スワロが映画を見た

スワロが見た映画について感想を書いていきます。
劇場映画、DVD、新作、旧作問わず映画のレビューを書きます。
コメント・トラックバック大歓迎。みなさまの積極的な絡みをお待ちしております。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
麦の穂をゆらす風

原題:THE WIND THAT SHAKES THE BARLEY
製作国:イギリス/アイルランド/ドイツ/イタリア/スペイン
製作年度:2006年
上映時間:126分

監督:ケン・ローチ
脚本:ポール・ラバーティ
出演:キリアン・マーフィ/ポードリック・ディレーニー/リーアム・カニンガム

story:
1920年、アイルランド、英国による支配からの独立を求め、
若者たちが冷酷な英国軍に立ち向かうために義勇軍を結成する。
彼らの激しいゲリラ戦は英国軍を苦しめ、ついに彼らは独立を手にし和平条約にこぎつける。
しかしやっと訪れた平和もつかの間、
条約の内容をめぐる支持派と反対派の分裂はやがて内戦へと発展する・・・

麦の穂をゆらす風 公式 サイト
感想:
感動作でもなく、大作でもなく、静かで悲しみだけが残る作品でした。

家族や友達が犠牲になったり失われたりする悲しさ、
あるいは家族や友達を裏切らなければならない苦しみ。
戦争・紛争が奪っていくものがあまりにも多すぎることを
映画を通じて改めて思い知らされることになります。

兄弟という切っても切れない肉体的・心理的なつながりがある中で、
お互いを欺き、血で血を洗う残虐さに悲しみを超えてこころが痛くなりました。

何が正しくて、何が過ちなのか。
どちらが正義で、どちらが誤りなのか。
一体何を信じればよいのか。

戦争という過酷な状況が自分を苦しめるものが大きすぎて
自分を見失い、信じるものも見失ってしまいます。

“アイルランドの独立”その単純だけど唯一絶対の目標に向かって
全員がこころを一つにしてイギリス軍に向かっていたはずです。
昨日の友は今日の敵。
お互い、きっと妥協しあいたかっただろうけど、
いつの間にか引くこともできなくなっていたのでしょう。

自分と同じ世代の青年たちが、自由を求めて国のために立ち上がっています。
その正義感と愛国心はきっと今のわたしたちにはないものです。
正義と愛国心だけを貫いて戦っているのに、
戦争はいつも悲惨な結果しか生み出しません。
それがまったく感動的ではなく、ただただ悲しいだけの映画になるのです。

ダミアンを愛した女性・シネードは
「人間らしい生活がしたいの」
と言います。
人間らしさの喪失・・・
この一言だけでもとてもメッセージ性が強い作品です。

劇中、虐殺されたミホールの葬儀でとても刹那的な歌が年老いた女性によって歌われます。
アイルランドの伝統歌で、この作品の主題歌としても歌われているし、
作品のタイトルそのままにもなっている歌です。
歌の歌詞を見ただけでも、
アイルランドに住む人々の恐怖・怒り・悲しみがひしひしと伝わってきます。

残虐なシーンも多く、見るに絶えないシーンも多々あり
実際に目を覆っていたシーンもあります。
悲しみと虚しさだけが残って後味も悪いんですけど
見てよかった、と思わせてくれる作品でした。
スポンサーサイト

おはようございます★
おお!ついに観ましたね。(って私が思っただけですけど)
すごく息苦しいんですが、私は、映画としてはかなり素晴らしい作品だと思ってるんです。
というかケンローチ好きだからかなり贔屓目というところもあるんですが。

実際、ベストムービーとかに入れそう。笑

スワロさんのベストムービーも、知りたいです。
気が向いたら、是非、教えてください!!

2006.12.26 09:36 URL | すたほ #- [ 編集 ]

こんばんは☆
クリスマスも終ってしまったですねー。
いかがお過ごしでしたか~?!
あまりにも希望が見えにくい作品で、とっても救われませんー。
それでもなんとか自分でも希望を一生懸命探してみたりして。
でも、どうも重たくて、しばらく引きずりました。
やはり良かったところといえば、宴のシーンかなあ。アイリッシュダンスや音楽は大好きなんですよ。
映画を見て知った実情は、想像をより絶して響いてきました。見て良かったです。

2006.12.26 20:53 URL | charlotte #gM6YF5sA [ 編集 ]

すたほさん、こんばんは。
ええ、ミマシタ!!
実はすたほさんのレビューを拝見して気になっていた作品でもあります(笑)

なかなかいい作品でしたよね。
でも、今年は他にもいい作品がいっぱいあったし・・・
ベスト10には入るかと思うけど、上位ランクは危ういかも!?
今年はベスト・ムービーの記事でも作ってupしようかしら。

すたほさん、スワロも一緒に映画みたいですよー!!(本気っ)
来年、実現させませんか??

  from swallow tail

2006.12.26 21:57 URL | to すたほ さん #- [ 編集 ]

charlotteさん、こんばんは。
クリスマス、わたしは仕事でしたよ・・・
やっぱり独り者はクリスマスだろうと正月だろうと働かなければなりません。
・・・体育会系な職業ですから。

