スワロが映画を見た

スワロが見た映画について感想を書いていきます。
劇場映画、DVD、新作、旧作問わず映画のレビューを書きます。
コメント・トラックバック大歓迎。みなさまの積極的な絡みをお待ちしております。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
ディパーテッド

原題:THE DEPARTED
製作国:アメリカ
製作年度:2006年
上映時間:152分

監督:マーティン・スコセッシ
脚本:ウィリアム・モナハン
出演:レオナルド・ディカプリオ/マット・デイモン/ジャック・ニコルソン

story:
犯罪者の一族として生まれ、自らの生い立ちと決別すべく警察官を志したビリー(ディカプリオ)はマフィアへの極秘潜入捜査を命じられ、苦悩を抱えながらも任務のために犯罪者の振りをし続ける。マフィアのボス・コステロ(ニコルソン)によって警察官に仕立て上げられたコリン(デイモン)は、マフィア撲滅の最前線で有能な警察官を装いながらコステロに情報を流し続ける。やがて、双方でスパイ探しが始まった・・・

ディパーテッド 公式サイト
感想:
『アビエイター』で素晴らしい演技を見せてくれたレオナルド・ディカプリオ。
わたしもご多分にもれず『タイタニック』で、その甘いマスクだけでちやほやされ、
レオ様などと呼ばれるディカプリオが好きではなかったが、
『アビエイター』では完全に今までのイメージが払拭された。
それは、ディカプリオがマーティン・スコセッシという監督に出会ったからでもあるだろう。
ハワード・ヒューズの混沌とした精神世界を渾身の演技で見せてくれたディカプリオは
わたしの中で間違いなく「演技力のある」俳優の1人となった。

今回は、彼の演技力を引き出してくれたスコセッシ監督との作品である。
マーティン・スコセッシ×レオナルド・ディカプリオ、というだけでかなり期待していた。

ちなみに、マット・デイモンはそこそこ好きである。
ジャック・ニコルソンはかなり好きだ。

わたしはフライヤーを集めるのが趣味と化しているが、
最近はほとんどじっくりフライヤーを読んだり、予告編を見ずして作品を見ている。
したがって、本作も予備知識はあまりないまま見てしまった。
なので、最初は一体どっちが本物の警察官で
どっちがマフィアなのかわからず混乱してしまった。
恥ずかしい。
しかし、この辺の親切すぎるほどの説明がないのがスコセッシ監督の親切さである。
まだ、この作品を見てなくて、これから見る予定の方は
あまりじっくりとあらすじを読まないでヒョイっと劇場に足を運んでいただきたい。

本作はハリウッドらしさ全開の作品だったのではないかな。
まず、覆面捜査・内務調査というの題材もハリウッドが好みそう。
そして、ハラハラドキドキのストーリー展開もしかり。

脚本はとても丁寧に練られていたと思う。
覆面調査官・ビリー、マフィアのボス・コステロ、実はマフィア・コリンという
人間関係の構築が面白く、だんだんと三角関係が明確になっていく様が巧妙だ。
徐々にお互いに「おかしい」と感じるところが大きくなり、
スパイである“ネズミ”探しに展開していくのだけど、このネズミ探しも目が離せない。

お互いがお互いを騙す騙しあい。
敵を騙し、見方を欺き、そして自分にさえもうそをつく。
うそは幾重にも用意されている。
実に巧みだ。

「DEPARTED」
その意味をしっかり咀嚼さえしていれば、
ラストの衝撃のシークエンスにもこころの準備ができるはず。

やはり本作でもディカプリオの演技が光っていた。
マフィアに潜入し、悪事を働かなければならないというストレス、
自分が覆面捜査官だとばれるのではないかという緊張感。
そいういうギリギリの状態を迫真の演技で魅せてくれた。

一方、期待していたほどの演技ではなかったのがジャック・ニコルソン。
とことんヒール役に徹していたが、
彼特有の“何をするかわからない不気味さ”が今回は見られなかった。
上手な悪役で終始していたけど、怪演とまではいかないような。
わたしの彼に対するハードルが高すぎるのかな。
マットも今回は存在感を感じられなかった。
意外だったのが、マーク・ウォールバーグ。
うまく表現できないけど、センスある演技を見させてもらった。

