スワロが映画を見た

スワロが見た映画について感想を書いていきます。
劇場映画、DVD、新作、旧作問わず映画のレビューを書きます。
コメント・トラックバック大歓迎。みなさまの積極的な絡みをお待ちしております。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |



原題:THE EXORCISM OF EMILY ROS
製作国:アメリカ
製作年度:2005年
上映時間:120分
公開:2006年3月11日

監督:スコット・デリクソン
脚本:ポール・ハリス・ボードマン 、スコット・デリクソン
音楽:クリストファー・ヤング
出演:ローラ・リニー、トム・ウィルキンソン、ジェニファー・カーペンター

story:
19歳の女子大生、エミリー・ローズ(カーペンター)。
恐ろしい幻覚と痙攣に苦しむ彼女は、
医学ではなくムーア神父(ウィルキンソン)に自らの運命を託した。
しかし、悪魔祓いの儀式の後、彼女は命を落としてしまう。
過失致死罪で起訴され、法廷で裁かれることになった神父。
そして、彼と共にエミリーの真相を明かす、女性弁護士のエリン(リニー)。
証拠品として、法廷に提出された1本のカセットテープと、
エミリーが死の直前に書き残した1通の手紙が、
“悪魔の存在”を問うこの裁判を、思わぬ結末へと導いていく・・・

エミリー・ローズ official HP

感想:
オカルト、ホラー大好きのスワロとしては是非とも見たかった作品。



この“悪魔のイナ・バウアー”CMでもかなり話題になってたようですね。
・・・なんてくだらないの!?
悪魔のイナ・バウアーは後からとってつけただけでしょう。
こんなことでクレームをつけるだなんて、
なんていうにわか荒川ファンなんでしょう。
しかも、イナ・バウアーじゃないし。

閑話休題

面白かったです。
つくり方がよかったのだと思います。
スワロはエミリー・ローズの悲劇に焦点をあてて作られた映画だと
思っていたのですが、法廷劇がメインでエミリーの話は
ところどころに挿入される、という脚本でした。
なのでテンポよくすすみ、2時間はあっという間でした。

おそらくエミリーの悲劇だけで物語を作ってしまうと
かなり濃いものになっていたでしょう。
挿入形式のエミリーの惨劇でもかなり怖かったので十分ですね。
午前3時。
おっそろしいです。
丁度、午前3時にエリンが目を覚ましてしまい何か起きそうな予感十分の時
前の方に座っていた人が真ん中の通路を歩いてきたんです。
席とスクリーンの関係で、スクリーンからその人が出てきたように見えて
本気でビビリました。
かなり怖かったです。
ただ人が通路を歩いていたという些細なことなのにビビってしまうほど
この映画がもたらす恐怖は質が高い(?)ようです。

物語は、エミリーの死が、治療を中断した結果もたらされたものなのか、
それとも悪魔に取り付かれたためにもたらされたのか
というかなり難しい論点に直面します。
悪魔とは実際、全ての人の目に見えないものだし、
信仰深い人、そうでない人でも違います。
ましてや、悪魔とは縁が薄い日本人にとっては「?」という人も多いかと思います。
(霊≠悪魔)
神父の有罪・無罪も気になるし、法廷劇はスリリングで興味深く仕上がってます。
この裁判に対するアメリカ国民の反応も知りたかったです。

エミリー役のジェニファー・カーペンターは・・・
なんて言うんでしょう・・・
cuteではなかったですね。
もっともこの役にはcuteな役者でなくていいんですけど。
でも、彼女の顔はかなり左右非対称にできており
その点でもびっくりしてしまいました。(←失礼)
『宇宙戦争』のダコちゃん並に絶叫して恐怖におののく様子、
まさに悪魔の仕業としか思えないポージングをとり、
悪魔に取り憑かれた演技はよかったと思います。
スポンサーサイト

こんばんわ♪TB&コメント有難うございました♪

悪魔のイナバウアー、話題になりましたよねー。でもこれって笑いネタなんかにする分には問題ないですけど、『テレビスポット取りやめろ!』にまで発展するのは、どう考えたっておかしいですよね。ある意味大人気ないというか・・・(汗
むしろあんな体当たり演技をこなしたジェニファー・カーペンターを評価するべきだと思います。

