スワロが映画を見た

スワロが見た映画について感想を書いていきます。
劇場映画、DVD、新作、旧作問わず映画のレビューを書きます。
コメント・トラックバック大歓迎。みなさまの積極的な絡みをお待ちしております。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
カポーティ

原題:CAPOTE
製作国:アメリカ
製作年度:2005年
上映時間:114分

監督:ベネット・ミラー
原作:ジェラルド・クラーク
脚本:ダン・ファターマン
出演:フィリップ・シーモア・ホフマン/キャサリン・キーナー/クリフトン・コリンズ・Jr
story:
1959年、すでに人気作家であったトルーマン・カポーティは
新聞でカンザス州で起こった一家4人惨殺事件の記事を目にする。
興味を抱いた彼は、ノンフィクションの新たな境地を切り開く野望を秘め、
事件の取材のためカンザスへ赴き捜査官や事件発見者にインタビューをする・・・

カポーティ official HP
感想:
①淡々として盛り上がりもない脚本だが味わい深い。
②シンプルだからこそ、ホフマンの神がかり的演技が非常に引き立っていた。
③人間の精神的脆さ、自立と依存が非常に面白い作品。
④こういう人物は絶対に自分の周りに存在する。
  人間ウォッチングをしてみるといいかもしれない。
⑤トルーマン・カポーティなる人物を知らなかった自分に恥・・・

スポンサーサイト

スワロさん、お久しぶりです。お元気ですか? この映画、深い味わいがありましたよね。スワロさんの1~5までの感想に私も同意です。その他にも知らなかったことが結構ありました(^^;)

2006.11.09 18:42 URL | mei #- [ 編集 ]

meiさん、こんばんは~。

この作品、さっぱりしている作品ですが、
非常に興味深い内容でした。
公開劇場が少し遠かったのですが、見に行ってよかった・・・
というか劇場でコレをチョイスしてよかった(笑)
ホフマンの幼稚性と野心とがない交ぜになったカポーティの演技は
さすがのオスカー受賞!といった感じですね。
いい作品にめぐり合えました。

  From swallow tail

2006.11.09 21:17 URL | to mei さん #- [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://swallowtailchocolate.blog56.fc2.com/tb.php/131-e100e8f9


カンザス州カンザス州 (Kansas KS) はアメリカ合衆国の中西部の州。ネブラスカ州、オクラホマ州、コロラド州、ミズーリ州と隣接する。グレートプレーンズ(大平原地帯)の真っ只中で牧畜が盛ん。州都はトピカ_(カンザス州)|トピカ市 (Topeka)。俗称は「アメリカのパンかご」

2007.10.10 12:18 | アメリカ合衆国を調べる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。