映画冒頭の警察学校でのシーン。
実は、どっちがディカプリオでどっちがマットか区別がつかなかった。
スポンサーサイト

スワロさんこんばんわ♪TB&コメント有難うございました♪

自分はやはりオリジナルと比較してしまった部分がありましたね(^^;)でも個人的にジャック・ニコルソンはイイマフィアのボスやってたと思いますよ♪『インファナル・アフェア』のエリック・ツァンは笑うと普通のオッサンなんですもん。マフィアっていう威圧感が常に出ていないのが欠点・・(汗
あとマーク・ウォールバーグは自分も好きですね♪最後でオイシイとこ取った感じw罵倒さえ我慢すれば・・・

2007.01.26 23:12 URL | メビウス #mQop/nM. [ 編集 ]

メビウスさん、こんばんは。

メビウスさんが公募していた『ラッキーナンバー7』のチケ。
貰い手が現れましたか?
いや~スワロもぜひいただきたかったんだけど、
なんせ青森まで行く用事が見あたらなくて・・・

ジャック・ニコルソンの演技はかなり評価がいいようですけど、
スワロ的には“もう一歩!”というところなんです。
けっして悪いわけじゃないんだけど、今までの彼からすると物足りなさがある。
・・・欲は人間らしさの象徴ですかね。
逆にマット・デイモンは・・・どつきたくなりましたよっ!!

お堅いマークは次回作は何でしょうかね。
  
  from swallow tail

2007.01.26 23:31 URL | to メビウス さん #- [ 編集 ]

実は睦月も最初、何が何なのかかなり混乱しました(苦)。
これ、オリジナルを知っている人ならなんてことないのかも
しれないけれど、初めて観る人は混乱すると思うよぉ・・(苦笑)

『リプリー』に出演していた頃マットが、ロケ中によくレオ様に
間違えられて、悪い気はしなかったって話していたのが
記憶に残っているんだけれど。
マットが大嫌いで、レオ様大好きな睦月にとっては、その
発言がムカついてねえ・・・・(苦笑)。
なんたって、レオ様は睦月の神様ジョニーの歴史が始まる前に
好きになった役者さんだったのよ。もう十数年も前・・・・・・・・・(苦)。
密やかに彼を応援してきているので、この作品もマットとの共演
という部分以外はとても楽しみにしてたの!!

オリジナル崇拝者が多くて、なんだか肩身が狭いけれど、
オリジナル未見の睦月は純粋に楽しめてとても良かった!!

レオ様ね、14・5歳のときに「君の夢は?」って聞かれると、
「スコセッシのギャング映画に出ること」って言ってたんだって。
夢が叶ってホントに良かったなあって思います。

2007.01.27 00:16 URL | 睦月 #- [ 編集 ]

姐さん、こんばんは。

ジョニーに目覚める前、姐さんはレオを応援していたんですね。
・・・レオは踏み台になったのか・・・
でも、いまはそのど根性がしっかりと発揮されているようで何より。
ディカプリオは本当にいい役者になった。
うん、いい!

マットも決して悪い役者じゃないけど、今回はさえなかったですね。
しかし、姐さんはマットが大嫌いとは・・・
わたしは俳優は思い浮かびませんが、女優だとペネロペ・クルス辺りでしょうかね~
やっぱりね。キッドマンが・・・ねっ。

  from swallow tail

2007.01.27 19:33 URL | to 睦月 さん #- [ 編集 ]

スワロさん、今晩は☆
ずいぶん前、レオが20歳まえくらいでしょうか、インタビューでジャック・ニコルソンの物まね&顔まねをして周囲を笑わせたりしていたのを思い出しながら映画を見ていました。憧れの名優との共演は役者冥利につきるでしょうね。さて、映画のほうですが私はオリジナルのファンでもありますので、どうしても比較してしまいました。
マット・デイモンは今回いつもの「天才」とはかけ離れていましたね。