でも左右非対称説は賛成♪(コラ

2006.03.24 23:28 URL | メビウス #mQop/nM. [ 編集 ]

スワロさん、こんばんはー♪
コメントとTBをありがとうございます。

私もCMに抗議が殺到したことについてはスワロさんとまったく同じ意見。ばかげてますよね。

>この映画がもたらす恐怖は質が高い
そうですね。こんなにビビッた映画は久しぶりです。
って言うかね。怖い映画を1人で観に行ったのは初めてだったんです。

「ビクーン!」として持っていたコーヒーがこぼれそうでした(笑)


2006.03.25 00:55 URL | あむろ #y.6mc9WE [ 編集 ]

メビウスさん、おはようございます。

あのクレームはなんだったんでしょうね。
本当、オトナゲナイです。
わたしもyahooニュースで見たっきりなので、
その後は大きな問題に発展しなかったようですね。
(というか、今TVがないので何とも言えないけど。)

ジェニファー・カーペンター、本当、次回作が楽しみです。
ややあくの強い演技でしたが、オーソドックスな演技も見せて欲しいですね。

 from swallow tail

2006.03.25 08:25 URL | to メビウス さん #- [ 編集 ]

あむろさん、おはようございます。
コメ&TB激烈感謝。

クレームに対することはもう閉口。
省略。

んー。
怖かったですね。
スワロも一番後ろに座ればよかった。
中ほどに座っていたので
後ろの人にスワロウォッチングされていたかもしれません。
「こんな怖い映画一人で見ちゃったよー」
と思っていましたが、夕べは11時頃からぐっすり寝ていました。
6時に友達からメールがくるまで・・・zzz

 from swallow tail

2006.03.25 08:33 URL | to あむろ さん #- [ 編集 ]

こんにちわ!スワロさん、いかがお過ごし?
イナバウアーネタで、そんな大げさなことになってたの?知らんかった・・・。バカバカしい。全然違うやろ?アホくさ・・・。

ところで。
ホントに面白い作品でした。今までのオカルトものにはない、新鮮な印象を受ける興味深い作品だったと思います。
しかし・・・たしかにエミリーはキュートではなかった(笑)。さらにあのお顔で「ギャアアアア!」なんて絶叫したうえ、とんでもない身体能力の持ち主なもんだから、不気味でしょうがなかったよ・・・・。今後も是非頑張って欲しい女優さんですわ。

2006.03.25 17:45 URL | 睦月 #- [ 編集 ]

睦月さん、こんばんは~。
返信が遅くなってしまってごめんなさい。
近頃、遊びほうけてます~

やはり、巷でのジェニファーの評価は高いですね(?)。
睦月さんも注目の女優さんですね。
スワロも注目しております。
次回作は絶対に観に行くつもりです。

 from swallow tail

2006.03.27 19:53 URL | to 睦月 さん #- [ 編集 ]

そんなことになってたんですね(汗)
話題は知ってたんですが、抗議がいっぱい来たって、
あーた何言ってるのよって感じですよね。
イナバウアー自体そることではないのだし。。
さておき、さわわもすっげ怖かったです。
ジェニファーの演技力のおかげでしょうが、すごーく怖いのでちょっと困りました(汗)
未だに3時はちょっとビクビクしてしまうさわわです・・
あと、コメント、遅くなってごめんなしゃい・・

2006.03.28 01:05 URL | さわわ #- [ 編集 ]

さわわさん、いらっしゃいませ~。
コメント遅くないですよ。
コメントしていただけるだけで感謝感激です。

>あーた何言ってるのよ
って口調が美川憲一みたいでツボでした。

さわわさんはまだエミリー後遺症に悩まされてるのですね。
スワロはすっかり後遺症がひけて快眠です!!

 from swallow tail

2006.03.28 23:06 URL | to さわわ さん #- [ 編集 ]

科学と宗教との対立という見せ方はなかなか面白かったですね。エミリーの話自体は総て伝聞であるというところに気づいてしまうとホラー要素は一気に少なくなってしまうんですが、キリスト教徒にとってはやはり怖い話なんでしょうね。
とにかく主演女優の顔が一番怖かったっすw
こちらからもTBさせて頂きました、また宜しくどうぞw

