠実に基づいて作成されたと思われる本作。
「戦争の残虐さ」という決まり文句で感想をつづりたくないからだ。
こういう作品は見るもののこころに
素直にメッセージが届けばいいとわたしは思う。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://swallowtailchocolate.blog56.fc2.com/tb.php/152-6b466dd3

映画「硫黄島からの手紙」
原題:Red Sun, Black Sand (Letters From Iwo Jima)硫黄島に眠っていた、その手紙は61年ぶりに発見された、地中にあった硫黄島からの手紙、それは輸送爆撃機「一式陸攻」によって配達されるはずだった・・ 時は1944年6月、指揮官として陸軍中将の栗林忠道(渡辺謙

2007.02.04 01:25 | 茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。