2007.01.28 00:01 URL | mei #- [ 編集 ]

meiさん、こんばんは。

そろそろアカデミー賞も視野に入ってくる時期。
meiさんは本作については無冠の可能性あり、と想像されているようですね。

レオって結構ひょうきん者のようですね。
ジャック・ニコルソンの顔マネって・・・
見たい!
マットは本当に残念です。
ボーン・シリーズで運を使い果たしたのでしょうか??
  
  from swallow tail

2007.01.28 00:13 URL | to mei さん #- [ 編集 ]

こんばんは~。
オリジナルがある!という先入観が私を天邪鬼にさせているのかもしれません。笑
スコセッシもぽろっと撮りたくなかった発言をしてるし。
脚本的にも演出的にも良かったのでは?と思いましたよ。
ただオヤジーズ大好きの私にはですね、レオもマットもどうも惹かれなかった、ってだけですのー。
レオにはオスカーをあげたい!とマジ思いますよ。
マークはスラングばっかり言ってましたよね。
来日するかと思いきや、来なかったのはちょっと残念。
生スコセッシ&レオ見ましたよー。

2007.01.28 00:33 URL | シャーロット #gM6YF5sA [ 編集 ]

シャーロットさん、おはようございます。

・・・生スコセッシ&レオ?
聞き捨てならない~!!
本物のスコセッシとレオを見たの??
リアル?マジポン??

鼻息荒くなってしまいましたが、シャーロットさんはオヤジーズ好きとのこと。
いや、わたしもオヤジは大好きです。
オヤジ大好きだけどレオは別枠なので。
あぁ、一体、いつからこんなにレオ好きになってしまったのだろう・・・

  from swallow tail

2007.01.28 09:08 URL | to シャーロット さん #- [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://swallowtailchocolate.blog56.fc2.com/tb.php/151-3960e2fa

『ディパーテッド』
監督:マーチン・スコセッシCAST:レオナルド・ディカプリオ、ジャック・ニコルソン、マット・デイモン 他ゴールデングローブ賞 最優秀監督賞受賞STORY:犯罪者一家に生まれ育ったビリー(レオ)は警官になりマフィアに潜入する。一方マフィアのボスのコステロ(ジャ

2007.01.26 22:49 | Sweet* Days

ディパーテッド(評価:○)
【監督】マーティン・スコセッシ【出演】レオナルド・ディカプリオ/マット・デイモン/ジャック・ニコルソン/マーク・ウォールバーグ/マーティン・シーン/アレック・ボールドウィン/ビーラ・ファミーガ【公開日】200

2007.01.26 23:12 | シネマをぶった斬りっ!!

ディパーテッド
この国はネズミ国家だぜ・・・ということはロシアからやってきた『アメリカ物語』のネズミが先祖なんでしょうか。

2007.01.27 21:14 | ネタバレ映画館

ディパーテッド
東京国際シネシティフェスティバルにてレオナルド・ディカプリオ(ビリー・コスティガン)マット・デイモン(コリン・サリバン)ジャック・ニコルソン(フランク・コステロ)マーク・ウォールバーグ(ディグナム)マーティン・シーン(クイーナン)ストーリーマサチューセッ

2007.01.28 00:34 | シャーロットの涙

ディパーテッド
【映画的カリスマ指数】★★★★☆ バレない・バラさない・バラされない 

2007.01.29 01:32 | カリスマ映画論

ディパーテッド
見応えはあるのに,印象に残らない。

2007.02.05 10:54 | Akira's VOICE

映画のご紹介(239) ディパーテッド
ヒューマン=ブラック・ボックス -映画のご紹介(239) ディパーテッド-上げ底の過大包装!レビューを書くときにまず始めにすることは、その映画に対するスタンスを決めることだ。大きく分けると、良い映画なので人に勧めるのか、悪....

2007.02.06 19:23 | ヒューマン=ブラック・ボックス

ディパーテッド
ディパーテッド『ディパーテッド』(''The Departed'')は2006年のアメリカ映画。マーティン・スコセッシ監督作。香港映画の「インファナル・アフェア」をレオナルド・ディカプリオとマット・デイモンの二大スター共演でリメイクした作品である。ちなみに '

2007.02.26 01:28 | ミユの記録

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。