2006.05.02 02:11 URL | lin #XHLKTYlo [ 編集 ]

linさん、おはようございます。
コメントありがとうございます。

そうですね・・・
やはり宗教が絡んだオカルト作品は
日本人には理解しがたい部分も多いですよね。
でも、これが実話というのは怖いです・・・

  from swallow tail

2006.05.02 06:54 URL | to lin さん #- [ 編集 ]

スワロさん、こんにちは!
TB&コメントありがとうございました^^・
悪魔と霊は別物なんですよね。。。
日本人には馴染みがないですが。。。

エミリーを演じたジェニファー・カーペンターの演技は凄まじかったですね。本当にとりつかれているようでした。
女を捨てたとも思えるあの表情が目に焼き付いてしまいました(笑)

2007.04.25 07:59 URL | 由香 #- [ 編集 ]

由香さん、おはようございます。

この記事を改めて見直して、「悪魔のイナ・バウアー」に笑ってしまいました。
そんなこともあったなぁ・・・なんて。

この「悪魔」にまつわる恐怖って日本の映画ではお目にかかれないので
わたしはかなり好きなジャンルでもあります。
でも・・・これは怖かった。
由香さんが「ヒューマンドラマの要素がある」と仰っても
やはり怖いものはコワイ・・・

ところで、3時までに眠れましたか?(笑)

  from swallow tail

2007.04.25 08:59 URL | to 由香 さん #- [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://swallowtailchocolate.blog56.fc2.com/tb.php/13-8709a907

エミリー・ローズ
 『エクソシスト』では首が回るシーンが有名だが、この映画ではまるで中国雑技団によるイナバウアーのような決めポーズが印象に残る。

2006.03.24 23:04 | ネタバレ映画館

エミリー・ローズ(評価:◎)
【監督】スコット・デリクソン【出演】ローラ・リニー/トム・ウィルキンソン/キャンベル・スコット/ジェニファー・カーペンター【公開日】2006/3.11【製作】アメリカ

2006.03.24 23:21 | シネマをぶった斬りっ!!

映画館「エミリー・ローズ」
「ホラーではない実話である」とあるように実話が元になっているというこの作品、、、たしかに、ホラーでは無かったです。法廷劇色が強い作品でしたが、ホラーよりも怖く感じました。エミリーが亡くなったのは、病気のせいか、悪魔のせいかの裁判が始まります。証言の...

2006.03.25 00:09 | ☆ 163の映画の感想 ☆

『エミリー・ローズ』
ちびりそうでした…。

2006.03.25 00:56 | なんでもreview

エミリー・ローズ
【映画的カリスマ指数】★★★★☆  鑑賞直後、悪魔の仕業に遭遇した私!?

2006.03.25 18:45 | カリスマ映画論

エミリーローズ
満足度★★★★エミリーローズに起こったことを信じるか、信じないか。それによって午前3時の過ごし方が変わってくる・・・さわわは・・・午前3時、激怖。。。あらすじ19

2006.03.28 01:01 | だらだら映画・和日和

『エミリー・ローズ』
ローラ・リニー主演。トム・ウィルキンソン、ジェニファー・カーペンター出演。19歳の女子大生のエミリー・ローズはある日を境に幻覚を見るようになり、体が硬直し痙攣を起こし、様々な異常行動を起こすようになっていた。悪魔に取り憑かれたことによる物だとして、ムーア神

2006.03.31 15:55 | *Sweet Days*  ~movie,music and etc...~

「エミリー・ローズ」
 エミリー・ローズ「エミリー・ローズ」 ★★★The Exorcism of Emily Rose (2005年アメリカ)監督:スコット・デリクソン脚本:ポール・ハリス・ボードマン・スコット・デリクソン

2006.05.02 02:06 | NUMB

エミリー・ローズ
WOWOWで鑑賞―【story】19才の女子大生、エミリー・ローズ(ジェニファー・カーペンター)。恐ろしい幻覚と痙攣に苦しむ彼女は、医学ではなく、ムーア神父(トム・ウィルキンソン)に自らの運命を託した。しかし、悪魔祓いの儀式の後、彼女は命を落としてしまう。過失致死罪

2007.04.25 07:56 | ★YUKAの気ままな有閑日記★

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。