宴のシーンは休戦になった安堵と喜びが一気にあふれ出ていて
唯一明るくパワフルなシーンに仕上がっていましたよね。

そういえば・・・
数年前に、リバーダンスのチケットが手に入ったのにいけなかったことがあったな~(遠い目)
もったいなかったな~。

  from swallow tail

2006.12.26 22:10 URL | to charlotte さん #- [ 編集 ]

スワロさん、こんばんは。
最近は劇場新作ばかりのようで、
う・ら・や・ま・し・い!
後味が悪くても、何か残してくれるような映画は好きです。
ケン・ローチだし、コレはチェックですね。

2006.12.26 23:09 URL | kowa.shu #- [ 編集 ]

kowa.shuさん、おひさしぶりです。
え~と・・・お返事おそくなってごめんなさい。

最近、劇場通いですぅ。
うは♡
休日前は仕事終わりにレイト、休日も劇場鑑賞という贅沢三昧をしているのにはわけが。
家で見ると、お菓子に集中力を奪われ、映画に集中できないからです・・・

きっとこのようなシビアな作品は家で見たらダメだと思うんですよね。
ともあれ、この作品はおすすめです。

  from swallow tail

2006.12.30 09:11 URL | to kowa.shu さん #- [ 編集 ]

おっす!歯みがいてるか!?

・・・ってなわけで睦月です。
2006年最後の日に、こんなんですみません。

この作品は、前売りをしっかり購入しておきながら、まだ未見です。なかなかにシビアな内容だと小耳にはさんだので、ビビってます。

さて。
今年はスワロさんにケーキをすっぽかされたことが最大の思い出となりそうな睦月(←冗談っすよ 笑)
シスターズを結成してしまった以上、やはりなにかイベントごとが必要だと思うので、来年はシスターズご対面の会というのを開催しようともくろんでいます。積極的に参加すること!

ではよいお年をお迎えくださいまし!
来年もどうぞよろしくお願いいたします!

2006.12.31 08:45 URL | 睦月 #- [ 編集 ]

姉さん、こんにちはっ!!

えっ・・・・!?
歯・・・は、実は最近電動歯ブラシの電池が切れて手で雑に磨いていたら歯肉炎が・・・
歯磨き中に血を流しつつ瀉血療法を実践しています!!

姉さん、いい作品は見に行かないと。
チキンになっちゃいけませんっ!
「怖いよぉ~痛そうだよぉ~」と手で目を覆いたくなるシーンもありましたが・・・
ぐへへ。

2007年、スワロの目標は姉さんとの対面ですから
ビビリつつも今からこころの準備に苦心している所存です!!

  from swallow tail

2006.12.31 10:59 URL | to 睦月 さん #- [ 編集 ]

スワロさん、こんにちは♪
コメントありがとうございました。
私もちょくちょく遊びに来させていただいていたのですが、なかなかコメント残せずにいました~。でも、これからは度々足跡残させていただきますね。

この映画に対しては、あまり明るいコメントはできませんね。
本当に、哀しさとやるせなさがひしひしと残る作品でした・・・。
でも、観てよかったです!
スワロさんは2006年のベストムービーにも選ばれてますが、それも納得。

2007.01.23 13:01 URL | Nyaggy #- [ 編集 ]

Nyaggyさん、こんばんは。
ひっそりと覗いていただけていたとのこと!
今、スワロは小躍りして喜んでいますよ。
もう、じゃんじゃん足跡残してください!!

この作品は重く深く、しっとりしていてなんとも形容しがたい作品でした。
脚本の丁寧さも、メッセージ性も文句なしでした。
今後もこういう作品に出会いたいものですね。
そして、黒板程度のミニシアターで・・・
(まだ言うか)

  from swallow tail

2007.01.23 20:43 URL | to Nyaggy さん #- [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://swallowtailchocolate.blog56.fc2.com/tb.php/140-7d1b1fc2

麦の穂をゆらす風
解説: イギリスの名匠ケン・ローチによる、カンヌ国際映画祭パルムドールに輝いた人間ドラマ。20世紀初頭のアイルランド独立戦争とその後の内戦で、きずなを引き裂かれる兄弟と周囲の人々の姿を描く。主演は『プルートで朝食を』のキリアン・マーフィが務め、戦いの非情さ..

2006.12.26 09:38 | すたほ~映画・本の部屋~

麦の穂をゆらす風
麦の穂をゆらす風・・・アイルランドの伝統歌の名曲♪イギリス支配への抵抗を歌う歌で、19世紀後半から広くアイルランドで歌われるようになりアイルランド抵抗のシンボル的な曲でもある。詩はロバート・ドワイヤー・ジョイスのもので、愛する人の死をきっかけに独立運動へ参

2006.12.26 20:54 | シャーロットの涙

麦の穂をゆらす風
監督: ケン・ローチキャスト:キリアン・マーフィー ポードリック・ディレーニー リーアム・カニンガム オーラ・フィッツジェラルド メアリー・オリオーダン メアリー・マーフィ2006 アイルランド=イギ

2007.01.23 12:56 | And life goes on... movie etc.

『麦の穂を揺らす風』
麦の穂をゆらす風 プレミアム・エディションキリアン・マーフィー、ポードリック・ディレーニー 他 (2007/04/25)ジェネオン エンタテインメント この商品の詳細を見る監督:ケン・ローチ CAST:キリアン・マーフィー 

2007.08.02 11:22 | Sweet* Days**

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。